住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

気象庁

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

気象庁が決めた観測中止とか。

長寿命の家を建てるならRCdesign

晴れの東京は寒いです。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画のお客様とお電話、土地家屋調査士さんと電話、豊島区長崎計画検討、図面作成、構造担当と電話、金融機関へ、杉並区高円寺南計画検討、杉並区今川計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は図面作成、お問い合わせ対応、土地家屋調査士さん来社打ち合わせ、西原計画検討、練馬区豊玉北計画検討、ミーティングなど。夕方は高田馬場のお客様とお電話、提携会社さんと電話、港区南青山計画検討、見積作成、ミーティングなど。

そろそろ股引の着用を許可して頂きたいと思います。

ではこちら。

気象庁が決めた「ウグイスやセミの観測中止」に、お天気の森田さんが心配すること

気象庁は、ウグイスやセミなどを観測する「動物季節観測」を完全に廃止すると発表した。植物を含めても約9割の観測をなくすという大幅な削減だ。

気象予報士の森田正光氏は「観測はできるだけ長く行わなければ意味がない。効率重視で先人の積み重ねを捨てていいのか」と訴える--。
2020年12月1日 15時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

これはまた存じ上げないニュースでしたが、ちょっと気になる内容です。

記事はテレビなどでもご活躍されている気象予報士の森田さんが書かれていましたが、さすがにこの業界では先駆者的な方だけに、目の付け所とその解説がとてもわかりやすかったです。

それにしても、せっかく先人の方々が長い期間観察を続けてきたものを、中止にするとはどのような理由からなのか、聞いてみたくなりますね。

記事によれば、気象庁が11月10日に「生物季節観測の見直し」を発表したということですが、その取り扱いがそれほど大きくなかったので、つい見逃してしまったという人も多かったのではないでしょうか。

しかし著者さんによれば、実はこれは観測継続の重要性からすると、将来に禍根を残す恐れがあると考えているそうです。

この生物季節観測というのは、身近な動物(昆虫を含む)を観測する“動物季節観測”と植物を観測する“植物季節観測”の2種類があり、季節の進み具合や長期的な気候の変動を把握するための重要な観測だそうです。

現在行われている生物季節観測は、サクラやウメなど植物34種とアブラゼミやウグイスなど動物23種。ところが今回の見直しでは植物6種を残すだけで、動物季節観測は完全廃止。これまでの57種からすると約9割がなくなってしまうということ。

もちろん、私たち一般市民レベルでは、国や行政の思惑や考え方を知る由もありませんが、著者さんが言っていたように、観測がなぜ重要かといえば、それは観測がないと変化も予測も何も分からなくなるであろうことは、大体想像出来ますね。

それなのに、いったいなぜ気象庁は60年以上も続けてきた動物季節観測を廃止しようとしているのでしょうか。著者さんの電話取材によると、直接の理由は観測動物がいなくなっているとか動物の出現が季節の変化を表していないからとの事だったそうですが、恐らく予算が関係しているのではと推察しているそうです。

もちろん今、国の予算を使う先は決まっていますし、その優先順位があることは理解できますが、小さな事をコツコツと積み上げることの大切さを、わからないわけではないでしょう。

著者さんは気象解説者としての仕事を50年ほどしているそうですが、50年前の当時から気象庁の予算はコーヒー予算と言われていたそうで、それは昭和30年代(人口1億人の頃)、喫茶店のコーヒーが50円の時に予算は約50億円、一人当たりに換算するとコーヒー1杯の値段と同じというのが言葉の由来だそうです。

1966年(昭和41)の予算は約88億円で、やはりコーヒー並み。国家予算は約4兆3000億円なので、気象庁予算はほぼ0.2%だったとか。

そして今年度の予算は、595億円。国民一人当たりにすると約500円ということで、相変わらずコーヒー予算のままにも関わらず、昔より圧倒的に作業量は増えているということです。さらに驚くのは、国家予算、約100兆円との比率で、なんと0.06%となり、1966年の0.2%から比べると3分の1の激減となっています。

このように気象庁予算は50数年前に比べて3分の1に激減しているわけですが、この予算の縮小が、ボディーブローのように日本の気象業務の衰退を招くのではないかと危惧されていました。その始まりが生物季節観測の見直し(動物季節観測の廃止)のように思えますね。

目の前の災害や危機に対応することはもちろんのことですが、将来に対する投資も同様に必要なことだと思います。

きっと民間の中で志のあるベンチャー企業や個人の方が、同様の観測を続けてくれるのではないかと思いますが、自分も何か観測を始めて見ようかなと、ちょっと考えてみます。

長寿命の住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング ←ご声援を是非!



長周期地震動に気をつけろ。

東京で地震に強い家を建てるならRCdesign

雨のちくもりの東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、その後高田馬場計画の現場へ、近隣住民様へご説明と資料配付、オーナー様とお電話、その後文京区千駄木計画のお客様とお電話、北新宿計画の現場視察など。

午後に帰社後は資料作成、リフォーム工事検討、見積作成、図面作成、板橋区小茂根計画のお客様とお電話、登記情報収集、杉並区宮前2丁目計画検討など。夕方は千葉県北松戸計画検討、お問い合わせ対応、保険屋さんと電話、図面作成など。

先ほどサッカー日本代表がW杯2次予選でアフガニスタンに5−0で勝利しました。選手たちの一生懸命さが伝わり、久しぶりに安心感のある試合だったと思います。

ではこちら。

気象庁が予測発表を検討している「長周期地震動」ってどんな揺れ?

東日本大震災が発生した日、高層ビル内にいた人の中には、ゆっくりとした大きな揺れがなかなかおさまらなかったことを覚えている人も多いのではないだろうか。このように、数秒以上の周期の大きな揺れが分単位で続く地震動のことを、「長周期地震動」と呼んでいる。

気象庁は現在、長周期地震動の予測情報の発表を検討しており、17日にも検討会が開かれた。
2016年3月23日 12時0分 THE PAGE

なるほど。

この長周期地震動というのは、マグニチュードが大きな地震ほど大きく、震源が浅いほど伝わりやすいとされ、首都圏のある関東平野などの大規模な平野や盆地では、長周期地震動の波をよく伝え、また強める働きもあるということです。

実際に東日本大震災の時は、最大で階級4となった地域が、宮城県北部・南部、中部といった震源地の近くだけではなく、東京都23区や山梨県東部・富士五湖、静岡県東部といった東京以西の地域も含まれていました。

現在気象庁では、長周期地震動を揺れの大きさに応じて、次の4つの階級に分けています。

・階級1 ブラインドなどの吊り下げたものが揺れる。室内にいるほとんどの人が揺れを感じる。
・階級2 室内で大きな揺れを感じ、物につかまりたいと感じる。棚にある食器や書籍が落ちることがある。
・階級3 立っていることが困難になり、キャスター付きの家具が大きく動いたり、固定していないものも移動し、不安定なものは倒れることがある。
・階級4 立っていることができず、はわないと動けない。揺れに翻弄される。キャスター付きの家具が大きく動き、転倒することがある。固定していないほとんどの物が移動し、倒れるものがある。

記事によると、東京消防庁が東日本大震災の後で行った東京都内でのアンケートで、建物の階層別に家具類の転倒・落下・移動の発生状況を尋ねたところ、1〜2階は16.8%の住居で発生したとの回答があったのに対し、これが階が上がるごとに増え、11階以上では47.2%と半数近くとなったそうですので、高層階に住む方にはより重要な情報となりそうです。

たとえ地震が発生した場所が遠かったとしても、この長周期地震動が大きい数字ならば、すぐに安全な場所に避難するなどの対応をする必要がありそうですが、もちろん日頃から家具を固定しておくことや、食料品などの備蓄などの対策が前提です。

この検討会では、今後予測情報の際に呼び掛ける適切な行動の中身や、発表の方法、開始時期も含めて議論を進めるということですが、なるべく早く運用されるようになるといいですね。

長周期地震動でも安心して暮らせる家を建てるなら、鉄筋コンクリート(RC)住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ  ←お気軽にクリック!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ