住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

継承

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

阪神淡路大震災から26年とか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

くもりのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、杉並区高円寺南計画検討、社内ミーティング、目黒区原町計画検討、北区赤羽西計画検討、書類チェック、大田区田園調布計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、世田谷区三宿計画検討、お問い合わせ対応、書類作成、賃貸管理業務、リフォーム計画検討、構造担当と電話など。夕方は渋谷区西原計画のお客様とお電話、文京区白山計画検討、各種段取り、ミーティングなど。

乾燥と寒さが続いていますね。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

阪神大震災の追悼行事、参加者激減 コロナで規模縮小 記憶の継承にも影響

6434人が犠牲となった阪神大震災は17日、発生から26年を迎えた。神戸市中央区の東遊園地では「1・17のつどい」が開かれ、発生時刻の午前5時46分、「がんばろう 1・17」の文字に並べられた灯籠(とうろう)に向かって遺族らが黙とうした。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、各地で集会などが縮小されたり、中止されたりして、自宅などでの追悼に変更した人も多い。記憶を継承・共有する追悼行事や防災訓練など、集うことで効果が上がる活動もあり、一層の知恵が求められている。
2021年1月17日 19時5分 毎日新聞

昨日は阪神・淡路大震災から26年という日でしたね。

毎年この日を迎えると、私も当時の記憶がよみがえりますし、今も取り組んでいるRC住宅の普及を再確認すると共に、そのスピードがなかなか進まないもどかしさを感じます。

今年はやはりコロナ禍ということもあって、いろいろな行事が縮小や中止となっていますので、寂しい思いをされている方も多いことと思います。

本当に心配なのは、この教訓を語り継ぐということまでもが、途切れてしまわないように、意識と努力を続けていかなくてはいけないと思います。

記事にもありましたが、学習施設「人と防災未来センター」(神戸市中央区)では2020年4〜11月の来館者が約1万9000人だったそうです。4〜5月の緊急事態宣言に伴う休館や修学旅行の減少で、前年の約17万人の1割程度にとどまったということです。

さらに被災体験を対面で伝える「語り部」の利用者も前年の約4万人から約5000人にまで落ち込んだということ。VR(仮想現実)の活用で補うが、語り部の高齢化も進んでおり、記憶の風化が進む懸念もあると書かれていました。

これまでに、日本人は本当に多くの犠牲を払わせられてきたと思います。災害大国ということもすでに周知の通りなんですけど、何故か数年で忘れられたり、優先順位が下げられてしまうことが繰り返されているように思います。

そんな中、先日発見した記事で紹介されていたのが、すごい本が出たという記事で、「スマホで見る阪神淡路大震災〜災害映像がつむぐ未来への教訓」(西日本出版社)というもの。

これの何がすごいかというと、各ページに印刷されているQRコードにスマートフォンのカメラをかざすと、朝日放送がウェブサイトで一般公開している震災映像の巨大なアーカイブに瞬時にアクセスでき、ニュース用に粗く編集した当時の映像を全て無料で見ることができてしまうということ。

地震発生時のテレビの生放送の様子、倒壊した家屋、街を襲う火災、遺体の捜索、避難所の状況など、震災直後を記録したざらついた映像からは生々しい臨場感と緊迫感が伝わってくるそうです。

この本の著者さんは「400年先に震災の教訓を伝える」という遠大な目標を掲げて黙々と作業を進め、ついに「本」という形で世に問うことができたとか。

この「400年前」というのは、慶長伏見地震があった「1596年」を指すそうで、阪神・淡路が起こる前は、関西に住む人の大半は「この辺は大きな地震が起こらない」と油断していたということなんです。

実は400年前に伏見城が破壊されるほどの揺れに見舞われており、神戸でも液状化や古墳の崩壊などの被害がもたらされていた。「古文書にはこうした被害の記述があったにもかかわらず、災害は伝わっていなかったんです」と書かれていました。

ちゃんと記録が残っているにも関わらず、教訓にすることができなかったのは、400年という時間も確かにあったと思いますが、あまりにも人間の愚かさを感じてしまいます。

この「スマホで見る阪神淡路大震災〜災害映像がつむぐ未来への教訓」という本は西日本出版社から税別1500円で発売中ということです。

阪神淡路大震災以降も、日本では多くの震災や自然災害に見舞われましたが、どれだけ教訓を残せているか、また対策を行ってこれたかを考えると、先人の人たちに申し訳ない気持ちになってしまいます。

今年もまた気持ちを新たにして、日本を災害に強く豊かな国にするために、RC住宅の普及に尽力して参りたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←今年もヨロシク!



二世帯住宅研究所の報告とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で二世帯住宅を建てるならRCdesign

良い天気で暑い東京です。

そんな今日は朝から資料作成、蓮根の不動産会社さんと電話、氷川台リフォーム工事検討、見積作成、サッシ屋さん来社、解体業者さんと電話、その後豊島区長崎のお客様宅訪問、打ち合わせなど。

午後は徳丸計画検討、板橋区板橋3丁目計画検討、豊島区南長崎計画検討、見積作成、小菅計画検討、東村山計画検討など。夕方は提携会社さんと電話、内装商社さんと電話、練馬区田柄計画のお客様とお電話など。

いよいよ東京も真夏日を記録したそうです。幸いにも朝晩はまだ涼しいのでなんとか過ごせますが、それゆえに熱中症にはご注意ください。

ではこちら。

[二世帯住宅研究所 調査報告]30年暮らした家族による二世帯住宅の評価と継承の実態〜二世帯同居でよかったこと1位は「親の老後の世話」、孫による住まい継承は5割に達すると予測〜

旭化成ホームズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田 英輔)の二世帯住宅研究所は、自社が供給した築30年前後の二世帯住宅を対象に調査を行い、その結果を「30年暮らした家族による二世帯住宅の評価と住まい継承の実態」として報告書にまとめましたのでお知らせいたします。

本調査は、築30年前後を経た二世帯住宅の約半数で親世帯(建設当時)が逝去するなど世代交代期を迎えていることから、親世帯の介護を経験した子世帯および祖父母同居で育った孫から見た二世帯住宅の評価や、住まい継承の実態を明らかにしています。
2015年5月26日 12時0分 @Press

なるほど。

さすがは旭化成さん、これは貴重な調査結果になるのではないでしょうか。弊社の二世帯住宅研究所ではまだここまでの調査はできません。

二世帯住宅という呼び名が一般的になってから、どれほどの時間が経ったか定かではありませんが、旭化成さんでは30年を超える建物もあるということですから、そこから得られるご意見は二世帯住宅をご検討の方に大変役立つものになると思います。

サザエさんの家や、ちびまる子ちゃんの家のように、3世代同居というのがさほど珍しくはない時代もつい最近まではあったんですよね。

核家族化が進み、都心に暮らす家族が増えるのに従って、3世代で暮らす家族よりも、単世代暮らす家が増えたわけですが、日本の経済が低迷するなかで、二世帯住宅という形が注目されるようになったと思います。

今回の調査結果をまとめてみると、世帯別に水廻りや玄関が2つある「二世帯住宅」という住まい方が、30年暮らした家族から高く評価されているということで、二世帯同居の総合満足度は9割超だそうです。

そしてよかったことの1位は「親の老後の世話」とか。キッチン/洗面台/洗濯機は、世帯別に計画することが望ましい。玄関は共用が許容されやすいということ。

さらに二世帯同居の長期的なメリットとしては、「介護」「子育て協力」ともに評価されていますが、訪問介護は建物がキッチンを共有する「融合型」だと利用されにくいそうです。

また、親世帯逝去の二世帯住宅において、現在でも24%で孫世代へと住み継がれているものの、将来的な孫世帯による住まい継承は、5割程度まで達することが予想されます。

興味深いところでは、単身孫(未婚)の将来的な住まい継承の意向を調査したところ、約7割と大変高いことがわかり、その理由には「家や地域への愛着」が挙がり、利便性・経済性だけではない理由で、育った二世帯住宅への継承意向を持っていることがわかったということ。

やはり祖父母の側で育った人は、そうではない人に比べて、家族や一族をより大切に思っていたり、自身の役割みたいなものも感じているのかもしれません。

いずれにしても、二世帯住宅を実際に体験してきた方の貴重なご意見によると、総合的な満足度が9割を超えているということですから、もし、今まさに迷っているとか、今後可能性があるという方も、小さな心配事よりも多くのメリットに目を向けて、自信を持って進んでいけるのではないでしょうか。

二世帯住宅の建築をご検討されているのなら、是非弊社までお気軽にご連絡ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←クリックを是非!
人気ブログランキングへ



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ