ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!

良い天気で今週も始まりましたね。

そんな今日は朝から高島平4丁目計画、9丁目工事の段取りなど。電気屋さん、設備屋さんと電話。信用金庫さん来社。池袋のお客様とお電話など。

午後は池袋本町計画プラン作成、鳶さんと電話、保険屋さん来社。関連不動産会社社長と電話、池袋本町のお客様とお電話など。夕方もプラン作成。

今日は予想外に来年のカレンダーを2本頂きました。おいおい、早すぎるだろうって思ったんですけど、以外とそうでもないかもしれませんね。

それでは今日はこれ。

[新日本様式100選]初年度53件を選定 ブランド化

 カップヌードルからウォシュレットまで――。伝統と先端技術を融合した新たな「日本らしさ」を示す製品・サービス「新日本様式100選」が30日、発表された。今後、数年間で100件程度を選ぶ予定で、初年度の今回は53件を選定。共通ロゴ「Jマーク」をつけて、ブランド化する。
 約100の企業や団体などで作る「新日本様式」協議会(理事長・中村邦夫松下電器会長)が提唱し、ファッションデザイナーのコシノジュンコさんやイラストレーターの日比野克彦さんらが審査員となり、応募254件から選んだ。

 日本発の技術を具体化した製品として、世界で累計200億食以上を売り上げた日清食品の「カップヌードル」や、使い捨てカイロ、トヨタのハイブリッド車「プリウス」、TOTOの「ウォシュレット」などが選ばれた。また、日本の伝統を引き継いだ新たな製品として、日本語のはねやはらいを表現できる書写用鉛筆、地球温暖化防止のため著名デザイナーらがデザインした現代風のふろしきも選ばれた。

2006年10月30日21時02分 毎日新聞

 

むふふ、これはもうエントリーするしかないでしょう。

伝統と先端技術を融合した「日本らしい」商品といえばRC−Zですね。

 

RC(鉄筋コンクリート)造の歴史は古く実は伝統的とも言える構造なんですが、そこに新しい先端技術を導入することによって実現したのが、RC-Z工法なんです。本当の意味での新日本様式と言えるでしょう。

 

精度の高い型枠材料や、緻密に考えられたシステムはまさに日本的と言えます。これは日本以外の国で開発するのは無理だと思います。おそらく数年のうちには外国に輸出される技術だということは間違いないと思います。

 

さらにこの技術とシステムを自在に操る当社もまたRC-Zの中でもひとつのブランドになることを目指しています。

 

それではこのへんで。

 

INOUEブランドを応援してください。