ブログネタ
RC住宅でいこう! に参加中!

RCdesign-studio

ようやく雨も止んで少し晴れ間もありました。

そんな今日は朝から西台の現場へ、作業立ち会い。その後金融機関回り1丁目現場視察。帰社後は千駄木計画検討、高松計画検討、鉄骨屋さんと打ち合わせなど。

午後は向丘計画のお客様とお電話、商社さんと電話、その後高島平7丁目のお客様宅へ部品お届け、西台の現場で電気屋さんと作業、帰社後はサッシメーカーさんと電話、提携会社さん来社打ち合わせ。夕方は草加計画検討、資料作成、根岸計画検討など、その後千石でご検討のお客様にご来社頂きました。

今日は結構暑く感じましたね、途端に蚊が飛んできたりしますが、体温調節の難しい時期です。周りで風邪をひいている人もいますが、くれぐれも無理のないようご自愛くださいませ。

今日はこれ。

浅間山など5火山に噴火の警戒 日本の火山は活動期に入った??

気象庁火山噴火予知連絡会が「各地の火山で活動が高まっている」と警戒を呼び掛けている。浅間山(群馬、長野県)が2008年8月10日に噴火。火山活動は収まらず、一日に100回を越す火山性地震が続き、火口2kmの範囲に大きな噴石が発生する可能性が出ている。このほか、霧島山(宮崎、鹿児島県)、雌阿寒岳(北海道)、口永良部島永良部島(鹿児島県)、桜島(同)でも噴火や火山性地震の増加があるとしている。日本の火山は活動期に入ってしまったのか。

2008年10月09日19時43分 / 提供:J-CASTニュース

え〜って感じですが、京都大学人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授はJ-CASTニュースの取材に対し、今回の発表は日本の火山が活動期に入ったことを示すものではなく、いつ噴火してもおかしくない108個の活火山の通常の状況とし、

「日本でこれくらいの数の火山活動は日常的なもの。ただし火山は突然変化し、かつての桜島のように大噴火になることもある。気象庁発表の情報をチェックし、注意は怠らないようにしてほしい」と話しているそうです。

本当に恐ろしいくらい危険な島なんですね、日本って。そんな国に住んでいるという自覚を持っている人がまた非常に少ないの不思議ですし、とても残念です。

もう地震は発生して当たり前、台風の上陸数だって、火山の噴火だって当然起こりうることという認識が必要なんです。

厳しい自然環境から大切な命と財産を守る為の住まい造りを考えてみては如何でしょうか。

それでは。

今日もご来場ありがとうございました。

人気blogランキング ←熱いクリックに感謝!