住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

新築住宅

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

食器洗い乾燥機の新機能とか。

便利な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から台東区蔵前計画の現場でコンクリート打設がありました。お問い合わせ対応、目黒区原町計画のお客様とお電話、ありがとうございます。図面作成、渋谷区西原計画検討、信用金庫さん、提携会社さん来社打ち合わせなど。

午後は金融機関へ、帰社後は渋谷区東のお客様とお電話、賃貸管理業務、提携会社さんと電話、図面作成、北区赤羽西計画検討、電気屋さんと電話、文京区白山計画検討など。夕方はエレベーターメーカーさんと電話、原稿作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

朝晩の冷え込みが徐々に厳しく感じるようになりました。

ではこちら。

リフォームや新築住宅におすすめ、パナソニックから洗剤自動投入付きビルトイン食器洗い乾燥機

パナソニックから、ビルトイン食器洗い乾燥機の新製品「9Plus series」(3機種)が発表されました。発売は2月1日で、価格はフルオープンタイプの「K9 Plus series」が356,400円。

フルオープン非搭載の「M9 Plus series」は、ドア面材型とドアパネル型とも284,900円です。メディア向けの発表会&体験会からご紹介します。
2021年11月11日 18時0分 マイナビニュース

なるほど。

実は予想よりも普及が遅れている家電が、この食器洗い乾燥機なんですね。

実際に使って頂ければその便利さや性能を実感して頂けると思うんですが、もしかすると日本人の中には未だに贅沢品と思われている方が多かったり、無駄が多いと思われている方も多いのではないでしょうか。

記事にもありましたが、1960年に国内で初めて、食器洗い乾燥機を発売したメーカーがパナソニックです。2021年4月の生産累計台数は1,200万台に達しました。年々普及が進んでいる食器洗い乾燥機ですが、国内普及率は27%でまだまだこれから伸びしろがあるカテゴリーだということ。

ここで確認しておきたいのは食器洗い乾燥機を使うメリットは、「家事負担の軽減や時間の創出」「高温水で洗うことによる清潔性」「手洗いと比べて圧倒的な節水性能」が挙げられます。特に共働き世帯にとっては、「家事負担の軽減や時間の創出」は大切なポイントではないでしょうか。

そして今回発表された新製品では、液体洗剤をタンクに入れて本体にセットし、操作パネルの電源を入れ、スタートボタンをタッチしてドアを閉めるだけだそうです。

庫内では、液体洗剤を入れる前に水だけで予洗いして、食器の量や汚れ具合を検知。食器の汚れや量に応じて洗剤量やすすぎ回数、洗う時間を自動設定します。洗剤を計量する手間が省けて、入れすぎることがないので、これまで食器洗い乾燥機を使ってこなかった人でも、直感的に扱えるかもしれません。

粉末洗剤やタブレット洗剤、海外製の(スライムみたいな)粘度の高い洗剤を使う場合は、自動投入機能をオフにして手動で入れる必要があるということですので、使い慣れた時には自動投入機能は使わなくなってしまうかもしれませんね。

収納できる食器点数は48点、約6人分が入るということ。たっぷり入るため2〜3食分まとめて洗うことも可能。そんなときにうれしいのが新機能の「ナノイーX」送風です。

食器洗い乾燥機の庫内にナノイーXの風を送ることで、汚れた食器を入れた庫内のニオイを抑制するとしています。さらに、食器を洗ったあとにナノイーXを送風して、庫内を清潔に保つ機能もあるそうです。

日本国内ではパナソニックさんの食洗機一択、という状態が続いていますので、選択肢がないように思われますが、ちょっと頑張れば海外製のより強力で大きめな食器洗い乾燥機もお選び頂けますので、家族の人数や来客の頻度、生活スタイルに応じて検討してみてください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



新築住宅のエネルギー消費ゼロ化とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から書類作成、文京区向丘計画検討、税理士さん来社、協力会社さんと電話、資料作成、資材発注、北区田端計画検討、郵便局など。

午後は高田馬場へ、会合出席と忘年会など。本日も鉄筋コンクリート住宅の技術や周知について活発な会議となりました。私の場合さほどお酒には強くありませんので、どうしても食がメインになります。このシーズンの増量には気をつけましょう。

ではこちら。

新築住宅、20年までにエネルギー消費ゼロ化へ

政府は27日、関係閣僚によるエネルギー・環境会議(議長・前原誠司国家戦略相)を開き、太陽光など再生可能エネルギーの導入拡大に向けた「グリーン政策大綱」の骨子をまとめた。

年内の決定を目指す。太陽光発電や省エネ機器などを備えることによって、2020年までに新築住宅でエネルギーの生産量と消費量を相殺させ、エネルギー消費を実質的にゼロとすることなどが柱だ。

大綱では、再生可能エネルギーや省エネ、蓄電池など5分野を「先導的分野」に設定。風力発電に適している北海道や東北での送電網充実を掲げたほか、15年度までに浮体式洋上風力発電を稼働させるとした。

また、30年までの目標として、電力を効率よく使用できる制御システム(HEMS)を全世帯に導入することや、新車販売台数の最大70%を次世代車とすることも盛り込んだ。
読売新聞2012年11月27日17時31分
 
なるほど。
 
これでひとつ、今後日本の目指す住宅の形というものが、より明確になってくるのではないでしょうか。
 
これまでも言われていたように、住宅で消費されるエネルギーは全体の中でもかなりの割合になりますので、ここでエネルギーの地産地消を実現出来ると非常に環境にやさしく、スマートになるわけです。
 
そのためには、太陽光発電や燃料電池などの再生可能エネルギーの普及をより進めるとともに、住宅そのものの性能もより省エネ性能が求められるようになりそうです。
 
もちろん、少なからず初期投資が必要になりますが、住宅でエネルギーの生産量と消費量が相殺出来、実質的にエネルギー消費がゼロになれば、ランニングコストもゼロになるということですので、これから住まいづくりをお考えの方は検討してみてください。

それにしても、HEMSを全世帯に導入するとか、新車販売の70%を次世代車にするとかは少々無理もあるように感じます。
 
HEMSにしても、今のままの仕様では全ての人が使いこなすのは難しいような気がしますので、何も気にせずに恩恵を受けられるような形にする必要があるように思います。
 
車に関しても、事業用のトラックや趣味性の高い車はそうそうすぐに対応するのは難しそうですね。まあ古い車を乗り続ける人には関係ないことを祈るばかりです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックを是非!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ