住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

中国

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

中国はグリーン建築が急発展とか。

強くて省エネな家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、社内ミーティング、商社さんと電話、賃貸管理業務、内装屋さん来社打ち合わせ、西日暮里のお客様とお電話、提携会社さんと電話、文京区白山計画のお客様とお電話など。

午後は目黒区原町計画検討、書類作成、リフォーム工事計画検討、北区赤羽西計画検討、資料作成、渋谷区西原計画検討、図面作成、お問い合わせ対応など。夕方は大田区田園調布計画検討、原稿作成、ミーティングなど。

明日は夏日の予想だとか、寒暖差にご注意ください。

ではこちら。

中国のグリーン建築が急発展、CO2排出量ピークアウトなどの実現へ―中国メディア

中国住宅・都市農村建設部の標準定額司の倪江波(ニー・ジアンボー)一級巡視員はこのほど、「2022年になれば、都市部で新たに建設される建築物のうち、(環境性能に配慮した)グリーン建築(グリーンビルディング)の面積が70%を占めるようになる。

19年には、全国のグリーン建築の累計建築面積は50億平方メートルを超え、同年の都市部の新規建設建築物に占める割合は65%に達した」と述べた。人民網が伝えた。
2021年4月19日 5時0分 Record China

なるほど。

これはいよいよ建築や環境の分野でも、あっさりと中国に先を越されることになりそうです。

彼の国のことですから、その指導力というか影響力は日本のそれとは大きく違って、一度号令がかかればあっという間に実現してしまうでしょう。

記事によれば、中国のグリーン建築とは、建築物の全ライフサイクルにおいて、資源の節約、環境保護、汚染削減に最大限配慮し、人々に健康的、実用的、高効率の利用空間を提供するために、人と自然との調和共生を最大限に実現した高品質の建築物を指すということ。

先進国に比べ、中国のグリーン建築発展のスタートは遅かったが、発展ペースは速いと記事にも書かれていました。

もしかすると、日本人の中には日本が先進国で、中国は発展途上国という認識を持たれている方も多いかもしれませんが、現実はすでに逆転していて、私たち日本はいろんな部分で発展途上の国となってしまっているのではないでしょうか。

政治や経済、IT技術や医療分野など、どんどん世界を牽引していく国になっていくことになりそうです。

一方日本では、今日の記事にありましたが、国土交通、経済産業、環境3省は19日、住宅や建築物の省エネ対策強化を議論する検討会を設置し、初会合を開いたそうです。

その中で話し合われたのは、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を実現するため、新築住宅に省エネ基準適合を義務付けるなど、規制強化に向けた行程表を6月をめどにまとめるとか。

さらに検討会は、義務化の対象拡大や実施時期、消費者や施工業者向けの支援策について議論。基準の引き上げや、既存住宅のリフォーム支援策も検討課題とするとか、そんなことを検討してくれていたそうです。

そう、今更です。今まで何をしていたか、欧州ではとっくに義務になっているようなことでも、見て見ぬ振りをして、いろんな忖度を行いながら御茶を濁していたとも言えるでしょう。

日本はもう待った無しの状況に違いなく、大人の事情で先送りしている場合ではありません。省エネ住宅に真剣に取り組まなくてはいけないんです。

防災対応住宅であり、さらに省エネ性能を満たした家を、スピード感を持って日本に多く残さなければいけません。

今後の日本では、一層モノづくりが難しくなってくることが予想されますし、コストアップも避けられない状況が続くと思いますので、RC住宅の計画は余裕を持って早めに動かれることをオススメします。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



5千年前のコンクリートとか。

コンクリートの家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、お問い合わせ対応、渋谷区西原計画検討、内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、5丁目のお客様にご来社頂き資料お渡し、インフラ業者さんと電話、北区田端のOBオーナー様とお電話、電気屋さんと電話、事務組合さんと電話、文京区白山計画検討など。

午後は北区赤羽西計画検討、資料作成、渋谷区桜丘計画検討、板橋区成増のお客様に書類お届けと打ち合わせなど、帰社後は見積作成、お問い合わせ対応など。夕方は構造担当と協議、渋谷区西原計画のお客様とお電話、世田谷区新町計画検討、田端のお客様とお電話、電気屋さんと電話。杉並区今川計画検討、ミーティングなど。

サッカー日本代表が韓国を相手に3-0で勝利していました。やったね。

ではこちら。

仰韶村遺跡で5千年前の疑似コンクリートを発見 河南省

【新華社鄭州3月25日】中国河南省三門峡市でこのほど開かれた2020年河南省考古学新発見フォーラムで、同市澠池(べんち)県にある仰韶(ぎょうしょう)村遺跡から5千年余り前の疑似コンクリートが見つかったと明らかにされた。

コンクリートに類似する住宅建築資材としては、中国で最も古い年代に属するという。今回の発見は、同遺跡における仰韶文化期の住宅建築の類別や形態、建築技術に対する認識を刷新し、同時代の住宅建築技術の研究に新たな材料を提供する。
2021年3月25日 12時2分 新華社通信

なるほど。

さすがは四千年の歴史を持つという中国ですが、それを上回る5千年以上前の疑似コンクリートが発見されたということですから凄いですね。

ついついコンクリートというキーワードに惹きつけられてしまうのが悲しいサガですが、よく見てみると疑似コンクリートということで、コンクリートではないものの、コンクリートに近い用途や成分の建築資材が発見されたというニュースです。

記事によれば、同遺跡発掘現場の責任者によると、疑似コンクリートは仰韶文化後期の灰坑から発見されたということで、家屋建築の際に廃棄された壁材や床材が堆積したものと思われ、色や質感は仰韶文化によく見られる泥に草を混ぜた赤焼土と全く異なっていたそうです。

責任者さんは「赤焼土は赤いが、これは灰黒色だった。材質は硬く、仰韶村遺跡では初めての発見だ」と語っていました。

この遺跡がある仰韶村は黄土台地の上にあるそうで、初めて発掘調査が実施されたのは1921年10月ということ。同遺跡の発掘が中国近代考古学の始まりとされています。

中国の先史時代に非常に発達した新石器時代文化が存在したことを実証した重要な遺跡で、その文化は「仰韶文化」と名付けられているそうです。

中国の近代考古学史上で最初に付けられた文化名称でもあるとか。2020年8月22日には第4次発掘調査が開始され、遺跡の文化的意味や集落配置、機能別エリア区分などの一層の解明が進められているそうです。

疑似コンクリートでも、5千年を超えて発見されるくらいですから、もちろん現代のコンクリートなら、完璧な遺跡として残っている可能性も高いかもしれません。

無機質な材料で長持ちする家なら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←励みになります!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ