住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ウッドショック

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

気持ち悪い木造建築とか。

気持ちいい家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後文京区白山の現場へ、地鎮祭を執り行って頂きました、ありがとうございました。帰社後は杉並区高円寺南計画検討、港区高輪のお客様とお電話、お問い合わせ対応など。

午後は提携会社さんと電話、文京区水道橋計画検討、見積作成、地盤調査会社さん来社打ち合わせなど、サッシ屋さん来社、北区赤羽西計画検討、提携会社さんと電話、杉並区今川計画検討、書類作成など。夕方は渋谷区西原計画検討、資料作成、目黒区原町計画検討、ミーティングなど。

今日も天候に恵まれました。

ではこちら。

気持ちが悪くなる木造建築

「ウッドショックからウッドチェンジへ」。

そんなキャッチフレーズがある。森林林業白書の公表や、5年ごとの森林林業基本計画とか、木材利用促進法の改正などなど、林業関係の発表にちなんだ林野庁からコメントに登場するのである。

まあ、キャッチフレーズとしては悪くない。木材価格高騰で騒がれるウッドショックを、木材利用促進にチェンジしたい気持ちもわかる。林業振興、山村再生、それに世の中、これからは「脱炭素」ですから……。

だが、へそ曲がりな気持ちがムクムクと湧いてきた(笑)。木材のどこがそんなにいいんだ、とにかくネコも杓子も木材に変えればいいのかよと、思ってしまう。木材を経済や環境問題の道具として取り上げるが、その前に木材の良さを感じているのか。人間の官能が木にどんな反応をするのか考えたのか。いや、誰でも木材は気持ちいいに決まってる、目にしても触っても、臭いを嗅いでもみんな木の家が好きじゃないか……と自明のようにいうが、それは怪しい。
BLOGOS 田中淳夫 2021年06月22日 10:21

なるほど。

これはまた興味深い記事が書かれていました。

その内容が非常に鋭いご指摘で、同じ業界の方かと思ったら、日本唯一にして日本一の森林ジャーナリストという肩書きの方で、森林と人の豊かなつきあい方を模索するという目的で活動されているようでした。

建物に関する評価も適切で、京都の歴史的建造物でも、その意匠や材料、施工方法までをしっかりと評価されて頂けたのが良かったと思いました。

記事の中でもご指摘されていましたが、気持ち悪い木造建築だってあるんじゃないかと考えてみる。木をたっぷりつかっているけど、なんか違和感があるとか、似合わないとか。それがデザイン上のことなのか、使い方を誤っているのか。何かしらの違和感を感じる部分に注意すると良いと思います。

東京オリンピックのメイン会場も、全国の材木を使用し木のぬくもりが感じられるスタジアムと言われています。が、構造的には木材が負担する部分は無く、鉄骨の周りに木を貼った材料を仕上げとして使われていますし、木材を仕上げに使用するにしても、もう少し適材適所ってあるのではないかと、私は思います。

さらに今回のコロナ禍では、ウッドショック と呼ばれる状況の中、明らかになってしまったのが木材の国内自給率が4割にも満たなかったことだと思います。

本来ならば、自国で材料の調達ができるものだと思いますが、安価に調達することばかりを考えていたために、国内の産業を衰退させてしまったということを、もっと反省しなければいけないと思います。

気持ちいい家をお探しなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



家が建てられないとか。

東京で家を建てるならRCdesign

雨のち時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から資材メーカーさんと電話、お問い合わせ対応、ミーティング、北区赤羽西計画検討、設備屋さん来社打ち合わせ、金融機関へ、帰社後は書類作成、断熱材メーカーさんと電話、大工さんと電話、杉並区高円寺南計画検討など。

午後は社労士さんとオンライン会議、書類作成、文京区白山計画検討、大田区田園調布計画検討、世田谷区新町計画検討、資料作成、目黒区原町計画検討、ミーティングなど。夕方は電気屋さんと電話、サッシ屋さんと電話、見積作成、提携会社さんと電話、渋谷区西原計画検討、ミーティングなど。

いよいよ梅雨入りが発表されました。

ではこちら。

「ウッドショック」で住宅業界が悲鳴 日本で家が建てられない!

日本は2019年の木材自給率が37・8%で、世界有数の木材輸入国だ。そんな中、「ウッドショック」で木材が高騰し、住宅業界が悲鳴をあげている。

米国ではコロナ禍の在宅勤務が普及したことにより郊外エリアでの住宅ニーズが増加。住宅ブームが起こって、木造住宅に欠かせない木材の需要が拡大し、日本への輸出価格も高騰。さらに米国では、歴史的な低水準の住宅ローン金利を背景に住宅市場が活況を呈している。
2021年6月14日 11時30分 東スポWeb

なるほど。

まずはちょっとツッコミを入れておかないといけないと思うんですけど、日本で家が建てられない、なんてことはありません。

むしろ今こそ、輸入木材に頼ることなく、RC(鉄筋コンクリート)住宅を建てることを考える時かもしれません。

住宅イコール木造という固定観念が今だに日本人には染み付いているように思います。

それは家なんてどうせ30年も経てばボロボロになるし、ちょうど建て替えの時期になるから、また建てればいいとか、そうやって資源と資本の無駄遣いを続けてきたことが、国力の弱体化につながったのではないでしょうか。

自然災害の多い国土で、安全かつ省エネで快適に暮らすなら、家はRC住宅がオススメです。

さて、記事によれば米国の木材輸入業関係者が「アメリカの新築住宅着工はコロナ禍前に月間120万戸前後だったのが、2021年は150万〜170万戸にまで増加すると見込まれているんです。アメリカの住宅ニーズの増加で日本への木材輸出量が減っている。

結果、価格も高騰。しかも、コロナ禍の巣ごもり需要で、通販による海外の安い品物の輸入が活発となり、海上輸送コンテナ不足が拍車をかけた。木材が手に入らないという“ウッドショック”で住宅建築現場がストップしているんです」と明かしていました。

さらに記事では日本の住宅建築会社は「減少した輸入木材の奪い合いで木材価格は高止まりして、先物価格は約1年間で6倍まで高騰している。中でも、日本の木造住宅の要になる柱や梁に使用される米国産の松製材が値上がりしているんです。木材としては、秋田県の有名ブランドの秋田杉などがありますが、国産材だと強度が出ないんです」と語っていました。

中には輸入木材の調達が困難を極めていることから、各地で基礎工事だけ終え、建築休止している現場が多くなっているということもあり、多くの建築業者では施主に対してコストアップと工事期間の延長を申し入れて、契約書を更新されている場合も多いようです。

いろいろな情報を収集していますと、この状況はもう少し続いてしまうようですが、まずは来年の春ころまでに少しでも落ち着くことを祈るしかありません。

とにかく、強くて快適な家といえば株式会社RCdesignに決まっています。

是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ