住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

風呂難民にならないように。

高性能な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画検討、目黒区原町計画検討、原稿チェック、お問い合わせ対応、江戸川区東小岩計画検討、資料作成、ミーティングなど。

午後は賃貸管理業務、北区赤羽西計画検討、見積作成、構造担当と協議、地盤調査会社さんと電話、防犯機器会社さんと電話、組合活動、資料作成など。夕方は大田区田園調布計画検討、西原計画検討、リフォーム計画検討、ミーティングなど。

いや、全然忙しいわけではないんです、ちょっと作業が遅いゆえにご迷惑をお掛けしております。より一層スピードを上げて走って参ります。

ではこちら。

給湯器がコロナ禍で逼迫 故障で「風呂難民」も

寒い冬に欠かせない給湯器の品薄が深刻になっている。

新型コロナウイルスの感染拡大や北米の寒波で海外からの部品供給が遅れ、国内での組み立てが滞っているためだ。

給湯器が故障したが、一向に交換のめどが立たず、温かい風呂に入れないという人が各地で続出。メーカーは故障を避けるための注意事項をホームページに掲載するなど対応に苦慮している。
2021年12月16日 19時57分 産経新聞

なるほど。

これまでにも何度かお伝えして参りましたが、国内における素材や資材、機器や部品の全てにおいて供給の遅延や値上げが進められている状況が続いています。

記事にもありましたが、その原因の一つはもちろん新型コロナ感染拡大です。記事のように給湯器の部品製造はベトナムの工場に委託しているケースが多いため、同国で7月からロックダウンに突入したことで、供給が滞り始めたようです。

さらに北米の寒波に伴う樹脂不足や世界的な半導体不足が追い打ちとなり、給湯器の製造ペースが落ち込んでいるということ。

給湯器メーカーのノーリツ広報担当者は「創業70年の歴史で初めての事態だ。今後は部品の生産拠点を分散させるなどしてリスク回避を図りたい」と語って同社はホームページで給湯器の故障を防ぐための注意事項を掲載しており、「例年以上に破損や故障に注意してほしい」と呼びかけているそうです。

最近弊社にあったアナウンスでは、LED照明器具も徐々に欠品が増えているとか、相変わらず暖房洗浄便座の品薄感は改善されていませんし、春から続くウッドショックも少なからず影響が続いています。

木製の室内扉や内装の下地材にも遅延が発生していますし、フローリングなどの内装仕上げ材料も品薄の商品が増えています。

他にも素材として鉄の価格も高騰していますし、アルミサッシなどの窓周り製品も値上げが予定されています。

さらに国としては、これから建てる家に対して一定の性能を義務付けする方向ですので、元々の性能が低い構造の家では、コストアップが避けられないでしょう。

新築をご検討の方におかれましては、若干のコストアップに対応することや、スケージュールに関しても余裕を持って検討していただければと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



レイアウトフリーテレビとは。

暖かい家を建てるならRCdesign

くもり後雨時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、地盤改良業者さんと電話、杭屋さんと電話、江戸川区東小岩計画検討、解体業者さん来社打ち合わせ、ご近所のお客様にご来社頂き打ち合わせ、金融機関さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は大田区田園調布計画検討、目黒区原町計画検討、渋谷区西原計画のお客様とお電話、図面作成、電気屋さんと電話、文京区白山計画検討、お問い合わせ対応など。夕方は原稿作成、書類作成、西原計画検討、北区赤羽西計画検討、ミーティングなど。

寒い一日でしたね。お部屋の温度は18度以下になってはいけません。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

インテリアに自由を増やして理想の空間に。「レイアウトフリーテレビ」が〈Panasonic〉から誕生。

コロナ禍で在宅時間が増え、テレビや動画コンテンツを楽しむ時間が増えたという人も多いはず。

同時に自宅のインテリアをもっと素敵にしたいけれど、どうもテレビの置き場所が、と疑問を持った人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめの「レイアウトフリーテレビ」が〈Panasonic〉から誕生しました。
2021年12月14日 15時0分 Hanako.tokyo

なるほど。

レイアウトフリーテレビですか。さすが目の付け所がパナソニックさんですね。
確かにこれまでのテレビといえば、年々巨大化していて大きいほど偉いような、そんな大型テレビがリビングの壁一面に鎮座していますから、それを中心に家具の配置やインテリアを考えなければいけませんでした。

家づくりの場面でも、どこにテレビを置くかという設定からアンテナやネットとコンセントの設置を計画する必要がありましたので、その設定から外れた配置を行う場合はどうしても各種ケーブルが見えてしまうということがあります。

したがって、お部屋の大幅な模様替えを行いたいと思っても、どうしても出来ることに限りがありましたね。そう考えると、確かにこのテレビでインテリアに自由が増えるかもしれません。

lf1_43lf1_02
折角なので画像をお借りしてきました。こちらがパナソニックの「レイアウトフリーテレビ」です。テレビ本体とアンテナ端子がケーブルで繋げられていなくても美しい4Kのテレビ放送が見られるようになります。

記事によれば、「レイアウトフリーテレビ」の秘密は、ボックスタイプのチューナーが別に備えられていること。このチューナーをアンテナ端子に繋ぐと、映像は本体に無線で送られて映し出されます。チューナーの形もシンプルで、本棚など置いても違和感のないデザインです。

さらにチューナー部分と本体はかなり離れていても繋がって、上下に4階分程度離れていても映像が受信できると書かれていましたが、構造によっては難しい場合もあるのではないでしょうか。

それでもテレビ放送がチューナーから無線で飛ばせる以外にも、ネット配信サービスにも繋げられ、さらにはモニターの代わりに自宅でオンライン会議のモニターとして使用するといったことも出来るそうです。

しかしながら、そもそもテレビという呼び名が適切なのかという感じもいたしますね。

我が家の次男の生活スタイルを見ているとほぼテレビは見ていません。何をしているかと言えばスマホで動画を見ているのですが、今は動画サービスもユーチューブから有料のテレビや映画配信などもあり、興味のある見たいモノも見るというスタイルのようです。

ということは、すでにテレビという家電は必要無くなっていて、その代わりがスマホやタブレットに置き換わっていますので、近いうちにテレビというハードと共に、地上波放送も終わるようなことがあるのかもしれませんね。

新しいスタイルや生活様式を上手に取り入れて、自由を手に入れて見ては如何でしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



真冬の竜巻に注意です。

安全な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、社内ミーティング、渋谷区西原計画のお客様とお電話、江戸川区東小岩計画検討、地盤改良業者さんと電話、提携会社さんと電話、電気屋さんと電話、文京区白山計画検討、資料作成など。

午後からは渋谷区西原計画のお客様宅へ打ち合わせ、その後現場視察など。夕方帰社後は事務組合さんと電話、電気屋さんと電話、大田区田園調布計画検討、北区赤羽西計画検討、世田谷区新町2丁目計画検討、ミーティングなど。

昨日から一転寒くなりました。所によっては吹雪いているところもあるようです。くれぐれも暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

日本も怖い「真冬の竜巻」 米史上最大級のトルネードで100人死傷…バイデン大統領は復旧支援に全力

米ケンタッキー州など南部や中西部で広範囲に発生した「米史上最大級の竜巻」は深刻な被害をもたらした。同州のビシア知事は12日、州内だけで死者が100人を超えるとの見方を示す。「スーパーセル」と呼ばれる巨大積乱雲が竜巻を引き起こしたとみられる。

10日夜から11日未明にかけてケンタッキー州などで計30以上の竜巻が報告された。CNNは、うち1つはアーカンソー州からケンタッキー州にかけて400キロ以上の範囲を襲ったとみられ、確認されれば過去最長とする専門家の見解を伝えた。
2021年12月13日 10時51分 ZAKZAK(夕刊フジ)

なるほど。

アメリカで被害に遭われた方々には、お見舞いを申し上げます。

今日のニュースでは現地の様子が写っていましたが、その被害状況は想像を超えるような酷いもので、戦争中の場所で空爆されたかのような様子でした。

日本ではあまり竜巻による被害が伝えられないことや、これまではその規模も限られたものでしたので、アメリカのニュースは正に対岸の火事のような、実感の伴わない報告と捉えられている人も多いのではないでしょうか。

しかし、通常は春先に発生することが多いとされる竜巻ですが、日本でも冬に発生したことがあるんですね。

記事によれば、1990年の12月。千葉県茂原市で起きた国内最大規模の「F3」級の竜巻では1人が死亡し、1747軒の住宅に被害が出たという記録があります。

アメリカで発生した自然災害が、日本では発生しないということはありませんし、気象条件は刻々と変化していますので、いつかは日本でもアメリカ並みの気象環境にならないとは限りません。

記事によれば、バイデン大統領は11日の演説で、今回の竜巻は米史上最大級の一つだとの認識を示し、連邦政府として復旧支援に全力を挙げる考えを示した。ただ、一帯には粉々になった建物のがれきの山が広がり、車の残骸も目立った。被害の全容把握には至っていない。ということです。

今回の竜巻は、大きさ数十キロと通常の積乱雲の数倍の規模のスーパーセルにより引き起こされた可能性がある。と書かれていましたが、この規模は自然災害としては非常に大きな範囲になります。

このことからもわかるのは、住宅が地震に強いだけけでは人の命は守れないということ。

火災や強風、落雷や洪水などに強い家が地震災害にも強い家なのです。

くれぐれもこの基本をお忘れにならないよう、住まいづくりに活かして頂けると嬉しいです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!





小池都知事と換気の歌とか。

歓喜の家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から文京区白山計画のお客様と連絡、渋谷区西原計画のお客様とお電話、金融機関さん、提携会社さん来社打ち合わせ、江戸川区東小岩計画検討、出版社さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は来客面談、書類作成、提携会社さんとオンラインミーティング、資料作成、世田谷区新町計画検討など。夕方は北区赤羽西計画検討、目黒区原町計画検討、西原計画検討、賃貸管理業務、ミーティングなど。

久しぶりに月を見たような気がします。

ではこちら。

東京都が「歓喜の歌」に乗せ“換気”を喚起 小池百合子都知事が新型コロナ対策の動画を発表

東京都は10日、新型コロナ対策の換気を啓発する方法として年末の風物詩となっているベートーヴェンの第九「歓喜の歌」を起用した「換気の歌」を発表した。

メロディは「第九」の名で親しまれるベートーヴェンの交響曲第9番(歓喜の歌)の一部。

「換気の歌」の動画では、都立国立高校コーラス部が歌い手を担い、「コロナ対策に欠かせぬ換気
寒い冬こそ換気の季節空気を入れ替えてコロナを追い出せ」との歌詞とともに、窓を開けたり換気扇を回したりする映像で換気の大切さを呼びかけている。
BLOGOS しらべる部2021年12月10日 15:23

なるほど。

っていうか、皆さんオヤジギャグが好きなようで、まだまだ日本が平和だということを感じられるニュースではないでしょうか。

記事によれば、小池百合子都知事は10日の定例会見で、都の新型コロナウイルスモニタリング会議で換気の重要性が指摘されているものの定期的に換気を行う意識が人々に定着していないということを指摘され、「それを強めるという意味で換気(歓喜)、第九を活用させていただいた」と起用の理由を説明したそうです。

残念ながら全くわかっていないようです。

定期的に換気を行うということは、通常は換気していないということですので、これは換気システムが設置されていない、昭和時代の比較的築年数の古い家屋を想定した説明ということになります。

現在国や都などの行政機関が進める住宅は、高気密・高断熱の高性能住宅ということになっていますので、この場合は当然24時間換気システムにより、計画的な換気がされていることが前提となります。

これは改正建築基準法が施行された2003年7月以降、全ての建造物に24時間換気システムを設置することが原則として義務付けられましたので、すでに20年近い時間が経過していますから、多くの住まいで24時間換気設備が設けられていることと思います。

この法律が出来た理由は、当時社会問題となっていたシックハウス症候群を予防することでしたが、現在は高性能住宅とセットで考える必要がある大切な設備となっています。

従いまして、換気が大切ということに変わりはありませんが、24時間換気設備が設置されているご家庭では、換気扇と給気口を点検の上しっかりと稼働させて頂き、設備が無いご家庭では、1時間に1回は必ず窓を開けて換気してください。

ではせっかくなので、動画をご覧頂きまして、換気を意識してください。



如何だったでしょうか。

小池百合子都知事は定例会見で、この冬はオミクロン株が今後どうなるのかを含めて、経口薬と、それから3回目接種と去年とはだいぶ違いますけれども、それでも変わらないのは基本的な防止策。そこに換気というのはちょっとみなさんまだ定着していないので、それを強めるという意味で換気(歓喜)、第九を活用させていただいたということです。と話されていました。

換気も大切だけど、歓喜も大事だと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



サグラダ・ファミリア聖母マリアの塔完成です。

歴史に残る家を建てるならRCdesign

くもりのち晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、書類作成、江戸川区東小岩計画検討、資料作成、提携会社さんと電話、渋谷区西原計画のお客様とお電話、大田区田園調布計画検討など。

午後からは文京区白山計画の現場へ、検査立ち会いと打ち合わせなど、帰社後は提携会社さん来社打ち合わせなど。夕方は西原のお客様とお電話、塗装屋さんと電話、北区赤羽西計画検討、目黒区原町計画検討、図面作成、ミーティングなど。

日に日に冷え込みが厳しくなって参りました。一層暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

「聖母マリアの塔」完成、星輝く サグラダ・ファミリア

【パリ共同】スペイン北東部バルセロナの観光名所サグラダ・ファミリア教会で九つ目となる聖母マリアの塔が完成し、聖母の祝日の8日、塔の先端に設置された巨大な星が初めて点灯した。

聖母マリアの塔は高さ138メートル。完成した塔の中では最も高く、同教会が完成した際には全18のうち2番目に高い塔となる。イベントには市民ら数千人が集まった。
2021年12月9日 9時10分 共同通信

なるほど。

コロナ禍によって、何となく海外との距離感が広がってしまったようにも感じていましたが、このようなニュースを目にすると、やっぱり実物を見たいという感情がわき上がってきますね。

ネットが当たり前のインフラになってから、どのくらいの時間が経過したかわかりませんが、そのお陰様で世界の地理的距離感が縮まっていたと思いますので、また海外にも自由に行き来できるようになると良いですね。

記事にもありましたが、建築家アントニ・ガウディの作品である同教会は1882年に建設が始まったということです。

これまでの報道でも、ガウディ没後100年に当たる2026年の完成を目指していたようですが、新型コロナウイルスの流行による観光客の減少で不可能となったそうで、完成時期のめどは立っていないということです。

なんとか生きている間に、完成した形を見に行きたいと思っているんですけど、いつになったら行けるようになるのでしょうか。

今日の記事にあったように、聖母マリアの塔が完成して塔の先端に巨大な星が設置されていましたが、その姿を是非ネットで検索してご覧になってください。

20〜30年で壊すような建物は、仮設建築物という感覚で間違い無いでしょう。100年の耐久性があって初めて資産になり、資本となって、国全体の豊かさに貢献できると思います。

住まい選びでお悩みなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



東京都で太陽光発電を義務化とか。

太陽光発電付きの家を建てるならRCdesign

冷たい雨の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、原稿チェック、資料作成、江戸川区東小岩計画検討、提携会社さんと電話、杉並区今川計画検討、出版社さんとオンラインミーティング、渋谷区西原計画検討など。

午後は地方銀行さん来社打ち合わせ、資材発注、見積作成、渋谷区西原計画のお客様とお電話、ありがとうございます。文京区白山計画検討、資料作成など。夕方は北区赤羽西計画検討、大田区田園調布計画検討、台東区蔵前計画検討、ミーティングなど。

一日しっかりと降りましたね。

ではこちら。

太陽光発電、住宅メーカーに設置義務 都知事、新制度検討を公表

小池百合子東京都知事は7日の都議会本会議で、一定規模の住宅供給事業者に対して、新築の戸建て住宅や小型ビルに太陽光発電設備の設置を義務付ける制度の創設を検討していることを明らかにした。

9月の都議会で住宅への太陽光設備設置義務化の検討を始めると表明していたが、個人ではなく住宅メーカーなどの供給者側に設置を求める。
2021年12月7日 21時8分 毎日新聞

なるほど。

なかなか思い切った制度を検討して頂いているようです。

記事にあったように、今回検討されているのは、住宅の所有者に対してではなく供給する住宅メーカーに設置の義務を負わせるというものです。

二酸化炭素の排出を減らすためには、再生可能エネルギーの普及を進めなくてはなりませんが、国としての対応では、これまで何年経っても義務化することが出来ませんでした。

それは大手ハウスメーカーさんや各種業界団体などの反対、ではなくて大人の事情によって先延ばしされてきたように思います。

そこを突いてくるあたりは、都庁の皆さんのやる気を感じますし、このような検討を公表するところからしても、強い意志を感じます。

国として出来ないことをいち早く都として取り組むことができれば、内外に対してもより良いアピールが出来るのではないでしょうか。

記事によれば、今後都の環境審議会で専門家を交えて議論し、都の環境確保条例の改正を目指すということで、都によると改正されれば一般的な中小規模の戸建て住宅に再生可能エネルギー設備設置を義務付ける全国初の条例になるということ。

他では、京都府や京都市が延べ床面積300平方メートル以上の新築建物に再生エネ設備の導入を義務付ける制度を設けています。

都の案によれば、延べ床面積が2000平方メートルに満たない住宅のような中小建築物を新築する場合、メーカー側に太陽光など再生エネ設備の設置を義務付けるそうで、対象は都内で供給する新築物件の延べ床面積が年間2万平方メートル以上になるメーカー(約50社)を想定しているということです。

また、このほかにも都は2000平方メートル以上の新築ビルやマンションにも同種設備の設置を義務化することを検討しているそうです。

小池知事は「新築建築物への太陽光発電設備の設置を標準化し、『ゼロエミッション(二酸化炭素排出ゼロ)東京』の実現を目指していく」と述べました。都は2030年までに都内の二酸化炭素排出量を半減させることを目指しているんですね。

以前からお伝えしているとおり、本来ならもっと早くから太陽光発電の義務化をしなければいけなかったと思いますが、国や行政の対応が遅れたことはもちろん、国民の意識もまた追いついていなかったかもしれません。

以前のように発電した電気を売って儲けるということが目的ではなく、火力や原子力を使った電力をなるべく使わないようにすることで、二酸化炭素の排出を減らすことが大切です。

また、今後の電力需要の増加と発電能力を考えれば、電気代の高騰も避けられない状況ですので、自分で使う電気は自分で作るということが重要なんですね。

住宅メーカーに限らず、全ての建築物に一定以上の太陽光発電設備の設置をオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



LIXILさんは強気の値上げとか。

価格以上の家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、目黒区原町計画検討、お問い合わせ対応、文京区白山計画のお客様とお電話、商社さんと電話、杉並区今川計画検討、構造担当と協議など。

午後からは志村方面へ外出、帰社後は信用金庫さん来社、お問い合わせ対応、行政機関さんと電話、大田区田園調布計画検討、目黒区原町計画検討、資料作成など。夕方は台東区蔵前計画検討、渋谷区西原計画検討、ミーティングなど。

二十四節気の「大雪(たいせつ)」となり、帰宅時は冷たい雨でした。暖かくしてください。

ではこちら。

バス・トイレ 最大40%値上げ リクシル 2022年4月以降受注分

「LIXIL」は、ユニットバス、トイレなどを最大で40%値上げする。

住宅設備メーカーの「LIXIL」は、住宅向け商品のメーカー希望小売価格を、2022年4月1日以降の受注分から値上げすると発表した。
2021年12月7日 17時54分 FNNプライムオンライン

なるほど。

それにしてもまた強気な値上げ幅ですね。

一般的なこれまでの商習慣からすれば、なかなか見たことのない値上げ幅だと思います。

記事によれば、原材料価格が高騰しているのに加えて、コンテナ不足による輸送費の上昇などが値上げの要因としているそうですが、ちょっとでも業界全体や国民の状況を考えれば、もう少し緩やかな方法もあるのではないでしょうか。

やはり業界トップクラスであり、日本においても有数の大企業ですから、それは相応の影響力がありますので、今回の判断が一定のスタンダードとなることも考えられます。

今回は最大でユニットバスが39%程度、トイレが33%程度、キッチンが11%程度の値上げになるそうですから、家全体のコストに占める割合からしても、結構なインパクトになるかもしれません。

これから家を建てることを計画されていた方には、迷惑な話になってしまい大変恐縮ですが、諸々事情をご理解いただけますようお願いをするほかありません。

これは我々建築業者も大きな負担を負うことなり、それが比較的安価なローコスト住宅では、その割合も大きくなりますので各業者の経営を圧迫することにもなってしまいます。

弊社としましても、メーカーさんや商社さんと協力の上、少しでもお客様の負担を軽減できるよう努めさせて頂きたいと考えていますので、是非諦めずにご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



手放す家電とか。

快適な家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討、社内ミーティング、杉並区今川計画検討、大田区田園調布計画検討、その後豊島区のお客様へ書類お届けなど。

午後は賃貸管理業務、都市銀行さん来社、書類作成、その後ご近所のお客様へ書類お届けなど。夕方帰社後は商社さんと電話、北区赤羽西計画検討、西原計画検討、お問い合わせ対応、書類作成、ミーティングなど。

寒さが厳しくなって来ましたね。

ではこちら。

ない方がいいかも!?片付けのプロが教える「手放した方が快適になる家電」の見分け方

整理収納アドバイザーのhanaです。暮らしを快適にしてくれるはずの家電ですが、使ってみたら手入れが大変!置き場所に困る!でも、もったいなくて捨てられない…という経験はありませんか?

今回は、筆者の3つの家電の体験談を通して、手放した方がむしろ快適になる家電の見分け方を紹介いたします。
2021年12月5日 11時0分 michill

なるほど。

これは結構あるあるというか、すでにご経験のある方も多いのではないでしょうか。

新婚さんや、初めての一人暮らしなどでは、生まれ育った実家の風景や、どこかで目にした写真、またはテレビドラマのセットで見た風景などを基に、見よう見まねで揃えて見たり、なんとなく無いといけないような気持ちで、買い揃えてしまうものです。

まず記事にあった手放した方が快適になる家電の1つ目は、
体験談 Д魁璽辧璽瓠璽ー です。

なんとんく分かるというかたもいらっしゃると思いますが、コーヒーメーカーやカセットタイプのコーヒーマシーンなどは、それまでの紙や布のドリップに比べると、比較的大きなものが多い印象です。

もちろん弊社のお客様では、コーヒーにもこだわりを持っておられる方も多いのですが、ちょっとの手間を惜しむ事もないでしょうし、むしろその過程を愉しまれている人も多いのではないでしょうか。

もしキッチンがコンパクトで作業スペースが限られているというお宅では、コーヒーメーカーなどを手放してみることも。検討されて見てははいかがでしょうか。

さて2つめは、体験談◆Р端抄気清浄機です。

空気清浄機も年々進化していますし、これに伴って機械の大きさも大きくなっていますので、予想以上に場所をとることもあるでしょう。

もう1つの罠が加湿機能が付いているというところではないでしょうか。

加湿機能が付いているというだけで洗浄やメンテナンスの手間が格段に増えますし、どうしても衛生面での不安も残りますね。

3つめは体験談:アロマディフューザーです。

これも物入れの肥やしになっている場合が多いものの1つですね。比較的安価で入手したこともあり、興味がなくなってしまうと、すっかり忘れられていることもあるでしょう。

家全体がほんのりと良い香りに包まれたり、気分に合わせて香りを変えるのも良いと思いますが、これもまた内部の清掃を行う必要がありますので、以外と手間がかかってしまうのが難点になってしまうでしょう。

よりシンプルに、かつこだわりの住まいを建てるなら、是非RCRCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



家づくり講座は価格の比較とか。

価格以上の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から大田区田園調布計画検討、資料作成、北区赤羽西計画検討、資材発注、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、書類作成、台東区蔵前計画検討など。

午後からは杉並区今川計画の現場へ、取扱説明とお引き渡しをさせて頂きました。オーナー様には改めて感謝申し上げます。夕方帰社後は渋谷区西原計画のお客様とお電話、世田谷区新町2丁目計画検討、目黒区原町計画検討、ミーティングなど。

師走に突入しましたので、いつも以上に何かと忙しくお過ごしのことと思います。くれぐれも体調には十分ご注意頂き暖かくしてお過ごしください。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第473回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、家に関するお話しでは、
「坪単価の安さが魅力的だと思ったけど、外観も安っぽくてガッカリ」
「坪単価25万円のはずが、最終的に40万円になった」
「総額表示で分かりやすかったけど、『総額』に含まれない必需品があった」
など、金額に関する後悔は多いものです。

もちろんほとんどの方は初めての経験ですから、勝手がわからなかったということもあるでしょう。

全ての業者が同じ基準や方法で金額を表示してくれると助かるのですが、なかなか難しいですよね。

そんな時に役立つのが「住める状態にしていくらですか?」という質問です。

極端な話、キッチンや浴槽が無くても『家』としてみなされます。

笑い話のようですが、家が完成していてもインフラ(電気・ガス・水道)に接続されていなかったということもあると聞いています。

しかし、一般の人にとって「住める状態」という環境はそうではありませんよね。

キッチン・浴槽・トイレは無い方が不自然。

地上デジタル放送を見るためのアンテナは、設置されていて当たり前。

照明やカーテンなどが無い生活なんて考えられません。

ということで、もし金額を比べたいのなら「住める状態にしていくらですか?」と尋ねてください。

では、総額や広さに大きな違いが無い場合はどうしましょう。

見た目が安っぽくない方が良いのでしょうか。

それとも、性能が優れている方が良いのでしょうか。

あなたに明確なこだわりがあるのなら、比べるのは簡単です。

しかし、特にこだわりがないのなら難しいことでしょう。

それなら、「住み始めてからの費用は?」という視点で考えてみましょう。

断熱性が劣る住まいは、冷暖房の費用が増えます。冬が訪れる度に結露対策に追われます。

呼吸器系が弱い家族がいるなら、結露によるダニやカビが原因で体調を崩し、医療費が発生するかもしれません。

寿命の短い屋根材や外壁を使用したために、築後10年を待たずに張り替える羽目になるかもしれません。(全体をリフォームする場合、100万円以上の費用が発生します)

ということで、新築時の費用だけで比較するのが難しいなら、数十年単位の費用を比較してみましょう。

全く同じ間取り、同じ構造、同じ性能ならば金額を比べる意味もありますが、そうではない場合は金額を比べても判断を誤ることにつながる可能性があります。

表示方法が違う業者は、同じ土俵では比べられません。新築時の費用が同じ程度な場合も、比較は困難です。金額の比較で困った時は、この2つの視点を思い出してくださいね。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご愛顧に感謝!



土地と建物どっちが優先とか。

理想の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から大田区田園調布計画検討、渋谷区西原計画検討、提携会社さんと電話、杉並区今川計画検討、書類作成、信用金庫さんと電話、お問い合わせ対応など。

午後は北区赤羽西計画検討、原稿確認、構造担当と電話協議、江戸川区東小岩計画検討、ガス会社さんと電話、世田谷区新町2丁目計画検討、書類作成、杉並区高円寺南計画検討など。夕方はお問い合わせ対応、練馬区の不動産会社さんと電話、資料作成、設備屋さんと電話、賃貸管理業務、田園調布計画検討、ミーティングなど。

本当によく揺れる国土ですね。

ではこちら。

家の土地選びで最も優先することは? 2位交通アクセス、3位商業施設

AlbaLinkはこのほど、全国の男女500人を対象に実施した「土地選び・土地探しで優先することに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は11月18日〜20日。

まず、土地選び・土地探しにおいて優先することについて聞いたところ、最も多かったのは「災害に強い」で半数以上の276人が回答。自由回答では、地盤の安定や土砂崩れのリスクを考慮するコメントが見られた。
2021年12月3日 15時8分 マイナビニュース

なるほど。

皆さんお気づきの通り、ここ数日だけでも地震が頻発している感じがしますので、何となく心配になっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さすがに地震が続いたり、台風や大雨などの自然災害が定期的に発生していますと、危険な場所というところも少しは認識していただけると思いますが、大切なのはやはりその対策と備えをどれだけ行えるかではないでしょうか。

そんな中で、今日の記事はちょっと興味深い調査でしたので、取り上げさせて頂きました。

記事にあったように、まず土地選び・土地探しにおいて優先することについて聞いたところ、最も多かったのは「災害に強い」ということで、確実に皆さんの意識も変わってきたように思います。

少し前までは地盤を意識される方は非常に稀でしたので、地盤の重要性をご理解頂けるようになるのはいい傾向ではないでしょうか。

しかしながら、多少地盤のリスクがあるからと言って悲観したり、諦める必要はありません。

リスクが分かっていれば、それ相応の対策を講じればリスクを回避することも出来ます。地盤を補強したり、建物の剛性を上げて強い建物とすることで、リスクではなくなることも可能です。

ちなみに2位には「交通アクセスがいい」(206人)がランクイン。通勤に便利である事や複数路線使える駅が最寄りである事を優先したいというコメントがあがっていました。

3位は、「商業施設が近い」(144人)。コンビニやスーパーなど食料品・日用品が買える場所が近くにある事を重視する声もあったようです。

以下記事によれば、4位「静かな環境」(59人)、5位「治安がいい」(52人)、6位「医療機関に行きやすい」(50人)、7位「学校・保育園が近い」(47人)、8位「平坦な土地」(22人)、9位「近隣住民の雰囲気」(20人)、10位「日当たりがいい」(18人)という結果でした。

次に、記事では立地条件と建物では、どちらをより重視するか」という質問もあり、その回答で91.6%が立地条件と回答する結果となったということでした。

その理由としては、「家を売却したい場合に売れないと困るため」「立地は変更がきかないため」などの意見があったようですが、そうして選んだ場所に掘っ建て小屋で生活することになって、後悔している人を何人か見てきました。

一方で建物を重視する意見もあって、在宅時間が長い方、暮らしの質や生活環境を重視するという理由が多くあがっていました。

私の認識では、建物を重視された方の方が間違いなく暮らしの満足度が高いように思いますし、安心・安全と快適・省エネも同時に実現されていると思います。

理想の暮らしを実現するなら、建物はRC住宅をお選びください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ