住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

近代建築

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

旧唐津銀行は110周年とか。

ロングライフな家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から図面作成、文京区白山計画検討、杉並区高円寺南計画、世田谷区新町計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、資料作成など。

午後は高円寺南計画のお客様とお電話、出版社さんとオンラインミーティング、原稿作成、渋谷区西原計画検討、図面作成など。夕方は白山のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。目黒区原町計画検討、お問い合わせ対応、杉並区今川計画検討、ミーティングなど。

ジョジョに年末モードに近づいている気がします。

ではこちら。

110周年の旧唐津銀行、CFで寄付募る 「日本近代建築の祖」設計関与

佐賀県唐津市出身で「日本近代建築の祖」として知られる辰野金吾(1854〜1919年)が設計に関わった、旧唐津銀行が2022年に落成110周年を迎えるのを前に、地域の魅力を再発見してもらおうと唐津観光協会などがクラウドファンディング(CF)で寄付を募っている。
2021年11月10日 12時1分 毎日新聞

なるほど。

その存在は存じ上げていましたが、未だに訪れたことがなかったですし、そもそも佐賀県には残念ながら一度も足を踏み入れたことがありません。

しかしながら、ここにきて注目を集めている建物のロングライフ化を、100年以上も前から実践していたこの建物は、これからも大切に保存を続けて欲しいと思いますし、その建築的な魅力を一般の方にも是非知ってもらえると良いと思います。

記事にもありましたが、この旧唐津銀行は、日本銀行や東京駅など国家的建築物の設計を手がけた辰野の監修で設計されて1912年に落成。辰野建築物に特徴的な赤レンガを使った洋風建物です。唐津市内で辰野が設計に関わった唯一の現存する建物で、市のシンボル的な存在となっています。

今回のCFによる寄付の目標額は200万円で、得られた資金は110周年記念誌や建物内の辰野金吾記念館で展示する大型パネル製作などに充てる予定だそうです。

発起人の一人で地元ケーブルテレビ「ぴーぷる」の中村隆社長は「知っているようで知らない地域の魅力を再発見してもらい、地域に愛着を持ってほしい」と期待を込めているそうです。

専用のサイトを拝見したところでは、寄付の額に応じて感謝のメールからオリジナルカードなどがもらえるなどの特典があるようです。

日本の未来を豊かなものにするには、ロングライフな建物を増やしていくことが必要ですし、この歴史的建築物の保存もまた非常に大切です。

CFによる寄付は11月末までだそうです。寄付は下記の専用ホームページからどうぞ。
 

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←お力添えを是非!



ニューノーマルの先駆けとか。

先駆けの家を建てるならRCdesign

くもりのち雨時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、事務組合さんへ書類お届け、帰社後は設備機器メーカーさん来社打ち合わせ、文京区白山計画検討、渋谷区西原計画検討、サッシ屋さんと電話、賃貸管理業務、お問い合わせ対応、税理士さんと電話など。

午後は内装建材メーカーさん来社打ち合わせ、大田区田園調布計画検討、資料作成、北区赤羽西計画検討、見積作成、新宿区西新宿計画検討、提携会社さんと電話など。夕方は渋谷区東のお客様とお電話、見積作成、練馬区谷原計画検討、社内ミーティングなど。

大気が不安定な上に台風が接近中です。くれぐれもご注意ください。

ではこちら。

「ニューノーマル」の先駆け?ル・コルビュジエの日本唯一の建築

世界的に有名な建築家による設計、貴重な歴史的建造物、ブランドの名に恥じぬフラッグシップビルなど、東京に数多くある素敵な建築物を建築家の三村大介さんがご案内。ちょっとした知識や見方が身に付けば、建築物の価値がガラリと変わる、身近にある建築を見るのがずっと楽しくなる連載です。ご期待ください(JBpress autograph編集部)。

約100年前にもたらされた建築の大変革
早いもので、これまであたりまえと思っていた習慣や常識が通用しない生活環境になって1年以上となる。マスクや消毒は必需品、ステイホームでテレワーク、会食は避けてデリバリー、余暇はソーシャルディスタンスでバーベキュー・・・未知のウィルスは私たちにニューノーマルと言われる新しい価値観への変換をもたらした。
2021年6月25日 12時0分 JBpress

なるほど。

確かに世の中の常識や価値観が、こんなにも劇的に変化する様を目撃することになるとは、想像することすら出来ませんでした。

そんな中では、新しい生活様式として定着したものも多いですが、今だに慣れることもなく一時も早く無くしてしまいたいルールもあったりします。

こと建築関係では、従来からあった24時間換気設備を一層拡充して空気環境を良くすることや、スイッチ類の非接触化と言った技術的な革新、玄関先での手洗いや家事動線の見直し、さらに在宅勤務用スペースなど間取りプランの見直しが進んできました。

記事によれば、歴史上感染症が社会や生活の有り様を大きく変えたのは、もちろんこれが初めてではない。その中でも、100年ほど前、世界中でパンデミックを引き起こした結核やコレラ、インフルエンザ、これらは建築や街に、現在にも通じる大きな変革をもたらした。それは『近代建築(モダニズム建築)運動』と言われるということ。

さらに一般的に『近代建築運動』は、20世紀初頭、産業革命以降の工業化やライフスタイルの多様化を背景として、過去の様式建築からの呪縛を解き放ち、鉄やコンクリート、ガラスを用いた「機能性」や「合理性」を重視した新しい建築を創ろうとするムーブメントと解説されるが、実はその根底に、「感染症を予防する清潔で健康的な建築と都市を創る」という大きな理念が含まれている。と書かれていました。

そして20世紀の「ニューノーマル」な建築を確立したと言われているのが、ル・コルビュジエです。そんな彼の近代建築運動への多大なる貢献度が評価され、2016年には彼の7カ国に渡る17作品が世界文化遺産として登録されました。そのうちの1つが《国立西洋美術館》なんですね。

この国立西洋美術館に関しては本当に有名な建築物ですのでここでは触れませんが、私が好きな建築物の一つとして、これまでにも幾度も参考にさせて頂きました。

そして今、もしかすると新しい時代のニューノーマルとして、建築でできることや暮らし方を更新するタイミングになっているのではないでしょうか。

記事にもありましたが、そんな現代に果たして巨匠ル・コルビュジエだったら現況をどう捉え、どのような考えを提示するのか、そんなことを考えるだけでもちょっと楽しくなります。

今後の住まいはより高性能化が進み、ランニングコストほぼゼロで快適な暮らしが実現できることが標準となるでしょう。さらにどんな自然災害に見舞われたとしても、生命と財産を確実に守ることが出来るようになるでしょう。

次の時代に残す家を建てるなら、是非RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ