ロックな家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画検討、お問合せ対応、北区西が丘計画検討、資料作成、西原のお客様とお電話、ありがとうございます。書類作成など。

午後は提携会社さんと電話、世田谷区新町2丁目計画検討、書類作成、その後金融機関へ、帰社後は大田区田園調布計画検討、渋谷区千駄ヶ谷計画検討、見積作成など。夕方は台東区蔵前計画検討、お問合せ対応、書類作成、ミーティングなど。

積雪の準備は万全でしょうか?くれぐれも無理のないように安全第一でお願いします。

ではこちら。

ロックの殿堂、ファン投票開始1週間でエミネムが首位に躍り出る

先週(2月2日)2022年度のロックの殿堂候補が発表されてすぐ、オンラインによるファン投票がスタートしたが、1週間弱が経過し、首位が入れ替わった。

開始当時はパット・ベネターがトップで、ドリー・パートンやデュラン・デュランが続いていたが、8日時点でエミネムが14万以上の票を集め、首位に躍り出た。2位にデュラン・デュラン、3位にパット・ベネター、4位にドリー・パートン、5位にユーリズミックスが入っている。
2022年2月9日 13時52分 BARKS

なるほど。

このご時世でも、しっかりとロックの殿堂を選考してくれているところが素晴らしいです。

しかも記事で目にしたのはエミネムという名前で、私が知っているエミネムはまだそんな歳ではないだろうと思っていたんですけど、記事によれば1996年11月にデビュー・アルバム『Infinite』をリリースしたエミネムは、“初のシングルもしくはアルバムをリリースしてから25年が経過していること”という基準を満たしてすぐにノミネートされたということです。

とは言っても、私もそれほど詳しいわけではなく、彼の初めてのヒット曲が売れてから知っただけで、白人ながらも史上最も売れたラッパーと言われているとおり、なんとも心に響く楽曲を定期的に出してくれるアーティストです。

彼のそのバックボーンを知ると、アメリカの闇の部分というのでしょうか、境遇や環境、または時代の中で這い上がってきたパワーを感じる曲も多いのではないでしょうか。

そんな彼が殿堂入りを果たしたら、にわかファンの私も嬉しいですし、まだまだ今後の活躍にも期待したいと思います。

記事によれば、この殿堂入りするミュージシャンというのは、歴史家、音楽業界従事者、アーティストなど1,000人以上からの投票により決まるそうですが、そこにファン投票の上位5アーティストへ“ファンからの一票”が加えられるという仕組みだそうです。

今回の2022年度は、ベック、パット・ベネター、ケイト・ブッシュ、ディーヴォ、デュラン・デュラン、エミネム、ユーリズミックス、ジューダス・プリースト、フェラ・クティ、MC5、ニューヨーク・ドールズ、ドリー・パートン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ライオネル・リッチー、カーリー・サイモン、ア・トライブ・コールド・クエスト、ディオンヌ・ワーウィックの17アーティストが候補に挙がっているということです。

現在2位がデュラン・デュランというのもちょっとビックリで、あれは中学生か高校生くらいの時に流行っていましたから、とっくにベテランの仲間入りをしていたと思います。

他にも懐かしい名前がいっぱいありますので、どのアーティストが殿堂入りしても不思議ではないと思います。

もしお気に入りのアーティストがいらっしゃたなら、ファン投票が公式サイト(vote.rockhall.com)で現地時間4月29日まで受け付けているそうですので、応援してみてはいかがでしょうか。殿堂入りするアーティストは5月に発表されるそうです。

ロックな家を建てるなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング
 ←ご声援を是非!