ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

パラパラ、しとしと、時雨ますね。

そんな今日は朝からさいたま市計画と見積。提携会社と協議、目黒検討など。

午後は池袋のお客様とお電話、写真屋さんに行って来たり。提携設計士さんと電話、関連不動産会社社長と電話、さいたま市のお客様とお電話など。夕方はパース作成とか。

もう雨は見たくない、そんな気になってきました。

で、今日はこれ。

[大雨]7日にかけ東北から中国地方の広範囲に

 気象庁は5日、本州南岸で秋雨前線の活動が活発になっている影響で、7日にかけて東北から中国地方の広範囲で大雨が予想されるとして、土砂災害や河川の増水などに警戒を呼びかけた。関東甲信地方は6日朝から激しい雨が見込まれ、夕方までの雨量が300ミリに達する所もありそう。
 
6日午後6時までの予想24時間雨量は、いずれも多い所で▽関東甲信、東海地方300ミリ▽東北太平洋側、近畿南部200ミリ▽中国地方120ミリ。東京・大手町の日最大降水量は371.9ミリ(58年9月)で、同庁天気相談所は「記録的な大雨になる恐れもある」と話している。
2006年10月05日20時03分 毎日新聞
 
おいおい、だからもういいって。
本当に今年の秋は雨が多い気がしますね。
それにしても今度は台風の影響で記録的な大雨になるかもしれないって言うんですから注意が必要です。
 
一度地面に落ちた雨は晴れても表面上は乾いていても地中にはしばらくとどまっているんですよね、ですから晴れたからといっても即安心っていうわけではないんです。
 
今年は今までの雨ですでに相当の水分が地中に含まれていると思いますので、斜面や崖地に近い敷地では気を付けてくださいね。
 
本当に一日で300ミリもの雨が降ると建物の屋根、樋、窓周りにも大きい負担がかかりますし、周りの敷地でも排水しきれない水が下水道から溢れたり、逆流する危険性もありますね。
 
ベランダや屋上の排水口も要チェックです。以外とコンビニの袋や落ち葉などで塞がれている場合もありますので、最近見ていないという人はちらっとでも確認しておいてくださいね。
 
それでは十分ご注意してお過ごしください。
 
取り急ぎこちらでもそうぞ。