ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

秋晴れって良いですね、清々しいって言葉がぴったりかもしれません。

そんな今日は朝から図面作成、光が丘方面のお客様からお電話、中央区計画検討など。

午後は池袋の現場へ、豊島区役所による完了検査。案の定大変慎重な検査でしたが、なんとか合格。その後オーナー様へ、書類お届けに。帰りに下板橋の土地の現地調査。帰社後は成増計画検討、高島平5丁目のお客様からお電話、光が丘方面から新規お問い合わせ。夕方は図面作成など。

今日はお尻からふくらはぎまでがすごい筋肉痛で、ペンギンみたいな歩き方になっていたかもしれません。

というのも昨日は信用金庫のソフトボール大会だったんですね。結果は1勝1敗でしたが、年甲斐もなく張り切ってしまいました。

もう、年々確実に、老化が始まっているのを感じました。

さて、今日はこちら。

「ご当地ナンバー」14府県17地域でスタート

.

 自動車のナンバープレートに新たな地域名をつける「ご当地ナンバー」の交付が10日、14府県17地域の運輸支局などで始まった。

 交付された新ナンバーは、仙台(宮城県)▽会津(福島県)▽那須(栃木県)▽高崎(群馬県)▽柏(千葉県)▽成田(同)▽川越(埼玉県)▽金沢(石川県)▽諏訪(長野県)▽伊豆(静岡県)▽岡崎(愛知県)▽豊田(同)▽一宮(同)▽鈴鹿(三重県)▽堺(大阪府)▽倉敷(岡山県)▽下関(山口県)。

 埼玉県川越市では、市役所で新ナンバー交付を祝う式典が行われ、「川越」ナンバーをつけた公用車を披露。市長の公用車には観光客1000万人誘致を願って「1000番」がつけられた。

(10/10 19:12) 産経新聞

どうですか、このナンバーは。予想外ですね。

私の車は当然「練馬」なんですが、もしかしたら「板橋」のほうがより身近かもしれませんね。

バブル経済の時は品川、横浜などのナンバーに憧れていた人も多かったみたいでしたよね。んー懐かしい。

でも以前から原付バイクは区役所などの管轄だったので、板橋区って書いてあるナンバーでしたよね。確かに愛着は出るかもしれません。

でも何となく出身がわかってしまうと照れくさいというか、ねー。

時間が経ってからあそこのナンバーは軽トラが多いとか、マナーの悪い人が多いとか噂になったら悲しいですよね。

ちなみに私の車は練馬33なんですけど、これも一応こだわってるんです。

私が子供の頃はこの練馬33っていうのにも結構憧れがありましたし、今となっては取れないナンバーなので、希少価値みたいなところもありますかね。

古ければ良いってものでもないんですけどね。

それでは。

今週もまずはこちらから。

人気blogランキング