東京の快適住宅はRCdesign

曇り時々晴れで蒸し暑かったりの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後ガス会社さん来社打ち合わせ、池袋本町計画のお客様とお電話、目黒3丁目計画検討、江東区計画検討など。

午後は出版社さん来社打ち合わせ、練馬区関町北計画検討、新規お問い合わせ回答、江東区計画のお客様からお電話、1丁目の現場立ち会いなど。夕方は世田谷若林計画検討、見積、ミーティング。

なんだか蒸し暑く感じました。明日からしばらく雨が続くようですね、久しぶりのお湿りです。秋雨もたまには良いでしょうが、洗濯物が溜まりがちになりそうですので、主婦の方々には温水式浴室換気乾燥機をオススメいたします。

ではこちら。

主婦の自由時間は1日わずか2時間程度!? 意外と知らない主婦の労働実態

「主婦」といえば、一昔前までは「毎日働かず、近所の茶飲み友達とおしゃべり…ははのんきだね」なんてイメージがあったように思いますが、主婦側からすれば異論・反論もありましょう。とくに今や厳しい不況の真っ只中。ごく一部のセレブはいざしらず、一般家庭の主婦の暮らしはそれほど楽ではなさそうですよ…

どうも「主婦」というと、会社や勤めに出ていないせいか「働いていない」なんて考えられがち。確かに勤め人側からすれば、毎日家にいて満員電車に揺られることも、上司にくどくど文句を言われることもない主婦を「いいなあ、働かなくて…」とひがんでみたくなる気持ちも分からないではありません。でも、日々の家事や育児だって立派な労働。主婦側からすれば、その大変さは「主婦にしか分かるまい!」と言いたくもなることでしょう。

では、主婦は一体毎日どれくらいの時間を家事に費やしているのでしょうか? そんな「主婦の時間」に関する調査を日清フーズが実施したんです。さっそく、その調査結果を見てみるとしましょうか。

2009年09月28日16時30分 / 提供:トレンドニュース

というわけで、主婦応援キャンペーン中の弊社では主婦の皆様のご苦労を代弁するプランをご提案しております。

で、上記の結果「1日のうち、家事にどのくらいの時間をかけているか?」という問いに対しての回答結果は、第1位:食事の支度・後片付け(114分)、第2位:洗濯(49分)、第3位:掃除(39分)このほか、「それ以外の家事」(85分)という結果を合わせると、計287分。つまり、主婦は毎日約5時間を家事に費やしているわけです。

基本的に土日などの定休日があるわけではないと考えれば、1週間での労働時間は約33時間で、1カ月に換算すると143時間。9時から17時まで1日7時間程度の労働を週休2日で続けた場合の労働時間が月に154時間ですので、「一般的なパートタイマーの労働時間」とほぼ同等といったところでしょうか。

これまでに数多くの円満なご家庭を拝見し、また私自身の結婚生活20年から学んだ苦肉の策、いや秘訣はやっぱり第一に奥様のご意見、ご要望を最大限実現すること。

その結果として旦那様の夢に一歩近づくと言っても良いと思いますので、くれぐれも順番を間違わないようにしてくださいね。

それでは。

今日もありがとうございました。

人気ブログランキングへ ←ランキングに参加しています!