住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

阪神淡路大震災

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

阪神淡路大震災から26年とか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

くもりのち晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、杉並区高円寺南計画検討、社内ミーティング、目黒区原町計画検討、北区赤羽西計画検討、書類チェック、大田区田園調布計画検討、図面作成など。

午後は図面作成、世田谷区三宿計画検討、お問い合わせ対応、書類作成、賃貸管理業務、リフォーム計画検討、構造担当と電話など。夕方は渋谷区西原計画のお客様とお電話、文京区白山計画検討、各種段取り、ミーティングなど。

乾燥と寒さが続いていますね。暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

阪神大震災の追悼行事、参加者激減 コロナで規模縮小 記憶の継承にも影響

6434人が犠牲となった阪神大震災は17日、発生から26年を迎えた。神戸市中央区の東遊園地では「1・17のつどい」が開かれ、発生時刻の午前5時46分、「がんばろう 1・17」の文字に並べられた灯籠(とうろう)に向かって遺族らが黙とうした。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、各地で集会などが縮小されたり、中止されたりして、自宅などでの追悼に変更した人も多い。記憶を継承・共有する追悼行事や防災訓練など、集うことで効果が上がる活動もあり、一層の知恵が求められている。
2021年1月17日 19時5分 毎日新聞

昨日は阪神・淡路大震災から26年という日でしたね。

毎年この日を迎えると、私も当時の記憶がよみがえりますし、今も取り組んでいるRC住宅の普及を再確認すると共に、そのスピードがなかなか進まないもどかしさを感じます。

今年はやはりコロナ禍ということもあって、いろいろな行事が縮小や中止となっていますので、寂しい思いをされている方も多いことと思います。

本当に心配なのは、この教訓を語り継ぐということまでもが、途切れてしまわないように、意識と努力を続けていかなくてはいけないと思います。

記事にもありましたが、学習施設「人と防災未来センター」(神戸市中央区)では2020年4〜11月の来館者が約1万9000人だったそうです。4〜5月の緊急事態宣言に伴う休館や修学旅行の減少で、前年の約17万人の1割程度にとどまったということです。

さらに被災体験を対面で伝える「語り部」の利用者も前年の約4万人から約5000人にまで落ち込んだということ。VR(仮想現実)の活用で補うが、語り部の高齢化も進んでおり、記憶の風化が進む懸念もあると書かれていました。

これまでに、日本人は本当に多くの犠牲を払わせられてきたと思います。災害大国ということもすでに周知の通りなんですけど、何故か数年で忘れられたり、優先順位が下げられてしまうことが繰り返されているように思います。

そんな中、先日発見した記事で紹介されていたのが、すごい本が出たという記事で、「スマホで見る阪神淡路大震災〜災害映像がつむぐ未来への教訓」(西日本出版社)というもの。

これの何がすごいかというと、各ページに印刷されているQRコードにスマートフォンのカメラをかざすと、朝日放送がウェブサイトで一般公開している震災映像の巨大なアーカイブに瞬時にアクセスでき、ニュース用に粗く編集した当時の映像を全て無料で見ることができてしまうということ。

地震発生時のテレビの生放送の様子、倒壊した家屋、街を襲う火災、遺体の捜索、避難所の状況など、震災直後を記録したざらついた映像からは生々しい臨場感と緊迫感が伝わってくるそうです。

この本の著者さんは「400年先に震災の教訓を伝える」という遠大な目標を掲げて黙々と作業を進め、ついに「本」という形で世に問うことができたとか。

この「400年前」というのは、慶長伏見地震があった「1596年」を指すそうで、阪神・淡路が起こる前は、関西に住む人の大半は「この辺は大きな地震が起こらない」と油断していたということなんです。

実は400年前に伏見城が破壊されるほどの揺れに見舞われており、神戸でも液状化や古墳の崩壊などの被害がもたらされていた。「古文書にはこうした被害の記述があったにもかかわらず、災害は伝わっていなかったんです」と書かれていました。

ちゃんと記録が残っているにも関わらず、教訓にすることができなかったのは、400年という時間も確かにあったと思いますが、あまりにも人間の愚かさを感じてしまいます。

この「スマホで見る阪神淡路大震災〜災害映像がつむぐ未来への教訓」という本は西日本出版社から税別1500円で発売中ということです。

阪神淡路大震災以降も、日本では多くの震災や自然災害に見舞われましたが、どれだけ教訓を残せているか、また対策を行ってこれたかを考えると、先人の人たちに申し訳ない気持ちになってしまいます。

今年もまた気持ちを新たにして、日本を災害に強く豊かな国にするために、RC住宅の普及に尽力して参りたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←今年もヨロシク!



阪神淡路大震災から22年です。

東京で耐震住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後豊島区東池袋でご検討のお客様宅訪問、打ち合わせなど、帰社後は業者さんと電話、豊島区西巣鴨計画検討など。

午後は高田馬場計画検討、新宿区百人町計画検討、見積作成、お問い合わせ対応、出版社さんと電話、新宿区落合でご検討のお客様とお電話、ありがとうございます。夕方は文京区大塚3丁目計画検討、図面作成、お問い合わせ対応、ミーティングなど。

この寒空の下で、何日も野宿できますか?食料も無いかもしれません。いつまで続くかもわかりません。そして全てを失った喪失感に耐えられるでしょうか。そんなことを考える日です。

ではこちら。

震災の教訓、次世代に=菅官房長官

菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、阪神大震災から22年を迎えたことについて、「亡くなられた方々に心から哀悼の意を表したい」と述べた。その上で「教訓をしっかり検証して次の世代に伝えていくことが極めて重要だ」と語り、震災の経験を首都直下地震や南海トラフ地震の防災・減災対策に生かす考えを示した。

また、阪神大震災以降も各地で大規模自然災害が相次いでいることに触れ、「個々人が被害を軽減するためには、公助だけでなく地域における自助・共助の取り組みが重要だ」と指摘。防災訓練への参加や生活用品の備蓄など災害への備えを国民に促した。
2017年1月17日 11時58分 時事通信社 

なるほど。

すでに今年成人された方では、この震災を知らないということになりますが、今日から22年前の1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の兵庫県南部地震が発生しました。

この地震では、神戸市や淡路島の一部で震度7に相当する揺れが発生しましたが、東北から九州にかけての広い範囲でも震度1 以上が観測されました。

この阪神・淡路大震災では、家屋の倒壊や家具の転倒等により多くの被害が発生し、地震から命を守るためには、家屋の耐震化と家具の固定をしっかりしておくことが大切という教訓を得ました。
 
また、木造住宅密集地域では、火災が発生してから数日間にわたって燃え続けていました。その光景は映画などのフィクションで目にする以外では初めて目にしたもので、大変な衝撃を憶えています。

後に原因が判明した火災のうち、最も多かった出火原因は、電気器具に関係する火災でした。この中でも特に対策が必要とされたのが、地震による停電が復旧したときに発生する「通電火災」です。

地震の影響により発生した停電により、電源が入ったままとなっていた倒れた電気ストーブが、通電後に近くの燃えやすいものと接触し、引火したという事例がありました。

また、地震により傷ついた電気コードは、通電した際にショートし、近くの燃えやすいものに引火する可能性があります。地震が発生したときは、まず身の安全を守ることが大切ですが、揺れが収まり、安全に行動できるようになったらすぐに火の始末をし、避難する際には、ブレーカーの遮断を徹底しましょう。

現在はあらかじめ設定しておいた震度以上の地震の揺れを感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止める「感震ブレーカー」の設置が推奨されています。通電火災対策のためにも、感震ブレーカーの設置を検討してみましょう。

ちなみに都市ガスは震度5相当以上の揺れで、自動的に止まるようになっていますので、慌ててガスコンロの火を消しに行く必要はありません。

地震の揺れから身を守ったあとの生活のためには、備蓄品を準備することも大切です。地震の影響で、ライフラインが停止する場合も当然考えられます。

災害後1週間は支援物資が届かないと想定して、家族分の水や食料を備えておくと良いようです。食べながら補充するローリングストック法で備蓄すれば無駄になることもありませんね。

また、家族に乳幼児や高齢者、女性がいる場合は必要なものを別途用意しておくことも必要です。特に携帯用トイレはこれまでの震災でその必要性が確認されています。

どれほど備えておけば完璧ということはありませんが、基本的に安全は自己責任という意識が大切で、まずは自分や家族の安全をしっかりと確保すること、その上でご近所や地域のお手伝いをするのが基本です。

今の時代なら、災害時に必要なモノやその時の行動など、必要な情報は簡単に収集できると思います。しかし、実際に被災された方々の貴重な意見や教訓は意外と少ないように思います。

やはりここでも必要なのは、正確な情報を見分けるという自身の能力かもしれませんが、何よりも考え得る最善の備えを、今すぐに実行してください。

弊社は地震に負けない、倒壊せず、燃えない住宅をつくり続けて参ります。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←応援よろしくお願いします!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ