住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

タワマン

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

日本の耐震と長周期とか。

地震に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、原稿作成、書類作成、所沢市計画検討、賃貸管理業務、お問合せ対応、台東区浅草でご検討のお客様とお電話、業者さんと電話など。

午後は管理組合さん来社打ち合わせ、江戸川区東小岩計画検討、文京区小石川計画検討、書類作成、提携会社さんと電話、お問合せ対応、電気屋さんと電話など。夕方は見積作成、渋谷区東計画検討、ミーティングなど。

まだまだ暖かくしてお過ごしくださいね。

ではこちら。

文字通りの″タワマン崩壊″!? 「長周期地震動」にほとんどの建築物が無防備な理由

トルコだけでも6000棟近い建物が一瞬にしてがれきの山と化した
今年の2月1日より気象庁は、これまでの「震度5弱以上の揺れが予想される場合」という緊急地震速報の基準に加え、「長周期地震動」による被害の可能性がある場合にも速報を発表することとなった。

しかし現行の建築物の多くは、この長周期地震動に全く無防備。さらに国交省も対策に及び腰だという。
2023年2月16日 17時0分 週プレNEWS

いまだにトルコでは懸命な救助作業が続けられていますので、これ以上被害が拡大しませんようにお祈りをしたいと思います。

トルコ地震については、この後日本でも多くの専門家が分析をされることと思いますので、データが出揃いましたら、改めて報告させて頂きたいと考えています。

ただ、今回のトルコ・シリア大地震は、震災の脅威を世界に再認識させる大惨事となってしまいましたし、被害を拡大させた原因の一つが耐震規制を満たさない建築物が多かったことという指摘もあるようです。

記事でも心配されていましたが、もしかすると日本人の多くが「地震先進国の日本ではこうした被害はあり得ない」とか、根拠のない妄信を持たれていると危険ですね。

そんな中、先日発表されていたのが、緊急地震速報の発表基準の改定で、「長周期地震動」という新たに浮かび上がった脅威に対応するアップデートです。

ところが、記事で主張されていたのは、長周期地震動の発生を速報するだけでは、防災政策としては片手落ちというほかはないとして、現在日本に存在する建築物の多くは、長周期地震動を想定して設計されておらず、速報を受けても対処のしようがないというケースも予想されるからとのこと。

ここでおさらいをしておきますと、1981年の6月以降に建築確認が下りた建物を「新耐震」と呼んでいて、それ以前の基準で建てられたものを「旧耐震」として、区別されています。

次に、長周期地震動というのはマグニチュード7以上で発生する、揺れの周期が長い地震のこと。1回の揺れが1〜2秒で、横に大きく揺れます。東日本大震災においても観測されていて、映像を見られた方も多いと思います。その後タワーマンションのような超高層建築物においてより危険が大きく、高層階ほど激しく揺れるので想定外の被害が出やすいと言われています。

さらに記事で紹介されていたのは、近年浮かび上がった高層建築物にとって新たな脅威となる「揺れ」がもうひとつあるとして、2016年の4月の熊本地震で新たに観測された、「長周期パルス」と呼ばれるものです。

この長周期パルスとは、3秒ほどの長周期の揺れが大きな変位を伴って一気に発生する大きな地震動のことで、熊本地震では活断層付近で観測されたそうです。

そしてこの長周期パルスでは、これまで想定していたよりも大きな揺れが突然発生するということで、やはり現状の免震や制震構造の基準では長周期パルスを想定していないということ。 

記事によれば、この「長周期地震動」と、「長周期パルス」の存在は、新耐震といえども確かな安全性が確保されていない可能性があると指摘されていました。

私の考えでは、これらの新たな脅威は鉄骨造を中心としたラーメン構造で発生するもので、全体が剛な壁式構造なら、長周期が発生しにくいと考えています。

日本に1棟でも多く、壁式RC住宅が増えますように、どうかお力添えください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←どうかひとつ。



タワマンのリスクとか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、豊島区目白のお客様とご連絡、江戸川区東小岩計画検討、資料作成、社内ミーティング、練馬の不動産会社さんと電話、提携会社さんと電話、徳丸のオーナー様にご来社頂き打ち合わせ、お問合せ対応など。

午後は池袋方面へ打ち合わせに、帰社後は資料作成、中野区本町計画検討、ミーティングなど。夕方は電気屋さんと電話、資材発注、提携会社さんと電話、お問合せ対応、ミーティングなど。

予想外に良い天気でした。

ではこちら。

なぜあんなところに住みたいのか…震災被災者が「タワマンには絶対住みたくない」と断言する理由

都市部で大災害が起きたらどうなるか。東日本大震災で被災した作家のたくきよしみつさんは「危険度が最も高いのは高層マンションだ。

エレベーターやトイレが使えなくなり、一瞬で厳しいサバイバル現場になる。なぜあんな怖ろしいところに大金を投じて住みたいのか、わからない」という――。
2022年8月29日 12時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

もしかするとすでにタワマンにお住いの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方にもちょっとは参考にしていただけると良いと思います。

残念ながら私はタワマンに暮らしたことはありませんし、周りにもあまり聞いたことが無いように思います。

そんな中で感じるのは、タワマンという商品の価値そのものが作られていく時に、そこで暮らす人間や環境への影響を本当に考えられたのだろうかということ。

確かに上階の眺望は人が見たことのない景色に違い有りませんし、その希少性が投資や節税の対象となってしまうことも、人が価値を感じる部分ではあるかもしれません。

しかし、記事にもありましたが、巷には、資産運用、ダイエット、アンチエイジング、恋愛、ビジネス戦略、メタバース……といった様々な話題が溢れていますが、それらはすべてあなたや私といった「個人」が生きていてこそ意味を持つものです。昔から「命あっての物種」といいますが、まさにその通りで、これ以上の優先順位を持つ課題はありません。

本当に命と財産を守ることが何よりも優先されなくてはいけないと思うんですが、記事の著者さんも都会の住居の中でも、危険度が最も高いのは高層マンションでしょう、と書かれていました。

さらに記事では、都心の高層マンションは庶民の憧れの的といいますが、私にいわせれば、なぜあんな怖ろしいところに大金を投じて住みたいのか理解できません、と過激な記載もありました。

その懸念されるひとつが、オール電化の高層マンションで電気が止まればどうなりますかという点。

一日でも大変なことになるでしょうが、復旧の見込みが立たないほどの長期停電となれば、その瞬間から住んでいられなくなります。エレベーターが動かず、電気が使えず、水洗トイレも使えなくなった家で、あなたは何日頑張る自信がありますか。何億円の高級マンションでも、一瞬にして山の中のテント生活より厳しいサバイバル現場になります。

もうひとつ記事で紹介されていたのは、まだ記憶に新しいと思いますが2019年10月、台風19号で多摩川の水位が上昇し、排水管を逆流した水で武蔵小杉の47階建てタワーマンション2棟が浸水。停電でエレベーターも停止して、一瞬にして陸の孤島状態になるということがありました。堤防が決壊したわけでもないのにこういうことが簡単に起きたことで、ショックを受けたかたも多かったでしょう。

いつもお伝えしていることですが、災害はいつ発生するかわかりませんし、自分が被災する可能性も十分あり得ることです。まずは災害に強い家を第一条件にしてください。

ご不明な点はどうぞお気軽に弊社までお問合せを頂けると幸いです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ←いつもありがとうございます!



安全な居住環境とか。

安全な家を建てるならRCdesign

雨の東京は寒いです。

そんな今日は朝から文京区白山計画検討、図面作成、目黒区原町計画検討、資材発注、信用金庫さん来社打ち合わせ、地盤調査会社さん来社、お問合せ対応、練馬区江古田のお客様とお電話、塗装屋さんと電話、渋谷区西原のオーナー様とお電話、電気屋さんと電話など。

午後は建材メーカーさんと電話、資料作成、ミーティング、台東区蔵前計画検討、渋谷区東計画検討など。夕方は資料作成、電気屋さんと電話、設備業者さんと電話、町田市計画検討、その後社内送別会出席など。

今日は6年間の任期を満了して週明けに帰国する、ベトナム人技能実習生の送別会を行なって来ました。もちろん適切な距離を保ちながらの開催でしたが、大いに盛り上がって送り出すことが出来ました。きっとベトナムでのRC住宅普及に努めてくれると思います。

ではこちら。

タワマン34階のバルコニーに閉じ込められた母親…脱出“大騒動”にかかった「思わぬ費用」 安全な居住環境を作ろう

最近では、生まれた時からマンション住まいで戸建住宅に住んだことがない人も多くなりました。そんな慣れ親しんでいるマンションにも色々なところに危険が潜んでいることがあります。

都内のあるタワーマンションの理事会で報告された事例ですが、お母さんがバルコニーに出て洗濯物を干していたところ、三歳になる子どもがバルコニーへ出入りする掃き出し窓の内側に取り付けられたクレセント錠を締めてしまい、部屋の中に戻ることができなくなるということがありました。
2022年4月15日 6時0分 現代ビジネス

なるほど。

マンションでは比較的安全性が高いと思って、住まわれている方は多いと思います。

もちろん耐震性や耐火性、さらに遮音性などに対すつメリットは、タワマンなどのRC造なら当たり前に標準装備されていることなんですが、地上で暮らしていた人類が上へと上がって生活することで、少なからず不具合が発生してしまうこともありますね。

生理学的な部分でもどのような影響があるのか、さらに災害大国日本での高層階の生活においての安全性という点でも、まだまだ検証する必要があるのかもしれません。

そんな中で、今日の記事ではマンションで起こる災難というか、日頃考えられないような危険があるということが書かれていました。

記事にあった例では、お母さんが持っていた携帯電話でマンションの防災センター(管理事務所)に助けを求めたところ、その住戸のバルコニーは火災の時に下階に避難するための「避難ハッチ」が設置してあったので、下階の居住者の了解を取り付け、「避難ハッチ」を開けて避難用のはしごで下の階へ降りるように指示をしたそうです。

これで一件落着かと思いきや、ところがそこは34階の高層階です。その日は風も強く、地上を見たら怖くて下に降りられず結局、隔て板を物干し竿で壊して隣の住戸へ脱出したということです。

管理スタッフの話では、いつもなら、隣の住戸のバルコニーの間にある避難用の隔て板を壊して隣の住戸から脱出させるのですが、隔て板は壊すと元通りにするのに10万円位費用がかかり、その負担は個人負担になるので、下階に降りる方法を伝えたそうです。

確かに5階くらいまでなら、避難はしごもなんとか使えるかもしれませんが、34階の強風は相当怖いですので、10万円もやむなしかもしれません。

さらに記事の例では、お母さんは無事に脱出できたものの、自宅の鍵は持ってないかったためにご主人が勤務先から帰宅して鍵を開けたそうです。が、さらに玄関扉の内側からドアガード(内鍵)が掛かっていたために鍵開けの業者に依頼してやっと家の中に入ることができたということですので、ここでも費用が発生しているでしょうから、大きな出費になってしまったことでしょう。

皆さんが望まれている安全な居住環境というものは、絶対とか、完璧というものはありません。しかしながら、少しでも回避できることだったり、準備しておくことも出来ますので、たまには想像を膨らまして対策を考えてみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ