住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

犬・猫

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

犬・猫譲渡会に行きたいとか。

ペットと共生する家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後文京区白山計画の現場へ、左官屋さんと打ち合わせ、現場調査、オーナー様と打ち合わせなど。帰社後は提携会社さんと電話、電気屋さんと電話など。

午後は江戸川区東小岩計画検討、確認検査機関さんと電話、渋谷区西原のオーナー様とお電話、世田谷区新町2丁目計画検討、書類作成、地盤調査会社さんと電話など。夕方は出版社さん来社打ち合わせ、構造担当と協議、提携会社さんと電話、お客様とお電話、目黒区原町計画検討、管理組合さんと電話、ミーティングなど。

思いのほか暖かくなったのではないでしょうか。

ではこちら。

保護犬・猫が約350匹集まる日本最大級の譲渡会開催 4月29日、30日は有明へ

2022年4月29日(金・祝)、30日(土)、東京・有明にある「パナソニックセンター東京(スタジオA)」にて、「パナソニック保護犬猫譲渡会」が開催されます。

この譲渡会はパナソニックが主催し、14の保護団体が参加。合計約350匹の保護犬と保護猫を紹介する、国内最大級の規模の譲渡会となる見込みです。sippoは譲渡会開催に協力しています。
2022年3月30日 12時0分 sippo(シッポ)

なるほど。

最近はテレビ番組などでも取り上げられるケースが増えたように思いますが、この保護犬などの譲渡会はまだまだ一般的ではないようにも思います。

記事によれば、日本で殺処分されてしまう犬や猫は、年間約23,000匹もいます(※環境省自然環境局 「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」より)。と書かれていました。

将来、最愛の家族となるかもしれない犬や猫と出会えるこのような譲渡会は、不幸な犬や猫を減らし、幸せへとつなげる場に違いありません。

もし犬や猫を家族に迎えたいと思っている方は、ぜひ保護犬や保護猫も候補に加えていただき、一同に会する犬や猫たちに会える「パナソニック保護犬猫譲渡会」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、記事にあったのは「保護犬・保護猫にも幸せになってもらいたい」という思いを込めて、譲渡会に併せて愛犬・愛猫の写真コンテストも実施されるそうです。

2022年3月29日〜4月17日の期間中の投稿で、ハッシュタグ「#パナソニック保護犬猫譲渡会2022」がついた愛犬・愛猫の幸せな瞬間を収めた写真の中から、100枚を会場に展示し、さらに1名様に「ジアイーノ」をプレゼントするというものですので、保護犬・猫への思いを広げることへとつながる写真コンテストにも、是非参加してみてください。

もう一つ、今回の会場では、ペットとの暮らしをもっと楽しく快適にするためのオススメのパナソニック製品体験コーナーも用意されるそうですので、住まいの新築やリフォームをお考えの方には参考になるかもしれません。

◆「パナソニック保護犬猫譲渡会」概要を転記させていただきます。
◎日時:2022年4月29日(金・祝日)、30日(土) 10:00〜17:00(最終入場16:30)
◎場所:パナソニックセンター東京 Aスタジオ
◎参加予定の保護団体:保護猫カフェ「ねこかつ」、NPO法人「ねこけん」、一般社団法人「おーあみ避難所」、NPO法人「アルマ」、NPO法人「アグリドッグレスキュー」、認定NPO法人「アニマルレフュージ関西-東京ARK-」、WAN’S LIFE湘南里親、いぬ助け、NPO法人「けだ・まも」、NPO法人「Small Life Protection」、一般社団法人「Animal Green Apple」、毛玉のおうち、浦和キャッツ、Gundog Rescue CACI

IMG_2875最近の我が家の愚犬くん。

6歳を超えて落ち着きを覚えてきましたが、飼い主に似て食いしん坊で太りやすい体質。実はこう見えて10kgを超えておりますので、膝の上に乗っていると足が痺れてきます。さらに寝言といびきも飼い主に似てしまったようで、寝ててもうるさいです。

ということで、私も譲渡会に参加してみたいと思っていますが、運命を感じる出会いがあったらどうしようとか、あまり考えずに体験だけ出来れば良いでしょう。

全ての犬・猫が幸せに暮らせますように。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



犬・猫はこの季節が注意です。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でペットと住む家を建てるならRCdesign

良い天気の東京は少し寒いです。

そんな今日は朝から社内ミーティング、お問い合わせ対応、文京区本駒込計画検討、見積作成、都市銀行さん来社打ち合わせ、板金屋さん来社打ち合わせなど。

午後は電気屋さんと電話、サッシ屋さんと電話、さいたま市宮原計画検討、見積作成、埼玉県越谷市計画検討、成増計画検討、図面作成など。夕方は資材会社さんと電話、渋谷区神山町計画検討など。

なかなか暖かくなりませんね、くれぐれも油断せずご自愛ください。

ではこちら。

GWから犬・猫の熱中症が急増。気をつけたいポイントとは?-アニコム損害保険

アニコム損害保険は、アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」の保険金請求データをもとに、「ペットの熱中症」に関する調査を実施した。集計データの期間は2010年〜2012年。

月別の請求件数を調査したところ、熱中症は、毎年4月頃から発生し、5月、6月と月を追うごとに請求件数が2〜3倍に増加していく傾向が見られた。請求数のピークは7〜8月だが、真夏だけでなく、4月から熱中症に対する注意が必要なことがわかる。

気温と熱中症についての調査を行ったところ、最高気温が25度を超える「夏日」が観測され始める5月から、熱中症の請求件数が急増することが判明。一方、9月においては、7、8月と「夏日」の日数が大差ないにも関わらず、熱中症の件数は大きく減少する傾向がみられる。
マイナビニュース 2013年04月22日12時35分

なるほど。

ペットと同居されている方やこれからペットとの同居をお考えの方には是非注意していただきたいものです。

やはり犬や猫も人間と同じように、春から初夏にかけては、まだまだ体が暑さに慣れていないため熱中症にかかりやすいようです。

一方、8月、9月になると、暑さに対してペットの体も慣れてくることや、飼い主が「散歩の時間」や「室温」などに気をつけるなど、対策を十分に行っていることが、発症減少につながっていると考えられますね。

また、記事ではペットが熱中症にかかった経験のある飼い主に対するアンケートで、「散歩中・ドッグラン」「リビング」での発生が多かったとのこと。

「散歩中・ドッグラン」での原因は、「真夏日だった」「炎天下を走り回っていた」など、暑さ対策が不十分だったために、熱中症が発生したというのもわかりやすいですね。

しかし、「リビング」では、ペットだけでの留守番中よりも、家族も家に在宅している時に多く発生しているというのはちょっと不思議に感じます。

実は成犬の適温は15〜21度ということで、飼い主が快適に感じる室温でも、愛犬にとっては体調を崩しかねない場合もあるそうですので、室温管理には十分注意が必要です。

ペットと同居するなら、断熱性能の高い家が安心ですね。

当然のことながら、窓を閉め切った車内も予想以上に高温となるのはご存じのとおりです。たとえちょっとの間でも、エアコンをかけていても、車中に置き去りは絶対にしないようにしてください。

ペットも家族の一員です、少しでも安全で快適に過ごせるようにしてあげたいものです。ペットと住みたいと思ったら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。



人気ブログランキングへ ←応援のクリックをどうかひとつ!


プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ