住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

快適な家

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

道路で転ぶとヤケドするとか。

酷暑でも快適な家を建てるならRCdesign

晴れて酷暑の東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、商社さんと電話、渋谷区東計画検討、資料作成、杉並区西荻窪計画検討、見積作成、お問合せ対応など。

午後は提携会社さんとオンラインミーティング、来客面談、確認検査機関さんと連絡、中野区本町計画検討、資料作成、資材メーカーさんと電話、資材発注など。夕方はご近所のお客様へ書類お届け、渋谷区西原のオーナー様とお電話、港区高輪計画検討、資料作成、ミーティングなど。

酷暑お見舞い申し上げます。

ではこちら。

転んだだけでやけど、アスファルトの温度82度にも 酷暑の米アリゾナ州

(CNN)猛烈な暑さが続く米アリゾナ州マリコパ郡で、重いやけどを負って救急搬送される患者が急増している。ここ3〜4週間は記録的な熱波に見舞われ、道路で転んだだけでやけどを負う人が続出した。

「夏は繁忙期なので予想はしていたが、これは本当に異常だ。患者の多さも、重傷者の多さも。けがの程度ははるかに重い」。同地の病院で熱傷の治療にあたるケビン・フォスター医師はそう語る。「患者の数も、重傷者の数も増えている。理由は説明がつかない」
2023年7月25日 12時27分 CNN.co.jp

なるほど。

やはり世界的な異常気象ということなんでしょうけど、これが常態化すればそれは異常ではなくなりますので、もう少しの辛抱です。

とか言っている場合ではありません。日本でも今年は梅雨明け前から酷暑に見舞われていますから、まだまだ暑くなる可能性があります。

記事によれば、現地20日の気温は約48度を観測し、州都フェニックスの気温は22日まで6日連続で46度を上回った。23日には最高気温が約45.5度まで下がり、猛暑はやや和らいだ。と書かれていました。

って、45.5度に下がった場合にやや和らいだということではありません。

また、この他にも7月の世界各地の記録では、スペインで44.5度、ギリシャでも45.7度とか、さらに中国では52.5度、極めつけはアメリカのデスバレーで54.0度の記録があったそうです。

もう何度でもいい感じですが、実際にこれだけの高温になれば当然いろいろな不具合も発生することが予想されますね。

記事ではこの病院で熱傷病棟の45床が満床になり、3分の1は地面に転んでやけどを負った患者が占めているということ。さらに集中治療室(ICU)にもやけどの患者が入院しており、およそ半分は転んでやけどした患者だそうです。

もう道で転ぶことが大惨事につながってしまうようになるんですね。もちろん高齢者や乳幼児を安易に外に出すわけにはいきません。

さらにアリゾナ州の専門家によると、地面に皮膚が触れれば危険な状態にある。特にアスファルトは太陽の光を吸収して熱せられ、日没後も熱がこもった状態が続くとし、医師は、アリゾナ州では夏の晴れて暑い日や夏の午後は、アスファルトの温度が82度になることもあり、ほんの一瞬触れただけでも重いやけどを負いかねないと言われていました。

舗装道路に10〜20分間接触すれば「皮膚が完全に破壊され」、皮膚の深部まで達するレベル3のやけどを負うこともあるそうで、そうした患者は住宅火災に遭った人のようなやけどを負っているということです。

そんな米国では、24日も各地で3500万人あまりを対象とする熱波警報が出されたそうです。米海洋大気局(NOAA)によると、熱波の記録を更新したり記録に並んだりした回数は、過去30日で5000回を超えているということですので、まさに記録は塗り替えられるためにあると言えそうです。

そんな記録更新はいらないんですけどね。

また、米獣医師会の会長によると、動物も熱いアスファルトの上を歩けばやけどを負うことがある。それを防ぐためには猫は外へ出さず、犬は早朝または夜遅くに散歩させる必要があり、早朝がベストだと言われていました。

我が家では、犬の朝の散歩は6時台なんですけど、明日からは5時台にちょっと早めてあげようかと思います。

皆様におかれましても、どうか無理の無いように遠慮無くエアコンを使って頂き、安全快適にお過ごしくださいませ。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



二重窓の需要が高まっているとか。

高性能な家を建てるならRCdesign

晴れて暑い東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、目黒区原町計画のお客様とお電話、中野区本町計画検討、その後東洋大学大学院経営学研究科の生徒さんと打ち合わせなど。

午後も引き続き打ち合わせ、大変勉強になる時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。その後は徳丸のOBオーナー様とお電話、賃貸管理業務、江戸川区東小岩計画検討など。夕方は文京区本郷計画、お問い合わせ対応、原町のお客様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

ちょっと湿度が下がった感じでした。

ではこちら。

「二重窓」夏の暑さにも効果 コロナ禍で需要高まる

猛暑が続くこの夏、注目度が急上昇しているのが、「二重窓」です。

YKK APさん:「今ある窓に、もう1枚窓を追加する内窓です。窓が二重になるので、外の暑さや寒さの影響受けにくくなって、冷暖房の効率が上がる」

北海道など寒冷地でよく見られる二重窓、夏場には、外からの熱気を遮断する効果があり、今や地域によらず注目されているのです。
2022年8月19日 12時42分 テレ朝news

なるほど。

一般の方に対して、まだまだ周知の努力が足りていない感じがするのが、この窓に関する情報ではないでしょうか。

世の中には昭和の時代に建てられた住宅もまだまだ多く残っていたりしますので、当時のままですと窓のガラスが薄い1枚ガラスになっており、冬には結露が発生してしまい窓周りがビチョビチョになってしまうというご家庭もあると思います。

しかしながら、先進国の暮らしとして結露が発生するような、性能の低い窓を放置していることは国際的にも許されない状況になっています。

高性能な住宅であれば、一定レベルの断熱性能をクリア出来る仕様になっていると思いますが、そんな中でも窓から損失してしまうエネルギーの量は非常に大きなものなんですね。

だからこそ、窓の断熱性能を上げることが必要で、それにはガラスそのものを高性能な製品に変更するか、またはサッシてを2重にすることで、エネルギーの損失を抑えることが大事なんです。

記事にもありましたが、北海道など寒冷地でよく見られる二重窓も、夏場には外からの熱気を遮断する効果があり、今や地域によらず注目されているのだそうです。

YKK APさんのお話では「前年対比で、118%と伸びている。コロナ禍で、家にいる時間が長くなったり、室内での暑さ寒さが気になるという要望に対して、内窓のニーズが高まっていると感じる」とのことでした。

また、2重窓を設置された50代男性は「エアコンの効きがかなり良いです。それほど(冷房の)設定温度を下げていないので、2重窓の(電気代も)かなり安く抑えられているんじゃないかと思う」と書かれていました。

窓の高性能化は費用対効果も高く、必ず体感できるくらいの結果を得られると思いますので、住居環境をより良くするなら、窓の高性能化にはコストを掛けて欲しいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング  ←いつもありがとうございます!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ