住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

揺れる

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

在宅ワークチェアとか。

デキる大人の家を建てるならRCdesign

曇り空でも暖かく感じました。

そんな今日は朝から資材発注、弊社サーバーの不具合発生で修復作業など、提携会社さんと電話、渋谷区西原計画検討、資料作成、来客面談、北区赤羽西計画検討など。

午後からは文京区白山の現場視察、お客様と打ち合わせなど、帰社後は資料作成、目黒区原町計画検討、杉並区高円寺南計画検討、世田谷区新町計画検討、5丁目のお客様とお電話など。夕方は社内システムメンテナンス、西原計画検討、桜丘計画検討、杉並区今川計画検討、ミーティングなど。

スギ花粉がピークのようです。頑張りましょう。

ではこちら。

デキる大人は家で揺れている?「ゆりかごチェア」でテレワークが快適になるとは

コクヨから、揺れる在宅ワークチェア「cuna(クーナ)」が新発売になりました。
リビングやダイニングに馴染むデザインと、長時間着座でも快適な座り心地を実現する機能を備えた在宅ワークチェアです。

最大の特徴は、スペイン語で「ゆりかご」を意味する名前の通りに脚部が「ソリ脚」になっていること。昔ながらのロッキングチェアのように、前後に揺れることができます。
2021年3月12日 18時45分 All About

なるほど。

これはちょっと良さそうではありませんか。

気になったので早速画像を拝借して見ました。

01_Cuna_main_s非常にシンプルで邪魔にならないデザインですね。

商品の説明にも書かれているように、在宅ワークチェアという新しいジャンルの椅子を考えたようです。

一般的なイメージでは、コクヨさんといえばオフィス家具メーカーさんというイメージですが、だからこそ在宅ワークにも目を向けた商品を考えられたのでしょう。

しかし、ロッキングチェアのように寛ぐための椅子ではないはずなのに、どうしてワークチェアが揺れる構造になっているのか?

記事によれば、実はこの「揺れ」こそが、長時間座っても身体に負担をかけない秘密なのだそうです。

同じ姿勢を長時間続けると、血流が悪くなり筋肉も緊張して、肩こりや眼精疲労など身体の疲れにつながります。でも「1時間に1回立って歩こう」なんて思っても仕事に集中してると忘れちゃいますよね。

紹介されていた椅子なら、自然な揺れの中で前のめりの「前傾」、後ろに持たれる「後傾」、そしてその中間の背骨が自然なS字カーブとなる「アップライト」の3つの姿勢を最適にサポートしてくれて、無理なく姿勢を変えられるということです。

本当にシンプルなデザインなので、ダイニングチェアと兼用しても良いと思いますし、密かにオフィスに持ち込んで使うのも良いかもしれません。

ちなみにメーカー希望小売価格(本体税抜価格):35,300円

揺れてみたい方はこちらの椅子をご検討頂き、揺れない家をお探しなら、RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←励みになります!



突風で揺れる家とか。

風にも強い家を建てるならRCdesign

晴れて暖かくなった東京です。

そんな今日は朝から渋谷区計画検討、図面作成、来客面談、電気屋さん来社打ち合わせ、書類作成、図面作成など。

午後からは1丁目のお客様宅訪問、現地調査と打ち合わせなど、帰社後は杉並区桃井計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、商社さんと電話、お問い合わせ対応など。夕方は港区南青山計画検討、各種段取り、ミーティングなど。

杉花粉はだいぶ減っているとか、全然実感がありませんが。

ではこちら。

地鳴りのような音 揺れる家 突風で住宅などに被害

突風により、住宅の窓ガラスやコンビニの看板が割れる被害が出ています。

住民:「寝ていたんですけど、すごい音がして、地鳴りのような。家が揺れ始めて最後の方、すごい音がして何か割れる音が聞こえて外を見たら小屋が全壊していたので、すぐ110番通報した」
2020年3月24日 19時19分 テレ朝news

なるほど。

この突風というものに関しては、一般的にあまり危機感を感じていない人が多いかもしれません。

台風でも強風が吹き荒れますが、それもどこか他人事だったり、なんとかやり過ごせれば、とこれもいまいち危機感が無い人も多いように思います。

しかし、それもこれからの時代は通用しない、ということを認識しておかなくてはいけません。

すでにここ数年の日本でも、気象条件が明らかに変わってきていますので、これまでは十年に一度だった現象が毎年、複数回発生するほどまでに変化しています。

日本の建築物、特に住宅に関しては風に対して十分な備えがされていないのが現状なんですね。

もちろん最小限の考慮はされていますが、木造住宅では簡易的な計算程度で、その施工方法はなんら規定されていなかったり、これまでの経験と感に頼っている程度です。

それゆえに、想像以上の強い風が吹き付けた場合、屋根を含めた各種部材が飛んでしまうということも十分考えられます。

記事にあったケースでは、24日午前5時ごろ、新潟県上越市で突風が発生し、コンビニエンスストアの看板が壊れたということですし、上越市では住宅や倉庫など12棟に被害が出たということです。

その原因としては、23日夜から24日朝にかけて新潟県内の上空には強い寒気が流れ込み、活発な積乱雲が通過したことから、突風が発生したとみられています。

安全で安心して暮らせるはずの家が、風で揺れたら恐怖を感じますよね。

でも残念ながら木造や鉄骨造の構造で作られた家は、基本的に揺れるように作られていますので、避けることが出来ません。特に3階建て以上ではより体感してしまうでしょう。

地震や風などの外力を受けても、決して変形しない構造を考えれば、モノコック構造である壁式構造が断然有利なんです。

もし突風や台風などの強い風でも安心して暮らしたいなら、住まいはRC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←ご声援お待ちしております。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ