住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

外壁

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家に車が突っ込んだら

安全な家を建てるならRCdesign

曇り時々降ったり晴れたりの東京です。

そんな今日は、の前に昨日は朝から江戸川区のアイアンメーカーさんショウルーム見学と打ち合わせなどがあったり、午後もバタバタしてしまい、そのまま夜は事務組合さんで書類受け取りから池袋へ信用金庫さんの会合出席などがありましたので、久しぶりにブログの更新をお休みさせて頂きました。

で、今日は今日で朝から渋谷区東計画の現場へ、作業確認とお手伝い、オーナー様と打ち合わせなど。午後に帰社後は鉄骨屋さん来社、書類作成、ミーティング、千葉県柏市計画検討、足立区足立計画検討など。夕方は安全協力会役員会、面談、賃貸管理業務、お問合せ対応など。

我が家のチューリップも咲き始めました。

ではこちら。

「地震が起きたと思った」家に車が突っ込む事故 なぜ?住人も思わず「意味わからん」 石川・中能登町

家から飛び出した状態で止まる車。
柱はへし折れ、壁が崩れている。

被害に遭った住人は「地震が起きたと思った。ガラスが割れる音や落ちる音がした」と話す。

12日午前2時半ごろ、石川・中能登町で起きた事故。

夫婦が住む家に車が激突し、そのまま突き抜けた。
2024年4月12日 20時3分 FNNプライムオンライン

なるほど。

いやはや、写真を見てところでは、外壁を突き破って、反対側の外壁から顔を出して止まっている状態のようでした。

まず心配になったのは住人の方の安否ですが、記事によれば当時、1階に夫婦がいたが、けがはなかったということですので、何より良かったです。

ついでに確認したところでは、車を運転していたのは70代の男性で、病院に搬送されたが、命に別条はないということですので、こちらもまあ良かったですね。

記事にあったのは被害に遭った住人のコメントで、「テレビを見てた。地震だと思って表に出たら車が…何でかと、意味わからん」とありました。

そのシチュエーションが気になるところですが、車はどうやって家に突っ込んだのか、何か特殊な状況があったのでしょうか。

記事に書かれていたことでわかるのは、車はT字路を真っすぐ進み玄関から進入し、その後2部屋を通り抜け一番奥の部屋で止まったということです。

まあ世の中にはT字路がどのくらいあるのかわかりませんが、今回の事故が特別な環境下で発生した訳ではなく、どこでも起きる可能性のある事故だと思います。

そもそも、建築物は道路に接していなければ建てられないことが基本的なルールとなっていますので、どの建物も道路に接しているということになります。

となれば、どのお宅でもいつ何時車に突っ込まれるかわかりませんし、その可能性を否定することは出来ません。

いつもお伝えしていますように、建物の強度は耐震性能だけで評価してはいけません。これまでに体験したことのない強風や竜巻、積雪や豪雨、水圧や土圧への耐力も考慮されていなくてはいけないと思います。

唯一、日本における建物でこれらの外力から住人の命を守れるのは、RC住宅しかないのではないのでしょうか。

家づくりをお考えなら、車に突っ込まれる心配をする必要のない住まいを、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



家づくり講座は土地と外壁とか。

安全な家を建てるならRCdesign

台風襲来の東京です。

そんな今日は朝から文京区根津のお客様とご連絡、豊島区目白のお客様とお電話、日野市計画検討、図面作成、お問い合わせ対応、豊島区要町計画検討、資料作成など。

午後は高田馬場のお客様とお電話、台風養生、システムメンテナンス、お問い合わせ対応、見積作成など。夕方は各種段取り、賃貸管理業務、ちょっと早めに閉店させて頂きました。

東京では雨のピークが過ぎたようですが、まだまだ気を抜けませんし、東北方面ではこれからくれぐれもご注意ください。それでは台風の中ではございますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第414回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

あなたは、水田や河川に隣接した家の外壁に、コケが生えているのを見たことはありませんか?

一般的な住宅地でも、日当たりや風通しが悪い面だけ、外壁がコケに覆われた家もあります。

あれはどうしてだと思いますか?

山や川などにはコケが生えていますよね。それらの胞子は、風に乗って外壁に付着します。乾燥しにくくて水分を補給できる自然環境だけでなく、凹凸が多くて水はけの悪いデザインの外壁や、経年劣化で防水性が低下した外壁などに付着した胞子は、その水分を利用して繁殖します。

それらのコケには保水力があります。コケに覆われた部分は、常に湿気に包まれている状態です。

放置すると、木造の外壁材が劣化だけでは終わりません。水分がゆっくりと内側に侵入し、じわじわと付着面を腐食していくことがあるんです。

腐食は、住宅の寿命を縮める最大の原因です。適度な乾燥が保たれた木造住宅の寿命は結構長いとも言われています。

しかし実際には、腐食により劣化する住宅が多く、30年ほどで寿命を終えるケースが少なくありません。

終の棲家にするには、あまりにも短い年数です。

それを避けたいなら、土地選びの際に、周辺の家々の外壁チェックもしてみましょう。

特に、北側の外壁チェックは忘れないでください。

その際、コケの発生が確認できたなら、
・その土地を候補から外す
・コケに強い外壁材を選ぶ
・防藻、防カビ塗料を外壁に塗る
などの対策を検討したいものです。

 なお、コケが発生しやすい主な外壁材は、
・モルタル壁
・窯業系サイディング
・リシン壁
・ALC壁
の4つです。

住宅によっては、築後2〜3年でコケが発生することがあります。

土地選びや素材選びには注意したいですね。

もちろん構造をRC(鉄筋コンクリート)造にしておけば安心です。

それでは、どうか安全に。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をヨロシク!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ