住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家にひとつあるといいものとか。

植物が合う家を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から文京区白山計画検討、電気屋さんと電話、社内ミーティング、世田谷区新町計画検討、練馬区谷原計画検討、見積作成、資料作成、お問合せ対応など。

午後は池袋へ、お客様宅訪問打ち合わせなど。帰社後は図面作成、北区赤羽西計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうござます。渋谷区西原計画のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方は文京区白山計画のお客様よりお電話、ありがとうございます。杉並区今川計画検討、設備屋さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、ミーティングなど。

まだまだ暑い日が続いております。涼しくしてお過ごしください。

ではこちら。

実は必要だったと実感! 買ってよかった「家にひとつでもあるといいモノ」

現在ヨーロッパ在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんのファッションスナップレポートです。今回はインテリアシリーズ。1年半ほどロックダウンに強いられたヨーロッパで現在かなり人気の、観葉植物とのくらしを紹介します。
2021年8月30日 20時0分 ananweb

なるほど。

もちろんヨーロッパでもコロナ禍の影響は同様ですが、そんな中でも観葉植物を暮らしに取り入れているケースが増えているようです。

記事で紹介されていたのはモンステラで、このモンステラは見たことがあると思いますが、中でもモンステラの白い斑入りが現在日本でも海外でも人気急上昇中とのこと。

記事によれば、ここ2~3年で価格が急騰したのは、コロナでステイホームの人が増えたのもひとつの要因かもしれないということです。ただ、その前から人気はあったので、SNSの普及によってどんどんシェアされて、魅了される人が続出しているのも事実のようです。

さらにヨーロッパの観葉植物コレクターのインスタグラムを見ていると、部屋の中がもうジャングルになっているところも多いくらい、アンスリウム(Anthurium)にハマると、もうやめられないようです。

多くのコレクターがInstagramやYouTubeにアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。気持ちが塞ぎがちなコロナ禍でも、自宅にいるだけで楽しみが増える気がしますので、是非チャレンジされてみては如何でしょうか。

観葉植物が映える建物といえば、RC住宅です。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



空から巨大なモノが次々とか。

東京で攻撃から守る家を建てるならRCdesign

雨のち曇り時々晴れで夕方は雷雨の東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、書類作成、蓮根のお客様とお電話、税理士さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。

午後からは内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社打ち合わせ、地方銀行さん来社打ち合わせ、提携会社さん来社打ち合わせ、信用金庫さんと電話、書類作成など。夕方はリフォーム計画検討、渋谷区西原計画検討、渋谷区桜丘計画検討、ミーティングなど。

近所の小学校でも入学式があったようで、初々しさが眩しかったです。

ではこちら。

野球ボール?空から巨大なヒョウ次々と…米

アメリカ・テキサス州で6日、空から巨大なヒョウが降ってきた。

辺り一面に空から次々と降ってくる大量のヒョウ。ゴルフボール大のものから、中には手のひらいっぱいの野球ボールくらいの大きさのものもある。

地元メディアによると、アメリカ・テキサス州で6日、嵐が発生し大量のヒョウが観測された。
2019年4月8日 14時23分 日テレNEWS24

なるほど。

記事はアメリカからのニュースですが、もちろん日本でも他人事と思っていてはいけません。

今日の夕方は弊社の事務所付近でも、結構大きな雷が鳴っていましたし、ところによってはアラレが降った地域もあるようですので、アメリカで観察された気象状況が、日本で観察されないはずがありません。

記事によれば、一部の住居や車にも被害が出ているということですが、野球のボールくらいの氷の塊が空から降ってきたら、それはもう命の危機を感じますし、相応の対策が必要になります。

当然住宅の屋根には穴が開く可能性もありますし、少しでも角度があればガラスも割れます。金属製の部分ではヘコミや変形も起こるでしょう。

確か一昨年の夏だったかには、日本でも同様の被害報告が多数報告された事例がありましたね。

弊社でも既存OBオーナー様宅のアルミ手すりやサッシの一部が変形してしまったということがありました。

もちろんRC(鉄筋コンクリート)住宅なら、屋根や外壁に穴が開いてしまうということはありませんが、他の構造では仕上げの材質によって、比較的容易に穴が開いてしまうことも考えられます。

今後の地球規模での気候変動を考えると、紛争による攻撃だけでなく、自然現象による攻撃にも耐えられるような家が必要になるかもしれませんね。

そんなリスクを考えたら、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくどうぞ。



雷乃発声に注意とか。

東京で雷にも強い家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から田柄の現場でサッシ屋さんと現調、打ち合わせなど、その後現場視察、帰社後は高田馬場計画検討、見積作成、図面作成、資材発注、文京区根津計画のお客様とお電話など。

午後はミーティング、PCセットアップ、不動産会社さんと電話、徳丸3丁目検討、文京区本郷計画のお客様とお電話、図面作成など。夕方は根津計画検討、資材メーカーさんと電話、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

南風のおかげか暖かく感じました。

ではこちら。

七十二候<雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)>。落雷の合間1分ですべきことは?

雷が鳴りはじめる春となりました。北陸地方などにお住まいの方は「雷なんて冬の間も盛んに鳴ってましたけど?」と怪訝に思われることでしょう。

じつは、冬の雷は北日本の日本海側・地域限定。季節がすすみ春一番が吹いて、全国規模で春の嵐が発生します。春が来たことを知らせる、春雷(しゅんらい)のとどろき。

お花見のバーベキューを楽しんでいたら、急に雷雲が現れてどしゃ降りの雷雨になることも! どこに落ちるか予測できない、こわい雷。身を守るにはどんな行動をとればよいのでしょうか?
2017年3月30日 11時0分 tenki.jp

なるほど。

季節感というものは人それぞれ、地域によっても違うものだと思います。

花粉症のお仲間では、鼻水や目の痒みなどの身体的反応で季節を感じることでしょうし、当然気温や湿度の変化でも感じられるところです。

私個人的には、今年ほど梅の良さを感じたのも初めてのことで、待ちわびた春がようやく来たなと思いました。さらに今日はご近所の桜も開花が進んだように思いましたので、これから春も本番ということかもしれません。

記事にもあったように、全国的には雷が鳴りはじめると、春が来たということになるのだそうですが、一方で大気が不安定になり雪や雹(ひょう)をもたらすこともあるので、農家さんをはじめ都市生活者の方々も手放しでは喜べないようです。

さらに、例年秋口と同様に春先にニュースになるのが、竜巻による被害です。

これまでにも何度か書かせて頂いた記憶がありますが、春は大陸からの寒気と太平洋側からの暖かい空気がぶつかる傾向があり、その温度差が大きくなることによって、低気圧や積乱雲が急速に成長し、まるで台風のような強風が吹き、豪雨、雷、ひょうなどの気象現象をもたらし、場合によっては竜巻などの局所的な強風による大きな被害が発生することがあるんですね。

そこで、大切なキーワードが「大気が不安定」という言葉です。これは今現在晴れていても、天気が急変する可能性があるということですから、急な降雨、雷、ひょう、突風(時に竜巻)が発生する可能性が高まるということです。

実際にそんな状況になったらどうしたら良いか、記事では避雷針が設置されている鉄筋コンクリート造りの建物の中に入るのが、もっとも安心ということでした。

あとは自動車・バス・列車などの中も安全です。雷鳴は、30分くらい待てば遠ざかっていきます。ただし、建物といってもキャンプに使うテントの中はたいへん危険。すぐに出て避難してくださいということ。

問題は屋外にいるときですが、記事によると「金属製品は身に付けたままでいいので、すばやく身を低くして様子をうかがいながら、安全な場所に避難することを考える」のが、正解ということです。

落雷の間隔は約1分程度ということですので、その合間を使って安全な場所を目指しましょう。時間は短くなる場合も想定して迅速に対応しましょう。

春の嵐にも安全な住まいなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ        ←応援よろしくお願いします!



春の嵐にご注意など。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で嵐にも強い住宅を建てるならRCdesign

くもりのち晴れの暖かな東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、ご近所のお客様とお電話、板橋区板橋3丁目計画のお客様とお電話、ありがとうございます。ガス会社さん来社打ち合わせ、金融機関へ、社用車パンク修理、建材メーカーさんと電話、世田谷区奥沢計画検討など。

午後は徳丸計画検討、見積作成、提携会社さん来社打ち合わせ、信用金庫さん来社、郵便局、徳丸計画検討など。夕方からは西麻布方面へ、お客様のお誘いで協力業者さん共々会食させていただきました。誠にありがとうございました。

今日は比較的穏やかな天候でしたね、溜まった洗濯物も少しは片付いたのではないでしょうか。

ではこちら。

春の嵐(メイストーム)は超危険?知っておきたい対策

春は「季節の変わり目」であることから、大陸からの寒気と太平洋側からの暖かい空気がぶつかる傾向があります。

その温度差が大きくなることによって、低気圧や積乱雲が急速に成長し、まるで台風のような強風が吹き、豪雨、雷、ひょうなどの気象現象をもたらし、場合によっては竜巻などの局所的な強風による大きな被害が発生することがあります。

この春の嵐(メイストーム)と呼ばれる現象は、夏期に起きる台風などよりも広範囲に影響を及ぼし、時に日本列島全体にまで広がる場合があります。また、その成長は急速なため、発生の予測が難しい傾向があります。
2015年4月20日 18時45分 All About

なるほど。

確かに、昨日も台風のような状態で、夜に掛けて非常に風が強く吹き付けていましたので、もしかすると多少なりとも被害に遭われた方がいらっしゃるかもしれませんね。

まだ記憶に新しいところだと思いますが、3年ほど前に茨城県つくば市などで発生した竜巻では、死者1名、負傷者30余名、300棟を超える家屋が全半壊してしまいました。

この時一番驚いたのが、木造住宅が裏返しになっていた光景で、屋根だけが飛ばされたり、または飛散してきたものが激突して、大きく破損している家も多かったんですけど、まさか裏返しにされるとは、だれも想像していなかったと思います。

当時、日本海に低気圧が発達し、この低気圧に向かって太平洋側から暖かい空気が流れ込み、太平洋側の東海地方から東北地方までの広い範囲で大気の不安定な状況を生み出したというのが、ひとつの原因とされています。

また、後の解析によると、上空の氷点下21度にもなる強い寒気とぶつかってスーパーセル(巨大積乱雲)が発生して、この積乱雲に伴って竜巻が複数発生したということ。

調査によると、つくば市の被害範囲は500mの幅で15kmの範囲に及び、藤田スケール(竜巻の強さ)でF3(風速70m/sから92m/sに及ぶ)と認定され、国内でも最大クラスの竜巻であったということです。

そんな竜巻も含めて、春の嵐の場合には、短時間で急速に積乱雲が発達するために予測が非常に困難ということが問題です。それまで晴天だったのに、にわかにかき曇り、雷雨や突風が吹き始めるということがあります。

日本においては、夏から秋にかけて、南の方から低気圧が発達しながら接近してくる台風もあり、さらに記事にもあるように、近年では冬から春にかけて爆弾低気圧と呼ばれるものが、多くなっていますね。

台風の場合はその進路もほぼ特定されますので、準備や対策がしやすいのですが、やはり春の嵐の場合には、短時間で急速に積乱雲が発達するために、どうしても対策が間に合わないのが現状です。

そこで、大切なキーワードが「大気が不安定」という言葉です。これは今、晴れていても天気が急変する可能性があるということですから、急な降雨、雷、ひょう、突風(時に竜巻)が発生することもあり得るわけです。

とにかく今のところ出来る対策といえば、空が急に暗くなったり、湿った風が吹いてきたり、遠くに雷の音が聞こえ始めた場合は早めの行動が必要ですね。もし移動中なら、すぐに頑丈な鉄筋コンクリートの建物内に退避することを心がけましょう。

少しでも時間的余裕がある場合には、ベランダに置いてある植物や洗濯金物などが飛んでしまわないよう、室内に取り込んでおくことも忘れずに。

春の嵐に限らず、台風でも安全と快適をお望みなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。
 

人気ブログランキングへ  ← 応援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ