住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

オール電化

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

オール電化と停電とか。

発電する家を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から渋谷区計画検討、ミーティング、お問い合わせ対応、来客面談、文京区白山計画検討、見積作成、地盤調査会社さんと電話、資料作成など。

午後はガス会社さん来社打ち合わせ、資料作成、目黒区計画検討、渋谷区計画のお客様とお電話、お問い合わせ対応、提携会社さんと電話など。夕方は資料作成、台東区浅草計画検討、北区赤羽計画検討、練馬区大泉計画検討、ミーティングなど。

ここ数日、人とお話ししていて感じるのが情報格差や地域格差で、ウイルスに対する認識の差が非常に大きいように思います。日本特有の村八分や差別などに繋がらないことを祈ります。

ではこちら。

オール電化があだに、風呂・トイレ使えず…停電続く佐賀

台風10号による停電は、佐賀県内の一部で8日も続いた。

唐津市の山間部などでは、住民たちが途方に暮れていた。

唐津市相知町平山上に住む馬場崎徳一さん(67)宅では、7日午前4時ごろに停電したという。台風に備えて起きていて、真っ暗になったので電池式のライトをつけた。「携帯電話の充電ができないのがいちばん困った」と話す。
2020年9月9日 10時1分 朝日新聞デジタル

なるほど。

今回の台風でも、多くの被害が発生してしまいました。被災された方々にはお見舞いを申し上げるとともに、一日も早く日常が取り戻せるようお祈りしております。

今年はコロナ禍での自然災害となってしまいましたが、これはもちろん、これまでに経験の無いことですので、今まで考えなかった避難所の問題なども明らかになりました。

これだけ毎年自然災害が発生する国に暮らしていながら、この時代においてもまだ対策が行われていないことや、その教訓が生かされていないことが、非常に残念で仕方ありません。

記事にもあったように、地震だけではなく台風などの自然災害でも、停電となってしまう可能性は日本中どこに暮らしていても同様にありますが、以前と比べて電気エネルギーに頼る暮らしは年々増しています。

各電化製品などでは省エネ化が進んでいますが、一方で情報通信機器などの電気を必要とするものが確実に増えていますし、その重要性が増しているだけに、電気を断ち切られるということが重大なことにつながるようになりました。

記事にあった被災者のお宅は「オール電化」だったそうですが、お風呂が使えないのが最もつらかったということを話されていました。料理はカセットボンベ式のガスこんろ。冷蔵庫は冷気が逃げないよう、なるべく開けないようにしたそうです。

もちろんオール電化が悪いわけではありませんが、エネルギー源が電気だけに限られていると、料理やお湯を作ったりすることが出来なくなりますので、ご不便を感じる日数が長くなる可能性はあるでしょう。

ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、外部から供給されるエネルギーに頼らずに、自宅でエネルギーを作ることが出来れば、災害や停電時でも少しは安心出来ますし、何よりも最低限の暮らしを継続することが出来ます。

ここで再度ご検討頂きたいのが、太陽光発電の設置です。

もちろん可能な限り目一杯搭載することも良いんですけど、最小限でもあると無いとでは大違いというのが、太陽光発電かもしれません。

ご存じの通り、今は売電で儲かるということはありませんが、年々高騰する高価な電力を買う量を少なく出来ますし、なんと言って緊急時に少なからずエネルギーを作ることが出来ることが重要です。

さらに、燃料電池を設置することで天候や昼夜を問わず発電出来るようになりますし、近い将来には蓄電池も価格が下がってくると思いますので、これらを併用することで災害時でも生活を続けられるようになります。

エネルギーは地産地消が一番効率が良いものですし、なるべくクリーンなエネルギーを使いたいと思いますので、災害の備えと共に太陽光発電と燃料電池の設置を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



エコキュートのリコールとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安心な住まいを建てるならRCdesign

真夏の東京です。

そんな今日は朝からお客様と電話、書類作成、お問い合わせ対応、豊島区駒込計画検討、資料作成、板橋3丁目計画検討、地盤補償会社さんと電話、設備屋さんと電話、防水屋さん来社打ち合わせ、練馬区田柄計画検討、見積作成、出版社さんと電話など。

午後は5丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。信用金庫さん来社、商社さんと電話、土工事会社さんと電話、世田谷区代沢計画検討、文京区千石2丁目計画検討、図面作成など。夕方は資料作成、練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。北区西ヶ原計画検討大工さんと電話など。

もう言い飽きた感じもいたしますが、暑いですね〜。熱中症対策は怠りませんように。

ではこちら。

パナ「エコキュート」103万台リコールを正式発表 破裂事故で

ヒートポンプ技術を活用した家庭用高効率給湯機「エコキュート」の圧縮機が破裂し、部品などが飛び散る事故が発覚したパナソニックは25日、製品のリコールを実施すると正式に発表した。

平成15年11月から昨年1月までに「ナショナル」や「パナソニック」など複数のブランドで製造した計208機種103万1587台が対象となる。

兵庫県の住宅などでヒートポンプユニットの圧縮機が破裂し、部品などが飛び散り、周辺にあったものを破損させる事故が5件発生。人的被害は確認されていないが、けがにつながる可能性もあるため、無償で点検・修理する。

問い合わせはヒートポンプ給湯機市場対策室(フリーダイヤル0120・871381)。8月27日までは毎日午前9時〜午後9時、同28日以降は土日祝日を除く午前9時〜午後5時。
産経新聞 2014年07月25日12時27分

なるほど。

これはなかなか大きなリコールになってしまいました。

弊社に届いたメーカーからのFAXによると、Nationalブランドの2003年11月〜2009年4月までの機種、Panasonicブランドでは2008年5月〜2013年1月までの機種になり、合計978,317台が対象になります。

他のブランドも合わせて、記事にもあるように1,031,587台ということです。

メーカーによりますと、2013年に初めて不具合が発生し、その後の調査から断定した原因として、ドレン排水口の廻りの枯葉や泥などによる詰まり、または底部の水たまりがあり、そこに設置環境による塩分の溶け込み、さらに機器周辺の防音材から塩分を含んだ水の吸い上げがあったようです。

その防音材に含まれた水分が機器の熱で蒸発し、塩分などが濃縮されることで、機器表面からの腐食が異常に進行して、破損につながったということです。

メーカーとしては、ヒートポンプユニットのドレン排水処理と圧縮機の腐食状況を点検し、底板内に水がみたされていても、防音材が吸水しないように下端をカットした対策済みの防音材と交換、もしくは本体を対策品と交換するそうです。

対象製品をお持ちのお客様には、無料で点検し、部品の交換を実施させていただきますとのことです。

お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 

このエコキュートは、オール電化住宅とセットで、震災前までに相当流行っていましたので、相応の台数になってしまいました。幸いなことに弊社ではオール電化住宅をオススメしていなかったこともあり、該当する機種はほとんど無いようです。

もし、ご自宅がオール電化やエコキュートをお使いの方や、そんなお宅をご存知の方は上記メーカーまでお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!


 

オール電化住宅って・・・

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で住まいを建てるならRCdesign

残暑お見舞い申し上げたい東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、渋谷区東計画検討、地盤調査会社さんと電話、北区西ヶ原計画検討、出版社さんと電話、信用金庫さん来社、資料作成、大工さんと電話、関連会社さんと電話など。

午後は北区滝野川計画検討、見積作成、キッチンメーカーさんと電話、金融機関、文京区本郷計画検討、事務機屋さん来社、豊島区千川計画検討など。夕方は板橋区弥生町計画検討、見積作成、

ちょっと気を抜いたところでの猛暑復活は非常に身体に悪いですね。くれぐれも体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

高率値上げ「だまされた」…オール電化高くつく

北海道電力の電気料金値上げが9月1日、実施される。
家庭向けは平均で7・73%引き上げられるが、オール電化住宅向けの値上げ率は標準家庭の3倍超と高く、利用者からは不満や嘆きの声が漏れる。オール電化は道内の約7%(約19万7500戸)を占めるまでに普及しているだけに影響は小さくなく、北海道電への問い合わせも増えている。

「光熱費が安くすむという話だった。まさかこんなことになるとは……」
値上げの実施が間近に迫る中、札幌市豊平区の女性(38)は、自宅のリビングでため息をついた。女性は夫と子供3人の5人暮らし。5年前に「暖房で灯油を使うより、オール電化にした方が光熱費全体が安くなる」と考え、オール電化の建売住宅を購入した。

今回の値上げでは、標準家庭(契約電流30アンペア、月260キロ・ワット時使用)の値上げ率が4・72%なのに対し、オール電化住宅向けの「ドリーム8」は16・83%と、3倍以上の設定になっている。
 読売新聞2013年08月30日11時52分

なるほど。

これはなかなかショッキングなニュースですね。

記事では北海道電力の場合ですが、今後全国的に同じようなことが起こらないとも限りませんので、電力需給の問題や、燃料価格など、社会情勢にも注意しておく必要がありますね。

それにしても、今回の値上げ幅は、オール電化住宅に住まわれている方にとって、あまりにも大きすぎますし、その根拠や計算方法がわかりませんので、ユーザーからの不満も大きくなるのではないでしょうか。

震災前までは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでシェア拡大を続けていたオール電化住宅ですが、残念ながら震災以降ほとんどその言葉を聞くことは無くなってしまいました。

電気イコールクリーンなエネルギーというイメージが、実はそうではなかったということがわかったり、原発の停止による夜間の余剰電力が無くなってしまったことが、オール電化住宅が最善という概念が崩れた要因でしょう。

震災から時間が経つにつれて、エネルギーに対する考え方も少しずつ変わってきていますね。

太陽光発電設備を設置するご家庭は以前より格段に増えましたし、燃料電池や蓄電池も普及が進んでいます。

今になって思えば、止めることの出来ない原発が作り続けていた電気、それを夜間電力として安い価格で提供していた電力会社、その安い電気でお湯を作り置きしておくというシステムは、あまりにも都合の良いものだったと思います。

その前提には、原子力という未だコントロールすることも、リサイクルすることも出来ないエネルギーがあったということを、考えてみても良いと思います。

これから住まいづくりをお考えの方や、リフォームをお考えの方は、何かに荷担することなく、公平に用途や使い方を考えて、エネルギーや設備を選ぶようにした方が良いと思います。

もし住まいづくりで迷われているのなら、是非お気軽に弊社までお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ