住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

子育て世代

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

省エネ住宅に最大100万円の補助とか。

子育て世代も家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から文京区白山計画の現場でコンクリート打設がありました。資料作成、目黒区原町計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど。いつもありがとうございます。

午後はガス会社さん来社打ち合わせ、出版社さん来社打ち合わせ、商社さんと電話、設備屋さんと電話、杉並区今川計画検討、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、キッチンメーカーさんと電話、世田谷区新町2丁目計画検討、渋谷区西原計画検討など。夕方は資材発注、北区赤羽西計画検討、各種段取り、ミーティングなど。

乾燥肌の範囲が広がっております。

ではこちら。

子育て世代の省エネ住宅、最大100万円補助 補正予算に542億円

国土交通省は、子育て世代や若い夫婦が省エネ性能の高い新築住宅を買う際に1戸あたり最大100万円を補助する新たな制度をつくる。

割高な省エネ住宅を購入しやすくすることで、家庭部門での脱炭素を進める狙いだ。2021年度補正予算案に542億円を計上する。
2021年11月26日 14時39分 朝日新聞デジタル

なるほど。

これはまた新しい補助金制度を考えられたということのようです。

今度の対象とされたのは、子育て世代や若い夫婦ということですので、対象となる方達には朗報となったのではないでしょうか。

記事によれば、対象となるのは18歳未満の子どもがいるか、夫婦のどちらかが40歳未満の世帯で、新築の戸建て住宅かマンションを購入すると、省エネ性能に応じて60万円、80万円、100万円のいずれかを国が補助するという内容。

補助の額は今の省エネ基準に適合する住宅だと60万円、基準より電気やガスの消費量をさらに20%抑えた住宅だと100万円が補助されるとか、省エネ化を伴うリフォームにも最大60万円を補助するそうです。

これは近年お伝えすることが増えた住宅の省エネ性能を向上させるための試みのひとつだと思います。国内で排出される二酸化炭素のうち、家庭部門は約15%を占めていますので、断熱材で冷暖房の効率を高めるなどした省エネ住宅を増やして脱炭素につなげたいのですが、その導入コストの高さが課題となっていました。

しかしながら、住宅の取得や家を建てるタイミングは人それぞれですし、特に東京などの都心部では若い世代で取得するには相当無理があるように思います。

そもそも、子育て世代や若い夫婦に住宅ローンを組ませて不動産を買わせようという考えが、今の時代には適していないように思いますし、私個人的には不動産の購入を急ぐメリットは無いように思います。

100万円の補助金を貰うために35年の住宅ローンを組むとか、もちろん必要なことならそれはそれなんでしょうけど、あまり焦って進めることではないでしょう。

ということで、折角の国家予算542億円も、国民の生活をより良く豊かにするとは、あまり思えません。

とは言え、幸運にも補助金の対象に該当される方には、是非RC住宅をご検討頂けると幸いです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



子育て世代の先進育児住宅とか。

東京で子育て住宅を建てるならRCdesign

雨で寒い東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、書類作成、金融機関へ、渋谷区代々木計画検討、練馬区春日町計画検討、板橋区役所さんと電話、世田谷区代田計画検討など。

午後からは業者さんと電話、出版社さんと電話、その後羽田空港へ技能実習生の見送りなど。夕方に帰社後は練馬区田柄のお客様とお電話、サッシ屋さんと電話、高田馬場の不動産会社さんと電話、ミーティングなど。

13日の金曜日ですが、日本の株価が調子良いようです。

ではこちら。

子育て世代にとって理想の住まいとは? 先進エコタウンに見る育児住宅の今

マイホームの購入を考えるタイミングとして、新しい家族の誕生がきっかけになることも多いだろう。とはいえ、住宅購入は人生でもっとも高額な買い物といえるもの。価格や間取り、設備などできる限り家族の希望に見合った選択をしたい。

そこで気になるのは「子育て世代にとって理想の住まいとは?」という疑問。今回、リストグループが今年6月から販売している横浜市最大級のエコタウン「リストガーデンnococo-town(ノココタウン)」を訪ね、育児住宅の最新事情を取材してきた。
2017年10月13日 17時0分 マイナビニュース

なるほど。

これは子育て世代の方には気になるニュースかもしれませんね。

記事にあったノココタウンとは、"やすらぎも。先進も。どれもある。"をキャッチコピーに、自然と先進が融合したエコタウンを目指して開発された分譲地のようです。

場所はJR戸塚駅からバスで約15分という場所に立地していて、約2万7,427平方メートルを誇る広大な敷地に全160棟の住宅が建設される計画だそうです。

ここの売りのひとつが、国交省が定める「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」の省エネ基準値の31%減を実現し、最高水準の5つ星を取得予定ということのようです。

また、先進システムという点では、スマホやタブレットで家電をコントロールできる先進システム「インテリジェントホーム」が搭載されていて、外出先でエアコンのオンオフができたり、玄関に設置されたカメラで子どもの帰宅を確認できたりするということ。

さらに太陽光発電システムを標準で搭載することにもなっているということですが、BELSやZEHを目指すとなれば、おのずと必要になるものです。

そしてもうひとつの特徴として考えられているのが、地域コミュニティーを生み出す仕掛けで、各戸の前にはハーブ菜園が設けられていて、これで各住宅がそれぞれ好みのハーブや草花を育て、住民同士でシェアするという取り組みだとか。

さらに、これだけ大規模の開発ですので、ひとつの街づくりのような部分もあり、公園や多目的スペース、農園なども配置されるそうです。

ここまで見てみると、建築として子育て世代に参考になりそうなことはあまり無いように感じますが、もちろん子育てに環境が大切というところは共感できますし、新しい街を作るなら、当然公園などは必要でしょうし、地域のコミュニケーションを促進するしくみも大切かもしれません。

やはりこれからの日本を考えると、既存の町でもよりコミュニケーションが取れるような行動が必要だと思いますし、それが子育てにも介護にも有効になるでしょう。

一方で、子育て世代の育児住宅としては、建築としてもまだまだ出来ることがあると思うんですけど、これも教科書に載っているような内容だけではなく、それぞれの家族によって必要なものも違ってくると思います。

実際は子育て期間って、思っているよりも早く終わってしまうもののように思いますし、家も家族の成長に合わせて変化する必要があったり、次は確実に自身の介護をも視野に入ってくるでしょう。

人生の一時だけ使う家なら、それは賃貸でも良いかもしれませんし、そのコスト負担が苦にならない状況なら、持ち家という選択もありかもしれません。

しかし、本当に子どものことを考えたら、次世代に資産を残し、豊かな生活を継承出来るようにしなければいけませんし、何よりもまずは災害から守れる強さが必要です。

そんな基本をしっかりと確認したうえで、省エネを追求し、また希望のプランや仕上げを検討するようにして欲しいと思います。

子育て世代にこそ、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング← どうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ