住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

全集中

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

集中出来る部屋の片付けとか。

ワークスペースのある家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、社内ミーティング、目黒区原町計画検討、図面作成、杉並区今川計画検討、練馬区豊玉北計画検討、渋谷区西原計画検討など。

午後は都市銀行さん来社打ち合わせ、杉並区高円寺南計画のお客様とお電話、世田谷区下馬でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。図面作成、提携会社さんと電話、構造担当と電話協議など。夕方は渋谷区西原計画のお客様とお電話、資料作成、港区南青山計画検討、ミーティングなど。

寒さが戻ってきましたね。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

集中できない自宅を「精神と時の部屋」にする|ロジカル片付け Vol.1

在宅勤務やリモートワークする人が増えた2020年、お部屋の「片付け」で解消したい悩みも変化しています。

例年以上に家で過ごす時間が増え、特に一緒に在宅勤務をするカップルはスペースの割り振りも課題。家で仕事をすると集中できず、ストレスがたまるという声もよく聞きます。

そこで取り入れたいのが、自宅を「集中できる環境」にするための片付けハック。
2020年11月24日 12時0分 ライフハッカー[日本版]

なるほど。

お仕事の種類によっては、すっかりリモートワークが常態化しているようですが、そのメリットとデメリットがいろいろと明らかになってきましたね。

オンラインで出来ることとそうではないことや、人の慣れとかスキルの差などもありますので、コミュニケーションの質というか濃さという点では、もう少し改善の余地もあるように思います。

さて、記事によればこれまでの片付けメソッドは「ていねいな暮らし」や「豊かな生活」をゴールにしたもので、リモートワークに適した「集中できる部屋づくり」とは必ずしも一致していなかったということです。

そんな著者さんがいま注目するのが、「自宅作業の集中力を高めるための片付け術」というもの。

まずは「片付けは徹底的にやると、一家庭で20〜30時間はかかると言われるほど時間がかかる作業です。ビジネスパーソンはそこまでの時間はとれませんから、まずはデスク周りを重点的に片付け、そこから少しずつ範囲を広げていくのがおすすめです」と書かれていました。

そうは言っても、その専用デスクが無いことが、一番の問題だったりすると思うんですけど、現代の住宅には書斎を設けてあるお宅はほとんど無いと思いますので、まずはそのスペースをしっかりと用意することが必要かもしれませんね。

記事にもありましたが、「集中できるリモートワークスペースは、じつは一畳あれば作れます。まずは“自分の一畳”を確保して、そこを最高に集中できる“精神と時の部屋”にしていきましょう」とありました。

ここで言う“精神と時の部屋”とは、マンガ『ドラゴンボール』に出てくる不思議な場所のことで、そこでは時間が外界よりもゆっくりと流れており、何もない空間で集中して修行に励むことができるそうです。

次に参考になりそうなのが、「よくあるのは、デスクの上が今日使うモノと使わないモノが混ざったカオス状態というケース。“複数のカテゴリのものが同一の空間にある”というのは、生産性を下げる大きなポイントです。そもそもデスクは、モノを在庫する倉庫ではなく、作業をするスペースです。部屋で集中する理想の環境は、机上のモノがゼロであること。“定位置がデスクの上”というモノは極力なくしましょう」と言われてしまいました。

非常に耳の痛いアドバイスです。子供の頃から社会人のオフィスまで、机の上に何も無いという状況を見たことがない、という人は私だけではないと思います。

そんな方にはなおさら専用のスペースを用意することから、環境を整備されることをオススメしたいところです。

記事にもありましたように、1帖という畳1枚のスペースがあれば必要十分なワークスペースを作ることが出来ますので、在宅でお仕事をされる可能性があるという方は、あらかじめのご用意を検討されてみてはいかがでしょうか。

さらに、環境が整った上に呼吸法を習得すれば、なお一層効率的に仕事が進むでしょう。そのためにまず身に付けたいのが全集中ですね。

全集中することが出来れば、外部の音はほとんど耳に届かず、目の前の作業に没頭出来ますので、非常に効率が上がります。

ワークスペースのある住まいをお考えなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←応援をお待ちしています!



奥義、全集中の呼吸とか。

奥義の家を建てるならRCdesign

大体雨の東京です。

そんな今日は朝から目黒区下目黒計画検討、見積作成、信用金庫さんと電話、渋谷区計画検討、資料作成、お問い合わせ対応、書類作成など。

午後は渋谷区桜丘計画検討、信用金庫さんと電話、渋谷区計画検討、資料作成、金融機関さん来社打ち合わせ、書類作成、サッシ屋さん来社、管理組合さんと電話など。夕方は北区赤羽計画検討、久喜市計画検討、提携会社さんと電話、原稿チェック、ミーティング、渋谷区計画のお客様とお電話など。

一日中しっかりと降りましたね。

ではこちら。

「鬼滅の刃」の奥義″全集中の呼吸″を医学的に検証 「深い呼吸は細胞の活性化につながる」と専門医

人気漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼殺の剣士たちの奥義と言えば、瞬間的に身体能力を上昇させる特殊な呼吸法"全集中の呼吸"だ。

順天堂大学医学部教授で自律神経に関する多数の著書を持つ小林弘幸医師は5月19日、アスコム社のリリースで、現実でもこの呼吸法に免疫力を高める効果があることを解説した。
2020年5月19日 19時41分 キャリコネニュース

なるほど。

連日の鬼滅ネタで申し訳ございません。

今日の記事で紹介されていたのは、マンガの中で主人公の他、主要なキャラクター達が身につけていた能力で、呼吸法がその基礎となっていたんですけど、なんと実際に有効だということなんですね。

マンガでは、その呼吸法から色々な技を繰り出して、鬼をやっつけるんですけど、この呼吸法が今人類を救うことになるかもしれません。

ここ数ヶ月の間、ちょっと咳をしただけや、外から歩いて帰ってきた時に暑く感じただけで、もしかして、とか思ってしまうこともあったのではないでしょうか。

やはり基本的な体力を維持しながら、免疫力を高めておくことが、何よりも大切ということは皆さんご存知の通りだと思います。

記事にあった医師はこの呼吸法の効果について、次のように医学的な見解を述べていました。

「呼吸によって肺に取り込まれる酸素は、血液に溶け込み、毛細血管を経由して全身の細胞に届けられていきます。ゆっくりと深く呼吸をすれば、肺に取り込まれる酸素量が増え、酸素を運ぶ全身の血流量もアップします。その結果、全身の細胞の活性化につながるでしょう」

まさにこれはマンガの中でも書かれていたことで、ここから格段に身体能力が向上して、強さを身につけていくんですね。

さらに医師によれば、「私の研究では、ゆっくりと深く呼吸をすることで、すぐに毛細血管の血流量がアップすることを確認しています。つまり呼吸には、一瞬で体の状態を変える力があるのです。呼吸法ほど即効性の高い健康法はありません」と説明されていました。

また、この医師が勧めるのは「長生き呼吸法」というもので、この呼吸法では、吐く時間を長くすることで、副交感神経が刺激され、自律神経を整えることができ、また腸のマッサージにもつながり、腸内環境を整える効果があるということです。

今、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自粛生活が続いていますので、ご家族の生活リズムも乱れがちな日々が続いている状況だと思います。心身の不調を改善したり、または予防するために、呼吸法を意識してみるのも良いかもしれませんよ。

炭治郎が努力を重ねて会得した、全集中の呼吸を四六時中続ける「全集中・常中」を、この機会に身に付けることで、今後のウイルス対策にもなると思います。

もう一踏ん張り、うつらない、うつさないために、出来ることを淡々とやることが大切です。引き続き最善を尽くしてがんばりましょう。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ