住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

LED電球

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

停電時も安心な電球とか。

防災住宅を建てるならRCdesign

くもりのち雪の降った寒い東京です。

そんな今日は朝から各種段取り、お問い合わせ対応、大田区田園調布計画検討、その後法務局へ書類受け取りに、帰社後は関連不動産会社社長来社打ち合わせ、業者さん来社打ち合わせなど。

午後は書類作成、江戸川区東小岩計画検討、渋谷区西原計画検討、図面作成、来客面談、お問い合わせ対応など。夕方は文京区白山計画検討、書類作成、雪かき、ミーティングなど。

20時くらいまで降って10センチは積もっていました。

ではこちら。

停電しても点灯し続ける!バッテリー内蔵のLED電球だからこその機能です

地震や台風、落雷などのさまざまな自然災害によって引き起こされる“停電”。真っ暗な中で何時間も不安な夜を過ごしたことがある人も多いのではないでしょうか。そうなると行動を起こすのにも危険が伴いますし、何といっても心細いですよね……。

そこで紹介したいのが防災グッズの「いつでもランプtsuita」(4個:6512円〜 12月27日現在)。一見普通のLEDランプのように思えますが、バッテリーを内蔵していて、停電が起きても何ごともなかったかのようにそのまま光り続けてくれます。
2022年1月6日 15時0分 &GP

なるほど。

これはまたちょっと便利な商品かもしれません。

実はこれまでにも規模の大きな建物や不特定多数の人が利用する建築物では、非常用照明器具の設置が義務付けられていて、その明るさや配置などが細かく指定されています。

その目的は火災などの災害発生時に起きる停電の際に、できるだけ安全かつ円滑に避難できるようにすることで、居室や避難通路に設けられています。

建築基準法による設置の義務がない建物でも、そんな非常用照明に近い用途で使用できるのは、予想以上に有効なのではないでしょうか。

記事によれば、この「いつでもランプtsuita」は、普段使っている時はソケットから給電されていて、停電時に内蔵バッテリーに切り替わって光り続ける仕組みになっているそうです。バッテリーは普通に使っていれば自動的に充電されるので、いちいちランプを外したりする手間はありません。

残念ながらリモコン式や調光式の照明器具に使うことはできませんが、もっとも普及している“E26”タイプのソケットに対応していれば、ダウンライトやトイレのライトなどさまざまなタイプの照明で使うことが可能です。

また、停電した際の点灯持続時間は「60w相当タイプ」だと約4時間、「40w相当タイプ」だと約6時間ということで、点灯している時間が長いので、急な停電でも落ち着いて行動することが出来そうですね。

本格的な非常用照明とは違い、通常時と停電時のランプの明るさは、「60w相当タイプ」だと通常時はAC850lm、停電時はDC300lmということで、数値だけでみるとその差は大きいですが、実際にはそれほど明るさの違いを感じることはないので、停電中でも部屋の様子はいつも通りのようです。

さらにこのランプがスゴいのは、ソケットに差したままの状態だけでなく、手で持つだけで点灯し、ランプそのものをライト代わりに使えるということ。電球の口金側面と底面を手で触ることで、バッテリーが通電可能となってランプが点灯するそうです。もちろんビリビリくることはないので安心です。

今のところはまだ一般販売されていないようですが、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて支援を受付中のようです。「40w相当タイプ」(4個:6512円〜)と、「60w相当タイプ」(4個:7392円〜)の2種類のランプが用意されており、それぞれのランプで白色と電球色の発光タイプ選ぶことができます。

ご興味を持って頂けましたら、探してみてはいかがでしょうか。ただ、最近の照明器具はLED一体型になっていますので、電球交換タイプの器具をお使いの方に限られてしまいます。ご了承ください。

災害に強い住まいをお探しなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング 
←どうぞよろしくお願いします。



進化したLED電球で豊かに。

東京で良い住まいを建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から下落合のOBオーナー様とお電話、資料作成、その後上板橋の不動産会社さんへ書類お届けと打ち合わせなど、帰社後はお問い合わせ対応など。

午後は都市銀行さん来社、高田馬場計画検討、原稿作成、タイル屋さんと電話、設備屋さんと電話、提携会社さんと電話、北新宿計画検討、日本橋の不動産会社さんと電話、新橋の不動産会社さんと電話など。夕方は西巣鴨計画検討、図面作成、見積作成、出版社さんと電話、朝霞のお客様と電話、ミーティング、提携会社さんと電話など。

東京の都知事は誰になるのでしょうか。

ではこちら。

『LED電球 光色切替えタイプ ダイニング向け/浴室向け』昼光色か電球色か、そんな悩みはもう過去のものに!

照明用のLED電球を購入する際に、パキッと白くて明るい昼光色にしようか、それともリラックス感溢れるオレンジ色の電球色にしようか、迷ったことはないだろうか。ところが『LED電球 光色切替えタイプ ダイニング向け/浴室向け』はそんな悩み不要の一つで光色切替が可能な嘘のようなLED電球だ。

リビングの天井などにつけるシーリングライトは以前から少し値は張るが、昼光色から電球色に変えることができる製品は決して珍しくはない。お手軽ではないが、最初の取り付けの際にそっちを選べば日常的に光色を切り替えて生活を豊かにできる。
2016年7月12日 9時0分 おためし新商品ナビ

なるほど。

住まいの照明も、実は着実に進化をしていて、現在市販されている照明器具では、すでにLEDがほぼ標準的なものになっています。

ですのでこれから家を建てられたり、お引っ越しのタイミングで照明器具を揃えようという場合には、おそらくLEDを採用されることになるのではないでしょうか。

しかしながら、まだまだ従来の蛍光灯照明器具を利用されている方も多いと思います。

蛍光灯でも、その明かりの色を選ぶことは出来ますが、ほとんどの場合は昼光色の白い明かりで、明るさを求めて交換されているのがほとんどかもしれません。

インテリア的には、照明器具の色や形も大切なんですが、やはり明かりの色でその空間の雰囲気が決まるということもありますので、お部屋の用途や作業内容によって、明かりの色を決めたいものです。

今日の記事では、交換用の電球がLEDになって、さらにそのLED電球は壁のスイッチで色の切り替えが出来るというものです。

最近はダイニングテーブルを食事の時にだけ使うという人は少ないかもしれません。食事以外にも勉強場所として使ったり、書斎となることもあるでしょう。

そんな時に、電球型の照明器具ならこのLED電球に交換することで、食事の時は電球色として雰囲気を楽しみ、子どもが勉強するという時には、昼光色の明かりに切り替えることが可能になります。

同じく浴室の電球をこのタイプに交換すれば、時に涼しく、時に暖かく感じたり、よりリラックスすることも可能になるでしょう。

本当にちょっと前までの日本では、照明=蛍光灯だったり、もしくは消費電力の大きな電球が主役だったんですよね。しかも雰囲気などは考えず、明るければ良いということが基準になっていました。

LEDの普及と、日本でも住まいやインテリアの雰囲気を大切にする人が増えてきたこともあって、色の切り替えが出来る電球が発売されたのだと思います。

LEDの技術も初期の頃よりは大夫安定してきたように思いますので、想定よりも全然早く故障してしまうということも少なくなってきたのではないでしょうか。

もっと家での日常生活が楽しく、リラックス出来るものになるといいですね。

より良い暮らしを実現するなら、住まいづくりのご相談はRCdesignまでお気軽にどうぞ。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキングへ       ←クリックをどうかひとつ。   


 
プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ