住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

詐欺

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

リフォーム詐欺が2.5倍とか

営業下手と家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りでも暖かな東京です。

そんな今日は朝から書類作成、提携会社さんと電話、港区高輪計画検討、賃貸管理業務、その後渋谷区東のお客様宅へ、電気屋さんと打ち合わせ、オーナー様と打ち合わせなど。

午後に帰社後は所沢市東狭山ヶ丘計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。北区上十条計画検討、中野区南台4丁目計画検討、見積作成、賃貸管理業務、渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、図面作成など。夕方は港区東麻布計画、提携会社さんと電話、地盤調査会社さんと電話、ミーティングなど。

今日はすでに道が混んでいましたね。

ではこちら。

飛び込み営業の“修理”に注意を 「リフォーム詐欺」相談2.5倍に

事前の約束なしで住宅を訪問して「屋根の修理が必要」などと嘘を言い、代金をだまし取る「リフォーム詐欺」が急増しているとして、警視庁が注意を呼び掛けています。

東京都内の住宅街で、警視庁の捜査員がビラを配るなどして「リフォーム詐欺」への注意を呼び掛けました。
2024年4月26日 11時42分 テレ朝news

なるほど。

またまたこの手の被害が増加してしまっているということですね。

実はこのようなリフォーム詐欺に関連した話題については、今年に入ってから毎月のようにこの場所でも取り上げさせて頂いています。

点検商法にご注意とか。

無料点検で高額請求とか

屋根修理の詐欺に注意を

以前にもお話ししていましたが、これまでにも定期的に流行してきたようにも思いますし、それは国内の景気状況や自然災害後に増えたり、または年末や年度末にも増加の傾向があるようにも思っていました。

しかし、今や年間通して活動されているようですので、十分注意が必要ですね。

一般的にあまり知られていませんが、小規模なリフォームであれば、業者は資格などの必要はありません。そのため、特殊詐欺をやっていたような連中が、オレオレがやりづらくなったからと、作業着を着て、リフォーム業者の顔をして住宅街を回っているというお話もありました。

また、リフォームなどの工事代金では、一般の人はその相場感もよく知らない場合が多いとかで、被害にあっているのに気づかないことから『表面化しにくい犯罪』と呼ばれていることも、悪徳業者が増えている要因とされているようです。

今日に記事では、警視庁によりますと、悪質な業者の手口は、約束なしで訪れて「屋根が壊れているので修理が必要」などと嘘を言い、その後、点検のふりをして屋根に登り、自ら瓦などを壊して相場の数倍近い代金を請求するということです。

なんとも荒っぽい悪行ですが、そんな業者の被害に遭われたのが、去年「リフォーム詐欺」の被害相談件数はおととしのおよそ2.5倍だったということです。

そこで警視庁は「飛び込み営業による修理の提案には注意してほしい」として呼びかけを行なっているそうです。

いつもお伝えしておりますように、住まいに関することは、その家のことを熟知しているプロやマイスター、総じて「家守(やもり)」にお任せして頂けると、ご安心して頂けると思います。

リフォームやメンテナンスのご相談も、RCdesignまでお気軽にどうぞ。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



屋根修理の詐欺に注意を

失敗しない家を建てるならRCdesign

晴れても寒い東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、所沢市中新井計画検討、港区高輪計画検討、商社さんとオンラインミーティング、資料作成、文京区向丘のオーナー様とお電話、お問合せ対応など。

午後は電気屋さんと電話、渋谷区東計画検討、お客様とお電話、図面作成、文京区千石計画検討、お客様と連絡、足立区足立計画検討など。夕方は書類作成、港区東麻布計画検討、西麻布計画検討、高輪計画検討、ミーティングなど。

東北や北陸、北海道の皆さん、寒波お見舞い申し上げます。

ではこちら。

【騙されないで!】災害時に屋根修理の詐欺、その手口が巧妙すぎる「地震・台風後は多発するよな」「向こうから声を掛けた業者とは契約するな」

能登半島地震では、多くの家屋が被害を受けました。その状況に心を痛め、「中越地震の時のように騙されないで!」と注意喚起を行う新潟の瓦メーカー、丸三安田瓦工業(@marumikawara)(新潟県阿賀野市)のSNS投稿が話題です。

丸三安田瓦工業は、2004年の新潟県中越地震で災害を体験しました。
「災害がある度、呼びかけるようにしているんでもう飽きるほど聞いたかもしれませんが、大きな地震の後は特に、詐欺業者が出回ります。修理を装い、訪問してきます。もし来ても絶対に屋根にあげないでください。自分で瓦割って高額請求してくる場合があります。高齢者とか女性はマジで気をつけて」
2024年1月24日 7時55分 まいどなニュース

なるほど。

誠に残念ながら、日本では今もまだ火事場泥棒をはたらく輩がいるようですし、お年寄りなどを狙った詐欺行為なども、イタチごっこを続けていますね。

いつもお話ししているように、住まいに関することでは私たち建築業者ももっと周知活動を行う必要があるように思いますし、一般消費者を守ることが出来ていないという点では、反省しなければいけないと思います。

災害に被災されて、一日も早く復旧させたり、または一時的な養生だけでも至急な対応を行いたいと思われることでしょう。しかし、そんな時に全くの新規取引となる業者を探すのは非常に危険と言わざるを得ません。

記事にあった、実際にどんな風に悪徳業者は近づいてくるのでしょう?という質問に瓦メーカーさんが答えていました。

「屋根は皆さんが自ら登って確認や修理をされる事が少ない場所なので、日頃どうなっているのか、修理が必要かどうか、よくわかりませんよね? しかも家自体を風雨から守る大事な部分のため、 災害後は早く修理したいと皆さま思われます。悪徳業者は、その弱みにつけ込んでくるんです。

例えば、『ビニールシートを屋根に掛けるだけで、1枚10万以上の高額請求をされた』という事例をよく耳にします」と書かれていました。

悪徳業者の常套手段とも言えるのが、弱みにつけ込むということと、足元を見て交渉してくるというところではないでしょうか。

さらに記事にあった例えは、若い男性がハシゴを持って、『近くの住宅で施工していたら、お宅の瓦が落ちそう(又は割れてる)なのが見えたので来ました。今なら見てあげられますよ』とやって来る…こんな事例をよく耳にします。そして登って自分で瓦を割って写真を見せる悪質なケースもあります。ということです。

訪問営業が来たら、まずは疑え!
同様に記事にあったのは、「屋根修理に関しては、“訪問営業”されたらまず怪しんでください。もともと職人不足な業界のうえ災害後はさらに職人たちが多忙となるので、訪問営業するような余裕はないです。あとは下記のような点をチェックしてみてください」
・車が社用車ではなく、県外ナンバー
・方言が通じない、土地勘がない
・身なりがラフ、受け答えの対応が適当な印象
・名刺、見積書をくれない

震災や台風などで地域全体が被災している状況では、その町にある工務店や専門業者は自身も被災している中でも、懸命に地域のために活動されている方が多いです。

そんな時に営業マンを大量に投下して青田刈りのように契約だけを先行して取っていくハウスメーカーも多いのですが、私としてはこれもどうかと思います。

できれば、地元の業者さんに相談して、どうしても急ぐ場合はその方から紹介してもらうようにすれば、長い目で見てお得かつ信頼が持てるのではないでしょうか。

記事にあった悪奥業者対策は「まずは、屋根に上らせないことです。そして、その場で修理依頼を即決せず、最初に見積書をもらうべきです。女性や高齢者お一人の所を狙ってくる事が多いので、たとえ一人でお住まいだとしても、『家族と相談しないと決められないから、 名刺と見積書をください』 と言って断ってください。実際、 この時もらった名刺から詐欺業者の逮捕につながった… という事例も聞いた事があります。『付き合いのある業者にもう頼んでいます』と、知っている工事店があれば実際に社名を出すのも有効です」と書かれていました。

一般的な業者の進め方は下記のような手順が多いと思います。
‥生 修理の依頼:電話・HPからの問い合わせ
現場調査:実際に業者が現地へ赴いて確認
F睛得睫澄Ыち兇垢戮箇所を依頼者に説明
じ積り:修理内容の見積書を作成
セ楾依頼:依頼主が見積もりを確認後、施工を依頼する
工事の段取り:工事スケジュールを決めて業者から連絡
Щ楾開始

適切な業者を選ぶコツがあるとすれば、上記のような手順をしっかりと説明の上、お互いのスケジュールをすり合わせながら進めてくれると思います。

記事に書かれていたのも「災害後、急ぐ気持ちも分かるのですが、原因や修理方法など、内容の説明をきちんとしてくれる業者をおすすめいたします。」とありました。

最後に、今日の記事を書かれていた瓦メーカーさんが訴えていたのは、大きな地震があるたび、瓦屋根の住宅が倒壊している所が映され、『倒壊したのは瓦が原因』『瓦が重いから建物がつぶれる』といった間違ったイメージが広がり、瓦業界は度々風評被害にあっております。ということ。

さらに、地震による屋根被害は瓦が原因ではなく、古い施工方法の住宅に多く起こり、耐震基準を満たしていない躯体の建物で倒壊が見られます。逆に言うと、瓦屋根であっても耐震基準を満たした建物は被害も少ないです。品質の良い瓦は、一枚から交換できて、長い目で見るとメンテナンスコストが低いんです。また、断熱性や遮音性、耐火性などもありメリットも多いので、どうか、瓦のことを嫌いにならないで欲しいと願っていますと書かれていました。

確かに、日本ではどうしても木造住宅が多い中で、建物の耐震性能が低いことを棚に上げて、瓦のせいにしてきたという歴史がありますね。そこに安価な屋根材が登場したことで、瓦を取り扱える職人さんは激減してしまいました。

簡単、早い、安い、うん、どこか怪しい雰囲気が漂っていますね。

失敗しない業者選びなら、是非一度弊社にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



節電詐欺にご注意とか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で省エネ住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から練馬区田柄計画検討、資料作成、板橋区板橋3丁目計画検討、協力会社さんと電話、その後徳丸の現場へ、台東区日本堤計画のお客様にご来場頂き打ち合わせなど、信用金庫さん来社。

午後からは高田馬場へ、RC-Z家の会会合出席、今回も技術や保険など活発な情報交換を行いました。夕方帰社後は信用金庫さんと電話、練馬の不動産会社さんと電話、練馬区田柄計画検討、社内定例ミーティング、世田谷区奥沢計画のお客様とお電話、ありがとうございます。田柄のお客様とお電話など。

今日くらいの気温なら、まだ我慢できますね。

ではこちら。

「シール張るだけで電気代が安く」クーラーの季節ご注意!被害相次ぐ節電詐欺

きょう24日(2015年6月)は各地で冷房がほしくなる夏日となっているが、司会の夏目三久が「節電意識に付け込む節電詐欺が相次いでいます」と取り上げた。東日本大震災後に電気料金が次々と引き上げられ節電意識が高まっているが、国民生活センターにはこんな相談が急増中という。消費問題に詳しい池田康太郎弁護士によると、一人暮らしの年金生活者や高齢者を狙った2つの手口という。

電力会社名乗って「節電危惧取り付けキャンペーン中」
手口の一つ目は節電シールの売りつけだ。一人暮らしの女性宅を男が訪れてこう切り出した。「この時期、冷房とかで電気代がかかって大変でしょう。このシールをブレーカーに貼るだけで電気代が安くなるんですよ」。半信半疑の女性に畳み掛けるように、「このシールを貼るとマイナスイオンが発生して静電気を緩和し電気の流れを良くします。毎月の電気使用量が20〜30%削減されるんです」

「1枚で?」とうっかり乗ってしまった女性に、男は「実は1枚じゃ効果ないんです。電気の流れを良くするためには6枚(5万円)のシールを貼らないとダメなんですよ。知的財産権も取得済みですし、絶対お得ですよ」
2015年6月24日 15時13分 J-CASTテレビウォッチ

なるほど。

昨日もエアコンをつけて、という記事を書きましたが、高齢者の方はどうしても節約に対して敏感になっていますので、節電というキーワードにもつい反応してしまうのかもしれません。

男性の方では日頃家にいる時間が少ないので、なかなかタイミングが合わないと思いますが、この手の話は結構頻繁に来るものなんですよね。自宅ならず会社にも定期的に類似の電話が来ます。

もちろん冷静に考えれば、なんとも怪しい話だということもわかると思いますが、やはり女性や高齢者の方だと、話の内容が技術的な言葉と流行の言葉を巧みに組み合わされてしまいますと、イマイチよくわからないままに聞いてしまうことになるのでしょう。

さらに記事にあったもう一つの手口は、電力会社社員を装った節電機器の売りつけというのがそれです。

これは「メーターの確認に来ました」と電力会社の社員を名乗り、最初は「問題ないですね」と帰っていくのですが、これは家族構成などの情報収集で、しばらくして再び訪れて「きょうはご相談に参りました」と写真を見せながら、「この機器を取り付けると電気代が3割から4割安くなるんですよ。今キャンペーン中で、特別なんです」と売りつける。というもの。

これもつい先日、お客様からご相談を受けたものと同類で、そのお客様のお宅には、関東電気保安協会の委託を受けたという怪しい業者の電話で、電気料金の請求書か検針票を手元にご用意下さいという電話だったそうです。

この手の電話は私も受けたことがありますが、電話口の相手は比較的若い感じで、言葉遣いも若者言葉の雰囲気が伝わるものだったと記憶しています。

もちろん本物の関東電気保安協会は実在しますし、一般家庭用の低圧電気設備の安全点検を行ったりする立派な業務があります。しかし、何かを売りつけたり、勝手に電気料が安くなるような提案をすることもありません。

すでにご存じの通り、来年4月には家庭用電力が自由化されることが決まっていますので、今後もさらに同様の事件が増えることが予想されます。自由化が実施される時点では、ブレーカーやメーターの交換工事などは必要ないにも関わらず、なんらかを売りつけてくるに違いありません。

ご家族や高齢の親御さんにも、こういった犯罪があるということを周知しておき、くれぐれも被害に遭わないようご注意ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
    人気ブログランキングへ     ←クリックを是非!



建築代金詐欺事件とは。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で安心な住まいを建てるならRCdesign

朝から降ったり止んだりの東京です。

そんな今日は朝から法務局へ書類受け取り、その後金融機関へ、帰社後は原稿作成、税理士さんと電話、千葉県柏計画検討、 都市銀行さん来社など。

午後は見積作成、渋谷区恵比寿2丁目計画検討、文京区関口のお客様からお電話、セキュリティー会社さん来社、文京区向丘計画検討、渋谷区東計画検討、資料作成など。夕方は世田谷区代田計画のお客様とお電話、ありがとうございます。お問い合わせ対応、北区田端計画検討、資料作成など。

やっと本格的な梅雨らしい天気になりましたが、ついネガティブになりそうなところ、雨を楽しめると良いですね。

ではこちら。

建築代詐欺で創業者に懲役4年 アーバンエステート

注文住宅販売会社アーバンエステート(破産)の旧経営陣による詐欺事件で、さいたま地裁は10日、詐欺罪などに問われた創業者永井昭四郎被告(64)に懲役4年(求刑懲役5年)、元営業部長三井晴子被告(60)に懲役2年8月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

杉山慎治裁判長は「倒産を認識しながらも担当者に営業を続けさせた結果、被害が生じた」と指摘した。
共同通信 2013年06月10日19時31分
 
なるほど。

被害に遭われた方の気持ちを考えると、少々あまい判決のような気がいたします。

もしかするとこの事件を知らないという方もいらっしゃるかもしれませんので簡単にご説明すると、この4年ほど前に起きた事件は、埼玉県にあった住宅会社が、施主から預かった工事代金を他に流用したまま倒産してしまったというものですね。

結果として多額の工事代金を支払っていたにもかかわらず、目的とする家は完成にほど遠い状態のまま工事がストップしてしまったわけです。

このような場合、通常だと工事を続けてくれる代替えの工務店を探して、何とか完成まで辿り着けるはずなんですけど、この事件では、施主が代金のほとんどを、場合によっては着工前に全額を支払ってしまっていたケースもあったようですので、被害が大きくなってしまいました。

その原因というのが、この会社の営業方法にあって、それは工事代金の早期支払いをすると工事代金を割り引くというものでした。

健全な工務店なら、工事の進捗、出来高に応じて全体を3回や4回に分けてお支払いいただければ十分経営は成り立つはずなんですけど。

それを、早めに支払えば工事代金を安くするなどと言って、集金を進めていたために、事件も大きくなってしまいました。

実はこの事件以降、家を建てる方の負担が確実に増えているんです。それは、このようなこともあるという前提で不安や心配が増えたこと、さらにその不安を担保するために、余計な費用負担を強いられ、保険などに入る場合もあります。

もちろん、このようなことが起きないという保証は無いんですけど、間違い無く施主を守るのは、工事の進捗以上の代金は支払わないということだと思います。

もしかすると施主の立場になった時、代金が安くなるなら早めに支払っても同じことだろう、と思ってしまうかもしれません。

しかし、家を建てるための見積にそんな幅があること自体不自然と思わなくてはいけません。多額の値引きは、そのまま企業の経営に直結するものです。それは大手も中小も同じ事。

二度とこのような事件が起こらないように、業界としても何らかの対策を考えていかなくてはいけないと思いますが、まずは家を建てる人にもその危険性を認識していただきたいと思います。

本来は施工業者との信頼関係を築くことが大切だと思います。その上で支払い時期はしっかりと守る。それがお互いに安心することが出来、長くお付き合い出来ることになると思います。

住まいづくりに迷われたら、是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 ←応援のクリックをどうかひとつ!

 人気ブログランキングへ       



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ