安全な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、江戸川区東小岩計画検討、目黒区原町計画検討、信用金庫さんへ書類お届け、その後東京都庁へ諸手続きへ。

午後に帰社後は文京区白山計画のお客様とお電話、渋谷区西原計画検討、お客様とお電話、資材メーカーさんと電話、塗装屋さんと電話、原稿作成など。夕方は北区赤羽西計画検討、資材発注、世田谷区新町2丁目計画検討、大田区田園調布計画検討、ミーティングなど。

トンガでの海底火山噴火は今後の影響も心配ですね。

ではこちら。

阪神大震災きょう27年 戦後初の大都市直下型地震、各地で追悼行事

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から27年を迎える。

新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、神戸市中央区の公園「東遊園地」では16日、昨年に続き「密」を避けるため、半日早く灯籠(とうろう)の点灯が始まった。

地震発生時刻の12時間前にあたる午後5時46分。震災を忘れないという意味を込めて「忘」の文字に並べた約2千本(主催者発表)の灯籠に火がともされ、集まった市民や高校生ら数百人が黙禱(もくとう)した。
2022年1月17日 0時0分 朝日新聞デジタル

今年もこの日を迎えることとなりました。

27年ですか。あっという間という感じもしますし、その間の出来事を思えばそれなりの月日が経ったという気もいたします。

いつもお伝えしておりますように、弊社が建築屋としての意義と方向性を決定付け、ターニングポイントとなったのが、この阪神・淡路大震災でした。

生まれて初めて見せられた光景は、日本国内の建築技術を全否定されたような感覚でしたし、同時に建築屋という仕事の無力さを感じたことを、今でも鮮明に記憶しています。

しかし、そこから建築基準法の改正が何度もあったりして、そんな中で見えてきたのが日本に適した構造とそれを実現する技術がすでにあったということです。

そこから改良と改善を繰り返し、今の工法や仕様となっていますが、まだまだ普及には程遠い状況ですので、もっともっとRC住宅を普及させられるように、頑張らなくてはいけません。

記事によれば、今年は、会場となる東遊園地の再整備工事や新型コロナの影響で、灯籠の本数を昨年の半分程度にするなど規模を縮小した中での追悼行事になったようです。

阪神・淡路大震災は、1995年1月17日午前5時46分に発生。戦後初の大都市直下型地震でした。震源は兵庫県の淡路島北部で、マグニチュードは7・3。神戸市をはじめ県内の4市と淡路島で、観測史上初めて震度7を記録したとされています。

人的被害は死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万3792人。全半壊した住宅は約25万棟にのぼる。その後も国内で甚大な被害をもたらす災害が続発し、「大災害時代」の始まりとも言われた。

一方で防災・復興対策が見直され、さまざまな仕組みがつくられていく契機となった災害でもありました。また、発生から1年間で延べ約138万人のボランティアが活動され、95年は「ボランティア元年」と言われたということ。

ボランティア活動を後押しする特定非営利活動促進法(NPO法)のほか、耐震改修促進法ができ、国や自治体は住宅の耐震化を進めてきた。住宅再建に支援金を給付する被災者生活再建支援法もこの震災がきっかけで制定されました。

今はさらに進んで、耐震性能だけでは命を守れないということも明らかになってきて、津波や台風、洪水や竜巻などの自然災害にも対応しながら、さらに快適性と省エネ性を同時に追求していくことが求められています。

これからの時代に益々必要とされるのがRC住宅だと思います。安全な家の普及に是非ご協力ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング 
←どうぞよろしくお願いします。