職人と家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、足立区足立計画検討、文京区千石計画検討、港区東麻布計画のお客様とお電話、ガス会社さんと電話、賃貸管理業務、地盤保証会社さん来社打ち合わせなど。

午後は渋谷区西原のオーナー様とお電話、高田馬場のお客様とお電話、設計部ミーティングに参加、千石計画検討、賃貸管理業務、提携会社さんと電話、電気屋さんと電話、徳丸のお客様と連絡など。夕方は書類作成、お問合せ対応、渋谷区東計画検討、ミーティングなど。

お暑うございます。

ではこちら。

「接客職」が高校生の人気最多 なりたい職業民間調査

なりたい職業を現役高校生に複数回答で尋ねたところ「接客職」が17.0%で最も人気だったことが29日、高校生の就職やキャリア教育を支援する「ジンジブ」(大阪市)の調査で分かった。

5〜6月、全国各地で催した職業体験イベントに来場した高校生にアンケートを実施。1551人から有効回答を得た。
2023年8月29日 16時36分 共同通信

なるほど。

これはちょっと嬉しいニュースですね。

先週もお伝えしておりましたとおり、建築業界では恒常的な人材不足と、それによる技術の継承が滞っている状況ですので、現役の高校生の皆さんに興味を持って頂き、職人さんや技術者を目指してもらえたら、大変嬉しく思います。

記事によれば、高校生のなりたい職業として、トップの「接客職」に続いたのは「事務」で15.5%。「ものづくり職人」(15.4%)、「イラストレーター」(13.2%)、「販売職」(13.1%)の順だったということです。

ものづくり職人が15.4%というところが、何とも嬉しいのですが、トップとも僅差となっていますので、ちょっと時代が変わってきているのかもしれません。

さらに記事に書かれていたのは、働きたい業界を複数回答で聞くと「サービス」(19.0%)、「宿泊・飲食・観光」(18.8%)が目立ったということで、調査の担当者は「高校生にとって、身近でイメージしやすい職種、業界が人気」と分析されていました。

また、なんと最多は「製造・ものづくり」(24.3%)で、担当者は「職人に魅力を感じている人も多かった」と指摘したということですので、これは本当に心強いお言葉です。

ここからは高校生に向けて積極的な求人を行いながら、さらに大工職人に興味を持って頂きまして、日本の技術を継承してもらえるように、私たちも努力をしていかなければいけません。

そのためには、現役の高校生の皆さんが、その後の人生を安心して楽しむことが出来るような、職場環境を用意する必要がありますし、より効率よく学ぶことが出来、成長スピードが上がるような指導も欠かせません。

弊社もまだ完璧ではありませんが、興味を持って頂けた高校生の皆さんから、是非面談のお申し込みをお待ちしております。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。