長寿命な家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画検討、書類作成、江戸川区東小岩計画検討、資料作成、目黒区中根計画検討、大田区田園調布計画検討、電気屋さんと電話、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、ステンレス屋さんと電話、お問合せ対応など。

午後はガス会社さん来社打ち合わせ、図面作成、賃貸管理業務、資料作成、西原のオーナー様とお電話、東小岩計画のオーナー様とお電話、地場調査会社さんと電話など。夕方は文京区白山計画検討、資料作成、北区赤羽西計画検討、ミーティングなど。

卒業式シーズンですね。良い思い出になりますように。

ではこちら。

「110」と「119」以外にこの3つは知っておきたい! 電話の3桁番号サービス全部分かる?

110は警察への事件や事故の急報に、119は火事・救助・救急車の呼び出しに……日本には110と119のような「電話の3桁番号サービス」がいくつあるか知っていますか?

携帯電話が普及したことで、廃止になった番号もありますが、現在、日本にある3桁番号サービスは15種類(NTT東日本の場合)となっています。
2022年3月10日 19時15分 All About

なるほど。

確かに、3桁の番号って以前はもっと多くあって、実際に使っていたように思いますが、110や119もそうそう使うものではありませんので、結局3桁のダイヤルを使う機会はありませんね。

しかし、記事にあったのは15種類もあるということで、いくつか紹介してみると、104(番号案内)、113(電話の故障)、114(お話中調べ)、117(時報)、177(天気予報)、159(空いたらお知らせ)など、昭和世代ですと以前に使ったことがある番号もあると思います。

しかし、中にはどんなサービスなのかわからないものもありましたので、改めて試してみたいと思います。

記事では、そんな15種類の3桁番号サービスそれぞれの認知率について調査された結果が書かれていました。

当たり前ではございますが、最も知られているのは110と119で90%以上の人が認知されているそうです。この時代に若い人にも共通して認めていることは凄いと思います。

次いで、現在時刻が分かる117(時報)が70%という結果もありました。117については、「117は腕時計などの時間を秒まで正確に合わせる時に便利なので、今でも使います」といった、秒単位の時刻合わせ目的で使うとの声もありました。

一方で、15種類の3桁番号サービスのうち10種類については約80%の人が知らないと回答するなど、認知されていない3桁番号サービスが多いことが分かったということ。

記事によれば、携帯電話が普及した今でも知っておきたい171、188、189について紹介されていました。

・171(災害用伝言ダイヤル)171(災害用伝言ダイヤル)は、多くの人が一斉に電話回線を使い、電話がかかりにくい状態でも、家族間の安否確認や集合場所の連絡などに利用できる番号です。

・188(消費者ホットライン)188(消費者ホットライン)は、「お試しと思って購入したら2回目、3回目が届いた……」「古い家電製品から異様な臭いや音が……」といった、日常における消費者としての困り事について相談できる番号です。188をダイヤルすると、地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口に案内されます。

・189(児童相談所虐待対応ダイヤル)189(児童相談所虐待対応ダイヤル)は、近くの児童相談所につながる3桁番号サービスです。子育てでつい子供にあたってしまうという人の相談はもちろん、近くに虐待を受けている子供がいるかもしれないとモヤモヤしている人の相談も受け付けています。

通信手段が家の電話しかなかった頃、利便性に加え娯楽的なダイヤルも徐々に増えていた時期がありましたね。

3桁ではなかったかもしれませんが、リカちゃんやウルトラマンとお話しした記憶があります。何とも懐かしい思い出です。

紹介されていたダイヤルは常に使うものではありませんが、そういうサービスがあるということだけでも記憶していただければ、困ったときに思い出して使えると思います。

住まいのご相談は、RCdesignまでお気軽にお電話ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!