住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

安藤忠雄

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

安藤忠雄とGW休業のお知らせとか。

RC住宅を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から見積作成、杉並区高円寺南計画のお客様とお電話、北区赤羽西計画検討、台東区蔵前計画検討、資料作成、出版社さんとオンラインミーティング、図面作成など。

午後は文京区白山計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。夕方は提携会社さん来社打ち合わせ、見積作成、ミーティングなど。

ここで弊社のゴールデンウィーク休業をお知らせいたします。

誠に勝手ながら、弊社では下記のとおり休業日とさせていただきますので、お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業日:4月29日(木)、5月2日(日)〜5月5日(水)

5月6日(木)より通常営業となります。

休業中のお問い合わせや資料請求は通常営業日の発送となりますので、ご了承ください。

ご不便をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。
また、休業日でも留守番電話、FAXやメールの受信は可能ですのでお気軽にご利用ください。

ただしこちらも回答には多少のお日にちを頂くことになります。

ではこちら。

「あと一歩も二歩も前へ」 仏国家最高勲章の建築家、安藤忠雄さん

建築界に長年貢献し、日仏友好に尽くしたとして、世界的建築家、安藤忠雄さん(79)にフランスの国家最高勲章「レジオン・ドヌール勲章」のコマンドゥールが授与された。

23日に仏大使公邸(東京都港区)で開かれた叙勲式では、「フランスという文化国家に憧れていた人間として、素晴らしい一日となった」と喜びを表現、自身と同国との関わりについて改めて振り返った。
2021年4月28日 16時12分 産経新聞

なるほど。

相変わらずのタフネスぶりで、益々ご活躍のご様子、何よりでございます。

またひとつ勲章が増えたということ、誠におめでとうございます。これは日本の建築業界やとりわけ設計を志す若者には、大きな目標となることでしょう。

私個人的にも、RC造に特化し普及に挑戦し続ける中で、その意匠や思想を参考にさせて頂きながら、理想を追求しているところでございます。

記事によれば、安藤さんとフランスの最初の出会いは、独学で建築を学んでいた若い頃、大阪・道頓堀の古本屋で見つけた一冊の本−20世紀近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの作品集だったそうです。

そこで、「何回も図面を書き写すうち、わからないなりにわかったような気持ちになって、ル・コルビュジエが働く事務所を見たいと思ったのです」ということ。

その後は持ち前の行動力で世界中を巡りながら、建築を学んで来たそうです。

今回の式典で、安藤さんは受章を機に、力強く宣言したそうです。「これからもう一歩も二歩も前に行けといわれるならば、人生100年、思いを遂げるよう、やっていきたい」と。

うん、50や60はハナタレ小僧ということに違いありません。身体の多少の不具合は必要経費みたいなものとして、まだまだ頑張らなくてはいけませんね。

安藤忠雄さんを応援するためにも、是非住まいはRC造をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



コシノと安藤の家とか。

打ち放しの家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からリフォーム工事計画検討、資料作成、杉並区今川計画検討、お問い合わせ対応、大田区田園調布計画検討、出版社さんとオンラインミーティングなど。

午後は世田谷区新町計画検討、信用金庫さん、来客面談、打ち合わせなど。5丁目の現場へ、業者さんお客様と打ち合わせなど。夕方帰社後は文京区白山計画検討、北区赤羽西計画検討、ミーティングなど。

街角の植え込みで新しい花を発見することが多くなりました。

ではこちら。

コシノヒロコ氏が寒い家設計した安藤忠雄氏に感謝「グレー一色の中から色や形が生まれてきた」

世界的ファッションデザイナー爛灰轡了飴佶絖瓩離灰轡離劵蹈鎧瓠複牽粥砲7日、兵庫県立美術館で開催される「コシノヒロコ展 EX・VISION TO THE FUTURE 未来へ」(8日〜6月20日)の特別内覧会に登場した。

建築家・安藤忠雄氏(79)設計の芦屋の自宅で数々の作品を生み出してきたコシノ氏は、同じく安藤氏が設計した兵庫県立美術館での個展開催を「長年の夢」と語り、5年の歳月をかけ準備。
2021年4月7日 20時26分 東スポWeb

なるほど。

さすがは日本が誇るデザイナーと建築家です。

何が凄いかと言えば、コシノヒロコ先生は84歳、安藤忠雄先生も79歳ですよ。

そのバイタリティーというか、いまだにある各方面への影響力は、もはや人間の域を超えているのではないでしょうか。

記事の中では、特別内覧会に出席した安藤氏が、コシノ氏の自宅にまつわるエピソードを披露したということで、その内容が示唆に富んでいて面白かったです。

その内容がこちらです。以下引用
「『使いにくくてもいい。少々寒くていい。美しくなければいけない』と言っていただいたんですけど、ヒロコさんがテレビに出るたびに『安藤さんの家は悪くはないけど寒いわあ』と言う。ずいぶん営業妨害されました」と笑い飛ばすと、続けて「寒い家というハンディを乗り越えて、世界に誇れるデザイナーになっておられるのではないか」とフォローした。
ここまで。

流石に最近は減りましたが、以前はRC造の打ち放しと言えば、内装と外装の全てが同じ仕上げという場合も多く、そのイメージの多くは安藤先生の作品に影響を受けたものだったのではないでしょうか。

建築家が作る作品では、人間の安全や快適は置いておいて、その意匠性に特化した建築物も多いですが、仮にも住宅という用途の建物であれば、その優先順位は安全性であってほしいものです。

一方でコシノ先生は、グレー一色の中から、色や形が生まれてきた。心から安藤さんの建築に感謝している。寒かったけど。と語られていたり、さらに「寒さに打ち勝つ気構えって大事なんです。何でもうまくいくと人間ってボーッとして真剣に考えない。クリエーションはハングリーの中から生まれると思うんです」ともお話しされていました。

本当に気合が入っているというか、確かにそういう時代もあったということは、私も共感できるんですけど、さすがに昭和感を感じるコメントだと思います。

先生方の功績はもちろん素晴らしいものです。しかし、これからの時代に求められる住まいを考えれば、何よりも断熱性能ですし、必要以上にアクロバチックな意匠よりもコストパフォーマンスの優れた設計も必要だと思います。

RC(鉄筋コンクリート)住宅をお考えなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ