住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

防災の日

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

防災の日と新しい時代とか。

東京で家を建てるならRCdesign

くもりのち雨の東京です。

そんな今日は朝から文京区白山計画の現場でコンクリート打設がありました。資料作成、大田区田園調布計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。杉並区今川計画検討、高田馬場のお客様とお電話、杉並区高円寺南計画のお客様とお電話、設備屋さんと連絡、資材メーカーさんと電話、図面作成など。

午後は管理組合さん来社打ち合わせ、資材発注、練馬区谷原計画検討、見積作成、提携会社さんと電話、白山計画のお客様とお電話、電気屋さんと電話、資材メーカーさん来社打ち合わせなど。夕方は打ち合わせ、北区赤羽西計画検討、白山計画検討、世田谷区新町計画検討、ミーティングなど。

9月になりましたね。途端に涼しくなりましたので、体調管理にはご注意ください。

ではこちら。

関東大震災、古臭い江戸文化を捨て去る “号砲” に/9月1日の話

1923年(大正12年)9月1日の午前11時58分、のちに「関東大震災」と呼ばれる大地震が、東京・横浜一帯を襲った。

死者・行方不明者は10万5000人に及んだ。なかでも、火災によって命を落としたのは9万2000人ほどいたとされている。

ほとんどの家屋が木造だった時代に、火災の発生は命取りだ。熱で水道管が破裂したことから、消火活動もままならなかった。
2021年9月1日 1時30分 Smart FLASH

なるほど。

本日9月1日は「防災の日」ですね。その前後となる8月30日から9月5日までが「防災週間」と定められていて、例年は自治体や企業による防災避難訓練が数多く行なわれています。また、ご家庭でも災害が発生した場合の避難先を話し合ったり、防災用品のチェックをしたり、色々な対応を行なっていることと思います。

記事にもあったように、100年近く前に発生した関東大震災では、大変大きな被害となってしまいましたが、実は津波の被害も大きかったということを今日の新聞で読みました。

熱海で12m、房総半島で9mなど、ここでも多くの命が失われたという記録があるそうです。

100年前に比べたら、街づくりも建築技術も進化していることに違いありませんが、一方で東京という都市は膨張を続け人口も多くなっていますので、単純には比べられませんが決して安全になったとは言えないと思います。

今もまだ木造住宅密集地域が各所に点在していますし、4mに満たない道路に面する土地も多いです。建物の多くは風圧や水圧に対する検討はされていないと思ってください。

記事の中で歴史学者の濱田浩一郎さんが語っていたのは、「関東大震災では、44万戸以上の家屋が焼失、25万戸以上が全壊・半壊するという大きな被害が出ました。幸い生き残っても、戻る家がない人がたくさんいたのです。人々は寺や学校などの避難場所に逃れたのち、日比谷公園などにできたバラックに移り住みました。

翌年には、住宅不足を解消するため、内務省に財団法人『同潤会』が設置され、仮設住宅や木造長屋などが次々とできました。復興計画の一環として、鉄筋コンクリートの同潤会アパートメントも建設されます」ということ。

また、記事で紹介されていた作家の田山さんは、江戸的なものが少しも混ざらない新しい東京が立ち現れるなら、この大破壊もムダではなかったとする。と書かれていました。

大正時代は、そこかしこに「古臭い江戸」が残っていたそうですが、関東大震災は、日本人が古きものを捨て去り、新しきものを採用していく号砲となったということのようです。

もしかすると、このコロナ禍でも、古い昭和を捨て去り、新しい時代を向かい入れるタイミングとなるように動いているかもしれません。

地震はもちろん、豪雨大雨、台風や竜巻、河川の氾濫や土石流など、世界一危険な都市に必要な性能に加えて、持続可能で省エネな暮らしを実現し、災害時にも避難所生活を回避できる住まいが新しい時代の理想だとすれば、そんな住まいを普及させなければいけません。

いつ何時も防災の意識を持って、暮らして頂きたいと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援ありがとうございます!



W杯出場決定とすぐにできる防災とか。

東京で防災住宅を建てるならRCdesign

朝から雨で肌寒い東京です。

そんな今日は朝から中野区南台計画検討、見積作成、電気屋さんと電話、豊島区西巣鴨計画検討、板橋区相生町のOBオーナー様とお電話、文京区本郷計画検討、事務機屋さんと電話、リフォーム計画検討など。

午後は地盤改良屋さんと電話、文京区根津計画検討、大田区西蒲田計画検討、資料作成、金融機関へ、帰社後は杉並区高井戸東計画検討、見積作成、新宿の不動産会社さんと電話など。夕方はお問合せ対応、中野区大和町計画検討、文京区大塚計画検討、ミーティングなど。

祝!サッカーワールドカップ出場決定!いやはや、オーストラリアには嫌な思い出しかない中で、よくぞ勝ってくれました。いろいろと特別な8月になりましたね。

ではこちら。

9・1防災の日 すぐにでもできるコト

あす9月1日は「防災の日」です。大型の台風15号の影響で小笠原諸島では荒れた天気に、東日本でも太平洋沿岸部を中心に雨の降っている所があり、風も強まってきています。例年この時季は台風被害も多く、防災を意識しやすいタイミングです。防災の日を機に、1人ひとりが災害の知識・災害への資材を蓄えて、万が一のときのため・・・できることからはじめましょう。

9月1日は防災の日。8/30〜9/5の1週間は防災週間

私たちの国は、地形・地質・気候などから、台風や豪雨・豪雪、地震や津波・・・様々な災害に直面しやすい国土となっています。そのため、約60年(※)前から「9月1日を防災の日」とし、国や地方公共団体をはじめ、国民の1人ひとりが災害についての認識を深めて、災害に対する備えを充実・強化するなど、防災への取り組みを呼びかけられています。
2017年8月31日 16時8分 tenki.jp

なるほど。

確かにひとつのタイミングとして、防災の日や防災週間が有っても良いと思いますが、特に日本においてはその意識を常に持ち続けている必要があります。

にも関わらず、記事にあった調査では「防災週間に、あなたはどんなアクションを起こす予定ですか?」という問いに対して、「特に何もする予定がない」という回答が62%ということで、なんと6割を超える人が何もしないということです。

それでも、学生やお勤めの方の中には、避難訓練などで何らかの意識をさせられるという人もいらっしゃるかもしれませんが、やっぱり国民の多くは何も意識すること無く通常の1日として過ごしてしまわれるのではないでしょうか。

そこで、今日の記事では頑張らなくてもやれることを3つ紹介していましたので、参考にしてください。

一つ目は、お買い物ということで、普段の買い物で、日持ちの良い食品や日用品を定期的に買って、家にストックしておくというのも防災の取り組みのひとつということ。

これが「防災備蓄」や「ローリングストック」という取り組みなんですが、食品は賞味期限の管理が面倒と感じる場合、自分が好きなものをストックするように心がけると良いそうです。

自分が好きなものであれば、賞味期限が来る前に食べたくなるし、スーパーで安く売っていたら買う習慣が自然と出てくるかもしれません。お気に入りの備蓄用食品をぜひ見つけてみましょう。

二つ目は、家族との会話で、「昼間に地震が起きたら、どこで待ち合わせをする?」「おうちが川に近いから、大雨のときは特に注意だね」こんな会話が自然にできたら理想的とか。

キッカケがないという場合は、一緒に災害のニュースなどを見ながら、我が家だったら・・と話題提供するとスムーズに防災の話し合いができそうです。

「大事な食器が壊れたら嫌だし、食器棚用に転倒防止グッズを買おう!」など、動機はどんなものでも良いと思います。おうちの防災対策を一気にするのは大変なので、やりたい・できそうと思ったものから取りかかりましょう。

三つ目は、天気予報を見ることだそうです。天気予報では天気と気温以外にもたくさんの情報を発信していて、災害につながる気象現象の危険性・影響範囲・時間帯などの情報も含まれていますので、迫りくる災害の準備に、災害が起こってしまった後の身の振る舞い方にも、必要な情報です。

今月の初めにも話題にさせて頂きましたが、最近はスマホのアプリなどでも詳細なデータを見ることが出来ますので、ある程度は想像も出来ますね。

しかし、やはり過信は禁物とのこと。記事では災害時の実況は刻々と変化しますし、数字ではなく実際目の前で起こっている現象を感じ取ることも大事とし、SNSなどの発言は本当かどうかすぐには判断がつかない場合もありますから、必ず信頼できる発信元から情報を入手するようにした方が良いということです。

最後にテレビやラジオの場合は、ニュースなどの気象情報コーナーだけでなく、テレビのdボタンを活用する方法もありますので、憶えておくと良いでしょう。

ネット環境がある場合は下記のリンクを参考にしてください。
備蓄の心得(トクする!防災) https://tokusuru-bosai.jp/stock/stock.html
避難の心得(トクする!防災) https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge.html

常に防災の意識を持ち続けることが非常に大切ですが、丈夫で安全なRC(鉄筋コンクリート)造の建物を1棟でも増やすことが、大人の責任だと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング   ←ついでにひとつ!



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ