安全な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、都市銀行さんと電話、大田区田園調布計画検討、世田谷区新町2丁目計画検討、文京区白山計画検討、資料作成、渋谷区西原計画検討など。

午後はお問合せ対応、提携会社さんと連絡、高島平5丁目のお客様とお電話、信用金庫さん来社打ち合わせ、見積作成、資材発注、生コンプラントさん来社打ち合わせ、目黒区原町計画検討など。夕方は江戸川区東小岩計画検討、北区赤羽西計画検討、お問合せ対応、ミーティングなど。

雪の影響や被害は無かったでしょうか?

ではこちら。

路線バスが住宅に衝突 凍結スリップか

7日午前、東京・国分寺市で路線バスがスリップし、住宅にぶつかる事故がありました。路面凍結の影響とみられ、この事故で運転手ら2人がケガをしたということです。

警視庁などによりますと、7日午前9時前、国分寺市泉町の路上で右カーブを曲がろうとした路線バスがスリップし、道路沿いの住宅に衝突しました。
2022年1月7日 10時36分 日テレNEWS24

なるほど。

いやはや全く予想外の積雪となってしまいましたね。昨日の朝の段階ではこれほど積もるとは予想されていませんでしたので、帰宅時に困られた方も多かったのではないでしょうか。

弊社のスタッフも道路混雑によってだいぶ帰社時間が遅れていましたが、事故等が無かったので一安心でした。

しかしながら、今朝はいつものように積雪の翌日特有のアイスバーン地獄が待っていました。ヒヤッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

IMG_3656(こちらの写真は今朝の自宅周辺の様子です。記事とは関係ありません)

記事によれば、事故の直前にバスのそばを自転車で走っていた60代の男性が路面が凍結していた影響で転倒し、バスはこの男性を避けようとしてスリップしたとみられるということです。

この事故で、40代のバスの運転手と自転車の男性がケガをしたということですが、バスの乗客8人にケガはありませんでしたとのことですので、最小限の被害で済んだようです。

私の自宅前の坂道でも、朝方から出勤までの間に5台ほどの車がスリップして、坂を下って行ってしまいました。そんな被害に遭われた方からの連絡もあってか、お昼までには行政の方が融雪用凍結防止剤の塩化カルシウムを撒いてくれたようです。

がしかし、この塩化カルシウムは言わば塩ですので、鉄をサビやすくすると言われているんですね。

ただでさえ、すでにサビが進行しているボディに塩を塗ることになってしまいますので、それはそれで問題なんですけど、地域の安全確保には代えられないですね。

いつ何時住まいにバスが突っ込んでくるかもわからない時代です。住まい選びではまず丈夫な構造躯体を選ぶことが大切です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング 
←どうぞよろしくお願いします。