住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

縁起

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

節分といえば豆腐とか。

東京で家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝からお問い合わせ対応、社内ミーティング、文京区白山計画検討、図面作成、その後成増のお客様宅へ打ち合わせなど、帰社後は構造担当と電話、杉並区高円寺南計画検討、世田谷区新町計画検討など。

午後は構造担当と電話、杉並区今川計画検討、見積作成、電気屋さん来社打ち合わせ、原稿作成、書類作成、お問い合わせ対応、渋谷区桜丘計画検討、5丁目のお客様ご来社打ち合わせなど。夕方は渋谷区西原計画検討、サッシ屋さんと電話、リフォーム工事計画検討、ミーティングなど。

あっという間に1月が終わってしまい、今日からは2月となりましたね。今月も張り切って参りましょう。

ではこちら。

節分は豆腐を食べると縁起が良い!おすすめ料理はバリエーション豊富な「豆腐田楽」

ヘルシー、節約……でも、それだけじゃない! 身近な食材「お豆腐」の魅力はまだまだあるんです。この連載では、豆腐マイスター・工藤詩織さんに、お豆腐をもっとおいしく楽しむための知られざるノウハウを伝授してもらいます。

「そうだったんだ!」と思わず納得の意外な活用法を知れば、きっと試してみたくなるはず。 あなたの食卓のお豆腐が“進化”すること間違いなしですよ!
2021年2月1日 12時0分 クックパッドニュース

なるほど。

そう、東京で生まれ育った者としては、かろうじて豆まきの習慣はあるものの、いつからか関東でも幅を利かせるようになった恵方巻きは、いまだに慣れない風習です。

記事にもありましたが、そんな節分にまつわる食べものといえば、福豆や恵方巻きが定番のようですが、より身近な食材であるお豆腐で縁起担ぎになるならば実践しやすいですね。ちなみに今年の節分は先日もお伝えしたように2月2日で、立春が2月3日です。

実は私こう見えて、お豆腐は好きな食材の一つです。そんな料理でも間違いなく美味しいですし、なんかホッとする雰囲気が良いんですよね。

あ、でも以前京都で行った湯豆腐の食べ放題では、しばらく見たくないと思いました。

記事で紹介されていた「立春大吉豆腐」のことは皆さんご存知でしょうか?

暦の上では春の始まりである立春と、その前日の節分の2日間に食べるお豆腐をこう呼ぶそうです。

真っ白なお豆腐は邪気を追い払うと言われ、節分にお豆腐を食べることで身を清め、翌日の立春にも口にすることで幸福を呼び込むことができるのだとかで、例年お豆腐を振る舞う神社や、この期間限定の豆腐を店頭に並べるお店もあるそうです。

記事では、こうした季節の移ろい感じる機会に、歴史と趣を感じる豆腐料理を作ってみるのはいかがでしょうかということで、例えば豆腐が本格的に普及したと言われる江戸時代に、各地の茶屋で提供されていた「豆腐田楽」は、江戸庶民にとってファストフードのような存在の一品だったとか。

この豆腐田楽にはその地域やお店ごとに色々な種類があったらしいのですが、田楽といえば味噌を塗ったものが基本だと思いますが、「浅茅田楽(あさじでんがく)」「繭田楽(まゆでんがく)」「鶏卵田楽」や、「海胆田楽(うにでんがく)」なるものまであるそうです。

さらに現代ではより多くのバリエーションが開発されているそうですので、ちょっと試したくなりますね。

何かと忙しい江戸っ子には丁度いいファーストフードになりそうですので、もしかすると、そのうちコンビニでも売り出されるかもしれません。

素敵な節分をお迎えください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←今年もヨロシク!



北枕でパワーアップとか。

東京で縁起の良い家を建てるならRCdesign

快晴の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後練馬区上石神井計画の現場へ、厳かに地鎮祭を行って頂きました。絶好の地鎮祭日和でした。帰社後は解体屋さんと電話、川崎の業者さんと電話、大田区仲池上計画検討など。

午後からは新宿区山吹町計画検討、お問合せ対応、葛飾区新小岩計画検討、見積作成、金融機関へ、帰社後は目黒区駒場計画検討、資料作成、鷺ノ宮3丁目計画検討、見積作成など。夕方は文京区本駒込計画検討、お問合せ対応、提携事務所さんと電話、江東区平野計画検討、ミーティングなど。

冬の足音と共に11月になりました。一層忙しくなりそうです。

ではこちら。

「北枕は縁起が悪い」という迷信を疑わない、大損している人々

重要な経営判断をするとき、多くの経営者が最後は直感に頼るそうです。学歴やコネが無くても年収1,000万円になれるスキルをセミナー等で多くの人に伝えている佐藤しょ〜おんさんは、自身の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』で、人間は直感や第六感といった妖しい能力を身に付けることができると断言し、簡単に実践できる方法を紹介しています。
2018年11月1日 1時2分 まぐまぐニュース

なるほど。

最近の若い人では、北枕は縁起が悪いとか、知らないという人もきっと多いのではないでしょうか。

記事にあるような妖しい能力をどうこうするのは別として、今回は古くから日本に伝わる迷信を、何の疑いも無く、伝承してしまっていた自分に少々疑問を感じてしまいました。

確かに自分も親から言われたことだと思いますが、亡くなった人を安置する時には北に頭を向けているので、同じような位置で寝てはいけないというようなことだったと思います。

このことから連想されるのが、寝る時に枕を北向きにしたら縁起が悪いみたいな話になってしまっていたのではないでしょうか。

もちろん何ら科学的根拠があるわけでもありませんし、臆病な日本人が勝手な解釈をして、それが言い伝えられてきたのかもしれません。

そう思ってちょっとググってみますと、その習慣の発端はお釈迦さまが北枕で亡くなったことで、信者たちも人が亡くなると北枕で安置するようになったということですので、これはもちろんお釈迦さまに関することですから、仏教だけのお話しです。

仏教を信仰されている方なら、その教えを守ることも大切なことだと思いますが、北枕についてだけが、無宗教の人が多い日本で受け継がれるのも不思議なものですね。

調べによれば、仏教の本場インドだと、北は極楽浄土がある方角として良い寝方とされているそうですので、北枕が縁起が悪いとされているのは本当に日本だけなんです。

また、他には「北枕は実は体に良い」という説も多く、日本の磁場の関係で、北枕で眠るとよく眠ることができ、血行促進、疲労回復に効果があると言われていたり、風水的にも金運UP、恋愛運UP、健康運UPなどの効果が期待できるということも言われているようです。

もしかすると、少しは科学的な根拠になるかもしれませんが、北半球の日本では北の方角が涼しい場合も多いので、その結果「頭寒足熱」の状態を作りやすいということはあるかもしれません。

ただ最近の高性能住宅ですと、家のどこにいてもほとんど温度が変わりませんので、北側が涼しいという環境ではないかもしれませんが、強いて言えば窓の近くが多少温度が低い場合があるかもです。

記事の著者さん曰く、頭を北にして寝るとエネルギーが入るということで、その結果疲れが取れたり、怪しい系の能力が強まったり、あれこれと良いことがあると書かれていました。

また、実際に北枕をやったみたら翌日の目覚めが全然違うとか、同じ睡眠時間なのに、明らかに疲れが取れているなど、その効果を実感されているようでした。

ちなみに、部屋の配置の都合でどうしても北枕に出来ない人は、次善の策として東枕という手もあるそうですが、これはこれで別な効能があるそうですので、興味がある人はお試しください。

日頃は信仰も無く、スピリチュアルな能力も持ち合わせていませんが、それでも何の根拠も無い自信や自分の直感を信じることは出来るものだと思います。

住まいづくりでも、妙な迷信を信じるより、自分の直感を信じることの方が、最終的には良い結果につながるのではないでしょうか。

もし、弊社とのご縁を感じて頂けたら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援を是非!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ