お得に家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後渋谷区東のお客様宅へ、解体業者さんと現場調査、お客様と打ち合わせなど。お忙しところありがとうございました。その後中野区本町計画検討の現場視察へ、業者さんと電話など。

午後に帰社後はミーティング、所沢市計画検討、5丁目のお客様宅へ書類お届けと打ち合わせなど、帰社後は渋谷区西原のオーナー様とお電話、江戸川区東小岩計画検討など。夕方は見積作成、お問い合わせ対応、提携会社さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。

真っ白で綺麗な満月でした。

ではこちら。

LIXIL、トイレやキッチンなど再値上げ 来年4月から

LIXIL(東京都品川区)は12月6日、一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を改定すると発表した。2023年4月3日受注分から、トイレで平均8%程度、キッチンで平均5%程度など、水回り製品の値上げを実施する。

原材料価格などの高騰が続く中、全社をあげて生産性の向上、合理化によるコストダウン・諸経費の削減を行い、製品原価の上昇を抑制してきた同社だが、依然上昇を続ける原材料価格に企業努力のみで対応することが困難な状況となった。
2022年12月7日 新建ハウジング

なるほど。

もうため息しか出てきませんが、またしてもリクシルさんから残念な発表が行われたということです。

記事の内容の通り、水栓金具などでは最大で27%もの値上げになるということで、これはもちろん住宅の価格にも影響が及ぶことになります。

トイレやキッチンなどの水回り製品は、今年10にも値上げを実施していましたので、半年ごとに25%も値上げされてら、あっという間に倍の金額になってしまいますよ。

わざわざ平均では5〜8%です、とか言われているところから、少なからず罪悪感を感じながらの発表だったのではないかと思います。

恐らく、来年以降も建材や住設の各メーカー、素材材料などもまだまだ値上がりが進むことが予想されますので、住まいづくりはなるべく早く動き出されることをオススメいたします。



そんな中でも、弊社といたしましては少しでもお客様のお役に立てますよう、各メーカーさんとの交渉を行い、また同等品でもコストダウンが可能な商品をご提案する、IT化や省力化を進めるなど、出来る限りのご協力に努めさせて頂きます。

引き続きRC住宅をどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←引き続きよろしく!