住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

選択基準

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

家に求める基準とか

最高の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、見積作成、足立区足立計画検討、文京区千石計画検討、港区東麻布計画検討、電気屋さんと電話、書類作成、お問合せ対応など。

午後からは渋谷区東のお客様宅へお打ち合わせなど。帰社後は賃貸管理業務、図面作成、原稿作成、所沢市中新井計画検討など。夕方は書類作成、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

何と21度超えで春一番だそうです。

ではこちら。

今から家買う人に伝えたい「絶対重視すべき3基準」

同じマイホームといっても、マンションと戸建てでは評価の仕方が大きく違う。これは家に何を求めるかで人によって違ってくることになる。その判断軸を明示するので、どちらが合っているかを考えてみてほしい。

家に求めるものは3つあると私は考えている。
2024年2月15日 10時20分 東洋経済オンライン

なるほど。

今日の記事はどのような方が書かれていたのかを見てみますと、不動産コンサルタントという肩書きの方が書かれていたようでした。

これは私の個人的な印象なんですけど、建築屋さんと不動産会社とは全く違う職種で、その専門性も違いますので、その経験値や見る角度も違うものだと思います。

一般的には建築の技術的観点や製品としての善し悪し、使い勝手などは建築屋さんの経験値が参考になるでしょうし、商品としての不動産売買に関する契約手続きやローン関連、またはその情報量では不動産業者さんの経験が役立つと思います。

そんな中で記事を見てみますと、しっかりと情報収集をされた上で書かれているようですし、事実に基づいた内容と市民目線の内容になっているようでしたので、参考にして頂けると良いと思います。

記事にあった1つ目は「災害に対する安全性」であり、命の問題に関わる。2024年元日の能登半島地震では亡くなられた方は、1月31日時点で238人、そのうち63%が圧死と窒息・呼吸不全が死因となっている。石川県珠洲市の現行の耐震基準が導入されていない1980年以前に建てられたいわゆる旧耐震の住宅の割合は65%で、全国1086市区町村の中で最も高くなっていた。とのことです。

さらに安全生については、2016年の熊本地震の際のデータで旧耐震が全壊しやすいこと、新耐震以降でも築年が古い物件ほど倒壊率が高くなることがわかっている。と書かれていました。

次に家に求めるものの2つ目は、「断熱性と快適性」で、健康に関わる問題である。日本の家は冬が寒く、夏は暑い。これは断熱性能が低いせいで、諸外国と比較すると発展途上国並みとなる。断熱性能を先進国並みに上げて、気密性を高めて、24時間換気をきちんとすれば、冬でもTシャツ一枚で過ごせる環境を作ることができる。とのこと。

こちらもさらに近畿大学の岩前篤教授が長年調査した結果によると、引っ越し先の断熱性能のレベルで各種疾病の改善率が大きく違うことがわかっている。アレルギー性鼻炎、手足の冷え、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などが改善するのだ。これは室内の空気環境を良好にすることの効果である。と書かれていました。

そして家に求めるものの3つ目は資産性で、お金の問題である。マンションは買った価格から値上がりすることがあるが、戸建てでは原則ない。誰にでも必要な自宅で住み替えながら資産形成できるのはマンションだが、戸建ては木造の耐用年数である22年は住み続けることが求められる。中古戸建ての取引価格は、土地価格+減価償却後の建物価格となるが、土地価格は安定していてほぼ下がらないのに対して、建物価格は22年でゼロ評価になるからだ。とありました。

確かに、このあたりはいつもお伝えしているとおりですが、RC住宅なら法定耐用年数は47年ときめられていますので、住宅ローンが終わってもしっかりと価値が残っていますし、売却時にも建物価格が維持されているケースが多いですね。

記事では、安全性・断熱性・資産性の3つの評価軸から、マンションと戸建てを評価しよう。マンションは鉄筋コンクリート造なので、圧死するリスクが低く、冬は室内も寒いがヒートショックを起こすほどではない。非常に優れているとはいえないが、この2点でどの物件も100点満点中70点程度で大きな差がなく、一定の安心感はある。と書かれていました。

これら記事にあった重視すべき基準に、私はもう一つ足して頂きたいと思っています。それは災害時に自宅で避難生活が継続出来るか、という点です。そのためにはどうしても発電設備が必要で、最小規模でも良いので、あるかないかが非常に大きな差になると思います。

したがいまして、安全生・断熱性・資産性、さらにエネルギー確保、が出来ているかという点も非常に重要な基準となるでしょう。

記事にも書かれていましたが、注文戸建てでも住宅の性能差は大きい。命と健康に関わる問題をないがしろにする家はもはや家ではなく、災害の際に凶器と化してしまうことを忘れてはならない。そのコストは住宅ローンを組んで月々に直すと大した金額にはならない。ということです。

結論として、戸建てについては、性能を最重要事項にして健康で寿命が延びる快適な家を手に入れましょう。一番のオススメはRC住宅です。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



家づくり講座は100%を求めないとか

東京で家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、その後杉並区西荻窪の現場へ作業視察など、帰社後はミーティング、電気屋さんと電話、港区高輪計画検討、文京区千石計画検討、オーナー様とご連絡、千葉県柏市計画検討、見積作成など。

午後も見積作成、溶接屋さんと連絡、渋谷区東計画検討、その後港区内でご検討中のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。蓮根の不動産会社さんと電話、電気屋さんと電話、書類作成など。夕方は足立区足立計画検討、杭屋さんと連絡、港区東麻布計画検討、提携会社さんと電話、ミーティングなど。夜は事務組合さんの会合出席。

新年あけましておめでとうございます。春節を迎えましたので、中国・中華圏における旧暦の正月ですね。それでは土曜日恒例の家づくり講座第525回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

早速ですが、あなたが「家が欲しい!」と思ったきっかけは何ですか?

「今の不満を無くしたい」「年金生活になると賃貸生活は無理だから」「いざという時、資産として活用したい」「自分の城を持つことは長年の夢だから」など、人それぞれいろんな理由があります。

その上で、十分に計画を練って新築しています。

なのに、多くの人が、新築後数年以内に何らかのリフォームしているんです。

例えば、聞いたところでは「暖房してもリビング階段から熱が逃げるから、リビングと階段の間に引き戸を後付けした」「洗濯物は2階のベランダに干す予定だったが、使い勝手が悪いので1階にサンルームを設けた」とか。

または「夏の日差しと道路からの視線が嫌で、大きめのサンシェードを付けた」等々…。

家づくりには、
・住み始めてからでないとわからないことがある
・家族の成長や時代の変化と共に価値観は変わる
というリスクがあります。

それに対応するには、
・手元にある程度の資金を残しておく
・借入可能額ではなく、返済可能額で予算を組む
・最初に100%を目指さず、変化に対応できるようにしておく
ことが大切です。

とはいえ、業者と打ち合わせを重ねていくうちに、業者の価値観に流されそうになることもあります。

「4人家族なら最低限これくらいは…」「最近の家づくりの主流は…」という言葉に、気づかない内に影響を受けてしまうんです。

そのアドバイスが親切心からなのか営利目的なのかはわかりません。しかし、もしあなたの価値観に合わない内容なら安易に受け入れるのはやめた方が良いでしょう。

さて、あなたにとって家づくりで最も大切なことは何ですか?

新居に無くてはならないものは何ですか?

そして、最も避けたいことは何でしょう?

これらのことを考えつつ、予算にも心にもゆとりを持った家づくりを心がければ、入居後の価値観の変化も、きっと楽しめることでしょう。

住まいづくりに迷われていたり、もしくは迷われる前に、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは良い連休を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



安いものより良いものを。

価値のある家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、文京区小石川計画検討、書類作成、白山計画検討、事務組合さんと電話、金融機関さんと電話、江戸川区東小岩計画検討、賃貸管理業務など。

午後は小石川計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。社内システムメンテナンス、渋谷区西原計画検討、見積作成、お問合せ対応など。夕方は所沢市計画検討、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

帰宅時には冷たい雨になっていました。

ではこちら。

安いからこれにする…娘の一言で気づいた「呪い」実体験に共感の声

自身の欲求に従わず、「安いから」という理由だけでものを選ぶことで、知らないうちに選択肢を狭める犲い瓩砲かっていた実体験を描いた漫画がツイッターに投稿され、多くの共感の声が寄せられている。

きくまき(@kikumaki00)さんは20日から21日にかけて漫画を投稿。家族でグッズなども販売している創作同人誌の即売会を訪れた場面。絵が気に入ったわけでもなく「安いからこれにする」と100円のものを選ぶ娘を見て、自身にこびりついた「安いから」の呪いが伝染していることに気づき、焦ったというきくまきさん。
2023年2月24日 17時30分 よろず〜ニュース

なるほど。

何とも寂しい記事ですが、バブル崩壊以降失われた何十年で強化された、これは日本人の国民病とも言うべき症状かもしれません。

100均というビジネスモデルを考え、それがヒットし続けている国ですからね、他のアジア各国では100均の看板は残っているものの、日本と同じように本当に100円で売っている国はすでに無くなっているのではないでしょうか。

いつも話題になるビックマック指数にしても、すでに先進国では最安ですし、もしかするとアジア各国の中でも最安かもしれませんね。

記事にあったきくまきさんは母親の影響を大きく受けたということです。母親は「これが良い」より「安いから」を優先し、食品、衣服などを選択される方だったそうで、その徹底ぶりは巨人ファンにもかかわらず、価格が低い他球団の服を着るほどだとか。

そんな母親の元で育ったきくなかさんは上京後、自然と「安いもの」で囲まれた生活になり、「外食でもメニューから安いものを選ぶのが当然でした」と振り返っていました。

そんな筆者さんも好きなものに投資するタイプの夫と過ごすうちに「『安いから』で選ぶより『欲しいから』で選んだ方が絶対人生楽しいじゃん!」と気づき、呪いは解かれたそう。

きくなかさんは、「安いから」で選ぶ癖を直したことで「これがおいしそう!で選んだものを食べて実際おいしいと、人生が充実している感じがします」と手ごたえを語っていました。

家を建てるという場面では、その金額も大きくなってしまいますので、少しでも抑えたいという気持ちになるのは当然ですし、予算があってのお話しでなければいけないはずです。

しかし、そんな大切な投資だからこそ表面的な金額を選択基準にしてはいけないと思うんです。価値の無い3,000万円と価値ある4,000万円、安い方を選ぶことしか出来ないということは、まだそのモノを見る目、選択基準を持てていないということです。

弊社にお越しいただくお客様ではほとんどいらっしゃらないのですが、それでも稀にモノの価値をご理解頂けないまま、無理なご予算を押し付けようとされる方もいたりします。

何を目的に家を建てるのか、雨風がしのげれば良いのか、家族の人数分個室が作れれば良いのか、そうではなく家族が安全に、快適に、ライフスタイルを実現できるように、そのステージを準備することと同時に、子孫に資産を残すことを目的とするとか。

あなたのライフスタイルに合った家、一つ上の理想のライフスタイルを実現するための家、どんな暮らしを送りたいのか、どんな時間を過ごしたいのか、そのためにはどのくらいのコストが必要なのか。

金額も選択基準の一つではありますが、決してそれだけを基準にしてはいけません。

違いのわかる大切なあなたには、RC住宅がきっと似合うと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←どうかひとつ。



家づくり講座は業者選びのヒントとか。

オリジナルな家を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から大工さんと電話、日野市計画検討、見積作成、サッシ屋さん来社打ち合わせ、資料作成、久喜計画検討、お問い合わせ対応など。

午後からは有楽町へ、港区白金でご検討中のお客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は板橋区赤塚計画検討、見積作成、賃貸管理業務、高島平のお客様と連絡など。夕方は渋谷区のお客様とお電話、日野市計画のお客様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

日中は暑く感じるくらいでした。度重なる自然災害にお疲れのことと思いますが、今週も土曜日恒例の家づくり講座第415回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

業者を選ぶ時、まずは新築する地域にどんな業者がいるのかを調べます。そして、気になる複数の業者と接触し、最終的に一社に絞ります。

この時、依頼先をなかなか決められない人がいます。

「A社は価格が魅力的。B社は耐震性や断熱性が優れているから安心して暮らせそう。でも、アフターフォローが丁寧なC社も捨てがたい…」といった具合に。

確かに、それぞれの業者には長所も短所もあるので『最も優秀な業者』を選ぶのは難しいですよね。「全部の業者のいいとこ取りをしたい」という気持ち、よくわかります。

しかし、最も優秀な業者を選んでも、あなたが望む家づくりはできません。

なぜなら、あなたが家づくりする理由は、あなたと家族が幸せになるためだからです。

そのためには、『最も優秀な業者』ではなく、『あなたの家づくりに最も共感し、それを実現してくれる業者』を選ぶ必要があります。

そんな業者を選ぶにはどんな家づくりをしたいのかが明確でなければなりません。でないと、打ち合わせの度に気持ちが揺れ動きます。それを繰り返すと、あなたも業者も疲れ果ててしまうことでしょう。

例えば内壁。壁紙にする?塗り壁にする?壁紙にするとしたら、素材はビニールクロス?紙クロス?織物クロス?では、そのデザインは?壁紙は部屋ごとに変える?それとも統一する?

…結構大変ですよね。

このとき、
・多少高くても、健康を最優先にした壁紙にしたい
・子供が汚してもストレスが溜まらないよう、汚れや傷が目立たないものがいい
・ほかの部分に予算を回したいから、価格を重視したい
など明確な基準があれば考えが迷走することはありません。住み始めてから後悔する可能性も低いでしょう。

あなたの心の中には、「こんな家づくりをしたい」という明確な基準ができていますか?

できているなら、後は、それを叶えてくれる業者を探せば良いだけです。もしできていない状態で話を進めると、何も決められなかったり、後悔する可能性が高くなります。

そういえば、外食をする時、どこに行くか長時間迷う人がいますよね。やっとお店についても、メニューを見て延々と迷ったり。

その理由は、その人の中に明確な基準がないからです。

あなたには、そんな傾向はありませんか?

もしあるのなら、外食をする前に、明確な基準を設けるよう習慣づけてみましょう。その習慣は、家づくりにも役立ちますよ。

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をヨロシク!



家づくり講座はコスパとか。

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京でコスパ重視の住宅を建てるならRCdesign

引き続き大雨の東京です。

そんな今日は朝から資材置き場へ、大工さんと打ち合わせなど、その後ご近所のマンション補修工事、帰社後は目黒区五本木計画検討、見積作成、1丁目のお客様とお電話、電気屋さんと電話、埼玉県富士見市でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。資料作成など。

午後は業者さんと電話、その後1丁目のお客様宅訪問、現調など、帰社後は板橋区弥生町計画検討、図面作成、杉並区宮前計画検討、土地探し、豊島区駒込計画検討など。夕方は大工さんと打ち合わせ、北区西ヶ原計画検討、書類作成、お問い合わせ対応、各種段取りなど。

記録的な大雨ですが、被害はございませんでしょうか。引き続き十分ご注意ください。

なんとなく久しぶりの土曜日のような気がしたら、先週末はベトナム出張があったのでブログをお休みしていましたね。ごめんなさい。それでは土曜日恒例の家づくり講座第202回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

消費者のコスト意識について、興味深い調査があります。
マーケティングリサーチのアイシェアが、20〜60代の男女に行った調査によると、買い物をする際にコストパフォーマンスを意識する人は94.2%です。

その中でも、車や住宅などの高額商品ほど、コスパに対する意識が強まっています。また、増税や景気に対する不安が原因なのか、約半数の人々が、ここ数年でコスパに対する意識が高くなったと感じています。

「日本人は小さい車に乗る人が多い」と、来日した外国人が驚いたというエピソードをたまに聞きますが、コスパを重視する人は、その外国人の感覚に驚くかもしれませんね。

消費が美徳と言われたのは昔の話。限られた収入を大切に使うなら、常にコスパを意識したいものです。

でも、ひとつだけ注意してほしいことがあります。パソコンや車は、全国に同じ製品があり、性能や金額を比べて買うことができます。でも住宅は違います。

規格型住宅を全くアレンジせずに建てる場合は別ですが、多くの施主は、自分の暮らしに合わせた家づくりを目指します。そのため、全国に同じ住まいがあるとは考えにくいし、性能や金額を比べて買うことができません。

単に金額の多い少ないということではなく、金額に見合った価値があるか、流行に左右されず長く使うことが出来るかという点が、コスパの判断基準です。

ですから、新居でどう暮らしたいのか、どんなふうに家族や地域と関わっていきたいのか、あなたが住まいに求めるものを考えてみましょう。

「光熱費や修繕費など、出費が少ない家」を建てたいのか「自分や家族が生活を楽しめる家」を建てたいのか。それとも・・・。いろいろ出てきそうですね。

ちなみに、「コスト以外の要素で重視するポイント」は、
1位・・・使い勝手の良さ(48.0%)
2位・・・長く使える・流行に惑わされない(44.1%】
3位・・・機能や性能(40.9%)
4位・・・アフターサービス(サポート)の充実度(34.2%)
5位・・・デザイン・センス(32.3%)
とありました。

車やパソコンなどでは『機能や性能』がトップですが、住宅では3位となってしまっています。それにしても、1位の『使い勝手がいい』って、少し寂しい言葉だと思いませんか。多少不便でも『住み心地がいい』ことの方が、私にとっては大切にしたいことなんですが。

家族の行動や性格は、住まいに影響される部分も多いもの。ですから、どんな住まいにしたいのか、もう一度、じっくり考えたいものです。

このような調査は、自分が普段意識していないことについて考える、良い機会になります。家づくりが始まると、何かと慌ただしく、じっくり考える時間がなくなるものです。

ですから、「いつか家が欲しいな〜」という頃から自分の考えを見つめ直していると、漠然としたしたイメージを、徐々にはっきりとしたイメージに作り上げることができます。

あなたが家に求めているのは何か。今から考えてみませんか?

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日も応援のクリックをどうかひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ