住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

ミッドセンチュリー

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

ルイスポールセンの照明とか。

デザインの良い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、社内ミーティング、渋谷区西原計画検討、設備担当と協議、資料作成、北区赤羽西計画検討、杉並区今川計画検討、港区高輪のお客様とお電話、ありがとうございます。お問い合わせ対応など。

午後は池袋方面へ、帰社後はZEHビルダー対応、文京区白山計画検討、大田区田園調布計画検討、資料作成など。夕方はご近所のお客様にご来社頂き打ち合わせ、西原計画検討、図面作成、港区元麻布計画検討、ミーティングなど。

ちょっとヒンヤリしました。

ではこちら。

ルイスポールセンの名作「PH 5」は、ダイニング用照明の傑作

インテリアがお気に入りのものだと、家でのくつろぎの時間がさらに愛おしくなると思います。そこで今回は、私が実際に使用しており、お気に入りの照明器具「PH5」をご紹介します。

この「PH5」は、1958年にデンマークのルイスポールセンというブランドから発売されました。以来、60年経った現代でも世界中で愛されているダイニング用ペンダントランプの名作です。

緯度の低いデンマークで、1日のうち最も美しい光が降り注ぐと言われる夕方のブルーアワーを、家で過ごすのにふさわしい灯りとして開発されました。
2021年4月26日 16時45分 イチオシ

なるほど。

インテリアにご興味をお持ちの方なら、この照明器具はもちろんご存知のことと思いますが、最近はよりシンプルなものが好まれたり、インダストリアルな雰囲気など、日本でも多様化が進んでいますので、年代によっては知らなかったという方もいらっしゃるかもしれません。

06046012700ネットで探した画像を拝借させて頂きましたので、ご覧ください。

実際に見てみると、以前にもどこかで見たことがあるような気になって来るのではないでしょうか。

私の年代から少し上の諸先輩などでは、インテリアといえばミッドセンチュリーに憧れていた人も多いと思います。

記事で紹介されていた「PH5」は1958年にデンマークのポール・ヘニングセンという人がデザインし、ルイスポールセンから発売され田ということです。

ご覧いただきましたように、すでに60年以上が経ちましたがそのデザインの美しさに、今でもファンの多い名作だと私も思います。

さらに記事によれば、ダイニング用のペンダントランプとして、夕方の美しい光が差し込むブルーアワーを家で過ごしやすくする、計算されたデザインが秀逸な灯りなのです。と書かれていました。

直接ランプからの眩しさを回避しつつ、効率的に光を必要なところに集めるために、数学的な根拠をもつ対角螺旋で描かれたカーブを採用した4枚の羽が特徴的です。

このPH5が作るやわらかな光は、照らされた人の顔や物に陰影の濃淡を作り出し、繊細な凹凸を美しく見せる効果があります。また、光の色味についても工夫を凝らしています。人間の目は光のスペクトルのうち、黄色を最も強く感じます。逆に、赤みや青みには感度が低いそうです。

そこで、ヴィンテージや現行品のクラッシックホワイトは、一部のパーツが赤と青に塗られており、光の色味を補正しているそうです。その効果により、テーブルの上のお食事が美味しそうに映えるということなんですね。

確かなデザインや手間のかかっているモノづくりなら、60年や100年くらい経ったとしても、全然古さを感じさせません。

是非この機会に下記のホームページからインテイアの参考にして見てください。



それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



インクレディブルな住まいとか。

東京で大邸宅を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から日比谷方面へ、提携会社さんと打ち合わせなど。帰社後は信用金庫さん来社打ち合わせ、板橋区双葉町計画のお客様とお電話、資料作成、お問合せ対応、新宿区大京町計画検討など。

午後は新宿方面へ、建材メーカーさんショールーム訪問と打ち合わせなど。夕方帰社後は大工さんと電話、ガス会社さんと電話、荒川区西日暮里計画検討、書類作成、お問合せ対応、ミーティングなど。

暑中お見舞い申し上げます。本当にお大事にお過ごしください。

ではこちら。

『インクレディブル・ファミリー』ミッドセンチュリーな豪邸を大公開!

世界中の観客を魅了した『Mr.インクレディブル』の待望の最新作『インクレディブル・ファミリー』 がいよいよ公開される。この度、ボブたち家族が暮らすことになる大邸宅の映像が解禁された。

■本作の重要なコンセプトはミッドセンチュリー
本作の世界観のコンセプトは、ミッドセンチュリー(20世紀半ば)。キャラクターと同じくらい重要な役割を果たしているその時代を反映させた世界観は、ボブたち家族が暮らすことになる、郊外に建つ家にも反映されている。
2018年7月31日 16時0分 cinemacafe.net

なるほど。

映画好きの方では、すでにチェックされているかもしれませんが、最近気になる映画が「コード・ブルー」という人にも、記事の映画は住まいづくりの参考になるかもしれません。

記事によれば、この映画の主人公達が暮らすその豪邸は、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト(1867-1959)の建築を参考にして書かれているそうですので、それだけでも建築に興味のある人は見てみたくなりますね。

さらに、かつてハリウッド・スターたちが豪邸を建て、いまなおモダンな雰囲気が漂う砂漠リゾートの街、カリフォルニア・パームスプリングスの家々や、『北北西に進路を取れ』のジェームズ・メイソンの家にも影響を受けて作成されたそうです。

また、映画の中では、オシャレな椅子からフロアランプ、天井や床に至るまで一から作り上げられているそうですが、主人公がちょこんと座ったりする床は、異なる素材に伴う反射の違いまでが計算され、自然に見えるように、そこに汚れも加えるという徹底したリアルを追及しているそうですので、そんなところでも、ミッドセンチュリーを感じられるかもしれません。

まずは公開されている映像をご覧ください。


いかがだったでしょうか。

まず驚くのはそのCGの凄さだったかもしれません。

やはりその質感やリアルさは、時代の進歩を実感させられるものではないでしょうか。

それにしても、その豪邸さ加減がハンパないんですけど、リモコンを押すと天井から水のカーテンが現れたり、暖炉に火がついたり、ソファやテレビが現れたりと、まさに夢のような大邸宅に違いありません。

でも細かなところでは、各部の仕上げ方法や、カラーリングの使い方、照明器具の種類なども参考になりそうです。

さて、そんな映画『インクレディブル・ファミリー』は、明日8月1日から公開されるということで、これは『Mr.インクレディブル』(04)の14年ぶりの続編なんですね。

今回この映画のテーマとなっているのは、「悪と戦うヒーロー家族にも、日常生活や悩みがある」ということです。夫のボブではなく、妻のヘレンに“正義の仕事”が舞い込むことで、女性の社会進出、イクメン夫の苦労、仕事と子育ての両立など、今時の子育て世代ではごく一般的な問題が共感できる点も面白いようです。

お盆休みには、この映画を見て、住まいづくりを考えてみてはいかがでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ