住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

あなたの孫が家なき子に

孫に家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、社内ミーティング、文京区千石計画検討、所沢市中新井計画検討、書類作成、港区東麻布計画検討、杭屋さんと電話、足立区足立計画検討、港区高輪計画検討、資材発注など。

午後は渋谷区東計画のオーナー様宅でお打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は東麻布のオーナー様とお電話、資材発注、書類作成など。夕方は所沢市東狭山ヶ丘計画検討、ミーティングなど。

神社の蝋梅が咲いていました。

ではこちら。

2050年の孫は「家なき子」 住宅、建てるも直すも難しく

日本は人口が減る。住宅事情は良くなるだろう。都心はまだまだ人気かもしれないが、郊外では広々とした新築に住めるかも。

期待しながら不動産店を訪ねたら「新築は無理ですね。大工がいません」。全国に2000万戸ある空き家は壊れ、とてもじゃないけど住めない。2050年、孫たちは「家なき子」になる。
2024年1月14日 5:00 [会員限定記事] 日本経済新聞社

なるほど。

これが現実なんですね。

一般の方には想像も出来ないことだと思いますが、いつもお伝えしておりますとおり、日本のものづくりは本当に危機的な状況であることに間違いありません。

これまで日本を支えていた団塊の世代と呼ばれる方達が、コロナ禍で引退を考えるようになり、いよいよ今年は実行に移すという親方も多いのです。

ある程度の組織で、親方が現場に出なくても、若い衆の育成が進められている業者さんなら、まだしばらく対応可能でしょうけど、一人親方や親子で行われている場合などでは、今後対応出来る仕事量に限りが有るのは当然です。

これは建築に限らず、観光地の特産品や民芸品、人の手間を掛けて造られる日本のものづくり全体に言えることだと思いますが、何十年も前から言われていたにも関わらず、技術の継承が進まなかった影響も大きいと思います。

記事にもあったように、そのうち景気が悪くなったら家も安くなるだろうから、そうなったときに買えば良い、などと思っているとあなたの孫世代では住宅難民になってしまうかもしれません。

政府も既存の住宅を有効利用することをすすめていて、リフォームに対する補助金などの優遇策を打ち出していますが、社会問題化している空き家にしても、そのうちどのくらいの建物が使用可能なのか、耐震性能や断熱性能など一定の性能を担保出来るものでなければ、安心して利用することは出来ません。

以前からお話ししていますとおり、日本には残念ながら資源は多くありません。それでも時代の一時期に世界一の経済大国まで辿り着いたのは、諸先輩方の努力があったからこそです。

しかし、残念ながらその後の失われた30年を経て、現在の最貧国へとなってしまった一因として、家を資産とせずに消耗品として消費をしてきてしまったことではないかと私は考えています。

欧米の他の先進国では、住宅の平均寿命が100年を超えている国が多いのですが、日本では20年そこそこという時代が長く、最近になってようやく30年前後になってきたところで、いまだに法定地用年数は22年のままです。これでは資産とは呼べません。

30年前後で建て替えが必要になる家や、自然災害や火災で失われてしまう家ではいけないんです。

孫を家なき子にしたくはありません。現役世代の責任で、孫世代に喜ばれる家を残すことを考えて頂きたいのです。

そのために、是非一度RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討くださいますようお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



孫と一緒にお風呂に入りたい。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で二世帯住宅を建てるならRCdesign

太陽も頑張った東京です。

そんな今日は朝からご近所さんと電話、セキュリティー会社さん来社打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、渋谷区役所と電話、渋谷区東計画検討、文京区本郷計画検討、資料作成など。

午後は金融機関と郵便局、その後都市銀行さんと電話、台東区上野桜木計画検討、資料作成、社内ミーティング、文京区向丘計画検討など。夕方は北区滝野川計画検討、原稿チェック、渋谷区神宮前計画検討など。

ちょっと気を抜いたらまた暑くなりました。これからはこんな気温の上下がありつつ季節が移っていくのでしょう。

ではこちら。

約半数の家庭で、孫と祖父が一緒にお風呂。入浴中の話題は●●の話!

資生堂スーパーマイルド「パパフロ応援委員会」は、7月に全国の小学生の孫がいる祖父400名、小学生の子供がいる母親400名(20代、30代それぞれ200名)の800名を対象に、「おじいちゃんと孫の浴育」について調査を実施した。
 
○約半数の祖父が孫の育児に参加
最初に、祖父を対象に自身を育児に積極的なおじいちゃん(イクジイ)だと思うか尋ねたところ、9.3%が「そう思う」と回答した。「イクジイだとは思わないが、孫の世話はみている」とあわせると、48.6%の祖父が孫の育児に参加している実態が明らかになった。

次に、母親を対象に、祖父に子供の育児を手伝ってほしいと思うか聞いた。最も多い回答が「たまに手伝ってほしい」(42.3%)で、「手伝ってほしい」(25.5%)、「とても手伝ってほしい」(19.0%)と合わせると、86.8%が祖父に育児を手伝ってほしいと思っていることが分かった。
マイナビニュース2013年08月28日18時09分

なるほど。

確かに今時のおじいちゃんは、70歳や80歳でもまだまだお元気な方も多いですし、現状を楽しむということを知っている方も多いのかもしれません。

また、自身の子育て期間中は、高度成長期であったり、まだ世の中の風潮として、男は外で稼ぐことだけが仕事とされていたことで、ほとんど自分の子どもの成長を見ることが出来なかったということもあるでしょう。

そういう私も、すでに自分の子育てが終盤に入ってきて思うんですが、今ならもっと自由に、子育てを楽しめるような気がします。

もしかすると、これがあの無責任にも感じられた祖父母の対応につながる感情なんでしょうか。

記事では、孫と祖父が一緒にお風呂に入るかという質問に、半数以上が一緒に入浴すると回答し(入る頻度は毎日から、今までに2・3回まで)。孫と一緒にお風呂に入る理由について聞くと、「孫が喜ぶ」(52.2%)が最も多い理由で、以下「自分の楽しみ」(35.1%)、「気兼ねなく孫と過ごせる」(22.4%)ということです。

まあ孫の喜ぶ顔を見れば、それはきっと自分の楽しみになるでしょうね。

さらに、孫と祖父は仲がいいかという質問では、「とても仲がいい」と回答した家庭は、孫と祖父が一緒にお風呂に入った経験のない家庭が22.1%だったのに対し、経験がある家庭は40.3%だったそうですので、これは是非実施したいところです。
 
参考までに、祖父がお風呂で孫とどんな話をしているか聞いたところ、「学校での出来事」(63.2%)が1位で、2位は「遊び・おもちゃ」(46.5%)、3位は「友達のこと」(41.7%)、中には「パパやママが子供だったころの話」(16.2%)や「昔の話、思い出話」(14.9%)などの話をしているという回答もありました。

こんな記事を見てしまうと、出来るだけ早く孫が欲しいと思ってしまいますが、我が家の場合はその前に愚息のところに来てくれるお嫁さんがいるか、と言う点が問題です。

とは言え、さすがに毎日だと疲れてしまうかもしれませんので、ここは完全分離タイプの2世帯住宅を用意しておくのが良いと思います。

もちろん2世帯住宅なら、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ←応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ