住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ハロウィン

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

真珠と満月とハロウィンとか。

夜景もいい家を建てるならRCdesign

くもり時々はれの東京です。

そんな今日は朝から目黒区駒場計画検討、資料作成、解体業者さんと電話、出版社さん来社打ち合わせ、杉並区今川計画検討、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

午後は渋谷区西原計画検討、お客様とお電話、5丁目のお客様とお電話、提携会社さんとオンラインミーティング、杉並区内でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。夕方は関連不動産会社さんと電話、渋谷区桜丘計画検討、地盤調査会社さんと電話、ミーティングなど。

image今日はとっても嬉しいことがありましたのでご報告させてください。

実は我が家の結婚記念日だったんですが、社内スタッフの皆にサプライズでお祝いをして頂きました。

30年間苦労を続けてくれた家内にはもちろん感謝ですが、このようなお祝いをしてくれたスタッフにも感謝です。どうもありがとうございます。

家内も少しは報われたのではないでしょうか。なんでも結婚30周年は「真珠婚式」ということですので、気持ちも新たに引き続き精進して参ります。

ではこちら。

2020年のハロウィンは満月です!ブルームーンはめったに見られないって本当!?

今年10月31日のハロウィンは満月になります。中秋の名月を見逃した方も、お月見のチャンスですよ♪ ところで、どうしてひと月に2回も満月があるのでしょうか?

別名『ブルームーン』とも呼ばれる「2度目の満月」がみられるのは、数年に一度だけ。ましてや、ハロウィンの夜に満月が重なるなんて、めったにないことなのです。それなのになぜハロウィンには満月のイメージが?
2020年10月27日 20時30分 tenki.jp

なるほど。

30年前のバブル景気だった頃、結婚式を終えてから向かったのはアメリカ西海岸、ロスアンジェルスのディズニーランドで見たのが初めてのハロウィンだったと思います。

当時はまだ日本でハロウィンが定着する前だったので、アメリカ人のお祭り騒ぎに異国を感じたものです。

しかしながら、日本でもすっかりメジャーなイベントになったハロウィンですが、残念ながら今年は人が集まることが出来ませんので、少人数で月を鑑賞するというのが良いかもしれません。

記事によれば、満月は、ほぼひと月に1回みられますが、それは月の満ち欠けが約29.5日周期で起こるからなんですね。ところが数年に一度くらいのタイミングで、1ヶ月に満月が2回に! その2回目の満月が『ブルームーン』とも呼ばれています。

ここで注意して欲しいのは、決して満月そのものの色ではなくて「暦」から付けられた呼び名ということです。

それでも、地平線近くにある赤っぽい月、高い位置にいる青っぽい月、またあるときは緑がかって見える月などもあります。

これは、地球の大気や大気中のチリなどが、月からの光を屈折させたり散乱させて起こるものと考えられています。青い光は赤い光よりも散乱の影響を受けやすいため、私たちには「赤い月」のほうが多く見えているみたいです。

blue moon(ブルームーン)」という言葉は「ありえない」「めったにない」という意味なんですね。それでもごくまれに、ブルームーンが本当に青く見えることもあるそうで、「ブルームーンを見ると幸せが訪れる」「願いが叶う」なんて言い伝えもあるとか。

そう言われると、青いと思い込んででも満月を見たくなりますね、今回の10月31日にあらわれるのは、ブルームーンでマイクロムーン(2020年最小の満月)という、記念すべき満月だそうですので、是非時間を作って夜空を見上げて見ましょう!

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



ハロウィンにダメ出しとか。

ブログネタ
住まいの選び方 に参加中!
東京でパーティーする家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、金融機関へ、信用金庫さん来社、世田谷区奥沢計画検討、その後高田馬場方面へ、お客様宅訪問打ち合わせなど、ありがとうございます。

午後は世田谷区奥沢計画のお客様とお電話、その後RC-Z家の会会合出席など。夕方に帰社後は板橋区板橋3丁目計画検討、徳丸6丁目計画検討、お問い合わせ対応、所沢市東所沢計画検討、練馬区東大泉計画検討、ミーティングなど。

ソフトバンクさん日本一おめでとうございます。それにしても寒暖の差が激しくって、体がついて行けそうもありません。どうぞご自愛ください。

ではこちら。

日本版ハロウィンに米国人ダメ出し

今週末はいよいよハロウィン。街角にはオレンジ色のカボチャの装飾があふれているが、ハロウィンに関しては先輩格のアメリカ人から、「日本人は楽しみ方をわかっていない」という声が登場。本番を前に困惑の声が漏れている。

10月25日、京都新聞に「ハロウィーン、実は欧州では低調 『日本人はまだまだ』」という記事が掲載された。記事は、複数の国の出身者に祖国のハロウィン事情を聞いたもので、ヨーロッパ出身者が「あまり盛んではない」と答える一方、中国と韓国の出身者は自国のハロウィン事情について解説。そして興味深いのは、アメリカ人の回答だ。

日本では一般的に、「仮装をして街を練り歩く」「カボチャ色の装飾を施す」といったイメージが強いハロウィンだが、米国出身で京都府在住の40代男性いわく、米国では子どもたちを自宅に招く風習があり、男性はハロウィン期間中、自宅をお化け屋敷として開放しているという。

そして男性は、日米の最大の違いについて「手作りかどうか」と説明。「米国では、各家で開かれるパーティーに参加し、手作りのゲームをして楽しむ」と述べ、「日本人は楽しみ方を分かっていないという印象」と指摘している。
2015年10月28日 11時1分 R25

なるほど。

ハロウィンですよ。

だから何?という声が聞こえてきそうですが、現在の日本ではバレンタインデーを超える経済効果があると言われるほどの盛り上がりを見せています。

とは言っても、ほとんどのオヤジ達は蚊帳の外を感じているかもしれませんが、若い衆を中心に小さなお子さんのいるご家庭でも何かしらのイベントを計画されているかもしれませんね。

ここでは時代に取り残されたご同輩の方にも、今一度Wikiさんで確認しておいていただきましょう。(以下Wikipediaより引用)

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。(ここまで)

というものが、そもそもの行事ということです。 

私個人的には、30年くらい前に行ったアメリカが丁度このシーズンだったこともあり、そこで初めてこのイベントを知ったんですが、その頃はまだ日本ではほとんど話題になっていなかったと記憶しています。

それがいつの間にか、仮装をして集まったり、街を練り歩いたり、各所でパーティーが開催されるようになるなど、ここに来てすっかり日本にも行事として定着した感がありますね。

記事にもあるように、もちろんこれは本場アメリカから見れば、まったく違うものと言われて当然ですし、ダメだしを食らっても当たり前と言えるでしょう。

しかし、これはもうハロウィンに限ったことではなく、クリスマスだってバレンタインだって同じように日本仕様となってすっかりスタンダードなイベントになっています。

こういった外国の文化を取り入れて、上手にカスタマイズし、商業的な仕掛けがありながら、徐々に自分達のモノとして昇華させていくのは、日本人の得意とするところかもしれません。

でもそれもこれも、根本にあるのはお酒を飲む口実であったり、友人知人と集まって盛り上がれる機会が増えてくれれば良いという発想ではないでしょうか。

古い話で恐縮ですが、全日本酒飲み音頭(歌:バラクーダ)という歌謡曲がありました。そうです、酒が飲める 酒が飲める 酒が飲めるぞ〜という歌詞です。

私はお酒を多く呑むことは出来ませんが、大勢で盛り上がったり、楽しい時間を過ごすのは大好きです。きっと日本人は根っからの楽天主義なのかもしれません。

楽しむことが上手なら、日本はどんな時代でもきっと幸せですね。

ホームパーティーで盛り上がるなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

  ←クリックをよろしく!
人気ブログランキングへ  


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ