住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

液状化

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

液状化危険度マップとか。

安全な家を建てるならRCdesign

曇りのち晴れの東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、社内ミーティング、蓮根のお客様とお電話、渋谷区桜丘計画検討、見積作成、土地家屋調査士さん来社、北区赤羽西計画検討、商社さんと電話、書類作成など。

午後は提携会社さんとオンラインミーティング、提携会社さんと電話、不動産会社さんと電話、書類作成、大田区田園調布計画検討、杉並区高円寺南計画検討、今川計画検討など。夕方は見積作成、文京区白山計画検討、徳丸のお客様とお電話、ミーティングなど。

ご近所の梅の花が綺麗でした。

ではこちら。

我が家の液状化、大丈夫? 宅地向け危険度マップ作成へ

国土交通省は8日、戸建て住宅に特化した液状化危険度マップの作成手法の素案を初めてまとめた。

2011年の東日本大震災では千葉や茨城など9都県で約2万7千戸の住宅が液状化被害を受けたが、事前対策の動きは鈍い。全国の自治体に作成を呼びかけ、住民に自宅の危険度を分かりやすく伝える狙いだ。
2021年2月8日 18時19分 朝日新聞デジタル

なるほど。

確かに、震災の時にはあれだけの被害がでていながら、数年後には何事もなかったかのように復旧されたこともあり、その教訓ごと忘れられてしまっているように思います。

もちろん経済的な理由もあったかと思いますが、土地の取引価格などもすぐに元に戻っていましたし、最近では以前よりも高騰している状況です。

先日は浸水リスクが高い場所を「浸水被害防止区域」として知事が指定するという記事もありましたが、人が暮らす場所を安全なものとするためには、一定のルールが必要だと思いますし、ようやくこれらの基準が出来たということは、喜ばしいことだと思います。

記事によれば、これまでの危険度マップは、250メートル四方の格子状で示されるなどしているため、個別の宅地の危険性まで判別できるものが少なかったということで、国交省は専門家による検討委員会を立ち上げ、新たに2種類のマップを作ることを決めたそうです。

その一つは過去の地震から、液状化が起きやすいことが分かっている地形ごとに、危険度を5段階で示す。埋め立て地などは危険度が高く、山や岩石台地などが最も危険度が低いという。危険度は地形に合わせた線で区分するため、自宅がどの地形に該当するかがわかりやすくなるということです。

また、戸建て住宅は地下水が地下約3メートルより浅くにあると被害が大きくなることから、地盤の浅い部分(地下約3〜5メートルまで)の地下水や地質を反映して危険箇所を示したマップも作るということ。

建物の被害リスクについても「顕著な被害の可能性が高い」から「低い」まで4区分で示し、事前に対策を取るかどうかの判断に役立てることが狙いのようです。

決して危険な地域だからといって諦める必要はないと思います。今の技術ならそれ相応の対策を行うことが出来ますし、しっかりと対策を行えば安心して暮らすことが出来るようになります。

まずは自宅の地盤が液状化の可能性があるのか、その危険度はどの程度なのかを確認することが大切ですし、その上で対策を行って頂きたいと思います。

リスクがあるなら、それを安心に変えることも出来ますので、地盤に不安を感じている場合でも、住まいづくりをお考えなら、是非お気軽にRCdesignまでご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング←応援お待ちしております!



液状化しない土地とか。

東京で安全な家を建てるならRCdesign

雨のち曇りの東京です。

そんな今日は朝から和光市下新倉計画検討、図面作成、サッシ屋さんと電話、商社さんと電話、資材メーカーさんと電話、日野市計画検討、業者さんと電話、お問合せ対応など。

午後からは三鷹方面へ、お客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。夕方帰社後は中野区大和町計画検討、お問合せ対応、荒川区西日暮里計画検討、ミーティングなど。

富士山では初冠雪を観測したそうです。どおりで寒いわけです。

ではこちら。

専門家に聞いた…「液状化」しない土地選び5カ条 ハザードマップ以外に自分でチェックする方法も

北海道の地震では、札幌市内の住宅地で液状化の被害が生じた。全国の自治体で液状化のハザードマップを作成しているのは約2割。

いまの自宅の土地や、これから住もうとする土地が液状化する危険性をチェックする方法はないのか。専門家に聞いた。

液状化は、地震の揺れで地下水と地中の砂利がまざり、液状になって地表に噴出する現象だ。札幌市清田区でも約5ヘクタールにわたり住宅の敷地や道路が陥没し、住宅が傾いたり道路が割れたりする被害が続出した。
2018年9月26日 17時6分 ZAKZAK(夕刊フジ)

なるほど。

現在お住いの地域がどのような地盤なのか、またこれから土地探しをされる方も、出来るだけ安全な場所を探したいと思っていることと思います。

記事にもあったように、北海道の地震では内陸部の住宅地が液状化してしまい、大きな問題になっていますが、これまでは2011年の東日本大震災の際に発生した、千葉県浦安市での液状化などのように、沿岸部で発生するイメージが強かったと思います。

しかし、北海道で明らかになったのは、内陸部でも谷や沼を埋めた場所は地盤が緩く、水が集まりやすいとされるている場所で発生していました。すでに数十年が経過した造成地の場合などでは、元の地形が分かりにくくなっていることが被害を大きくしてしまったかもしれません。

さて、記事にあった土地選び5か条ですが、
まず一つ目はハザードマップ。 
液状化が起きやすい地域かどうかを確かめる早道がハザードマップですが、実は作成している自治体は42都道府県の365市町村で、約2割にとどまっているという残念な結果です。記事によれば栃木、島根、山口、長崎、大分の5県はゼロだったとか。

そこで、次からはハザードマップがない場所はもちろん、マップが存在する場所であっても、自分で土地の情報を調べる方法について紹介しています。

その2としては古い地図や航空写真を調べる。
国土地理院のホームページや図書館などで、宅地造成前の地図や航空写真、地形図などを見ることができる。「例えば、谷の部分は黒っぽい色になっているので分かる」そうです。

その3は現地に足を運ぶ。
やはり「宅地造成が進む前から住んでいた地区の長老格に、土地が以前はどうだったか聞くのもよい」ということ。さらに実際に現地で調べる方法として、「雨が降った2〜3日後、地面にビニールシートなどを敷いて置く。翌朝、シートの裏側に水滴が付いていたら浅いところに地下水がある証拠だ」そうです。

その4は地名を参考にする。
これはご存知の方も多いと思いますが、「大阪の梅田はかつて『埋田』だった。『新開地』『新地』など、新たに開発されたことを示す地名もある」とか。東京でも世田谷、渋谷、四谷、日比谷など、かつて「谷」だった場所も地名から分かるということ。

ただし、「地名辞典などで調べるのも一手だが、勝手な解釈のもあるので、うのみにしてはいけない」というのが注意点ということです。

最後は切土か盛土か。
記事にもありましたが、高度成長期に開発された東京の多摩ニュータウンなど新興住宅地では、多くは丘陵地を切り開いているが、全てが安全というわけではないということ。

基本は「(高い地盤を削って平らにした)『切土(きりど)』よりも、(低い地盤を埋めて平らにした)『盛土』の部分は危険」ですので、造成前の航空写真などで確認すると良いということです。

これらが液状化しやすい土地の見分け方となりますが、ご存知の通り地盤の良い場所というのは、昔から人が住んでいるところで、山の手と言われたりする場所は土地も少なく、価格も高くなる傾向がありますね。

都市部では、宅地不足から新しく住宅地を開発する必要があって、田畑を転用したり、埋め立てして住宅地としてきた経緯がありますので、現在からは想像できないような状況だったところも多いものです。

もし、現在のお住いや建築予定地が液状化の危険性があるという場合でも、現在の技術なら正確な地盤調査を元に、地盤改良工事などを行うことで、液状化を止めることも可能になっています。

大切なのは、現状の実態をしっかりと把握することと、必要に応じた対策をしっかりと行うことで、液状化による被害を回避することだと思います。

事が起きてから国や行政の責任を追求しても、被災してしまっては取り返しがつきません。必ず自らの安全は自分で確保することが大切です。

安全な地盤に安全な建物を建てるなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ