住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

太陽

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

収れん火災に要注意とか。

燃えない家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、お問い合わせ対応、金融機関へ、帰社後は杉並区今川計画検討、渋谷区西原計画のお客様とお電話、資料作成、文京区白山計画検討など。

午後は商社さんと建材メーカーさん来社打ち合わせ、練馬区の不動産会社さんと電話、杉並区高円寺計画検討、目黒区原町計画検討、お問い合わせ対応など。夕方は東中野の不動産会社社長来社、打ち合わせなど、港区赤坂計画検討、南青山計画検討、ミーティングなど。

日中は暑く感じるくらいでした。

ではこちら。

太陽光?でぼや騒ぎ 「収れん火災」冬は特に要注意

27日に秋田市で住宅の一部が焼けるボヤ騒ぎがありました。この火災を巡っては、住宅の出窓に置かれたある意外なものが原因ではないかと指摘されています。

大挙して駆け付けた消防士たち。秋田市の住宅街で27日にボヤ騒ぎが起きました。幸い住民にけがはなく、家も無事。改めて取材に行くと、中を見せてもらえました。出窓には「焼けた跡」が…。当時はここに「紙製の花瓶」のようなものが置かれていたといいます。
2020年10月28日 18時46分 テレ朝news

なるほど。

空気が乾燥してきますと、火災のニュースが増えてきてしまうのは、毎年のことかもしれませんが、非常に残念で悲しいです。

記事で取り上げられていたのは、収れん火災というものですが、この収れんというは小学生の頃に虫メガネで太陽光を集めて紙を燃やしたあれのことです。太陽からの光が何らかの物体により反射又は屈折し、これが1点に集まることをいい、その場所に可燃物がある場合、熱が蓄積し発火に至る場合があるんですね。

今回の事件でも問題となったのは「出火の原因」で、出窓で「珍しい現象」が起きた可能性があるということ。

丸くて透明なガラス玉やペットボトルなどでも、虫眼鏡のように光を集めます。東京消防庁の実験では、タオルからうっすらと煙が立ち上りました。

この現象の怖いところは、誰もいない状態の留守宅でも火災が発生するということで、今回もまた住民は火災発生時には、外出していたといいます。

東京消防庁によれば、こうした収れん火災は太陽の角度にも影響を受けるということです。低い時は横の物体に光が集まりますが、高くなると光は真下に行き、焦点が合わないということ。

今回の火災発生時は、この地域の太陽高度が37.4度となっていて、夏至に比べ、半分ほどの低さとなっていたことが要因となったり、他にも悪い要素が重なった可能性があります。

これからの季節では、日当たりの良い窓からは予想以上にお部屋の奥まで日が射すようになりますので、今一度お部屋の中を見まわして、ガラス製品や水の入っているペットボトルなどがある場合は、しばらくしまっておくことをオススメいたします。

火の元に注意するのはもちろんのこと、電化製品のコンセントまわりなども確認しておきたいですね。

火災に強い住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



窓辺のガラス瓶に注意とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で火災にも強い家を建てるならRCdesign

良い天気で暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から世田谷区奥沢計画検討、図面作成、信用金庫さん来社、提携会社さんと電話、資料作成、練馬区田柄計画の現場では基礎コンクリート打設がありました。お問い合わせ対応など。

午後も資料作成、大工さんと電話、資材発注、台東区日本堤計画検討、提携会社さんと電話、徳丸6丁目計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討など。夕方は練馬区田柄計画検討、家具工事検討、見積作成、北区のお客様とお電話、ありがとうございます。世田谷区砧計画検討など。

先ほど我が家のバカ次男が1Dのコンサートから帰って来ましたが、周りは女性ばかりだったとか。オヤジも行けば良かった。

ではこちら。

【海外発!Breaking News】人気チョコスプレッドで家が半焼。窓辺のガラス瓶に直射日光が当たり…。(英)

日当たりのよい窓際にガラス瓶入りの食品を置いているご家庭は、どうか注意して頂きたい。英ロンドンのあるファミリーはそれを原因とした火災で家と愛犬を失い、ひどく打ちひしがれている。

この画像は英メディア『dailyrecord.co.uk』が伝えているその記事のスクリーンショット。家から焼け出されてしまったのはロンドンのデクラン・マーフィーさん(41)一家で、妻と幼い2人の子は無事であったものの愛犬の“チリ”を失ってしまった。地元消防局はその火災の原因を、娘の好物であったチョコレート風味のスプレッド“ヌテラ(Nutella)”のガラス瓶にあったと特定し、波紋を広げている。

マーフィーさんのお宅でヌテラの瓶は日当たりのよい窓辺に置かれており、太陽光線が凸レンズにより一点に集まると燃えてしまうという典型例であったそうだ。
2015年2月27日 16時40分 Techinsight

なるほど。

この件では、日本でもすでに公表されていますので、ご存じの方も多いかもしれません。

一昔前なら怪奇現象として片付けられていたかもしれませんが、現代の捜査では出火の原因もほぼ確定出来るようになっているようです。

記事によると、ロンドン市消防局(London Fire Brigade)はこの事件について、過去5年間の125件、ここ数か月の少なくとも5件の火災について同様の原因によるものであったことを発表しています。

また、その原因としてガラス瓶の他にも、ミラー風のガラステーブルやクリスタルカットのもの、ドアノブですら日光が当たる場合は注意が必要だとしています。

人が暮らす家ですから、窓がまったくないということは考えられないですし、それこそこれまでの日本のように、大きい窓がより良いという場合は、それだけ危険性も増してしまうことになりそうです。

欧州の家ですと、比較的小さいと窓の家が多いと思いますので、日本に比べれば発生する可能性も低いと思うんですけど、それでも結構な件数の火災につながっているということですので、やはり注意しなくてはいけません。

まずは日当たりの良い窓際のディスプレーを見直す必要がありますね、ガラス製品や反射性のある金属などは置かないようにするなどの工夫をするようにしましょう。

また、夏と違い、冬を中心とした今の時期では、太陽の角度が低いので、部屋の奥まで日光が届いてしまいます。そうなると予想外にテーブルにも日光が当たっている時間帯があるかもしれませんので、確認した方が良いでしょう。

もちろんカーテンやブラインドで遮蔽すれば良いんですけど、寒い時期にはなるべく太陽光で暖を取りたいと思ってしまうのが動物というものです。

常時家族が在宅していれば良いんですけど、なかなかそれも難しいですね。もし在宅中に出火するようなことがあった時のためには、住宅用火災警報器の設置を確認しておきましょう。火災についても早期発見が被害を最小限にするためには有効なことです。

より一層の安心と安全を望むなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ