住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

片づかない家

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

片づかない家にありがちなアレ

片づく家を建てるならRCdesign

曇りのち時々雨の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、渋谷区東のオーナー様とお電話、賃貸管理業務、埼玉県所沢市のお客様とお電話、その後柏市でご検討のお客様宅へ、書類お届けとお打ち合わせなど。

午後に帰社後は信用金庫さんと電話、所沢市計画検討、書類作成、電気屋さんと電話、設備屋さんと電話、見積作成など。夕方は蓮根計画検討、資料作成、文京区千石計画検討、足立区足立計画検討、ミーティングなど。

ちょっとヒンヤリした東京です。

ではこちら。

「片づかない家」にありがちな“賞味期限ぎれの服”3つ。クローゼットにあったら処分を考えて

家が片づかない、クローゼットがパンパンなのに着る服がない、それはもしかしたら「賞味期限ぎれの服」のせいかもしれません。

ライフオーガナイザーのお仕事で散らかったおうちを訪問することが多い下村志保美さんが詳しく教えてくれました。
2024年4月23日 20時0分 ESSE-online

なるほど。

「片づかない家」というキーワードには、非常にネガティブなイメージを想像させる力があるように思いますが、これはみんなが避けたいと思う状況に違いありません。

そんな家に何かしらの共通点があるとすれば、その状況を改善する努力をすることで、片づかない家状態から脱出出来るかもしれませんし、またその予防効果も期待出来るかもしれません。

今日の記事では、今すぐ処分を考えたい賞味期限ぎれの服について書かれていましたので、是非参考にしてみてください。

まず一つ目は、機能的な賞味期限ぎれの服。
さほど目立つわけではないけれど、気になってしまう色あせや小さな汚れ、目立たないほつれ、取っても取ってもすぐに出てくる毛玉。部屋着としてなら着られそうだから消費期限は来ていないけれど、洋服の賞味期限は過ぎています。ということ。

記事によれば、片づいていない家には、これらの賞味期限ぎれの服が部屋着として沢山あるそうです。部屋着は賞味期限ぎれの2軍服ではなく、部屋着としてリラックスできて洗濯もしやすい服のみに絞りましょう。気分も上がりますし、賞味期限ぎれの服も減らすことができてすっきりします。と書かれていました。

次に二つ目の服は、ライフスタイルの変化による賞味期限ぎれの服。
記事によれば、女性は妊娠出産子育て、その時々によって必要な服が大きく変わってきます。マタニティ服は代表的ですがそれ以外にも、子どもと公園をかけ回るときは必要だったジーンズも子どもが成長した今はもうほとんど履かないとか、子どもの学校に行くときに必要だった紺のワンピースもクリーニングの袋がかかったまま。

これらはライフスタイルの変化による賞味期限ぎれの服です。次にその服の登板が来るのはいつなのか、この機会に考えてみてください。

最後の三つ目は、年齢や体型の変化による賞味期限ぎれの服。
私たちは確実に歳を取っています。体型だけでなく、肌の色や質感も変化しています。たとえ高校生の頃とサイズが変わってなかったとしても、だからといってアラフィフ女性がセーラー服をきても似合わないですよね。

「たまには着てみようかな」とクローゼットから取り出すも、結局着ないままクローゼットに戻す服はありませんか? それは、自分自身にとっての賞味期限がきれているからです。

無理に賞味期限ぎれの洋服を着ても老けて見えたり太って見えたりするだけ。「今の自分に似合わない」と思う服は、思いきって処分してみては。と書かれていました。

如何だったでしょうか。いろんな賞味期限切れのパターンがあることを知りましたね。

さらに記事では、賞味期限を守ることは自分の「すてき」を守ることとして、「まだ着られるから」と賞味期限ぎれの洋服を着ても太って見えたり老けて見えたりします。期限ぎれの洋服ばかりのクローゼットは「服はいっぱいあるのに着たい服がない」とストレスのもとでもあります。とも書かれていました。

記事を参考にお片付けを実践して、賞味期限内の服だけになった「1軍だけのクローゼット」は、自分に似合う服だけのクローゼットとなりますね。すっきりとしていて洋服を取り出しやすく戻しやすい、機能的なクローゼットとなっていることでしょう。

最後に記事では、着なくなった服をただ捨ててしまうのはもったいということで、古着を活用してくれる団体への寄付をおすすめしていましたが、場合によっては古着の買取専門業者さんに買い取ってもらうというのも良いでしょう。

自分のクローゼットでは期限切れであっても、もしかしたら他の何方かにとってはまだまだ期限内で、必要とされる服かもしれません。

片づく家を建てるなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



片づかない家にあるものとか。

片づく家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、書類チェック、渋谷区東計画検討、設備屋さんと連絡、図面作成、東のオーナー様とお電話、信用金庫さん来社打ち合わせなど。

午後は池袋方面へ、オーナー様へ書類お届けなど、帰社後は練馬区江古田計画のお客様とお電話、図面作成、港区東麻布計画検討、賃貸管理業務など。夕方は資料作成、港区高輪計画検討、文京区千石計画検討、ミーティングなど。

暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

「片づかない家」に必ずあるもの3つ。すっきり暮らす人はとっくに手放していた

一度買ったり手に入れたものは「いつか使うかも」「もったいない」と手放しにくいもの。でも、使わないものをしまいこんでいたら、すっきり暮らしはかないません。

ライフオーガナイザーのお仕事で散らかったおうちを訪問することが多い下村志保美さんが、片づかない家にあるもの、下村さん自身が手放したものについて教えてくれました。
2023年12月19日 20時0分 ESSE-online

なるほど。

片づかないのは私個人の資質の問題だと思っておりますが、だからと言って家の中が全てそうかと言うと、もちろんそんなことはありません。むしろ片付け好きの家族がいるお陰で快適な生活が出来ていると思います。

ところで、記事にあった「ライフオーガナイザー」と呼ばれる人や仕事がある、と言うことをご存知ない方も多いのではないでしょうか。大きくは人生の最適化支援の専門家ということですが、その中には片づけ整理収納支援を含む、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指し、暮らしの体質改善のためのパーソナルトレーナーということです。

記事では、そんな片づけの仕事をしながら「片づかない原因になっているもの」がわかってきたそうです。トレーナーさんの家の場合もそれらを処分することで、家がすっきりと変わったそうです。その中から今回はとくに手放してよかったと感じるものを3つご紹介してくれています。

まずはこちら。
●1:年に数回出番があるかどうかの「来客用布団」
片づかない家にありがちなのが、大量の布団や、普段使っていない来客用布団です。
わが家にも30年前、結婚したときに嫁入り道具としてもたされた「来客用布団2組+毛布4枚」があり、収納の中でかなり場所を取っていました。

ですが、娘の成長やライフスタイルの変化などで新しい布団が必要になったとき、新たに買うのではなく、来客用のものを自分たちが使うようにしました。それらが汚れたり傷んだりして少しずつ手放したのものあり、今は「来客用」としての布団はありません。と書かれていました。

私の実家でも、以前は4人家族の家に10人分くらいの寝具がストックされていたように思いますが、まだ当時は年に一度くらいは親戚が泊まっていたかもしれません。

それでも狭い家の収納のほとんどを占領していましたので、本当にもったいない使い方をしていたのだと思います。

次はこちら。
●2:季節限定の「寝具や家電」
冬用のもこもこしたシーツ類も、夏場には収納を占領。片づかない原因になっていることも。
私も実家で使っていてその快適さは知っていますが、今は夏場にそれをしまう場所がないので持っていません。

代わりに一年じゅう麻素材のシーツ+寒いときは電気敷毛布を活用しています。

これもご家庭の事情や好みにもよるかと思いますが、加湿器もお手入れが面倒なこと、季節外に収納する場所がないので私は持っていません。乾燥が気になるときは濡れタオルをつるしたり、観葉植物に水をかけたりして加湿しています。ということです。

これも昭和の家で昭和の生活スタイルを続けたいという人には必要なのかもしれませんが、現代の家づくりではこれも必要なくなってしまいました。

最後はこれ
●3:大小さまざまな「保存容器」
片づかない家のキッチンの収納や食器棚にたくさんあるのが保存容器。今現在、おかずや食材が入っていない保存容器がたくさんあるなら、それは数が多すぎるのかもしれません。

わが家でも以前は、保存容器類を用途に合わせて多く持っていました。でも、小さい容器がたりなければ大きい容器にスカスカに入れてもいいし、大きい容器がたりなければ小さい容器いくつかに分けて入れてもいい。そもそもたりなければお皿にラップ、でもいいのです。

「これを入れるにはこれでなくては!」という思い込みをゆるめるだけで、保存容器の量が減らせると思います。と書かれていました。

実家の母も、もしかしたら収集癖があったのか、いわゆるタッパの容器を全種類持っていたのではないかと思えるほど、多くの保存容器がありました。

今はそれらの容器を使用する場面もありませんので、もちろん処分して良いはずなんですけど、恐らく未だにコレクションしているのではないかと思います。

記事にもありましたが、東京を中心にここまで土地と建物の価格が高騰している時代に、せっかく高い家賃、高いローンを支払って住んでいる家で、すてきにすっきりと暮らせないこと。それこそとんでもなく「もったいない」ことに違いありません。

すっきりと片づいた家で暮らすなら、住まいはRC住宅がおすすめです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



片づかない家にあるものとか。

片付く家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から電気屋さんと電話、賃貸管理業務、資料作成、文京区千石計画検討、図面チェック、都市銀行さん来社打ち合わせ、来客面談、事務組合さんと電話、渋谷区東計画検討、ガス会社さんと電話など。

午後は提携会社さん来社打ち合わせ、建材商社さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、土地家屋調査士さん戸電話、所沢市中新井計画検討、書類作成、ミーティングなど。夕方は図面作成、港区東麻布計画検討、社内ミーティングなど。

師走しています。

ではこちら。

「片づかない家」に必ずあるもの5つ。年内に捨てて「自然と片づく家」に:2023年11月トップ10

ESSEonlineで2023年11月に公開された記事のなかから、ランキングTOP10入りをはたしたうちのひとつを紹介します。

「片づかない家」には、共通してあるものがありました。ライフオーガナイザーという仕事上、片づかない家をたくさん見てきた尾花美奈子さんに「年内に捨てるべきもの」について教えてもらいました。
2023年12月13日 20時0分 ESSE-online

なるほど。

ちょっと目を背けたくなる記事ですね。

いや、もちろん薄々は気づいていることなんですけど、もうおおよそ60年近くもものを貯める癖を身につけてしまった私としては、捨てるべきものを教えて頂ければ、少しは実行してスッキリすることが出来るかもしれません。

早速記事にあった片づかない家に共通する、処分すべきもの5選を見てみましょう。

●1:掃除で使うつもりの古いタオル、穴あき靴下

●2:シミ、ヨレ、毛玉のついた服

●3:大量の食品、日用品

●4:しまいこんだサンプル品、いただきもの

●5:大量のおさがり服

ほっほー。これはまあ家の中全般について、処分しても支障のないものリストという感じですね。

確かにどれも少なからずストックされているご家庭は多いのではないでしょうか。

でも流石に子育ても終わった我が家にはそれほど該当するものは無いように思いますので、もしかすると今の状況は多少なりとも片づいていると言えるのかもしれません。

とはいえ、この記事はランキングTOP10入りをはたしたという内容ですので、子育て世代のご家庭などでは、まさにあるあると感じられる方もいらっしゃるはずです。

心当たりのある方は、是非この機会に上記のモノを処分されることをオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ