住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

危ない

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

鍋の季節とカセットコンロとか。

安全な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から資料作成、社内会議、渋谷区西原計画のお客様とお電話、図面作成、目黒区原町計画検討、お問い合わせ対応、関連会社さんと電話、賃貸管理業務など。

午後は資料作成、来客面談、目黒区駒場計画検討、電気屋さんと電話、西原計画検討、荒川区荒川計画検討、図面作成、杉並区高円寺南計画検討、お問い合わせ対応など。夕方は不動産会社さんと電話、見積作成、西原計画のお客様とお電話、解体業者さんと電話、大工さんと打ち合わせ、ミーティングなど。

小春日和って、いいですよね。

ではこちら。

鍋の季節に大活躍、カセットコンロの危ない使い方とは?

寄せ鍋、鴨鍋、すき焼き、湯豆腐……鍋物が美味しい季節になりました。卓上で鍋をやるときに欠かせないのがカセットコンロです。でも、このカセットコンロは使い方によっては爆発や火災を起こします。どんな使い方が危ないのでしょうか。

冬季に多いカセットコンロ火災
東京消防庁によると、2005〜2010年の6年間に132件のカセットコンロ火災が発生しました。冬季(12〜2月)が51件で最多、次いで秋季(9〜11月)の31件でした。やはり鍋の季節が多いようです。
2020年11月16日 10時30分 ウェザーニュース

なるほど。

記憶に新しいところでも、お祭りの出店やキャンプ場での事故があったかと思いますが、カセットコンロでの火災は、大きな鍋や鉄板が覆いかぶさる状態で使用してしまい、ガスボンベが爆発したり、またガスボンベを正しく装着せずに使用したことなどが原因となるケースも多いようです。

これからの季節、子育て世代のご家庭だと、あまり鍋という選択は無いかもしれませんが、夫婦二人での夕食が増えてきますと、鍋というケースが増えるのは、我が家だけでしょうか。

我が家では、すでに複数回夫婦で鍋を夕飯にしていますが、毎年流行があったり、新しい味に出会える楽しみがあったり、手軽に野菜を沢山食べられますし、満足度が高い料理だと思います。

そこで活躍するのが、カセットコンロだったと思いますが、昭和の時代はどこのご家庭でも使っていたと思いますし、大変便利なものだったに違いありません。

近年は我が家でも使っている卓上のIH器具が普及してきましたので、ご利用されている方も多いと思いますが、まだまだカセットコンロをご使用されているご家庭では、十分注意の上正しい使用方法を守って頂きたいと思います。

記事で紹介されていた、火災や爆発を起こす危ない使い方5つは下記の通りです。
(1)大きな調理器具を使うコンロを覆うような鍋や鉄板を使うと、熱くなった鍋底や鉄板がガスボンベを加熱して爆発することがあります。ガスボンベの上にかかる大きな調理器具は使わないでください。

(2)2台以上並べて使う大きな鉄板などで焼肉や焼きそばを調理するとき、ガスコンロを2台以上並べて使いたくなりますが、鉄板がボンベを加熱してボンベが爆夏することがあります。学校の文化祭の模擬店で、カセットコンロを2台並べ、そこにのせた鉄板で焼きそばを調理してボンベが爆発した例があります。カセットコンロは2台以上並べて使わないでください。

(3)ボンベのセットを間違えるカセットコンロにボンベをセットするときは、ボンベの切込み凹部をコンロのボンベ受け凸部に合わせてセットしてください。正しくセットしないと、ガス漏れや火災の原因になります。

(4)家具・壁・カーテンの近くで使うカセットコンロの周囲に家具や壁、カーテンなどの可燃物があると、可燃物に引火したり、ボンベが加熱して爆発することがあります。壁や引火物から少なくとも15cm以上離してカセットコンロを使ってください。

(5)古いコンロやボンベを使うカセットコンロの寿命は10年が目安。古いカセットコンロはガス漏れ事故が発生する危険性があるので、製造年月日を確認して、古ければ買い替えを検討してください。また、ガスボンベは製造から6〜7年経つとサビが発生してガスが漏れることがあります。ボンベの底に製造年月日が記載されているので、古くなったガスボンベは使用しないでください。災害など非常時のために備蓄している人も多いかと思いますが、定期的に古いものは新しいものと入れ替えるようにしましょう。

詳しくは下記のHPをご覧ください。
日本ガス石油機器工業会「カセットこんろ・カセットボンベの安全な使い方」(https://www.jgka.or.jp/gasusekiyu_riyou/anzen/gasu_cassette/index.html)、
東京消防庁「カセットこんろの取扱いにご注意を!」
(https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/kb/pdf/221027.pdf)

最近はキャンプ人気があったり、災害時にも活躍が期待されていますので、カセットコンロもまだまだ活躍の場がありそうですが、ご家庭でご使用の場合はくれぐれも安全に配慮してください。

安全で楽しい鍋を楽しむなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←応援をお待ちしています!



ブロック塀のいまとか。

安全な家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画検討、朝霞市根岸台計画検討、徳丸の現場でシャッター工事立ち会い、帰社後はサッシ屋さんと電話、提携会社さんと電話、見積もり作成など。

午後は渋谷区内でご検討中のお客様とお電話、電気屋さん来社打ち合わせ、渋谷区富ヶ谷計画検討、資材発注、書類作成、世田谷区代田計画検討、提携会社さん来社打ち合わせなど。夕方は渋谷区富ヶ谷計画検討、中野区上鷺宮計画検討、ミーティングなど。

新潟県で大きな地震が発生したようです。大きな被害が出ませんように。

ではこちら。

大阪北部地震から1年 ブロック塀はいま

2018年6月18日、最大震度6弱を観測する大阪北部地震(M6.1)が発生しました。死者6名(災害関連死1名含む)のうち、登校途中の小学生と80歳のお年寄りの2名が倒れたブロック塀の下敷きになり死亡したことから、全国でブロック塀の点検が行われました。地震から1年、危ないブロック塀はどうなったのでしょうか。

幼稚園や学校の4分の1に問題
大阪北部地震の翌日、文部科学省は全国の幼稚園、小中学校、高校など5万1082校にブロック塀の安全点検を要請しました。その結果、4分の1にあたる1万2652校に、建築基準法施工令が定める「高さ2.2m以下」「補強の控え壁を設ける」などの基準に適合しなかったり、亀裂や傾きなどの劣化が確認されました。
2019年6月18日 6時25分 ウェザーニュース

なるほど。

いつものように、震災直後は話題になっていましたが、1年の間で忘れられてしまったり、意識をされなくなっていたニュースかもしれません。

先ほどの地震も、日本海側での大きな地震や津波の発生は、忘れていた頃だったかもしれませんし、どこか気を緩めていたということもあるかもしれません。

他の記事では、大阪北部地震で未だに復旧や補修がされずにいる家も多く、仮設高齢世帯など経済的に苦しい人たちが修復を断念している実態があるそうです。

これは被災住宅の99%を占める一部損壊では、国の支援対象ではないということで、建物の損壊状況ではなく困窮度に応じた支援の必要性も考える必要がありそうです。

そんな中で、被災した家屋の屋根に、応急措置としてブルーシートを張り続けているボランティア団体があり、1年でブルーシートを張った家は約900軒にもなるそうですので、素晴らしい活動を応援したいですね。

記事にあったブロック塀についても、いまだに対策を取られていない場所が多く残されているということが明らかになっていますが、国土交通省も自治体を通じて、住民や所有者らに「ブロック塀点検のチェックポイント」に基づいて安全点検するよう要請し、違反する場合は通行人への注意表示や補修、撤去を求めています。

これもいつものように、なかなか周知がされているのか、少々疑問ではありますので、ご自身の所有だけに限らず、親類やお知り合いでブロック塀を設置されている方がいらっしゃいましたら、お声がけをして頂けるといいと思います。

国土交通省の「ブロック塀点検のチェックポイント」は下記の内容です。
 1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。 (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか。 (塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。
6.塀に鉄筋は入っているか<専門家に相談しましょう>
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の場合)

ご自身で判断が難しい場合は、専門家に相談された方がいいと思いますし、もし費用の面で不安をお持ちの場合は、国と東京都、区の補助金制度もありますので、併せて相談してみましょう。

中には塗装やタイルなどの仕上げがされていて、一見ブロック塀とは見えない場合もありますので、ちょっと高めの高さを感じる塀は、念のためその構造を確認しておくことも必要です。

これまでの教訓を生かし、しっかりと対策をしておきたいものですね。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←令和もよろしく。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ