住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

作法

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は和室の作法とか

和室のある家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、清掃屋さん来社打ち合わせ、文京区千石計画検討、所沢市東狭山ヶ丘計画検討、原稿作成、蓮根計画のお客様とお電話、お問合せ対応など。

午後は杉並区西荻窪3丁目計画検討、見積作成、柏市計画検討、資材発注、図面チェック、電気屋さんと電話、リフォーム工事現場確認、賃貸管理業務など。夕方は渋谷区東計画検討、図面作成、足立区足立計画検討、資料作成、ミーティングなど。

もうすぐ梅雨ですね。準備は出来ていますでしょうか。あっ、クリーニング屋さんに行くのを忘れてました。それでは土曜日恒例の家づくり講座第534回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

早速ですが、あなたは、

「畳の縁(へり)を踏むとバチがあたる」

「畳の縁に座ると、床下に潜む敵に刺される」

「畳の縁に入っている家紋を踏むことは、そこに住む家族やご先祖様の顔を踏んでいるのと同じ」

などの教えを聞いたことはありませんか?

部屋と部屋の境目にある『敷居』についても、

「敷居を踏むことは、その家のご主人の頭を踏みつけるのと同じ」

「境界線やテリトリーを軽率に扱っているのと同じ」

などと言われています。

迷信だと言われればそれまでですが、踏まれて負荷がかかった敷居は歪むことがあります。

敷居が歪むと、障子や襖がスムーズに動かなくなることがあります。

そもそも、敷居は建具の一部分なので床のような強度はありません。

本来、床と同じ感覚で歩いてはいけない場所なんです。

和室がある家で暮らすと、畳の作法を幼い頃から何度も教え込まれます。

しかし、和室が無い住宅で生まれ育った子どもには、それを伝える機会がなかなかありません。

そのため、外出先で先方に気を悪くされたり、恥をかいてしまう事例は少なくないんです。

そういえば、「50代の上司が敷居を平気で踏む様子を見て、見ているこちらが恥ずかしくなった」と20代の方に聞いた時は、私も随分驚いたものです。

高度成長期や核家族化などの影響で、親から子へ語り継がれていた教えが、その上司の方の家庭では途切れていたのかもしれませんね。

昔、畳は高級品で、権力を示す象徴でもありました。

そのため、当初は高貴な人や来客のもてなしにのみ使われていました。

身分によって畳の厚さや縁の柄を使い分けるほど、人々にとって思い入れの強いアイテムでした。

もし、あなたが新居に和室を設けるのなら、畳の歴史や作法をお子さんたちに何度も伝える機会があることでしょう。

日本人として知っておいて損はないことなので、ぜひ伝えてあげてください。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←晴れますように。



日本最古のトイレと修行とか。

丈夫な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から組合事務作業、見積作成、所沢市計画検討、土地家屋調査士さんと電話、ミーティング、その後関連不動産会社さんと四谷方面の現場調査へ。

午後に帰社後は千代田区外神田計画検討、見積作成、新宿区下落合計画検討、資料作成、賃貸管理業務、お問合せ対応など。夕方は新宿区愛住町計画検討、文京区千石計画検討、見積作成、ミーティングなど。

土用に入っていますので、冬の準備をすると良いでしょう。

ではこちら。

「用を足すのも修行の一環だった」お尻から車が突っ込み破損した“日本最古のトイレ”が「ただの便所じゃない」これだけの理由《スッキリ解説》

「びっくりしましたね。ちょうど開山さんの命日だったので、いろんな来客があってその対応をしているときにこの事故が起きたのです」

こう語るのは、東福寺の永井慶洲・宝物殿管理室長(72歳)だ。開山さんとは、1236年(嘉禎2年)に東福寺を創建した聖一国師円爾弁円(しょういちこくしえんにべんえん)のことで、まさに命日の法要が取り行われている最中だったからだ。
2022年10月21日 6時0分 文春オンライン

なるほど。

そうなんですよね、今週の初めに見かけた記事で、京都の歴史的建造物に車が突っ込んだという記載があって、その被害や経緯が気になっていたところでした。

今日の記事によれば、この事故とは10月17日午前9時半ごろ京都市東山区本町の東福寺で、文化財の見回りに来ていた京都古文化保存協会の職員(30歳)が、駐車場に止めてあった乗用車の向きを変えようとして、バックのギアを入れたままアクセルを踏んだため逆進し、国の重要文化財に指定されている木造建築物の東司の中まで突入したもので、幸いケガ人はいなかったということです。

事もあろうに協会の職員さんがやってしまったんですね。本人も相当ショックだったと思いますが、壊してしまったのが国の重要文化財ですからね、しっかりと補修して欲しいと思いますし、このような事故が起こらないような対策を考えてもらいたいものです。

記事にあったのは、被害にあった東福寺は、臨済宗東福寺派の総本山で、京都五山の一つということ。創建当時、奈良における最大の寺院であった東大寺と最も盛大を極めた興福寺から1文字ずつとって寺の名前としたそうですから、それは由緒正しいお寺さんです。

さて、記事にあったキーワードで東司がありましたね、これは「とうす」と読み、禅宗の寺の「便所」のことです。これがすぐにわかる人は、仏教関係者か文化財に詳しい知識人、トイレに精通した事情通だそうです。

しかし、今回の事故で新聞、テレビ、デジタルニュースで一躍有名になった東司について、〈寺の100人以上の修行僧が一斉に駆け込んでいたことから「百雪隠(ひゃくせっちん)」という別名を持つ。深さ約30センチの穴でできたトイレ約20個が2列に並んでいる。明治初頭まで実際に使われていたとみられる〉(朝日新聞デジタル版)とか。

〈室町時代前期に建てられた禅寺の便所で、現在は使用されていないが現存する東司としては国内最古で最大という〉(京都新聞デジタル版)という表現で紹介されたようです。

しかし、管理室長が語るには、「東司のことを皆さんはあまりご存じないから、単なる便所程度の認識しかないでしょうが、三黙堂といって食堂(じきどう)、浴室と並んで東司では、喋ることが禁じられている重要な修行の場なのです」と。

雪隠というキーワードも、小学生の時だったか将棋をかじった時に覚えて以来、久しぶりに再会しました。そんな言葉も次世代に残したいものですね。

と思ったら、記事では「隣の禅堂で暮らす僧たちの集団生活そのものが修行だったので、ここで用をたすのもその一環だったのです」と説明した上で、ここでの作法を詳しく教えてくれていました。

〈,泙鎖紊瞭った桶を持って入る▲肇ぅ譴淋笋涼罎鮖参した水で、パッパッと清めるトイレをするや屐覆舛紊Α砲噺討个譴訝櫃簗擇悩遒辰織悒蕁覆△襪い郎)でふくセ箸そわったヘラは別の壺に入れるξ戮留の洗い場で土と灰で3回ずつ手を洗い、最後に橘の実を磨り潰したもので手をもみ洗う。これで消毒完了〉

いかがでしょうか、東司の作法を学べるチャンスはそうはありません。是非この機会に勉強しておきましょう。

人生常に修行ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←恐れ入ります!



和室のサイズ感とか。

東京で和室のある家を建てるならRCdesign

晴れて良い天気の東京です。

そんな今日は朝からミーティング、資料作成、お問い合わせ対応、その後豊島区西巣鴨計画の現場へ、本字はお日柄も良く地鎮祭を行って頂きました。今回はオーナー様のご希望で珍しく仏式にて行って頂きました。ありがとうございます。

午後に帰社後は高田馬場計画のお客様とお電話、電気屋さんと電話、お問い合わせ対応、その後生コンプラントさん訪問打ち合わせなど。帰社後は港区高輪計画検討、見積作成など。夕方は西巣鴨計画のお客様とお電話、提携会社さんと電話、図面作成、ミーティングなど。

所々で梅や早咲きの桜が綺麗ですね。

ではこちら。

「半間」って何センチ? 和室のサイズ感がひと目でわかるイラストが話題に

最近は見る機会が減ったように思える和室。「一畳」や「半間」など日本独自の単位を使うことが多いが、正確にサイズのイメージがつく人はどのくらいいるだろうか。

そんななかTwitter上では、和室で使われる単位がひと目で分かるイラストが話題だ。

「一間(いっけん)」は約182センチメートルで、「半間(はんげん)」はその半分の約91センチメートル。ふすまや畳の長辺は一間、短辺は半間のサイズで作られており、和室自体が半間を基準に設計されているのがわかる。
2017年2月12日 16時30分 トゥギャッチ

なるほど。

確かに、一間や半間という単位を使う場面というのは、年々減少していますので、もしかすると始めて聞いたという若い人がいてもおかしくはありません。

それも仕方のないことで、今はもちろんメートル法が全ての基準になっていますし、それを元に教育をされていますから、特別な環境で育った場合以外は、尺貫法に触れることはないでしょう。

それでは早速記事にあったイラストを拝借して参りましたので、ご覧ください。

C4MYJtPVcAAXcy_典型的な和室のイラストですが、そこに関連する寸法などの単位や豆知識が紹介されています。もしかするとこんな呼び名があったのか、と思われるかもしれませんね。

修学旅行などで京都に行くと、三十三間堂という国宝を見た方も多いのではないかと思いますが、そうです、この三十三間というのは建物の幅がその由来になっています。

ちなみに関東では一間=6尺=1,818mmということになっていますが、これが地方によって違う場合もあり、西日本では京間と呼ばれる基準で、一間=6尺5寸ということになっています。

一間の基準が変われば、当然畳の大きさも変わりますので、関東ではおおよそ、1,760×880ですが、関西の畳はちょっと大きく1,910×955となっています。

さらに、実は一口に和室と言っても多くの種類があって、その中でも神社仏閣と呼ばれるものや、数寄屋造や茶室などでは、その作法やルールが細かく決められていたりするんですね。

例えば、出入り口の襖戸の上に壁がある場合、周辺の柱の太さと長押と呼ばれる部材の比率、それらの部材とのバランスによって全体の天井高さが決まったりするんです。

ここに床の間を設ける場合はさらに専用の部材や作法がありますので、伝統的な和室にこだわるとなると、一層の勉強が必要になります。

私個人的には、多くの先輩大工の知恵や知識が詰まった和室が好きなんですけど、ご存知のように都市部で構造躯体を木で造るわけにいきませんので、そのエッセンスや雰囲気を上手に取り入れた和室をご提案しています。

若い人にも少しだけ和室に興味を持っていただけると嬉しいと思います。

和室が欲しい場合でも、RCの家がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←応援よろしくお願いします!



正しい豆まきの作法とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で鬼より強い家を建てるならRCdesign

良い天気の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、PCメンテナンス、建材商社さん来社、豊島区池袋3丁目計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。お問い合わせ対応、電気屋さんと電話、7丁目のお客様にご連絡など。

午後は金融機関さん来社打ち合わせ、世田谷区奥沢6丁目計画検討、見積作成、信用金庫さん来社、書類作成、練馬区田柄計画検討など。夕方は商社さんと電話、世田谷区砧計画検討、板橋区徳丸6丁目計画検討、ミーティングなど。

本当にあっと言う間に終わった1月ですが、節分までくれば、春もすぐそこと思っても良いのではないでしょうか。

ではこちら。

それじゃ鬼が逃げない!? しっかり福を呼び寄せる「正しい豆まきのお作法」

2015年の節分は2月3日(火)ですね。節分は立春の前日ですが、立春は1年の始まりと考えられていることから、とくに大切な節目の日とされています。立春を迎える前に、節分で鬼をしっかり追い払っておきましょう!

ところで、節分に豆まきをする方も多いと思いますが、正しいお作法をご存じでしょうか? そのやり方によっては、鬼が外に出ていってくれないなんてことにもなりかねないんです!

そこで今回は、ミニマル+BLOCKBUSTERさんの著書『イラストでよくわかる 日本のしきたり』などを参考にしながら、鬼を追い払う“豆まき”の正しいお作法についてご紹介します!

■1:家のすべての戸を開ける
同著によれば、戸が閉まったまま豆まきをしても鬼が外に出ていってくれないので、かならず戸を開けるのが作法なのだとか。なお、“家のすべての戸”を開けた上で行うと更に良いようです。

■2:炒った大豆“福豆”を使う
『WooRis』の過去記事「今年こそ運気上昇!知っておきたい節分の作法」によると、芽が出ると縁起が良くないということから、生豆ではなく炒った大豆“福豆”を一升枡に入れて撒くようにすると良いとのこと。一升枡がない場合は、紙で折って枡を作りましょう。
2015年2月3日 11時30分 WooRis(ウーリス)

なるほど。

いよいよ明日は立春ということで、あらためて新しい年が始まるわけですね。バタバタと過ぎてしまった1月を反省しながら、気を取り直して立春を迎えたいと思います。

さすがにここ数日は豆まきのニュースもありましたが、話題としては恵方巻きの方が大きく扱われているように感じました。

この現象は何年くらい前からかわかりませんが、きっと10年くらい前から全国的に流行させようとした、どこかの誰かの思惑を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

だって、こと東京では未だに恵方巻きを食べるという風習は全く根付いていませんし、そのような記憶も残っていませんから、まだまだ全国区になるには、時間がかかると思います。

それでも、新しいモノ好きの方や、何かとイベントが好きという方には、貴重な機会かもしれませんし、もちろん、長い間言い伝えられてきた風習を守り、今も続けていらっしゃる方もいることでしょう。

いずれにしても、日本に残る風習やしきたりを、ひとつでも多く後世に伝えられると良いですね。

さて、本日ご紹介の記事では、豆まきのお作法が紹介されていました。もう今年の豆まきは終わったという方も、来年は一層作法に忠実な豆まきをしていただきたいと思いますので、一通り確認しておきましょう。

■3:夜になってから、一家の主の掛け声とともに行う
豆まきはどの時間帯に行うべきなのでしょうか? 正解は“夜”。夕食を食べたあとに行うのが良いでしょう。一家の主または年男が「鬼は外、福は内」という掛け声を出し、あとに続くようにします。

■4:音を立てて、すぐに戸を閉める
同著によれば、鬼を追い払ったら、“音を立てて”戸を閉めるのがコツとのこと。音を立てることで、鬼が戻ってこなくなり、邪気をしっかりと払うことができるようですよ。

■5:福豆を食べて健康を祈る
豆まきが終わったら、福豆を食べる方も多いですよね。その場合、自分の年齢もしくは“年齢プラス1粒”を食べるようにしましょう。プラス1粒には、次の年という意味があるそうです。福豆を食べながら、「健康で幸せに過ごせますように」と願うと、より効果的でしょう!

以上、鬼を追い払う“豆まき”の作法をご紹介させていただきました。

さらに、鬼に金棒ならぬ、鬼が来ても安全な住まいをお考えなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。
 

人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ