住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

断熱性能

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は暖房と断熱とか

東京で家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から港区高輪計画検討、板橋区蓮根計画検討、資料作成、お客様とお電話、所沢市中新井計画検討、足立区足立計画検討、原稿作成、お問合せ対応など。

午後は提携会社さんと電話、文京区千石計画検討、志村坂上のお客様宅へ書類お届けと打ち合わせなど、帰社後は渋谷区東計画検討、図面作成、練馬区の不動産業者さんと電話など。夕方は資材発注、商店会事務、賃貸管理業務、ミーティングなど。

昨日から連休中という方もいらっしゃるかと思いますが、寒暖差と花粉には十分ご注意の上お楽しみくださいませ。それでは土曜日恒例の家づくり講座第526回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

ここ1週間くらいは、夏日一歩手前の翌日にみぞれが降るなど気温の変化が激しかったですね。

一日の中でも最低気温と最高気温の差が15度以上になるなど、体調管理が難しい日がありました。

あなたもご家族も、大丈夫でしたか?

ところで、あなたのお宅では暖房器具をもう片づけましたか?さすがにまだお使いのことと思います。

部屋全体を暖めてくれる暖房器具といえば、エアコン、ストーブ、ヒーター等々…。

そして、身体の一部を暖めてくれる暖房器具といえば、コタツ、ホットカーペット、電気毛布等々…。

中でも、コタツは心まで癒してくれる優れもの。海外の方にも癒しアイテムとして人気が高い暖房器具です。

ところで、コタツやホットカーペットのように身体の一部を暖める暖房器具には、『体内の血液の温度差をもたらす』という短所があります。

また、部屋全体を暖房せずにコタツだけ使用した場合、コタツと部屋の温度差がヒートショックの原因になることもあります。

ヒートショックといえば、「暖かい部屋を出て、寒いトイレや浴室に行った際の温度差が原因」といったイメージがありませんか?

「節約のため、部屋全体を暖房せずにコタツだけで乗り切る」という方も少なからずいると思いますが、「10度以上の温度差はヒートショックのリスクを高める」と注意喚起する医師もいます。

あなたのお宅でもコタツを使っているのなら、室温との温度差にも、ぜひ関心を向けてください。

そういえば、ヒートショック以外にも、暖房にはさまざまな健康リスクがありますよね。

エアコンは、肌やのどの乾燥。
灯油暖房は、不完全燃焼や換気不足による一酸化炭素中毒。
コタツやホットカーペットは、低温やけどや発汗による脱水症状。
そして、脱水でドロドロになった血液が原因となる脳梗塞や心筋梗塞…。

断熱性の高い住まいなら、局所暖房の使用頻度を減らせます。
結露の発生も防げるので、カビやダニの抑制にも役立ちます。

これからの季節は、夏の暑さ対策の方が気になる時期ですが、年間を通して健康で快適に暮らせる家づくりのため、その地域の気候に合った断熱性能で、家族の安全と健康を守りましょう。

安全で快適な家づくりの答えはRC住宅です。 

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



住宅と健康のお話し。

暖かい家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、埼玉県所沢市中新井計画検討、信用金庫さんと電話、電気屋さん、設備屋さん、ガス屋さん来社現場ミーティング、文京区千石計画検討、渋谷区西原のオーナー様とお電話など。

午後は渋谷区東計画検討、資料作成、図面作成、不動産会社さんと電話、お問合せ対応、提携会社さんと電話、港区東麻布計画検討、書類作成、賃貸管理業務、階段メーカーさん来社打ち合わせなど。夕方はお問い合わせ対応、提携会社さん来社打ち合わせ、渋谷区富ヶ谷計画検討、見積作成、ミーティングなど。

ちょっと朝が明るくなったように思います。

ではこちら。

寒い部屋でガマンしていると健康寿命が4年縮まる…最新研究でわかった「住宅と健康」の怖い関係

住宅の室温と健康には深い関係がある。ノンフィクションライターの高橋真樹さんは「室温が低い住宅に住んでいる人は、健康寿命が4年縮まるという研究がある。

健康を守るためには室温を18℃以上に保つことを意識したほうがいい」という――。
2024年1月30日 14時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

これはまたなかなかショッキングな記事ですね。

ここでは定期的に室温や断熱について取り上げていますし、住まいと健康の関係性についてもお伝えしているところですが、今日の記事でも多くの根拠と共に一般消費者さんへ注意喚起をしてくれていました。

弊社がRC断熱住宅に注力し始めた頃は、木造や鉄骨も含めて日本で断熱を真剣に考えている人は本当に少なかったんですね。

それゆえに、当時はオーバークオリティーと言われたり、またその使用方法についての理解を得るのに苦労していました。

今日のような記事が、定期的かついろんなメディアに紹介していただけることで、日本人の中に当たり前や常識として、一定の基準を持って頂けるようになれば良いと思います。

まず記事にあったのは、最近は、夏の熱中症に注目が集まりがちですが、実は夏と冬とでは、気温の影響で亡くなる人の数は、冬のほうが圧倒的に多くなっています。熱中症も危険ですが、早めに対処すれば助かる可能性は高まります。一方で冬は、寒さの影響でさまざまな疾患が重症化しやすくなります。ということ。

データでは、日本での死因の1位はがん(悪性新生物、24.6%)です。2位は心疾患、3位は老衰、4位が脳血管系疾患です(厚生労働省、2022年)。寒さの影響を受けやすいのは、心疾患と脳血管系疾患で、いずれも血液の循環に関係する病気(循環器系疾患)です。この2つを合わせると、死因の21.6%にのぼります。

そこで、全国の都道府県で、冬に家の中の寒暖差で亡くなる人の割合が多いのは、どこでしょうか。

47都道府県を並べて、トップ3とワースト3を抜き出しています。もっとも割合が少ないのが、寒いはずの北海道です。逆に、亡くなる割合がもっとも多いのは、北海道に比べて温暖なはずの栃木県です。栃木県は、北海道に比べ、倍以上も冬季死亡増加率が高くなっています。

都道府県別の冬季死亡増加率と、断熱された住宅の普及率には、相関関係があります。断熱された住宅が多い地域ほど、冬季死亡増加率が低いことがわかったのです。

日本人特有の思い込みや、節約体質、残念な政治や行政機関が、この死亡率の増加を放置していたと言えるのではないでしょうか。記事でも、これは個人が気をつけるべき問題というよりも、地域・行政レベルで「自分たちの住む地域は暖かい」と錯覚し、断熱対策をおろそかにしてきたことが、冬季死亡増加率を高めてしまった原因につながっていると考えられます。と書かれていました。

なお欧州の調査でも、冬の死亡増加率は、温暖なポルトガルやスペインが高く、北欧のフィンランドやデンマークは低いというデータが出ています。暖かいと考えられている地域でも、寒暖差で人が亡くなっているということを、しっかりと認識した上で対策を採る必要があります。

北欧の家では、夜間に暖房を止めても朝まで室温を保てる断熱性能になっていますので、省エネでかつ健康を維持できているんですよね。

記事でも書かれていましたが、欧州などでは、家を暖かくすることが病気を減らすという認識のもと、健康政策のひとつとして住宅政策が取り組まれてきました。一方で日本では、健康と住まいの関係が「エビデンスがない」との理由から軽視されてきたことで、防ごうとすれば防げたはずの住宅内での事故が、起き続けてきました。

しかし最近になって、日本でもようやく住宅と健康の関連性についての学術調査が行われるようになりました。国土交通省と厚生労働省による「スマートウェルネス住宅等推進調査事業」です。2014年度から23年現在まで毎年行われてきたこの全国調査のユニークな点は、建築分野の研究者と医師とが、共同で調査をしていることです。分野を横断するアプローチにより、新しい知見が積み重ねられています。

その成果として、寒い住環境が高血圧や循環器系疾患に悪影響を与えることが明らかになってきています。そして、これまでにはなかった「生活環境病」という捉え方もされるようになってきました。

この調査では、血圧について性別や年齢、肥満の度合いなど、条件を揃えて比較した結果、断熱改修後には起床時の最高血圧が平均3.5mmHg下がったという結果が出ました。一般的に高血圧の人は、脳卒中や心筋梗塞など深刻な病気にかかりやすくなります。

実はこれまで、厚生労働省は、40〜80歳代の国民の最高血圧を平均4mmHg下げることを目標に掲げています(厚生労働省「健康日本21(第二次)」の目標値)。それを達成できれば、脳卒中による死亡者を年間1万人、心筋梗塞による死亡者を年間5000人減らせるとしています。

皆さんご苦労されていると思いますが、これまで血圧を下げる対策としては、減塩や減量、適度な運動、禁煙や節酒などが推奨されてきました。ところが上記の調査結果によって、断熱改修でかなり大きな効果が得られる可能性が出たということ。もちろん新築住宅なら当然に断熱性能の高い家がオススメです。

さらに、住宅を暖かく保つことが、ケガのリスクを減らしたり、他のさまざまな疾病を改善したりする可能性も示されました。例えば、室温と骨折・ねんざとの関連では、平均室温が14℃以上の住宅の居住者に比べ、14℃未満の住宅の居住者は、骨折・ねんざが1.7倍も多くなっています。

その理由として、寒さにより皮膚表面の血流量が減り、筋肉が硬直することでケガにつながっている可能性が指摘されています。

また、住宅の断熱改修をして平均室温が上昇した住宅の居住者は、夜間頻尿(過活動膀胱)、腰痛、睡眠障害、風邪、アレルギー性鼻炎、子どもの喘息やアトピー性皮膚炎など、さまざまな健康に関する症状が改善するという報告も出されています。

このような調査結果が政府主導で研究されたものとなれば、これまで保守的な日本人の消費者さん達も、少しは考えてくれるようになると良いと思います。

一日も早く、安全・健康・省エネなRC住宅に住むことをご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



家づくり講座は断熱性能とか。

東京で家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、中野区本町計画検討、渋谷区東計画検討、資料作成、提携会社さん来社打ち合わせ、世田谷区代沢計画検討、お問合せ対応など。

午後は図面作成、賃貸管理業務、原稿作成、新宿区住吉町計画検討、青梅市計画検討など。夕方は港区高輪計画検討、文京区千石計画検討、図面チェック、ミーティングなど。

土用の期間に入りましたね。季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。それでは土曜日恒例の家づくり講座第512回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、最近は高気密高断熱をアピールする業者が多いですね。とはいえ、その性能は業者によって差があります。

弊社でも、時代の要請による最高等級からコストパフォーマンス重視の仕様まで、各種対応をさせて頂いております。

業者の能力を知るには、数値をチェックするのが一番です。住宅の性能はC値やQ値で表します。

C値とは、隙間面積の割合を示す数値で、値が小さいほど気密性能が優れていることを表しています。

Q値とは、室内の熱がどれだけ外に逃げているかを示す数値です。こちらも、値が小さいほど断熱性能が優れていることを表しています。

ちなみに、計算式は
C値 = 家全体のすき間の合計(cm2) ÷ 延べ床面積(m2)
Q値(熱損失係数) = 熱の逃げる量の合計 ÷ 延べ床面積
です。

また、Q値に変わる指標として最近はUA値を採用される場合が多いです。
UA値 = 熱損失量(w/k)÷ 外皮面積(m2)

こちらも値が小さい方が性能が優れているのですが、その数字だけを見ても、一般の人は「じゃあ、体感温度で言えばどれくらいなの?」と、今一つピンときません。

数値の異なる住宅を体感で比較するチャンスなんて滅多にないので当然ですよね。

もし可能なら完成内覧会やモデルハウスで実験させてもらいましょう。

エアコンなどで室温を調整した状態で、それぞれの部屋の温度を体感するんです。

最適な時期は、暑さ寒さが厳しい時期です。今の時期なんて、もう最高です。^^

良い機会なので、ついでに遮音性も確かめてみましょう。

あなたが1階にいて、元気なお子さんたちには2階でいつもの通りに動いたり話したりしてもらいましょう。

それが難しいなら、スリッパをはいた大人に2階を歩いてもらい、その音の聞こえ方を確かめてみましょう。リビング階段や吹き抜けがあるなら、それぞれの場所での聞こえ方も調べてみましょう。

2階にトイレを設ける予定なら、1階にいてドアの開閉音や水が流れる音を確かめるものいいですね。

幹線沿いなら、外の音がどれくらい緩和されるのかもチェックできます。同じ物音、同じ室温でも、許容できる範囲は人それぞれです。

数値や性能を追求すれば、どうしても費用が増えます。

なので、「これくらいの性能なら十分」という範囲を、体感して探してみましょう。

そうそう、寒い時期に行くなら、開口部(結露など)や浴室の床の温度を調べるのに最適です。

じっくり確かめてくださいね。^^

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



防火サッシの不適合とか。

東京の防火地域で家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から葛飾区新小岩計画検討、日野市計画検討、見積作成、中野区大和町計画検討、資料作成、税理士さんとお電話、文京区本駒込計画検討など。

午後はガス会社さん来社打ち合わせ、その後事務組合へ、金融機関、7丁目のお客様宅へ書類お届け、ご近所のお客様へ書類お届けなど、帰社後は信用金庫さんと電話、中野区上鷺宮計画検討など。夕方は提携事務所さんと電話、江東区平野計画検討、事務組合さんと電話、江東区亀戸方面でご検討のお客様にご来社頂き打合せ、ありがとうございます。ミーティングなど。

暖かい日が続いていますね。このくらいだと助かります。

ではこちら。

トクヤマ子会社、不適合品を出荷 防火サッシ、279棟に設置

国土交通省は7日、化学メーカー、トクヤマの子会社エクセルシャノン(東京)が出荷した防火サッシで、国の仕様に適合しない部品が使われていたと発表した。サッシは35都道府県の279棟の一戸建て住宅などに設置されていた。実際に火災の拡大につながったケースは確認されていないという。

防火サッシの戸締まりに使う部品が、国に申請していた亜鉛合金製ではなく樹脂製だった。対象の物件は、住宅237棟、マンションやアパート21棟など。エクセルシャノンは12月中に原則全ての部品を交換するとしている。
2018年11月7日 16時39分 共同通信

なるほど。

またしても防火サッシに関する不具合が明らかになったようです。

記事によれば、今回国交省から発表されたのは、樹脂製サッシとしては日本国内でトップだと思っていたメーカーさんで、比較的寒い地域では多く採用されていたのではないでしょうか。

一般の方でも、ちょっと疑問に思われるかもしれませんが、樹脂製サッシでは高温や炎によって、火災時に溶けてしまいそうですよね。

確かに少し前までは、樹脂サッシと言えば、防火地域などの指定が無い地域や郊外での採用が多かったと思いますが、時代の要請もあって、防火地域でも省エネを達成することが必要になり、防火サッシも供給するようになったと思います。

実は2011年にも、建築業界で大変大きなニュースになった、防火サッシの耐火性能不足という事件がありましたが、そこからサッシに関する法規制が大きく変更され、今は非常に厳しいルールの中でしかサッシを作ることが出来なくなっています。

日本で防火サッシと言えば、有史以来アルミサッシに網入りガラスを組み込むことで、認められるという時代が長く続いていたので、それなりに自由度もあり、設計の工夫もし易かったと思います。

今はサッシメーカーが一つづつ認定を受けて、合格した商品のみしか流通していませんので、以前のような窓の形や大きさは取り扱い出来ない場合もあります。

そもそも、防火サッシが必要な場面や、国が求めている性能というのは、隣の家が火事になった時でも、一定時間燃え移りが起きないことを目的としているところがあります。

もちろん窓の防火性能は必要だと思いますが、隣の家が燃えない家だったり、一定の距離が保たれている状況なら、その性能を求められることは少ないと思います。

むしろ今の時代では、世界的な要請もあって、省エネを実現するために必要となる、サッシの断熱性能を上げることの方が重要になっているかもしれません。

これからの寒い時期に、家の中でせっかく温めた空気が損なわれる最大の原因は窓なんですね。ですのでこの窓の性能を高めることが大切なんです。

今回のメーカーさんでは断熱性能が魅力ですが、弊社ではこれまで縁がなく採用することがありませんでしたので、既存のオーナー様にはご迷惑をお掛けせずに済みました。

しかし、これを機会に断熱性能の高い防火サッシに注目が集まり、より信頼できるメーカーになって頂ければ、オススメしたいメーカーになると思います。

住まいづくりをお考えなら、サッシとガラスの性能はとても大切です。

防火地域で住まいづくりを考えたら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



ヒートショックを防ぐには。

東京でショックの少ない家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から文京区根津計画検討、お問合せ対応、目黒区中目黒計画検討、資料作成、サッシ屋さんと電話、台東区計画のお客様ご来社など。

午後からは蓮根のお客様宅訪問、現調と打ち合わせなど、帰社後は図面作成、板橋区双葉町計画検討、見積作成、練馬区平和台計画検討、システムチェック、お問合せ対応など。夕方は目黒区中目黒計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。

羽生選手と羽生竜王が勝ったり負けたりしてややこしいですが、寒さに負けず今週も土曜日恒例の家づくり講座第357回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

今シーズンは予想以上に寒く感じますね。

この時期は、ヒートショックに関する報道を耳にする機会が増えます。

ヒートショックとは、急激な温度変化が血圧に影響し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことです。きちんとした対策さえ講じれば、犠牲者を簡単に減らすことができます。

そこで、テレビや新聞などで毎年のように注意を呼び掛けています。

それにも関わらず、ヒートショックによる死者は、交通事故による死者よりはるかに多い状況が続いているんです。

ヒートショックの最大の原因は、浴室や脱衣所の寒さです。暖かい部屋から寒い脱衣所へ行くと、冷えた体を熱いお風呂であたためたくなりますよね。

その何気ない行動が血圧を急激に変動させ、心臓に負担がかかって倒れてしまうんです。

逆に言うと、入浴前に脱衣所や浴室を暖かくして、39〜40度程度のお湯で満足できる環境にしておけば犠牲者を大幅に減らすことはできます。

東京都健康長寿医療センター研究所は、入浴中に心肺停止状態に陥った高齢者について調査、公表しています。

以前公表された資料によると、2,011年に浴室で心肺停止状態に陥った方は、香川県、兵庫県が特に多く、沖縄、北海道が最も少ないという結果が出ています。

比較的温暖な地域での犠牲者が多く、寒さ厳しい北海道での犠牲者が少ないというのは、なんとも不思議ですね。

じつは、これにはきちんとした理由があります。寒い地域の住宅は、全室暖房が基本です。部屋ごとの温度差が少ないので体に負担をかけません。

一方、温暖な地域では局所暖房が主流です。「誰もいない部屋を暖めるのは資源の無駄である」という節約志向と断熱性の低い住まいが被害を増やしているんです。

ヒートショックを防ぐために重視すべきなのは、『室内の温度が安定しているかどうか』です。

寒い家は危険です。

なぜなら、ヒートショックだけでなく、局所暖房による温度差が原因で結露やカビが発生する恐れがあるからです。

実は夏の冷房と同様に、エアコンでの暖房もこまめに付け消しを行うよりは、付けっ放しの方が省エネになるものなんですね。

そのほか、暖かいリビングに隣接する寒い和室を仕切るふすまが曲がって、開閉しにくくなる・・・なんてこともあるんですよ。

ちなみに、ヒートショックによる犠牲者が特に増えるのが、毎年12月から翌3月です。これから構造見学会や完成見学会に行く機会があるのなら、ぜひヒートショック対策について業者に聞いてみてください。意識の高い業者ほど、しっかり対策していますよ。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング    ←ご声援を是非!



断熱性能が血圧を左右するとか。

東京で高断熱の家を建てるならRCdesign

曇り空の寒い東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、お問い合わせ対応、北新宿計画検討検討、資材発注、中区野毛町計画検討、設備屋さんと電話、新宿区高田馬場計画検討など。

午後は徳丸のお客様とお電話、練馬方面でご検討のお客様とお電話、原稿チェック、ガス会社さん来社打ち合わせ、提携会社さんと電話、所沢市東所沢計画検討、資料作成など。夕方はお問い合わせ対応、世田谷区奥沢計画検討、墨田区業平計画検討、見積チェック、徳丸のお客様宅訪問など。

寒い1日でしたね。帰宅時には雨も降ってきて芯まで冷えた感じです。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

住宅断熱改修で高齢者に好影響 血圧改善、都長寿医療センター

1970年代に建てられた集合住宅の窓や壁の断熱性や気密性を高い状態に改修すると、冬場の床の温度は3度程度高くなり、そこで過ごした高齢者の血圧が下がったとの実験結果を、東京都健康長寿医療センター研究所などのチームが1日までにまとめた。

 断熱改修が省エネに役立つだけでなく、人の健康に好影響を及ぼすことを示す結果。国土交通省によると、断熱性能などを定めた99年の国の基準を満たすのは6%のみ。建物の断熱性能向上の促進策が求められそうだ。

 実験は、79年に建てられた東京都内の集合住宅で実施。14年12月から15年3月、60〜70代の男女計30人が参加した。
2016年2月1日 9時41分 共同通信

なるほど。

記事によると、実際に1970年代に建てられた集合住宅に住んでいる人を1年以上にわたって実験した結果、家の性能が高齢者の健康に及ぼす影響が認められたということです。

具体的には断熱性能と気密性能を高めた結果、そこで暮らす人の血圧が下がったということですので、やはり人間の健康維持と安全確保には、高性能な住まいが有効ということのようです。

今の季節は家の中での事故が本当に多いんですけど、その原因の多くが家の中での温度差で、特に浴室や洗面脱衣室、トイレ内の室温が低いということが非常に危険なんですね。

記事では1970年代の集合住宅となっていましたが、もちろん一戸建てでも同様ですし、むしろ状況としては一戸建ての住宅の方が厳しいです。

一般的に集合住宅の場合は、外気に面する部分が前後のみです。廊下側とバルコニー側だけが外気温にさらされているんですけど、一戸建ての場合はほぼ6面全てが外気にさらされていますので、より外気温の影響を受けやすいと言えます。

そんな中、日本においては住まいの浪費とも言えるスクラップアンドビルドが繰り返されていましたので、どうせ壊すんだから安ければ良いという判断基準で家が選ばれていました。

実はそんな考え方が今も多く残っているんですけど、少なからず断熱性能や気密性能の重要性が認識されるようになったのは、まだここ15年から20年くらいのものなんです。

それは一般国民でもそうなんですが、残念ながら建築や不動産の専門家、業界人の中でも同じ状況なんです。 

ですので、この基本性能の重要性をしっかりとお伝え出来る専門家がまだまだ少ないのが現状で、既存の住宅でも20年以上前の住宅では、断熱性能が劣っているケースが多いですね。

さらに、まだまだせっかくの住まいを見てくれだけ綺麗にして、安全性や快適性が犠牲になってしまうこともあるようです。

新築にしても、リフォームにしても、住まいには断熱性能と気密性能が非常に重要で、健康の面は当然のこと、冷暖房光熱費の削減にも有効ですし、これはすなわち地球環境にもやさしいエコな家ということですので、ここは必ずチェックして欲しいと思います。

断熱性能と気密性能の高い家なら、RC(鉄筋コンクリート)住宅が絶対にオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←ご声援をよろしく!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ