住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

倒壊

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

原子力と木造とか。

RC造の家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から書類作成、板橋区大山東町計画検討、渋谷計画検討、提携会社さんと電話、日野市計画のお客様とお電話、資料作成など。

午後からは渋谷区計画のお客様宅訪問、打ち合わせをさせて頂きました。ありがとうございます。帰社後は提携会社さんと電話、電気屋さんと電話、高田馬場のお客様とお電話、資料作成など。夕方は提携会社さん来社打ち合わせ、信用金庫さんと電話、ミーティング、タイル屋さんと電話など。

昨日はスタッフの車のバッテリーが上がっていました。これからの季節はご注意ください。

ではこちら。

台風で倒壊の原子炉、木材に腐食 茨城・原子力機構、点検不備か

9月の台風15号で2次冷却塔が倒壊した日本原子力研究開発機構の原子炉「材料試験炉(JMTR)」(茨城県)で、冷却塔を支える木材に腐食が見つかったことが18日、機構への取材で分かった。腐食が原因で木材が強風に耐えられず、倒壊に至ったという。

機構は過去の点検で腐食の進行を把握していなかった。多数の原子力施設を保有しており、管理態勢を問われそうだ。
2019年12月18日 13時11分 共同通信

なるほど。

これはちょっと驚きのニュースです。

原子炉の施設が木造で作られていたとは信じ難いことですが、いつ頃に建てられた建築物なのか、その安全性は確保されていたのか、今一度真剣にチェックしてみる必要がありそうです。

記事によれば、この冷却塔は炉心で発生した熱を大気に放出するための木造設備で、高さ16.5mもあるということですので、建物だと5階建て以上の高さですね。

それでも、台風15号で観測された強風には耐えられる設計だったということですが、今回発見されたのは柱の間に木材を斜めに交差させる筋交い部分で、複数の腐食が見つかったということです。

木造では非常に大切な部材となる筋交い部分が腐食してしまっていたとなれば、もちろん全体の構造耐力に影響が及びますので、安全な状態とは言えないでしょう。

さらに、最悪の状態を想像しますと、放射線にも対応出来る性質が求められると思いますので、やはり木造では少々力不足と言わざるを得ませんね。

放射線を遮蔽出来る家は、RC(鉄筋コンクリート)造だけだと思います。

是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をヨロシク!


地震に関する地域危険度測定とか。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から目黒区中目黒計画検討、見積作成、業者さんと電話、文京区根津計画検討、お客様とお電話、ありがとうございます。お問合せ対応、図面作成など。

午後は世田谷区下馬計画検討、見積作成、ミーティング、板橋区双葉町計画検討など。夕方はお問合せ対応、金融機関さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。

寒暖差のある日が続いております。体調管理にご注意ください。

ではこちら。

地震“危険度最高地点”は荒川区に〜東京都

東京都が大規模な地震が起きた際の建物の倒壊や火災などの危険度の調査結果を発表した。

調査は東京都が5年おきに行っているもので、最大で震度6強の地震を想定し、地盤や木造家屋の密集度、幅の広い道路が近くにあるかなどの要素を基準に、地域ごとの建物倒壊や火災の危険度などを測っている。

総合危険度を示すマップの中で、危険度が最も高いのは荒川区町屋4丁目、次いで足立区千住柳町となっていて、いわゆる下町地域を中心に広がっている。
2018年2月15日 18時5分 日テレNEWS24

なるほど。

これは東京都が5年ごとに行っているという「地震に関する地域危険度測定調査」というものの結果が発表されたということです。

今回の調査からは、傾向としては5年前の調査と大きくは変わっていないようですが、都内全体で建物倒壊の危険度は約2割、火災危険度は約4割低下しているということですので、少しずつでも良い方向に進んでいるということでしょうか。

東京都では「建物や道路の整備は進んでいるので、住民や自治体の意識をさらに高め、安心・安全な街づくりを加速させていきたい」とコメントしているようです。

しかしながら、まだまだ危険度ランクが最高クラスの町が85もあり、そんな中でも記事にあった荒川区や足立区には多く存在しています。

調査では建物倒壊危険度、火災危険度、総合危険度の3つに分けて、それぞれに測定方法が決められていますが、倒壊の危険度では地盤の弱い場所に危険度が高いようですし、火災の危険度ではまだまだ木造密集地域が多く存在していることがわかります。

さらに、総合危険度では、環状7号線沿いの中野区や杉並区、多摩地域の一部で危険度が高くなっていますが、これは生活道路の幅員が狭いことにより、避難や消火・救助活動の困難さが影響していると思います。

東京都内に暮らす人には、調査結果を真摯に受け止めて頂き、少しずつでも改善を進めて、安全な都市にするためのご協力を頂きたいと思います。

下記に調査報告書の概要がありますので、是非お目通しください。
「地震に関する地域危険度測定調査(第8回)」

災害に強い街づくりのために、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ