住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

地鎮祭と竹がピンチとか。

伝統的な家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から業者さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、管理組合さん来社打ち合わせ、技能実習生着任、書類作成、横浜の不動産会社さんと電話、その後資材調達へ。

午後は建材屋さん訪問の後帰社、事務手続き、渋谷区東計画検討、文京区千石計画検討、足立区足立計画検討、資料作成など。夕方は地盤調査会社さんと電話、構造担当と協議、資材発注、ミーティングなど。

夜になって一瞬雷雨でした。

ではこちら。

日本の伝統行事に欠かせない竹がピンチ!竹市場「地鎮祭用笹竹」

竹材や竹製品の卸販売、小売を行う竹市場では、日本の伝統行事の地鎮祭に特化した天然笹竹の売上が好調です。

2019年の発売開始から累計売上本数は約3,000本となりました。

調達の場を探し求めて困っていた企業や個人が手軽にネット購入できることから、4年間で14倍の売上本数と激増しています。
2023年10月25日 13時16分 Dtimes

なるほど。

確かに以前ですと住宅街の中にも竹林があったりしましたが、最近は見なくなりましたね。また、国道沿いには竹細工の専門店もありましたが、コロナ禍で廃業してしまったようです。恐らく100年企業だったのではないかと思いますので残念です。

さて、記事によれば地鎮祭や七夕、結婚式の水合わせの儀など日本の伝統行事で欠かせない竹ですが、国内の竹業界が衰退していることでこの竹が手に入らない事態が勃発しているということ。

竹は昔から日本人の暮らしや文化を支え、神様を招く神聖な植物として深く関わってきました。ところが最近では竹を使う機会が少なくなり需要が激減していたんですね。

その背景として、記事によれば1960年代以降、竹製品がプラスチック製へ代わったことが挙げられます。また、かつて大量に使われていた住宅用土壁の下地建材としての消費量が激減したことも一因としています。

さらには、竹は増え続けて余っているのに竹を切る切子の高齢化や後継者不足で伐採が追いつかないという現状もあるようです。

その結果、国産竹の供給が減り、海外からの輸入に頼らざるを得ないという矛盾が生じていますが、これは木材全般と林業の関係と同じですね。

こうして日本の竹が使われなくなり竹を扱う専門店は一気に姿を消し、身近なところで購入できなくなりましたので、その影響が記事にあった特に地鎮祭用の笹竹が入手困難になっているという状況です。

そう、建物を建てる前には、その土地の神様にお祈りしなければいけませんが、その祭事が地鎮祭ですね。その時に使用する笹竹は多くの場合工務店が準備しますが、購入場所がないため若い社員達が竹林に出向いて調達するケースもあるそうです。

そんな時には所有者に許可を取り、いざ切ろうとしても鬱蒼とした竹藪に入って切るのは大変な作業です。工務店としては調達にかかる時間と手間とコストを削減することが課題となっていたとか。

また、場合によっては施主個人で笹竹を準備しなければならないこともある中で、一生に一度の神聖な行事に使う笹竹はプラスチック製ではない良質な本物を求める声も多く上がっていたようです。

記事にあった業者さんでは、下記のような商品を用意されているそうです。

【地鎮祭用の天然笹竹(四方竹)わら縄付き 商品概要】
規格:国産笹竹1本 直径2〜2.5cm×長さ250〜270cm
わら縄1把  直径4〜4.5mm×長さ50m弱
価格:《笹竹4本組 わら縄付き》10,230円(税込)

なかなかのお値段ですが、竹という建材やそれを滞りなく流通してくれるという、サプライチェーンを守ることもすごく大切なことで、建材と原材料、加工する技術、運ぶ労力などを維持していく仕組みと、国民の皆さんが竹を使って頂くことご必要です。

記事にあったショップからでも、竹を応援していただけますので、機会があれば是非ご利用ください。

 

ちなみに弊社では、この地鎮祭用の笹竹を安定的に供給できるように、自社で竹林を管理していますので、地鎮祭当日の朝に切り出して現場に搬入させていただきます。

地鎮祭を開催出来るということは、それは間違いなく選ばれた人ですし、折角の機会ですのでそこは素材にもこだわって、本物の笹竹を使った記憶に残る地鎮祭にしたいですね。

是非弊社と一緒に地鎮祭を行ってください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←助かります。



トイレットペーパーでサスティナブルとか。

サスティナブルな家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から杉並区今川計画検討、図面作成、お問い合わせ対応、文京区白山計画検討、足立区東和計画検討、資料作成、北区赤羽西計画のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。

午後は渋谷区西原計画のお客様と土地家屋調査士さんにご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。蓮根のお客様とお電話、提携会社さんに連絡、書類作成など。夕方は世田谷区新町計画検討、提携会社さんと電話、目黒区原町計画検討、台東区蔵前計画検討、ミーティングなど。

旧正月、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

ではこちら。

サスティナブルでからだにも優しいトイレットペーパーの定期便

皆さんは、トイレットペーパーの使用量を気にしながら使っていますか。

調査によると、日本は世界第4位のトイレットペーパー消費大国なんだそうです。

筆者はこれまで特に意識することなく使っていたのですが、トイレットペーパーって古紙も使われていますが、多くは森林資源を使っているのだから、必要なときに必要な分だけ使うのが好ましいですよね。

でも、どうすれば資源の節約を意識したり、環境を守ることができるのでしょう?
2021年2月12日 6時0分 ライフハッカー[日本版]

なるほど。

これはまた素晴らしい取り組みです。

日本では、事あるごとに買い占めが行われたりして、まだまだ豊かさには程遠いというか、人間性を垣間見ることが出来るものが、トイレットペーパーかもしれません。

それにしても、世界4位の消費国ということにも驚きですが、洗浄便座が普及してもなおペーパーを浪費してしまうというのは、根本的に意識が低いと言わざるを得ません。

記事で紹介されていたのは、環境を守るために出来ることの答えとして、サスティナブルなトイレットペーパーの定期便サービス『BambooRoll』ということでした。

この『BambooRoll』は、竹を材料につくられたトイレットペーパーです。

なぜ、竹なのか? その理由は明確で、記事にあったのは竹は木ではなく草なので早いスピードで生育するから。約3カ月で10メートル以上に成長し、3年程度で成竹になるそうです。収穫しても、すぐに自生するのもポイントとか。

また、生育期間5年前後までの期間は、針葉樹や広葉樹よりも二酸化炭素を多く吸収するという検証結果も提示されているとのこと。

『BambooRoll』は、少量の水と無農薬で早く成長する竹を使うことで、収穫と生産、自生して二酸化炭素を吸収するサイクルを生み出せるのだそうです。

また、製造工程にもこだわり、CO2などの温室効果ガスを発生しない水力発電による電力を使っているそうですので、徹底していますね。

このサスティナブルなトイレットペーパー『BambooRoll』は、定期便で届くということですが、1箱に入っているのは、4人家族が1カ月に消費する量として想定された18ロールで、18ロールをどのペースで使うのか、残量を意識しながら節約しながら使うというところが、新しいコンセプトを提案しています。

ご興味を持って頂けましたら、下記のリンクから詳細をご確認ください。
 

世の中には一見エコなイメージを感じさせる商品やサービスも多いものですが、実はよく見てみるとそうではなかったり、結果が出るまでに耐久性以上の時間が必要な場合もあります。

やはり基本的には繰り返し使うことや、長い期間使うことで環境に対する負荷を少なくするということが大切だと思います。

家ももちろん、資源の有効利用や環境保護を考えたら、絶対に30年程度で解体してはいけません。最低でも60年、出来れば100年は使って頂きたいと思います。

だからこそ、私はRC(鉄筋コンクリート)住宅をオススメしています。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング←応援お待ちしております!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ