住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

投資

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

省エネ住宅で賃貸とか。

省エネな家を建てるならRCdesign

くもり空でも暖かな東京です。

そんな今日は朝から目黒区原町計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、その後渋谷区西原計画の現場へ、現場視察とオーナー様と打ち合わせなど。

午後に帰社後は図面作成、杉並区今川計画検討、高円寺南計画検討、電気屋さんと電話、提携会社さん来社打ち合わせ、お問い合わせ対応など。夕方は文京区白山計画検討、住設メーカーさんと電話、北区赤羽西計画検討、資料作成、ミーティングなど。

桜吹雪でワクワクしちゃいます。

ではこちら。

「省エネ住宅」を選択する人は本当に増えるのか

賃貸住宅の「部屋探し」をする際に、どんな点を検討材料にするだろうか。家賃、立地、部屋の広さ、間取り、内外観、設備、築年数などが主なものだと思われる。他に、インターネットサービスやオートロックの有無、ペットと暮らせることなども検討材料に加えるという人もいるだろう。

では、「省エネ性」を検討材料にするという人はどうだろうか。ほとんどいないと考えられるが、その理由はそもそもそうした観点から検討するという発想自体がほぼないからだ。ただ、それは当然のことである。
2021年3月30日 13時0分 東洋経済オンライン

なるほど。

省エネ住宅というキーワードに対して、どれほどの人が反応して頂けるものなのか、なかなか想像するのも難しいところですが、持ち家か賃貸か、一戸建てか共同住宅かなどによっても意識の分かれるところかもしれません。

記事を拝見したところでは、恐らく某大手ハウスメーカーさんの記事風広告ではないかと思われる内容でしたので、ちょっと違和感を感じましたが、それでも大きな流れという点では、確かにそういう時代と言えるでしょう。

と言うのも、国としての制度や基準作りを着々と進めていて、ちょうど年度が変わる4月1日から始まるのが、建築士から建築主への省エネ性能の説明義務制度というものです。これは​床面積の合計が300嵬にの建築物の新築及び増改築が対象です。

この制度のねらいは、建築士から建築主に対する説明を通じて、建築主の省エネに対する理解を促すとともに、自らが使用することとなる建物の省エネ性能を高めようという気持ちをもってもらうこととなっています。

また、建築士から建築主に対して省エネの必要性や効果について情報提供を行うことを通じて、建築主の省エネに対する意識の向上につなげることが重要だということ。

そして今後はこのような制度の中で変化が見られるのではないか、というのが大方の見方となっていて、その背景には日本政府が温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにすることを打ち出したことがあります。

もちろん住宅分野も、その実現に向けて動く必要があり、一戸建ての住宅のみならず賃貸住宅でも少なくとも新築については省エネ性能が高い物件を供給しなければならず、結果的に部屋探しをする人たちに向けて、省エネ性に関する情報提供をすることになるだろうと考えられています。

目標としては「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」仕様で建てられることとなります。

このZEHは最高レベルの省エネ住宅ですが、建物の断熱性向上などによる省エネと、太陽光発電などによる創エネを組み合わせ、室内の高い快適さを実現しながら、年間の一次エネルギー消費収支をゼロにすることを目指した住宅のことを言います。

しかしながらZEH住宅の供給は比較的普及が進んでいる新築戸建て住宅でも、全体的には政府の目標(2020年に新築の半数)に及んでおらず、ましてや賃貸を含む共同住宅では取り組んでいるのは非常に少ないというのが現状です。

ところが、国は戸建て住宅については義務化の方向性を持っており、2020年は見送られましたが、近い将来そうなる可能性があり、おそらくそれは共同住宅についても同様で、そのためによりZEHの適用要件を下げた仕様も設定しているそうです(それでも一般的な建物よりは省エネ性が高い)。

そんな共同住宅の中では、省エネ性の高い物件自体が少なく、あっても省エネに関わる情報の提供が行われていないケースがほとんどです。これは賃貸住宅に関する情報提供のあり方にも問題があると思われています。

試しに主要な賃貸住宅検索サイトを見てもらえれば、この指摘が間違いのないことはすぐに確認できると思いますので、お時間のある方はチェックしてみてください。

ということは、賃貸住宅の省エネ性能については、今からでも最低限の情報提供をしておくことが、差別化の一助になることは間違いないと思います。

これからの賃貸経営を考えたら、省エネ性能の向上に努めて、入居者のメリットを高めた住宅を提供することが大切となりそうです。

投資用賃貸マンションの建築をお考えなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←励みになります!



8/3に完成内覧会開催予定とか。

賃貸住宅を建てるならRCdesign

曇り時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から法務局へ書類受け取り、金融機関、帰社後はガス屋さんと電話、商社さん来社打ち合わせ、日野市計画、図面作成、提携会社さんと電話、近所の不動産会社さん来社打ち合わせなど。

午後は原稿作成、若木計画検討、社内ミーティング、提携会社さん来社打ち合わせ、リフォーム工事検討、ガス会社さん来社打ち合わせ、渋谷区のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方は来客面談、資料作成、ミーティングなど。

やっとのこと、久しぶりにお日様を見ることが出来ました。

さて、今日は緊急告知です。

IMG_1230来たる8月3日(土)に完成内覧会を開催させて頂くことになりました。

今回ご紹介させて頂けるのは、投資や相続対策としても有効な賃貸住宅のご紹介です。

詳細は後日改めてお知らせさせて頂きますが、ご予定だけでも今のうちに調整して頂けると幸いに存じます。

是非お楽しみにしてください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



太陽光発電でトクをするとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でお得な家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、サッシ屋さんと電話、お問い合わせ対応、見積作成、大工さんと電話、中野区南台計画検討、世田谷区弦巻のお客様とお電話、世田谷区奥沢6丁目計画検討、提携会社さんと電話など。

午後は豊島区駒込計画検討、池袋計画検討、サッシ屋さん来社打ち合わせ、板橋区板橋3丁目計画検討、資料作成、蓮根の不動産会社さんへ書類お届け、原稿作成、お問い合わせ対応、板金屋さん来社打ち合わせなど。夕方は練馬区田柄計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。ガス会社さんと電話、徳丸6丁目計画検討など。

今日はちょっと冷え込みが緩んだ感じがしました。

ではこちら。

2015年は「自己資金で太陽光発電」をしてトクをする

2015年は電力会社から電気を買うより、自宅の屋根で太陽光発電したほうが電気代を節約できるかも??

自然エネルギー財団は昨年末、興味深い試算結果を発表した。それによると、今年の第二四半期に「家庭用太陽光発電の発電単価と家庭向け電気料金の平均単価が等しくなる」というのだ。

◆家庭向け電気料金はじりじり上昇中
試算では2009年当初の50円から、5年間で20円も下がった。これはソーラーパネルの価格下落などが影響していると考えればよいだろう。

一方、家庭向け電気料金の平均単価は段階を分けてじりじり上昇。これは「主要には火力発電の燃料費が上昇していることと、稼動停止中の原発に運転管理費が継続してかかっている」(木村啓二・自然エネルギー財団上級研究員)ことによる。
2015年1月26日 16時10分 ハーバービジネスオンライン

なるほど。

ここ最近は以前ほど太陽光発電のニュースを目にすることがないように感じますが、いかがでしょうか。

恐らく数年前に比べて、電力の買い取り価格が下がった結果、投資としてのメリットが少なくなったことが原因のひとつのように思いますが、ちょっと前には電力会社の一方的な買い取り中止がニュースになっていたりしましたので、このあたりも影響しているかもしれません。

これまでにも、太陽光発電の設置を検討される方には、投資として判断されることが多かったと思いますが、同時に再生可能エネルギーを利用することで、少しでも地球環境の保全に協力したいという方もいらっしゃったと思います。

もちろん経済的な恩恵があってこその設備投資だと思いますが、もう少しその意義や考えを共感したうえで設置を検討される方が増えても良いと思います。

今日の記事では、これまで家庭用太陽光発電は、余剰電力の売電で費用を回収する。という考え方の見直しを迫るもののようでした。

現在は日中太陽光で発電した電気を自家消費した場合、その電気代は電力会社から電気を買うよりも割高となっています。これは当然買い取り価格を高く設定してあるがゆえの結果ですので、仕方がないことなんですけど、本来は自分で使うよりも売電した方がおトクということも言えます。

しかし、もし今後家庭用太陽光発電の発電単価が、電力会社の電気料金より安くなれば、日中の自家消費分の電気が電力会社の電気よりも安くなるわけです。

それはつまり、太陽光発電単価と電気料金単価が逆転したあかつきには、屋根の上にソーラーパネルを載せて、自分で使っている方がおトクになります。

記事では試算の条件として、設備費用を銀行融資の利用があるものとして、3.2%の利息分なども計上されていましたので、この部分を自己資金とすれば、電気代の節約効果もその分効果が上がるということです。

このあたりは毎度のことながら、あくまでも試算ですので、必ずしも確定した数字が保証されるものではありません。

もう少しすると、発電した電気は自分で使う分と、余った電気は蓄電したり、ご近所に融通したりする時代も近いように思います。

せっかくの一戸建てで、少しの余裕がある方は、ちょっと記憶の片隅に置いておいても良いかもしれません。

地球環境を考え、お得な住まいをお考えなら、是非RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ← 今年もご声援のクリックを是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ