住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

LED

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

あかりの日とか。

照明にこだわる家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原計画のお客様とお電話、社内ミーティング、大工さんと電話、港区南青山計画検討、お問い合わせ対応など。

午後は池袋方面と金融機関へ、帰社後は杉並区今川計画検討、資料作成、ご近所のお客様とお電話、渋谷区西原計画検討、お問い合わせ対応など。夕方は書類チェック、新座市計画検討、目黒区駒場計画検討、見積作成、ミーティングなど。

日中は過ごしやすかったですが、朝晩の寒さにはご注意くださいね。

ではこちら。

2020年、照明も「新しい生活様式」へ。10月21日は「あかりの日」です

10月も下旬に入り、寒さが増してきましたね。街のあかりがより美しく感じられる季節が、間もなくやってきます。ろうそく、ランプ、ガス灯、電灯、そしてLED照明。人々の暮らしを明るく灯し、未来を切り開いてきた「あかり」。今回は「あかりの日」についてご紹介します。

1879年10月21日、アメリカの発明家トーマス・エジソン(1847〜1931年)が、世界初の実用的な白熱電球を完成させました。10月21日の「あかりの日」は、エジソンの偉業を称えて1981年に制定された記念日。
2020年10月21日 9時0分 tenki.jp

なるほど。

今日が「あかりの日」だったとは、恐らく知らなかった人の方が多いのではないでしょうか。もちろん私も改めて認識したしだいです。

現代の暮らしでは、本当になくてはならないものの一つだと思いますし、記事にもあったように人間の発展と共に進化してきたものだと思います。

そんなあかりも、日本ではすっかりLEDに取って代わった感じですが、この消費電力の削減に欠かせない LED(Light Emitting Diode)は、日本語では「発光ダイオード」を意味します。第1世代のろうそく、第2世代の白熱電球、第3世代の蛍光灯に続いて、LEDは第4世代のあかりと言われているんですね。

これまでに日本では環境問題への配慮と省エネを推進する立場から、LEDなどの次世代照明の導入を進めてきました。その流れの中で照明メーカー各社は、蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了を発表しており、2020年を目処に照明に関する環境も変わりそうです。

すでに市場に出回る照明器具等はLEDが基本となっていますし、蛍光灯は手に入りにくくなっていますので、近いうちには交換もできなくなるでしょう。

LEDも初期の頃に比べたら、だいぶ品質が安定してきたように思いますし、あかりの色が選べるようになったりして、インテリアの雰囲気にも合わせやすくなっています。あかりの世界も、新しい生活様式への切り替えが求められているということです。

記事にあったおもしろい話では、白熱電球の実用化には、日本が重要な関わりをもっていたということ。

点灯時間をより長くするフィラメント(電流を流す細い線)の素材を探すために、エジソンはあらゆる実験を行ったそうですが、そのなかで日本の京都でとれる良質な竹に辿りつき、竹製フィラメントの電球を製造して世界中に輸出したということは知りませんでした。

考えてみれば、月明かりだけの夜から、ろうそくの炎、石油ランプ、ガス灯、そして白熱電球による電灯へと変化しながら、部分的に闇を照らすことから、徐々に広い範囲を明るさで満たすこと注力してきたように思います。

そして夜を昼間にすることが可能になったからか、省エネが求められるようになったからか、または文明が成熟したからか、必要以上の明るさを求めるよりも、その時々の目的や雰囲気によってあかりを選べるようになりました。

記事では、21世紀の現在は生活の豊かさや快適さと省エネルギーが両輪となった環境の実現が求められているということで、あかりもまた住まい全体と同様の性能が標準となりそうです。

業界団体では、「あかりの日」を記念して「全国小学生ポスターコンテスト」という催しを行っていたり、LED照明に関する情報を発信されていますので、興味をお持ちの方は下記よりご覧ください。



あかりにもこだわった住まいをお考えなら、RCdesignまでお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ご声援をお願いします。



照明器具を調光する?

ブログネタ
RC住宅を建てよう! に参加中!
東京で演出する住宅を建てるならRCdesign

曇り空の東京も夕方から雨です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、その後商社さんと電話、新宿区中井計画検討、見積作成、その後法務局へ書類受け取り、帰社後はお問い合わせ対応、埼玉県の業者さんと電話、資料作成など。

午後はご近所のお客様ご来社打ち合わせ、豊島区駒込計画検討、図面作成、その後金融機関、サッシ屋さん来社、信用金庫さん来社、出版社さん来社打ち合わせなど。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、資材発注、板橋区弥生町計画検討など。

いや〜昨日のなでしこジャパンは良かったですね、ベテランの選手達が90分、120分経っても全力で走り回っている姿は、本当に諦めない気持ちの伝わる試合でした。男子サッカーにも間違いなく弾みがついたのではないでしょうか。

ではこちら。

パナソニック、LED照明の調光パターンを記憶・再生する「ライトマネージャーFx」

パナソニック エコソリューションズは26日、複数のLED照明によるあかりのシーンを記憶して再生できる小型記憶調光システム「ライトマネージャーFx」2品種を6月1日に発売すると発表した。

同製品は、LED照明の急速な普及に伴って高まっている「照明器具を調光する」というあかりの演出ニーズに対応するもの。複数の調光器を操作する必要がなく、1台にまとめることで、効率化を図るとともに、壁面スペースの見た目をスッキリできる。また、同社従来製品に比べて、設置に必要な施工も簡便になっている。 
財経新聞 2014年05月26日15時41分

なるほど。

数年前からLED照明の普及が始まり、今では新築の場合に採用される割合はかなり高くなっていると思います。

出始めの頃は、LEDだと調光出来ないという製品も多かったので、仕方なく諦めたという方も多かったのではないでしょうか。

ここに来てようやく、LEDでも調光が可能な製品がだいぶ出て来た感じですし、室内の雰囲気を大切にしたいという方も増えていますので、今回紹介したような商品も、これから普及してくるように思います。

今回ご紹介の商品は、主な機能として、複数照明によるあかりのシーンを記憶して、それぞれをワンタッチで再生できるということ。

例えば、ご家庭でも家族団らんの明るく清潔感のある「カフェタイムのあかり」や、夕食時には料理を引き立てる落ち着いた「ディナータイムのあかり」など、シチュエーションや時間帯に応じたあかりのシーンを設定しておき、あかりを変化させることで快適な空間が作れます。

また、これもちょっと良い機能なんですが、シーンの切り替え時間はドラマチックな明るさの変化や、気がつかないほどゆっくりとした移行など、自由に設定できるそうです。 

もしかすると、太陽の沈む速度に合わせて照明の明るさを変えたり、日々の生活の中で、ゆっくり暗くしていくことで、子どもの睡眠時間を誘ったり、お客様が来ている時なども、自然にスケジュールを消化出来そうです。

オプションでタイマーやワイヤレスリモコンもあるようですので、工夫次第で色々と楽しめそうですね。

ちょっと前までは、国内の機器だとデザインが野暮ったかったり、機能も限られていたりして、仕方なく海外の高価な製品をお使いいただく場合もありましたので、信頼性の高い国内製品が使いやすくなると、もっと普及が進みそうな気がします。

リビング・ダイニングや主寝室などは、さすがに昔ながらの蛍光灯器具というのも寂しい感じがしますし、その時々でお部屋の用途や作業内容も変わりますので、それ相応の明るさが必要のはずです。

ましてや昭和の時代のように日が暮れてから寝るまで、明るい蛍光灯照明ということでは、落ち着きや癒やしということにはなりづらいですね。

これから家を建てるご計画があったり、既存のお住まいでも、リフォームのタイミングなどがありましたら、是非LED照明の調光システムもご検討してみてください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ ←今日もどうか応援のクリックを一つ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ