住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

在宅勤務

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

在宅勤務の家とか。

在宅勤務の家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から西日暮里のお客様宅へ、書類お届けと打ち合わせなど、帰社後は書類作成、お問い合わせ対応、渋谷区計画検討など。

午後はご近所のお客様宅訪問、業者さんと現調及び打ち合わせなど、帰社後は資料作成、金融機関さんと電話、図面作成、その後成増のお客様宅訪問、現地調査と打ち合わせ、帰社後はミーティングなど。夕方は渋谷区計画のお客様とお電話、高田馬場のお客様とお電話、サッシ屋さんと電話、書類作成、ミーティングなど。

45年ぶりに濡れた鉄板で派手にコケたおじさんは私です。

ではこちら。

コロナ危機で日本人が直面した「家が狭い」という切実すぎる問題 在宅勤務しやすい家にする5つのポイント

2020年7月、新型コロナウイルス感染症の感染確認者数は高水準にあり、ポストコロナはみえず、当分はウィズコロナの「新たな生活様式」を模索する日々が続きそうだ。

テレワーク、在宅勤務が長期化したり、常態化したりするのは避けられないが、現在、日本の住まいの多くは在宅勤務にふさわしい広さ、つくりになっていないことが、大きな問題になっている。
2020年7月14日 5時0分 現代ビジネス

なるほど。

確かに、まだまだ続きそうなコロナウイルスですが、コロナ禍によってすでに明らかになったことや、変化が進んだことも多くなってきました。

そんな中で、住まいに関しても人々の意識は確実に変化していて、これまでの自然災害の教訓以上に、暮らしに対する影響が大きいように思います。

今回一番大きな変化と言えるのが、リモートワークやオンラインミーティングではないでしょうか。

その働き方の変化によって、家族と住まいにも変化が求められるようになりました。

記事にもありましたが、そもそも日本の住まいの多くは、平日の昼間に在宅するのは妻や子どもだけ、または夫婦共働きで誰もいないことを前提につくられているということ。

そこに、在宅勤務が長期化して、普段はいないはずの夫が24時間在宅したり、共働き夫婦がともに在宅勤務となると、家庭内の関係に軋轢が生じたり、ギクシャクするケースが増えるのも当然のことかもしれないと書かれていました。

それが家庭内暴力や児童虐待につながったり、果てはコロナ離婚といった事態も少なくないようですので、これは由々しき問題です。

そこで、記事にあった在宅勤務しやすい家にする5つのポイントとして、次の5点を提唱していましたが、これらの考え方は、在宅ワークを前提とした住まい選びの参考にもなるのではないでしょうか。

1. 女性の家事負担を減らすキーワード「共存と両立」
2. 自宅を手軽にオフィス化する空間アイデア
3. 外出が自由にできないストレスを軽減する「グリーン」
4. 「自分スペース」をつくる、世界で一番シンプルな方法
5. 子どものおうち学習対策に、「複数遊び場」のある家

少々わかりにくい表現ですが、なんとなく雰囲気を感じていただければと思います。

例えば、2番にある現在の住まいを快適なオフィスにするための空間アイデアとしては、「L・DK」から「D・LK」への発想の転換が提唱されていました。

現在の日本の住宅では、ほとんどの家庭がリビングの隣がダイニングで、その先にキッチンがある。文字通りLDKの並びとなっていると思います。

しかし、このダイニングテーブルを思い切ってキッチンの反対側などに移動させて、ワークスペースとしてはどうかという提案のようです。

ただ、日本の住宅はまだまだ狭く、思うような対策が取れない場合もあるかもしれませんが、もし住まいづくりを考える時には、参考にしても良いように思います。

新たな生活様式に合わせた住まいづくりも、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



在宅勤務の家づくりとか。

東京で併用住宅を建てるならRCdesign

台風一過でもくもりの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、郵便局さん来社、信用金庫さん来社、税理士さんと電話、原稿チェック、業者さんと電話、高田馬場計画検討など。

午後は資材発注、高田馬場計画のお客様とお電話、ガス会社さんと電話、業者さんと電話、来客面談、文京区小石川計画検討、出版社さんと電話など。夕方は資料作成、中野区本町計画検討、業者さんと電話、ミーティングなど。

なかなかスッキリと晴れませんね。太陽が恋しいです。

ではこちら。

階を分けて切り替え 「在宅勤務」に合わせた家づくり

在宅勤務を採用する企業が、このところ増えてきた。働き方が変われば、当然ライフスタイルも変わるはず。自宅で仕事をすることで、家族と過ごす時間が増えたり、子育てや介護にもっとかかわれる。

そんな暮らしが当たり前のようになるとき、住まいには何が求められるだろうか。

ライフスタイルの変化に伴い、考えるべきは住空間のあり方。すぐそこに迫っている働き方の変革に備えて、設計自由度の高い注文住宅ならではの「暮らす」+「働く」の家を実際につくったAさんのお宅を取材した。
2016年9月21日 7時0分 SUUMOジャーナル

なるほど。

日本人の働き方という点については、以前からいろいろと話題になっていますが、その中のひとつとして、在宅勤務という形もあるんですね。

この先の日本がどのように変わっていくのか、未来を想像するのはなかなか難しいものですが、より人間らしい働き方だったり、成熟した社会を考えると、この在宅勤務という形が増えるかもしれません。

ここで言う在宅勤務は、企業に籍を置きながら自宅でお仕事をするということで、フリーでお仕事をする個人事業主の場合とは違うパターンです。

とは言うものの、自宅でお仕事をするという形は変わりませんので、さほど区別をする必要はないのではないでしょうか。

働き方というものも人それぞれですので、何が良いとか悪いとかではありませんが、なるべく家族と一緒の時間を多く持ちたいとか、趣味の時間を大切にしたいなど、仕事以外の時間を有効に使うことを考えると、比較的効率の良い働き方に思えます。

記事にあったお宅の例では、地下に仕事用のスペースを作り、地上階を住まいとしたレイアウトで、オーナーさんの感想としては、「仕事場を地下にもってきたのは、大正解でした。仕事に集中するために必要なのは、同居している家族との距離感をきちんと取ることです。仕事部屋にこもってみっちり仕事をして、疲れてきたら、上に行って家族とのだんらんを楽しむ。地下と地上を使い分けることで、うまく気分転換できます」とのこと。

なかなか羨ましい環境と思われる方も多いと思いますが、やはり実現するにはそれなりの工夫とルールが必要なように思います。

ちなみに弊社でも各種店舗併用住宅や在宅勤務に対応可能なお住まいの実績も多いので、ご興味のある方は是非お気軽にご相談ください。

IMG_3538こちらの建物はクリニック併用住宅の例です。

もちろんレントゲン室も設けてありますが、基本構造躯体が鉄筋コンクリート(RC)造なら、X線防護工事も最小限で済みますし、より確実に安全を確保出来ます。

さらに住居部分と仕事スペースの間で、音の問題が懸念されることもありますが、これもRC造なら安心です。何よりも災害時にこの両方を確実に守れるということが、非常に大切なことだと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。     



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ