住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

気密性

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家づくり講座は気密性とか。

高性能な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、リフォーム工事計画検討、社内システムメンテナンス、目黒区原町計画検討、杉並区高円寺南計画、今川計画検討、資料作成など。

午後は渋谷区西原計画検討、図面作成、提携会社さんと電話、図面チェック、賃貸管理業務、軽作業など。夕方は地盤調査会社さんと電話、文京区白山計画検討、ミーティングなど。

年度末も残り少なくなって参りましたので、何かと忙しく過ごされているかもしれませんね。そんな中でも今年の桜を愛でる時間をとりたいものです。それでは今週も土曜日恒例の家づくり講座第454回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、まだまだ湿度の低いこの時期は、空気の乾燥が原因で喉を傷めたり、皮膚のかゆみに悩む方は多いものです。

一方、夏の暑い日は、気温が高いだけで憂鬱なのに、湿度の高さまでが加わると、ぐったりとして動く気力がなくなってしまいます。

高い湿度は、カビや腐朽を誘発することもあるので木造住宅にとっても大敵です。

人や住宅の健康を守るために湿度調整が欠かせません。近年、室内の湿度を調整するために、加湿器や除湿機を購入する人が増えているとか。

ウイルスや感染症だけでなく、肌や髪の乾燥や荒れなども防ぐため、湿度が高い夏でも加湿器を利用している人もいるようですのでちょっと心配です。

ところで、最近の住宅は高気密をアピールしている住宅でなくても、以前の住宅と比べると気密性が高いですよね。そこで室内を加湿すると、結露を引き起こすことがあります。

換気装置を24時間稼働させていればリスクを減らせるのですが、冷暖房の効果を高めるために換気装置を一時停止したままになっていたり、築年数が経ってシックハウスの危険性が減ったと判断し、換気装置を使わなくなった場合は要注意です。

今暮らしている住まいの気密性はどれくらいですか?

新居に求める気密性はどれくらいですか?

今より気密性が高い住まいでは、除湿機や加湿器の使い方が変わります。

ファンヒーターやストーブなど、化石燃料を燃やして室内の空気を暖める『開放型暖房機器』は燃料を燃やす過程で水を生み出すので、気密性の高い住宅では使用を中止して頂きたいところです。

住宅リフォーム・紛争処理支援センターによると、結露発生の原因は、換気計画の不備や施工の不具合だけではありません。

居住者による不適切な使用やメンテナンスの可能性も挙げられています。

そんなことを聞くと、新居での湿度管理や暖房は、今暮らしている住まいと同じ方法でいいのか不安になりますよね。

不安なら、施工業者に相談してみましょう。

換気のこと、加湿器や除湿機の使い方、室内干しをする際の注意点など、心配なことはたくさんあることでしょう。

業者は、あなたと共に家を守るパートナーです。不安を一人で抱え込まないでくださいね。

もしよろしければ、弊社までお気軽にご相談ください。 

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←励みになります!



笑う門に福来る家とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で福来る家を建てるならRCdesign

晴れの東京はちょっと涼しいです。

そんな今日は朝から出版社さん来社打ち合わせ、提携会社さん来社、都市銀行さん来社、書類作成、さいたま市宮原計画検討、設備機器メーカーさんと電話など。

午後は豊島区巣鴨の不動産会社さん来社打ち合わせ、郵便局へ書類提出、来客面談、文京区向丘計画、図面作成、電気屋さんと電話など。夕方は建材メーカーさんと電話、本駒込計画検討、渋谷区神宮前計画検討、渋谷区恵比寿2丁目計画検討など。

さて、そろそろお花見の予定を立てなくてはいけませんね。

ではこちら。

自宅で笑ってた → うるさいと隣人が通報 → 裁判所から出頭命令 → 懲役になりそう → 笑えない

「笑う門には福来る」ということわざがある。いつも明るく笑って過ごせば幸せが訪れるという意味だ。だが、人生にはそうはいかないときもあるようだ。

あるアメリカ人男性は自宅で笑っていたところ、ご近所からうるさいとの苦情を受け、裁判所から出頭命令が下される事態に陥ってしまったという。しかも、罰金もしくは懲役が科せられる可能性もあるとのこと。なんとも信じ難い話だが、実はそこには笑えない事情があったようだ。

事の発端は、ニューヨーク州在住のダニエル・オヘニアンさんが、「隣の家に住む男性の笑い声がうるさい」と警察に苦情を申し出たことだった。事実把握のためオヘニアンさんの自宅に訪れた警察は、隣の家から大きな笑い声が聴こえてくるのを確認。「隣人の平穏な生活を侵害する」ものであるとして、笑い声の主ロバート・スキャヴェリさんに何度か警告をした。

しかし、それでも事態が改善されなかったとして、スキャヴェリさんのもとに裁判所から出頭命令を言い渡す文書が届いたのだ。そして現在、彼は500ドル(約4万8000円)の罰金もしくは30日の懲役が科せられるかもしれない状況にあるという。
ロケットニュース24 2013年03月15日14時00分
 
なるほど。

これはなんとも訴訟社会のアメリカらしいニュースではないでしょうか。

それにしても笑っているだけで罰金や懲役を科せられたらたまりませんね。

心おきなく、誰に遠慮することもなく、大声で笑うことくらいは許して欲しいものですが、それにはまず音の漏れない家に住むことが大切かもしれません。

で、このニュースの続きを読むと、実は、苦情を言われたスキャヴェリさんが大声で笑っていたのには彼なりの理由があったそうで、本人いわく、「オヘニアンさんは以前からずっと私の身体的特徴のことをバカにしていて、彼から侮辱的な言葉を言われ続けてきた」ということなんです。

さらにスキャヴェリさんの母親も、「隣の家の人は、生まれつき障がいのある息子をバカにし差別している」と語っています。

そこで、この不当な扱いに対抗すべく、スキャヴェリさんが自ら考え出した対応策が「大声で笑い飛ばすこと」だということ。彼の笑いは、差別的発言を繰り返す隣人に対しての正当防衛だったということなんです。
 
なんともやるせないニュースだったんですが、そもそもの発端が隣人の差別発言ということもある中で、笑い声を騒音とか犯罪にされたら困りますね。

そもそもこの笑い飛ばすという対抗策は人間として最高の作戦だと思いますし、世界中の指導者にも見習って欲しいくらいです。

まあこんなことにならないように、くれぐれも住まい選びには気密性や防音性能の高い家を選んで頂きたいと思います。

安心してくつろげる、自由を満喫出来る家を建てたいなら、鉄筋コンクリート住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!
人気ブログランキングへ



 

プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ