住まいはRC(鉄筋コンクリート)にしなさい!

東京で家を建てるならRC(鉄筋コンクリート)住宅。 (株)RCdesign(アールシーデザイン)社長の日記です。

RC住宅

いつもありがとうございます。ご愛顧感謝申し上げます。こだわりの一戸建て住宅や2世帯住宅、賃貸併用住宅の安定経営など、RC住宅と住まいに関するノウハウを株式会社RCdesignの代表井上がお届けいたします。

地球沸騰化時代と熱中症対策

晴れて暖かい東京です。

そんな今日は朝から東麻布計画の現場でコンクリート打設がありました。お問合せ対応、社内ミーティング、東浅草計画のお客様とお電話、書類作成、塗装屋さんと電話、足立区足立計画検討、賃貸管理業務、千葉県柏市計画検討など。

午後は練馬区江古田のお客様とお電話、書類作成、渋谷区東計画検討、図面作成、出版社さんとオンラインミーティング、文京区千石計画検討、資料作成など。夕方は管理組合さん来社打ち合わせ、お問合せ対応、ミーティングなど。

ツツジやサツキが咲き始めましたね。

ではこちら。

暑熱順化のタイミングの目安を示す「熱中症ゼロヘ 暑熱順化前線 第1回」公開

日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、本格的な暑さを迎える前に、事前に体を暑さに慣れさせる暑熱順化(しょねつじゅんか)(※)の大切さについて広く知ってもらうことを目的に、各地域で暑熱順化が必要なタイミングの目安となる「熱中症ゼロヘ 暑熱順化前線 第1回」を、「熱中症ゼロへ」プロジェクト公式サイトで、4月9日(火)に公開した。
2024年4月15日 11時15分 ストレートプレス

なるほど。

ここ数日一気に夏の陽気となりましたが、この急な暑さもまた身体にはストレスとなるもので、順応出来ていないところでの暑さは要注意ですね。

そんな中、目にした記事では、「熱中症ゼロへ」プロジェクトについてという見出しで、この「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、熱中症にかかる人を減らし、亡くなってしまう人をゼロにすることを目指して、日本気象協会が推進するプロジェクトということでした。

記事によれば、活動12年目となる今年は、「地球沸騰化時代の熱中症対策」をテーマに、熱中症の予防啓発活動を実践。気象災害の1つである熱中症への防災意識を高め、暑さに備えるための情報発信を強化していくということです。

なんと、今の時代は「地球沸騰化時代」と呼ばれるようになっていたんですね。ビックリですがまさにその通りで、近年の日本の夏は毎年記録を更新しながら、沸騰に向かっているように思います。

まずは暑熱順化を始めるタイミングの目安を発信ということで、「熱中症ゼロへ 暑熱順化前線」は、軽い運動や湯船につかる入浴などで意識して汗をかくことで、体を暑さに慣れさせる暑熱順化を始めるタイミングの目安を示しているそうです。

暑熱順化ができていないと、体の熱をうまく外に逃がすことができず、熱中症になる危険性が高まるということで、暑熱順化には個人差もあるが、数日から2週間程度かかるといわれています。

記事によれば、今年の夏の気温は全国的に平年より高い見込みだそうです。2023年は1898年の統計開始以降最も暑かった夏で、6〜8月の平均気温は最も高くなったのですが、今年も、春まで続くエルニーニョ現象の影響などにより、日本付近は暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は全国的に平年より高い見込みだということ。

さらに恐ろしいことに、4月から最高気温が30℃以上となる真夏日が出る可能性もあり、早めの熱中症対策が求められるともありました。

そこで、具体的な対策として暑熱順化をするには、無理のない範囲で汗をかくことが大切だということ。軽い運動や湯船につかる入浴など、意識して汗をかくことが対策につながるそうです。

また、暑熱順化と併せて、本格的な夏を迎える前からエアコンの点検や試運転を行う、暑さ対策アイテムをそろえるなど、熱中症は気象災害であることを意識し、「備える」ことも重要だということでした。

毎年言われていることですが、住まいの断熱性能を上げることもまた、熱中症対策には有効ですので、一日の早く高性能な住まいにバージョンアップしてください。

熱中症ゼロに、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



増税みたいな再エネ賦課金とか

お得で安全に家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から見積作成、台東区東浅草計画検討、見積作成、渋谷区東計画検討、電気、設備、ガス業者さん来社打ち合わせ、足立区足立計画検討、文京区千石計画検討、サッシ屋さんと電話、資材発注など。

午後は商社さん来社打ち合わせ、リフォーム計画検討、学生寮計画検討、見積作成、賃貸管理業務、提携会社さんと電話、行政手続き、ミーティング、お問合せ対応など。夕方は面談、会議、その後事務組合会合出席など。

朝は寒く感じましたが、日中は暖かくなりました。

ではこちら。

「増税みたいなもん」再エネ賦課金、補助金終了で「電力料金の負担増」、予想される“驚異の増額”

新年度が始まり、様々なものが値上げされている。苦しくなる一方の家計に追い打ちをかけるのが、電気料金の値上げだ。再生可能エネルギー普及のために電気代に上乗せされる「再エネ賦課金」が、4月から引き上げられているのだ。

2023年度の再エネ賦課金は、1キロワット時(kwh)あたり1.40円。それが2024年度は3.49円になり、2.09円も高くなった。
2024年4月10日 20時7分 Smart FLASH

なるほど。

もしかすると、これまで全然気にしたことが無かったという人もいらっしゃるかもしれませんが、この再エネ還付金とは、再生可能エネルギー普及の後押しとして、2012年7月から導入された「再エネ賦課金(正式名称:再生可能エネルギー発電促進賦課金)」のことです。

この「再エネ賦課金」は、国民の電気料金に上乗せする形で徴収されており、その負担額は年々増える傾向にありますので、その制度設計の見直しや廃止も検討して頂きたいものです。

小さな声でお話ししておきますと、太陽光発電などで発電した電気を売電して電力会社に買い取ってもらっている方達に支払われる原資を国民みんなで負担している形で、なおかつ太陽光発電で作った電気を使う分には、再エネ還付金は掛からないんですね。

ですので、太陽光発電を設置することによるメリットは、電気代の節約だけに留まらず、この還付金負担の軽減などもありますので、設置をされることをオススメしています。

で、記事によれば、「再エネ賦課金は2022年度が1kwhあたり3.45円。2023年には1.40円と減額されましたが、再びの値上げで過去最高額になりました。

月400kwhを使う標準家庭の場合、2024年の再エネ賦課金は月平均で836円の負担増。年間負担額は1万6752円で、約1万円の増額となります」(週刊誌記者)とありました。

が、しかし、5月以降はさらなる負担増が待ち受けているということ。

「物価高対策として、政府は2023年1月から電気代・ガス代の補助金制度を導入。電気料金は一般家庭の場合、2024年4月の使用分までは3.5円、都市ガスは1立方メートルあたり15円の補助を受けてきました。

しかしこの補助金が、5月使用分で約半額になり、6月以降は終了する見込みです。
補助金により標準世帯の月額で電気は約1400円、ガスは450円の割引となっていましたが、これがなくなることで、年間で2万2000円以上の負担増になります」(同前)とも書かれていました。

結果をまとめますと、再エネ賦課金の増額と補助金の終了、合わせると年額3万円以上もの負担増となってしまうということのようです。

日本に暮らすには、多くの負担を強いられることに違いありませんが、少しでもお得にかつ安全に暮らすなら、RC住宅に太陽光発電を設置されることをオススメいたします。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



寿命を縮める家と延ばす家

寿命を延ばす家を建てるならRCdesign

くもり時々雨の東京です。

そんな今日は朝からシステムメンテナンス、土工事屋さんと電話、渋谷区東計画検討、お客様とお電話、文京区千石計画検討、オンラインミーティング、建材屋さんと電話、商社さんと電話、資材発注、信用金庫さんと電話、来客面談など。

午後は原稿作成、電気屋さんと電話、千石計画検討、千代田区岩本町計画検討、見積作成、信用金庫さん来社、その後ご近所さんへ外出、帰社後は見積作成など。夕方は面談、資料作成、蓮根計画検討、台東区東浅草計画検討、ミーティングなど。

少々寒く感じました。

ではこちら。

「寿命を縮める家」と「寿命を延ばす家」の決定的な違い

60歳以降の寿命を縮める「ダメージが大きい家」の特徴
2022年の日本人の平均寿命は男性が81.05歳、女性が87.09歳となる(厚生労働省「簡易生命表」)。人間が60歳までに死ぬ確率はいたって低いだけに、以降の20〜30年の寿命に強い影響を与えているものとして、自宅が挙げられる。

最も在留時間が長い場所でありながら快適性に劣ると、年老いた体にとってそのダメージは計り知れない。どんな家が寿命を縮めてしまうのか、なぜそうなるのか。それが国勢調査から判明したので紹介したい。
2024年4月5日 16時0分 ダイヤモンド・オンライン

なるほど。

私が二十年以上前から言い続けていることですが、今日の記事ではまた新しいエビデンスを持って、キャッチーなタイトルで訴求してくれています。

とにかく、これまでの日本とそこに暮らす日本人には、自分の寿命と健康が住宅に影響されているということを知っている人も少なかったですし、その情報が届くことも無かったのかもしれません。

今日の記事によれば、国勢調査では5歳おきに住んでいる家を特定している。持家か賃貸か、戸建かマンションかなどの区分である。高齢者は引っ越しをほとんどしない。住宅ローンは80歳完済なので、年金暮らしになってから家を買ったりする確率は少なく、賃貸から持家への移動はほぼない。

70歳の人は5年後75歳になっているので、この間で生きていた人の割合を生残率として計算しよう。この生残率は年齢が進むにつれて下がるが、住んでいる家の違いで大きな差が出ることが、今回判明している。ということです。

まずは、持家と賃貸ではどうだろう。ここでの賃貸は民間の物件から、UR(都市整備機構)や公営住宅や社宅を含んでおり、持家以外すべてを指す。持家の平均余命が25.1年で平均寿命が87.1歳に対して、賃貸は21.8年の83.8歳となり、賃貸は3.3年寿命が短くなる。つまり、賃貸だと13%短命になるのだ。

なんとも世知辛い結果となっていますが、一応補足しておきますと、これは住まいの所有権が問題となっている訳ではなく、持家と賃貸の断熱性能の差が影響しているということなんですね。

いつもお伝えしている通り、記事にもありましたが、寿命に影響している一因として、家の寒さがあります。「冷えは万病のもと」と言われるように、人間は寒さに弱い。日本では、冬場(12月〜2月)に亡くなる確率はそれ以外の季節の118%にもなる。冬の死亡率を他の季節並みにすれば、84歳の寿命が6年延びる計算になる。とありました。

今回のデータでは、厚生労働省の調べで、ヒートショックによる死亡者数は年間1.9万人に及ぶと推計されている。その当時の死亡者数の約1.5%に相当し、冬場の風呂場で高齢者が発症し、帰らぬ人になることが多い。このヒートショックをなくすだけでも、高齢者は寿命を3年ほど延ばすことができる計算になる。

これもすでにご存知のことと思いますが、WHO(世界保健機関)は2018年に、冬場の室温を18度以上に保つことを強く勧告しています。冬場の室温が健康と寿命に影響するからで、イギリスでは冬の健康的な室温は21度で、最低基準は18度と定められている。先進国では、おおむねこの基準が室内最低推奨室温となっていますね。

先ほどあった賃貸が持家よりも短命なのは、賃貸が持家に比して安普請に造られているからであることは間違いないと思われる。大家が自分の家以上の仕様で賃貸住宅を造ったりしないことは、不動産業界では常識だ。とも書かれていました。

実際、最も熱が逃げてしまう窓・サッシにおいて、二重以上のサッシまたは複層ガラスの窓がついている確率は、持家の38%に対して賃貸は15%しかない(住宅・土地統計調査)。賃貸は持家ほど断熱にお金をかけたりはしない。

賃貸の中でも最も寿命が短いのは、賃貸アパートとなる。平均余命は20.7年、平均寿命は82.7歳となる。賃貸マンションの平均余命は24.7年なので、アパートとマンションで4年の差となる。という結果になっていました。

弊社で提供している賃貸マンションでは、20年以上前からペアガラスを採用していますし、外壁の断熱性能も高いレベルですので、入居者さんの健康と寿命を促進しながら、安全に暮らして頂けますので、入居希望者さんのメリットも大きく、結果として安定経営につながっています。

もちろん戸建を建てるなら、注文住宅で断熱性能が高いものを依頼すると、省エネで快適な家を手に入れることができます。そうすれば、健康と寿命というプライスレスな価値を手に入れられる確率が上がるので、最新の家の選び方に変えることをお勧めいたします。

家を建てるなら、RC住宅に決まってます。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←折角ですので。



耐震基準に地域格差とか

強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から足立区足立計画の現場で試掘作業、対応検討、原稿作成、サッシ屋さんと電話、賃貸管理業務、文京区千石計画検討、港区東麻布計画検討、金融機関へ、書類作成など。

午後は鉄筋屋さんと電話、事務組合さんと電話、不動産会社さんと電話、文京区湯島でご検討中のお客様とオンラインミーティング、台東区東浅草計画検討、提携会社さんと電話、足立区綾瀬計画検討など。夕方は渋谷区東のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、ミーティングなど。

なかなか暖かくなりませんね。

ではこちら。

耐震基準の地域格差を見直しへ…リスク低いとされた能登は現行では東京の10%引きの強度

国土交通省が、建築物の耐震強度に地域ごとで差をつけている制度の見直しを検討していることがわかった。

能登半島地震や熊本地震など、半世紀近く続く現行の基準で必要な強度を割り引くことが認められている地域で大規模地震が相次いだことを受け、基準を全国一律とすることも視野に入れている。
2024年3月22日 5時6分 読売新聞オンライン

なるほど。

これですね、もう何十年も前からこれで良いのか?と疑問を持っていた専門家は多かったと思います。

もちろん日本全国で地震発生率を比べれば、その大小があるのも確かだと思いますが、それは地球の長い歴史の中ではほんの一部ですし、すでに活断層の有無やプレートの状況などからも、日本に安全が保障されるような場所は無いに等しいこともわかっていますからね。

実際に近年の震災は、それまで忘れられていた地域、地元の人たちですらまさかここで、というような地域でも発生しているわけです。

そんな日本において、これまでは地域によって求められる耐震強度に差をつけていたのは、専門家や政府の怠慢があったと言われても仕方がないように思います。

記事にあったのは、耐震基準は、震度6強〜7程度の地震でも倒壊しない強度を原則とするが、構造計算が必要な鉄筋コンクリートの建築物と3階建て以上の木造建築物では地域差を設定。地域ごとにリスクを評価し、耐震強度に「地震地域係数」を掛け合わせることが建築基準法で定められ、係数が国交省の告示で規定されている。とありました。

ここで言う「地震地域係数」と言うのが、過去の記録を基に、発生頻度や被害の程度などに応じて、国が1・0〜0・7の範囲で定め、構造計算時に掛け合わせる数字です。1952年に国が各地域の係数を告示し、80年に1度改定されました。

それだけ古い知見に基づいた数字ですし、それを疑いもせずに使い続けていたことで、被害が大きくなっていたら大変残念です。

私的には、鉄筋コンクリートは全ての建物で構造計算を行いますが、木造住宅やハウスメーカーの住宅では、構造計算すら行われずに建てられていると言うことも、非常に疑問だと思います。

記事にはさらに、東京都や大阪府などはリスクが大きいとして係数は「1・0」だが、新潟、広島県などは「0・9」、福岡、長崎県などは「0・8」とされ、構造計算時にそれぞれ強度を1割、2割下げることができ、一般的に建築コストが低くなる。とも書かれていました。

現行の係数は1980年に規定された。2016年の熊本地震、18年の北海道胆振(いぶり)東部地震で震度7が観測された地域はいずれも「0・9」だったが、被害は2階建て以下の木造住宅が主で、係数は大きく影響しなかったとみなされ、見直しには至らなかった。

しかし、最大震度7を観測した1月の能登半島地震が発生したエリアも係数は「0・9」で、国交省は本格検討にかじを切ることにしたと言うことです。

記事によれば、国交省幹部は「耐震強度に地域差があることが、防災意識を醸成する妨げになりかねない」としている。とも書かれていました。

確かに、係数の低い地域に暮らしていれば、ここは地震が発生しないと思い込まれる恐れもありますね、それを理由に防災意識までもが低下してしまっていたら、災害は地震だけではなく台風や落雷、竜巻に豪雨、積雪、酷暑など、暮らしを続ける上で脅威となるものは想像以上に多いです。 

日本の住宅は断熱性能も低いのですが、本当の強度も十分とは言えない建物が多いのも事実です。だからこそ、この国にもっともっとRC住宅を増やさなければいけないと思っています。是非ご協力ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←感謝です。



花粉症の経済損失とか

花粉に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、資料作成、社内ミーティング、書類チェック、蓮根の不動産会社さんと電話、リフォーム工事計画検討、賃貸管理業務、文京区千石計画検討、提携会社さんと電話、豊島区池袋本町計画検討など。

午後は港区東麻布計画検討、お客様とお電話、図面チェック、千葉県柏市計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。書類作成、板金屋さんと電話、ミーティングなど。夕方は豊島区池袋本町でご検討のお客様ご来社、港区高輪計画検討、図面作成など、その後事務組合会合出席など。

一日中強風が吹いていました。

ではこちら。

花粉症による労働力低下、経済損失額は1日あたりいくら? - パナソニックが試算

パナソニックは3月14日、「花粉症による労働力低下の経済損失額2024」を発表した。本推計は、最新の民間給与実態統計調査(国税庁)や労働力調査(総務省統計局)などを元に試算した。

○花粉症に起因する労働力低下の経済損失額は、1日あたり「約2,340億円」
同社が2020年1月17日〜1月19日、花粉症の社会人1,324名に行った「社会人の花粉症に関する調査」では、花粉症の症状が自身の仕事のコンディションに影響しているかを聞いたところ、79.0%が「影響がある」と回答した。
2024年3月18日 9時19分 マイナビニュース

なるほど。

いやはや、1日で2340億円とは、何とも凄い数字ですが、これが杉だけでも3ヶ月続くと考えると、花粉症の影響でとんでもない経済的な損失になっているということですね。

近年は医療の進歩もあって、治療法の選択も増えているようですが、まだまだコレという決定的な治療法は見当たらないように思います。

それでもお薬も同時に進化していますので、自分に合ったお薬を医療機関で見つけてもらえれば、日々の生活が格段に良くなるのではないでしょうか。

ところが、世の中には変わった人もいらっしゃって、花粉症という症状を認めたがらない、明かにその症状にもかかわらず頑なに何ら対策をしたがらない、という方もいらっしゃいます。

これはもうQOLの観点からも、すぐに反省の上考えを改めて欲しいと思いますし、社会人としてのパフォーマンスを維持することも当然ですし、何よりも周囲の人に不快な思いをさせないように、大人のマナーも身につけて欲しいと思います。

そういう私も時々症状が発作的に出る場合がありますので、日々の対策を怠ることのないように、常に気をつけているところです。

さて、記事にあったのは、1日のうち花粉症により仕事のパフォーマンスが低下していると感じる時間は平均で約2.8時間となった。これらの花粉症による労働力低下の平均時間と、最新の民間給与実態統計調査(国税庁)や労働力調査(総務省統計)を元に試算した「花粉症による労働力低下の経済損失額2024」は、1日あたり「約2,340億円」と推計された。とありました。

また、耳鼻科医によると、花粉症の主な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみが一般的だが、特に鼻づまりが持続すると口呼吸になりやすく、それが原因で頭痛や咬合の異常、夜間の睡眠などに影響が出てしまい、集中力の低下にも繋がるという。

また、アレルギーによって自律神経の変調をきたした結果、生活リズムが崩れ、日常生活のパフォーマンスに影響するとも。

花粉症を発症して間もない人では、なるべくお薬を飲まないようにしているとか、これまた少々残念な素人判断をされている方もいらっしゃいますので、これもしっかりと用法を守って頂きたいですね。

記事でも医師/睡眠専門家の方が、花粉症と睡眠の関係性について解説。花粉症により、睡眠不足・睡眠の質の悪化→免疫異常がひどくなる→花粉症がさらに悪化という負のスパイラルが起こることも。と書かれていました。

また、記事にあったのは、いますぐ始めたい4つの花粉対策ということで、下記が紹介されていました。

・外出先から花粉を持ち込まない
花粉の侵入経路として最も多いのは玄関。玄関にはハンディサイズのクリーナーや専用のブラシなどを用意して、家の中に入る前に衣類に付着した花粉を取り除くことができる。

・洗濯物を外に干さない
花粉が洗濯物に付着しないよう、花粉の気になる季節は外干しをやめて部屋干しに切り替えを。

・換気は窓の開け幅を10cm程度に、レースカーテンは閉める
花粉のピーク期におこなった実験では、窓を開ける幅を10cm程度にし、レースのカーテンをすることで屋内への花粉の流入をおよそ4分の1に減らすことができるという。

・こまめに床掃除を
掃除の際、掃除機を使うと、床に溜まっていた花粉を排気によって舞い上げてしまうことがあるので、先に水拭きをするのが重要だそう。乾いたときにまた花粉が飛散してしまわないよう、水拭きに使った雑巾はしっかり洗うことも大切。使ったらすぐに捨てられるウェットタイプのシートを使うこともできる。

うん、ちょっと築年数の古い家では、上記の対策でも一定の効果があるかもしれませんが、今時の家にお住まいなら、換気は24時間換気システムを稼働させておけば十分ですので、窓を開ける必要はありません。

というか、窓を開けてはいけません。家の窓を少しだけ開けるという癖がある人もいらっしゃいますが、これは近代住宅ではNG行為ですので、絶対にしないようにご注意ください。

最貧国日本の経済損失を止める意味でも、花粉症対策をしっかりと行いながら、極力症状が出ないように努めることが大切ですし、やはり花粉にも強い家は高気密・高断熱のRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←感謝です。



火災の原因は電気機器とか

燃えない家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からリフォーム工事計画検討、港区高輪計画検討、お客様とお電話、提携会社さんと電話、渋谷区東のお客様とお電話、豊島区池袋本町計画検討、ミーティング、足立区足立計画検討、サッシ屋さんと電話、台東区東浅草計画のお客様とお電話、書類作成など。

午後は書類作成、賃貸管理業務、蓮根の不動産会社さんと打ち合わせ、図面作成、提携会社さんと電話、文京区千石計画検討など。夕方は港区東麻布計画検討、見積チェック、各種ミーティングなど。

カンボジアから来ている実習生が花粉症を発症していました。

ではこちら。

【火事の原因、1位は何?】記録が残る昭和25年以来はじめて『電気機器』が出火原因最多 リチウムイオン電池等の扱いに注意呼びかけ

「タバコ」に「コンロ」。消防局に記録が残る出火原因の1位について、長年の歴史が変わりました。

和歌山市によりますと、記録に残る昭和25年(1950年)以来初めて、出火原因の1位が『電気機器』になったということです。
2024年3月15日 14時35分 MBSニュース

なるほど。

何となくですけど、今年は例年以上に火災のニュースが多いように感じますが、気のせいかもしれません。

しかしながら、いつも通り秋以降徐々に増え始め、2月3月は毎日、大小様々な火災に関するニュースが報道されていますので、もしかするといくらか麻痺してしまっていることもあるかもしれません。

記事にあったのはなぜか和歌山市のデータで、和歌山市によりますと、記録に残る昭和25年(1950年)以来初めて、出火原因の1位が『電気機器』になったということです。

去年1年間、和歌山市では電気機器が原因で発生した火災が15件あり、そのうち7件がリチウムイオン電池など充電式の蓄電池によるものです。それ以外は、冷蔵庫や電子レンジ等の家電製品などだということです。

和歌山市の方達に限らず、人はどうしても電気は安全と思い込んでしまう傾向があります。それはやはり炎が直視出来ないことから、危険を連想し難いということもあるように思います。

しかし、電気は間違いなく熱を出すこともできますし、出火または発火もしますので、その取り扱いと対策をしっかりと行なっておくことが大切です。

ちなみに、手元資料の総務省消防庁が発表した「令和4年版 消防白書」によれば、出火原因のワースト10は下記の通りでした。

1位 たばこ 3,402
2位 たき火 2,764
3位 こんろ 2,678
4位 放火   2,333
5位 電気機器 1,816
6位 火入れ 1,640
7位 放火の疑い 1,555
8位 電灯電話等の配線 1,473
9位 配線器具 1,354
10位 ストーブ 1,091

実は、これらの出火原因を特性別に仕分けしてみると、電気関連の問題、人間の過失、自然災害の三つに分けることができます。

しかし、これら火災の原因の多くは対策を行うことで予防できるものですので、ひとつづつ確認しながらしっかりと対策を行なっておきましょう。

火災は一度発生してしまえば、人命を始め、自然や文化遺産など、失えば二度と取り戻せないものを焼き尽くしてしまう恐れがありますし、大切なコレクションや財産も失ってしまうかもしれません。

それゆえに、燃えない家が必要なんですが、耐震、耐火に加え断熱性能や防音性能なども兼ね備えた家が求められています。その答えが唯一RC(鉄筋コンクリート)住宅なんですね。

是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←感謝です。



避難所に入らない人たち

避難しない家を建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、資材メーカーさんと電話、ミーティング、港区東麻布計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、渋谷区東のオーナー様とお電話、電気屋さんと電話、文京区千石計画検討など。

午後からは虎ノ門ヒルズへ提携会社さんと打ち合わせなど。帰社後は渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討など。夕方は鉄骨屋さんと連絡、所沢市東狭山ヶ丘計画検討、港区西麻布計画検討、見積作成、ミーティングなど。

啓蟄になりました。また一歩春に近づきましたね。

ではこちら。

避難所に“入らない”人たち「自分よりペットの心配が多い」ペット同伴で過ごせる避難所が完成

能登半島地震の被災地では、ペットを飼っていることが理由で避難所に入れなかったりペットだけ車中泊させたりする人たちがいます。

このような中、ペットと同伴で避難できる施設が、4日に石川県能登町に開設されました。
2024年3月5日 17時23分 MRO北陸放送

なるほど。

このような問題も実際に被災された方の言葉が届かないと、なかなか考えられないものではないでしょうか。

自然災害が発生するたびに、避難所での生活の様子がメディアにも映し出されたりしますが、その避難所生活を自分のこととして考えたことがありますでしょうか。

体育館の冷たい床の上で、ダンボールの仕切りだけのエリアで、隣には知らない他人の家族がいる中で、もちろん熟睡なんて出来ません。他人の目が四方にある中では、自分の時間やプライベートなどの区別も曖昧です。

さらにお年寄りの介護やペットとの共生、生後間もない赤ちゃんの保育、または年頃の子どもたちにとって、避難所での共同生活は想像以上に過酷なものに違いありません。

今日の記事では、そんなペットを大切にしている方達を支援するための避難施設が開設されたということです。

記事で紹介されていた登町小木の町民の自宅は、地震の影響でボールが転がるほど家が傾いています。それでもこの家に住むのは、住民夫妻と愛犬の「さくら」です。当初は避難所に入ろうとしましたが、「さくら」が居たため他の人の迷惑になると避難所に入るのを諦めました。

住民さんは「(犬と一緒に避難した人に聞いたら)吠えるから抱きっぱなし。離すと吠える。やっぱりその人らも一日おって終わって、自分の家に帰った。何人かいますよこの小木のまちなかにも」と言われていました。

この住民さん以外にも避難所にペットを連れていけず悩んでいる人たちがいます。能登町の避難所で生活している住民さん。飼い猫の「もっくん」はこの2ヶ月間ずっと車の中で飼われています。

住民さん「ネコは車に車中泊しています。」「ネコの足腰も弱る、しストレスで具合悪くなったりしないかなあと思ったり。そういう心配が自分の心配より、ネコの心配の方が多いです」と言われていました。

そんな中、能登町越坂のライダーハウスでは、一風変わった建物の工事が進められていました。オーナーさんが、敷地内のキャンプ場を開放し、ペットと同伴できる避難所を開設されていました。

「これはね、ペットと飼い主が一緒に過ごせる“ワンにゃんハウス”です。能登町も相手にしてくれないし、もう自分で何かやるしかないということで、みんなの力を借りて、意見を借りて、やっと形になってきた」とおっしゃっていました。

そして4日、「ワンにゃんハウス」10棟が完成し、早速ペットを連れた入居者たちが訪れ他ということです。

オーナーさんは「とにかく普通の平穏な生活を飼い主も送れるように。それだけが願いです。あとは復興をね。私は期限を区切らず、いつまでも居て良いよと言ってあるから、飼い主もワンちゃんもネコちゃんも両方とも健康に戻してほしい」とも。

なんとも素晴らしいオーナーさんです。本来なら行政が行わなければいけないことだと思いますが、まさに私財を投げ売ってペット好きの方達を救われました。

そんな素晴らしい方が、偶然にもご近所にいらっしゃてくれれば、それはとても幸せなことです。が、そんな恵まれた環境が用意されている可能性は低いかと思います。

だとすれば、残されているのは自宅で避難生活を続けていけるように準備をしておくことです。

倒壊せずに、燃えない、断熱性能も維持できている、あとは電力が確保できていれば、生活を続けることが可能になるんです。

避難所での共同生活が難しいご家族には、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←感謝です。



お城に住みたいとか

お城みたいな家を建てるならRCdesign

くもりのち小雨の東京です。

そんな今日は朝から港区東麻布計画検討、社内ミーティング、ご近所のお客様ご来社、電気屋さんと電話、杭屋さんと電話、足立区足立計画検討、渋谷区東のオーナー様とお電話、その後金融機関へ、帰社後は原稿作成など。

午後は不動産会社さん来社打ち合わせ、税理士さんと電話、賃貸管理業務、原稿作成、板橋区蓮根計画検討、図面作成、文京区千石計画検討など。夕方はご近所のお客様宅へ、帰社後は蓮根計画検討、東計画検討、ミーティングなど。

雨でも朝から暖かく感じました。

ではこちら。

住んでみたいと思うお城ランキング! 「優雅に暮らせそう」な姫路城を抑えた1位は?

All Aboutニュース編集部は全国の10〜70代の男女442人を対象に「日本の城」に関するアンケート調査をインターネット上で実施しました(調査期間:2024年1月10日〜2月4日)。

今回はその調査結果から、「住んでみたいと思うお城」ランキングを発表します。
2024年2月19日 8時15分 All About

なるほど。

お城はいいですよね、私も旅行などで見る機会があれば必ずお邪魔しますし、その構想や構造、周辺の庭園やもちろん景色などは、しっかり見るとなると1日では到底足りませんね。

日本において、この城と言う文化があって本当によかったと思うんです。欧州のそれとはもちろん違うものなんですけど、より自然に溶け込みながらも権力の象徴と安定、または戦いの場としても考え抜かれたプランは、世界に誇るものだと思います。

さて、記事にあったのは住んでみたいと思うお城のアンケート調査で、その結果がランキングとして発表されていました。

では早速、2位:姫路城(兵庫県)
2位は、兵庫県の姫路城でした。世界遺産登録30周年を迎え、さまざまなイベントが開催されることでも注目を集めています。鮮やかな白の城壁が優美な姿は、映画やテレビドラマのロケ地としても人気です。と言うことでした。

また、回答者からは、「街を見下ろした時の景色がとても良いから(50代女性/大阪府)」「大きく立派なお城で、優雅に生活してみたいから(50代女性/兵庫県)」「敷地も広く、お庭が手入れされておりますので、優雅にゆったりとした生活を送れそうです(40代女性/北海道)」などの声がありました。

私もここはお伺いしたことがありますが、本当に綺麗なお城で、まさに絵になる建物だと思います。

資料によれば、この姫路城は建築的にもその特徴があって、連立式天守と言われる形状です。初期の天守が独立した石垣の上に単独で造られたのに対し、姫路城の天守は三つの小天守(西小天守・乾(いぬい)小天守・東小天守)と大天守を渡櫓(わたりやぐら)でロの字につないだのが連立式天守なんですね。

また、五重の大天守の各層が理想的な逓減率を保つことで均整の取れた美しいシルエットを生み、千鳥破風(ちどりはふ)や軒唐(のきから)破風の巧みな配置がリズムを生み出します。さらに、立体的に組み合わさった天守群は角度によって微妙に見え方が変わるのも特徴になっています。

続いて晴れの1位となったのは、1位:大阪城(大阪府)
1位は、大阪府の「大阪城」でした。金の鯱(しゃちほこ)が飾られた天守閣は高さ約55メートルを誇り、大阪市街地を一望できる展望台となっています。お城周辺の約300本の桜が並ぶ「西の丸庭園」は大阪屈指の桜の名所として人気なのだそうです。

1位の回答者からは、「豊臣秀吉の気分を味わいたい(60代男性/岡山県)」「守りが最強なので何があっても安心(40代女性/石川県)」「黄金の茶室などがあって大変豪華だった気がするので、優雅な気持ちで生活できそうだから(30代女性/宮城県)」などの声がありました。

さらに、「すぐ遊びに行ける(40代男性/山梨県)」「都心へのアクセスが良い(30代女性/奈良県)」「エレベーターがある(10代女性/大阪府)」「大阪城ホールがあるからコンサートに行きやすいから笑(20代女性/大阪府)」などのコメントも寄せられていました。

資料によれば、大阪城(大坂城)は、天正11年(1583年)から豊臣秀吉により築かれましたが、大坂夏の陣で焼失し、その後徳川幕府の手で全面的に築き直されました。

現在の天守閣は、豊臣時代・徳川時代に続く3代目で、昭和6年(1931年)、市民の寄付により、豊臣時代
の姿を再現することを目標に復興されました。

建物構造は鉄骨鉄筋コンクリート造、外部5層、内部8層で、館内は秀吉の時代や大阪城の歴史を中心とした博物館施設となっています。平成9年(1997年)の大改修により、復興時の美しい外観がよみがえるとともに、耐震補強が施されたと言うことです。

こちらは何と言ってもSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)と言うところが、安心感を感じさせます。本来なら、もっと多くのお城が日本各地に残っていてくれていたら良かったんですけど、やはり日本の場合は木造しかありませんでしたので、残念ながら現存するお城はそう多くはありません。

欧州などに残るお城はほぼ全て石造のようですので、幾度となく発生した戦争や災害に遭ってもなお、完璧な状態で保存されている建物も多くありますね。

そう思うと、今のうちに全てのお城をRC造に建て替えしておくのも、次の世代に受け継いでもらうためには必要なことだと思います。

ちなみに3位以下は下記の通りとなっています。
3位 五稜郭跡(北海道)
4位 首里城(沖縄県)
5位 江戸城跡(東京都)

どれも絶好のロケーションで、都心にも近く便利な場所ですし、庭園も素晴らしい場所ばかりですね。

ご自身のお城を建てるなら、RC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



家に求める基準とか

最高の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、見積作成、足立区足立計画検討、文京区千石計画検討、港区東麻布計画検討、電気屋さんと電話、書類作成、お問合せ対応など。

午後からは渋谷区東のお客様宅へお打ち合わせなど。帰社後は賃貸管理業務、図面作成、原稿作成、所沢市中新井計画検討など。夕方は書類作成、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

何と21度超えで春一番だそうです。

ではこちら。

今から家買う人に伝えたい「絶対重視すべき3基準」

同じマイホームといっても、マンションと戸建てでは評価の仕方が大きく違う。これは家に何を求めるかで人によって違ってくることになる。その判断軸を明示するので、どちらが合っているかを考えてみてほしい。

家に求めるものは3つあると私は考えている。
2024年2月15日 10時20分 東洋経済オンライン

なるほど。

今日の記事はどのような方が書かれていたのかを見てみますと、不動産コンサルタントという肩書きの方が書かれていたようでした。

これは私の個人的な印象なんですけど、建築屋さんと不動産会社とは全く違う職種で、その専門性も違いますので、その経験値や見る角度も違うものだと思います。

一般的には建築の技術的観点や製品としての善し悪し、使い勝手などは建築屋さんの経験値が参考になるでしょうし、商品としての不動産売買に関する契約手続きやローン関連、またはその情報量では不動産業者さんの経験が役立つと思います。

そんな中で記事を見てみますと、しっかりと情報収集をされた上で書かれているようですし、事実に基づいた内容と市民目線の内容になっているようでしたので、参考にして頂けると良いと思います。

記事にあった1つ目は「災害に対する安全性」であり、命の問題に関わる。2024年元日の能登半島地震では亡くなられた方は、1月31日時点で238人、そのうち63%が圧死と窒息・呼吸不全が死因となっている。石川県珠洲市の現行の耐震基準が導入されていない1980年以前に建てられたいわゆる旧耐震の住宅の割合は65%で、全国1086市区町村の中で最も高くなっていた。とのことです。

さらに安全生については、2016年の熊本地震の際のデータで旧耐震が全壊しやすいこと、新耐震以降でも築年が古い物件ほど倒壊率が高くなることがわかっている。と書かれていました。

次に家に求めるものの2つ目は、「断熱性と快適性」で、健康に関わる問題である。日本の家は冬が寒く、夏は暑い。これは断熱性能が低いせいで、諸外国と比較すると発展途上国並みとなる。断熱性能を先進国並みに上げて、気密性を高めて、24時間換気をきちんとすれば、冬でもTシャツ一枚で過ごせる環境を作ることができる。とのこと。

こちらもさらに近畿大学の岩前篤教授が長年調査した結果によると、引っ越し先の断熱性能のレベルで各種疾病の改善率が大きく違うことがわかっている。アレルギー性鼻炎、手足の冷え、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などが改善するのだ。これは室内の空気環境を良好にすることの効果である。と書かれていました。

そして家に求めるものの3つ目は資産性で、お金の問題である。マンションは買った価格から値上がりすることがあるが、戸建てでは原則ない。誰にでも必要な自宅で住み替えながら資産形成できるのはマンションだが、戸建ては木造の耐用年数である22年は住み続けることが求められる。中古戸建ての取引価格は、土地価格+減価償却後の建物価格となるが、土地価格は安定していてほぼ下がらないのに対して、建物価格は22年でゼロ評価になるからだ。とありました。

確かに、このあたりはいつもお伝えしているとおりですが、RC住宅なら法定耐用年数は47年ときめられていますので、住宅ローンが終わってもしっかりと価値が残っていますし、売却時にも建物価格が維持されているケースが多いですね。

記事では、安全性・断熱性・資産性の3つの評価軸から、マンションと戸建てを評価しよう。マンションは鉄筋コンクリート造なので、圧死するリスクが低く、冬は室内も寒いがヒートショックを起こすほどではない。非常に優れているとはいえないが、この2点でどの物件も100点満点中70点程度で大きな差がなく、一定の安心感はある。と書かれていました。

これら記事にあった重視すべき基準に、私はもう一つ足して頂きたいと思っています。それは災害時に自宅で避難生活が継続出来るか、という点です。そのためにはどうしても発電設備が必要で、最小規模でも良いので、あるかないかが非常に大きな差になると思います。

したがいまして、安全生・断熱性・資産性、さらにエネルギー確保、が出来ているかという点も非常に重要な基準となるでしょう。

記事にも書かれていましたが、注文戸建てでも住宅の性能差は大きい。命と健康に関わる問題をないがしろにする家はもはや家ではなく、災害の際に凶器と化してしまうことを忘れてはならない。そのコストは住宅ローンを組んで月々に直すと大した金額にはならない。ということです。

結論として、戸建てについては、性能を最重要事項にして健康で寿命が延びる快適な家を手に入れましょう。一番のオススメはRC住宅です。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



能登地震倒壊建物の特徴とか

RCの家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

IMG_6384そんな今日は朝から書類作成、足立区足立計画検討、お問合せ対応、その後港区東麻布計画の現場へ、地鎮祭を行わせて頂きました。天候にも恵まれて良い地鎮祭となりました。オーナー様にはお忙しいところお付き合いを頂き、ありがとうございました。その後近隣廻りなど。

午後に帰社後は練馬区江古田のお客様とお電話、所沢市東狭山ヶ丘計画検討、書類作成、文京区千石計画検討、渋谷区東計画検討、中野区本町計画検討、お問合せ対応、所沢市中新井計画のお客様とお電話、ミーティング、提携会社さんと電話など。夕方からは水道橋方面へ会合出席など。

日中は暖かく感じました。

ではこちら。

能登半島地震で倒壊した建物の特徴とは?

元日に発生した能登半島地震から1ヶ月あまり経ち、被災地ではさまざまな検証が行われています。倒壊の被害に遭った家屋には、どのような特徴があったのでしょうか?

2月10日放送のCBCラジオ『大石邦彦のNOW ON SHARE!』では、CBC論説室の大石邦彦アナウンサーが、地震による倒壊リスクの高い家について解説します。
2024年2月14日 5時55分 RadiChubu

なるほど。

今まさに多くの専門家が現地に入って細かな調査を行っています。私達建築関係でももちろん行政や各研究機関、大学などが各専門分野ごとにデータを集めているところのようです。

そんな中でも速報が届くようになってきましたので、少しずつ報道されるようになってきたのではないでしょうか。

まず記事にあったのは、最大震度7を記録した能登半島地震。2月7日時点で、石川県内では240人の犠牲者が確認されています。亡くなった多くの方の死因が「建物の倒壊」によるものでした。

アナウンサーさん「どうすれば倒壊リスクを減らすことができるのでしょうか?」その取材を通じて、3つの要素が重なると、建物は崩れやすくなることがわかったそうです。

ひとつ目の要素は、古い木造家屋にとって苦手な「揺れ」が起きたこと。今回の地震の揺れの周期は1-2秒。古い家屋は長周期の揺れには弱かったようです。

2つめの要素は「地盤」。

アナウンサーさん「液状化の現象を目の当たりにしてきました」「ここで、今まで見たことのない光景を見てきました」と言われていました。

内灘町では建物が垂直に沈んでいたり、玄関や階段が沈み込んでいました。
こうした「液状化」によって、建物が倒れているところがいくつもあったそうです。

軽いものでいうと、マンホールのふたが、背伸びしないと見られないほど飛び出していました。逆に電信柱は沈み込み、信号機が地上から手が届く高さになっていました。さらに地盤が緩いところでは、家が1-2メートルも沈んでいました。とのこと。

さらにアナウンサーさん「建物自体が倒壊している現場をいくつも見てきました」2階の重みで潰れた家、道路側に倒れている家など、倒壊している家屋が何百軒もあったと。

そして、3つめの要素となるのが「建物の作り」。総じて倒壊していたのは「屋根が重い家」でした。

現在では軽量化されている瓦も増えていますが、この地方ではひとまわり大きく重い「能登瓦」が使用されていたため、重みに耐えかねて潰れている家が見受けられたとのことです。

さらに軒並み倒れていた昔ながらの木造家屋の特徴は「壁が少ない」こと。ドアに面している開口部が大きい建物ほど、倒れていました。

このあたりの条件は以前から言われていたことではあるのですが、やはり耐震補強や建て替えが進んでいなかったことが、被害を大きくしてしまったのではないでしょうか。

記事によれば、年代別にみると、倒れていた木造家屋の多くは、1981年以前に建てられたもの。見た目では築50年は経ている建物で、古い耐震基準の元に建てられた家屋です。

また「2000年以前に建てられた建物も要注意」とも書かれていました。耐震基準が再び変更されたためです。

日本の建築基準法では、大きな震災の度にその基準を強化してきました。その結果は確かに地震に対して強くなったと思いますが、それはあくまでも基本的に脆弱な構造を補強してきただけのことで、根本的な解決にはなっていません。

弱いものに対して補強する、対処療法的な進め方も必要な場面もあるでしょう。しかし、すでに結果を確認出来ていること、ベースとして圧倒的な強さを持っているということとは全く違うことなんです。

例えば国が作った指標で耐震等級というものがありますが、これも同じ土俵に並べること自体がおかしいということに気付いていない制度設計の残念なところなんですね。

町の中に1棟でも多くのRC住宅を建ててもらいたいと思います。是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



阪神大震災から29年です。

倒壊しない家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から足立区足立計画の現場へ現地調査など、その後金融機関へ、帰社後はミーティング、提携会社さんと電話、問い合わせ対応、資料作成、文京区千石計画検討など。

午後からは大田区東矢口のオーナー様とお電話、高田馬場のオーナー様とお電話、資料作成、提携会社さんとオンラインミーティング、港区東麻布計画検討、お問合せ対応、ミーティングなど。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、図面チェック、ミーティングなど。その後事務組合会合出席。

近所の公園では早咲きの梅も開花してました。

ではこちら。

阪神大震災29年 家屋倒壊や火災の怖さ再び

6434人が犠牲になった阪神大震災から29年となった。

家屋の倒壊や火災など、能登半島地震と重なる教訓も多い。改めて地震への備えを点検する機会としたい。

神戸市などが主催する追悼行事の会場には、灯籠を並べて「ともに」という文字が描かれた。能登半島地震からの復興に向け、共に歩む決意を込めたという。
2024年1月17日 5時0分 読売新聞オンライン

なるほど。

少々信じられない感じもいたしますが、29年が経過したのですね。

阪神大震災は、まさに私の建築士人生を方向付けた出来事で、それまでは木造住宅や鉄骨造倉庫なども設計・施工を行っていましたが、震災の状況が明らかになりその後の法改正が進む中で、日本には木造住宅が適さないということに気付きました。

では一体どのような家を造っていけばいいのか、研究を重ねた結果辿り着いたのがRC(鉄筋コンクリート)住宅でした。

当初はRC住宅の欠点である価格の高さと結露の対策に悩みましたが、その課題をクリアすることが出来てから、以前よりも高性能でありながらコストダウンを実現したRC住宅を提供出来るようになりました。

とは言え、まだまだ力不足で供給量は決して多くはない状況で、ご検討くださるお客様にはご迷惑をお掛けしていることもあり、より一層の努力を続けているところです。

記事にもありましたが、阪神大震災を機に、国や自治体の危機管理体制が見直され、地震に強い街づくりや、被災者支援の充実などが進められたのはそのとおりなのですが、それでも尚今回のような被害が発生してしまっています。

阪神大震災では、犠牲者の8割は家屋の倒壊が原因だったため、それ以降、国や自治体は建物の耐震化を促してきましたので、データ上では現在住宅全体の9割近くが1981年に導入された新耐震基準を満たしているということになっています。

建物の耐震性能をはじめとして、阪神大震災は今の災害対策の基礎となっていると言っても間違いないでしょう。

しかし今回、多くの家屋が倒壊した石川県輪島市や珠洲市は、耐震化率が5割にとどまっていたということがわかってきました。その要因となっていたのは、いずれも高齢化が進む地域で、建て替えなどに二の足を踏む人が少なくなかったということです。

また、残念ながら耐震基準を満たす木造建物でも多くの被害が確認されているようです。現地では3年前からの群発地震で、建物にダメージが蓄積していた可能性があると言われていて、過去に強い揺れに見舞われた地域の建物は、強度が落ちていることが考えられるようです。

さらに、輪島市で発生した火災は、木造住宅密集地の危険性を改めて示すことになってしまいました。記事にも書かれていましたが、国は阪神大震災以降、延焼のリスクなどから特に危険な地域を公表し、解消を後押ししてきたが、輪島市の火災発生現場はこうした地域に含まれていなかったということです。

記事によれば、火災のリスクを抱えながら、解消の取り組みが進んでいない木密地域は全国にある。と書かれていました。

自治体は、こうした地域を再点検し、空き家の撤去などにも取り組むべきだ。火の回りを防ぐため、公園や道路などの空間を確保することも重要だろう。とも。

各町会ブロックごとや何件かに一つ、RC住宅が建っているだけで、そこで延焼が止めることが出来るのです。

もう一つ防災という点では、石川県の地域防災計画は、これほどの被害を想定しておらず、食料や水の備蓄はすぐに枯渇してしまったそうです。

災害に強い家を建て、その数を増やせば街全体が災害に強くなります。きっと孫世代に喜ばれるに違いありません。RC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



あなたの孫が家なき子に

孫に家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、社内ミーティング、文京区千石計画検討、所沢市中新井計画検討、書類作成、港区東麻布計画検討、杭屋さんと電話、足立区足立計画検討、港区高輪計画検討、資材発注など。

午後は渋谷区東計画のオーナー様宅でお打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は東麻布のオーナー様とお電話、資材発注、書類作成など。夕方は所沢市東狭山ヶ丘計画検討、ミーティングなど。

神社の蝋梅が咲いていました。

ではこちら。

2050年の孫は「家なき子」 住宅、建てるも直すも難しく

日本は人口が減る。住宅事情は良くなるだろう。都心はまだまだ人気かもしれないが、郊外では広々とした新築に住めるかも。

期待しながら不動産店を訪ねたら「新築は無理ですね。大工がいません」。全国に2000万戸ある空き家は壊れ、とてもじゃないけど住めない。2050年、孫たちは「家なき子」になる。
2024年1月14日 5:00 [会員限定記事] 日本経済新聞社

なるほど。

これが現実なんですね。

一般の方には想像も出来ないことだと思いますが、いつもお伝えしておりますとおり、日本のものづくりは本当に危機的な状況であることに間違いありません。

これまで日本を支えていた団塊の世代と呼ばれる方達が、コロナ禍で引退を考えるようになり、いよいよ今年は実行に移すという親方も多いのです。

ある程度の組織で、親方が現場に出なくても、若い衆の育成が進められている業者さんなら、まだしばらく対応可能でしょうけど、一人親方や親子で行われている場合などでは、今後対応出来る仕事量に限りが有るのは当然です。

これは建築に限らず、観光地の特産品や民芸品、人の手間を掛けて造られる日本のものづくり全体に言えることだと思いますが、何十年も前から言われていたにも関わらず、技術の継承が進まなかった影響も大きいと思います。

記事にもあったように、そのうち景気が悪くなったら家も安くなるだろうから、そうなったときに買えば良い、などと思っているとあなたの孫世代では住宅難民になってしまうかもしれません。

政府も既存の住宅を有効利用することをすすめていて、リフォームに対する補助金などの優遇策を打ち出していますが、社会問題化している空き家にしても、そのうちどのくらいの建物が使用可能なのか、耐震性能や断熱性能など一定の性能を担保出来るものでなければ、安心して利用することは出来ません。

以前からお話ししていますとおり、日本には残念ながら資源は多くありません。それでも時代の一時期に世界一の経済大国まで辿り着いたのは、諸先輩方の努力があったからこそです。

しかし、残念ながらその後の失われた30年を経て、現在の最貧国へとなってしまった一因として、家を資産とせずに消耗品として消費をしてきてしまったことではないかと私は考えています。

欧米の他の先進国では、住宅の平均寿命が100年を超えている国が多いのですが、日本では20年そこそこという時代が長く、最近になってようやく30年前後になってきたところで、いまだに法定地用年数は22年のままです。これでは資産とは呼べません。

30年前後で建て替えが必要になる家や、自然災害や火災で失われてしまう家ではいけないんです。

孫を家なき子にしたくはありません。現役世代の責任で、孫世代に喜ばれる家を残すことを考えて頂きたいのです。

そのために、是非一度RC(鉄筋コンクリート)住宅をご検討くださいますようお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



元日の能登地震から。

地震と火災に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

弊社では本日より令和6年の通常業務を開始させて頂きました。が、実は年末に事務所の大掃除が出来ないまま年を越してしまっていましたので、ほぼ一日お掃除とお片付けで終わってしまいました。週明けから全開で頑張りますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

本来なら、元気よく「あけましておめでとうございます!」とご挨拶したいところですが、年初早々に大きな災害と事故が発生してしまいましたので、まずはこの度の震災により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く日常生活が取り戻せますようお祈りいたします。

下記のような記事がありました。

能登地震、死者94人に=安否不明は222人―続く断水、ライフライン復旧急ぐ・石川県

最大震度7を観測した能登半島地震で、石川県は5日、県内で94人の死亡が確認されたと発表した。

同日午後2時時点で連絡が取れない安否不明者は222人。家屋倒壊による生き埋めになった住民も多数いるとみられ、消防などが捜索を急いでいる。

県によると、死亡が確認されたのは、輪島市で55人、珠洲市で23人、穴水町で6人、七尾市で5人、能登町と志賀町で各2人、羽咋市で1人。新たに穴水町と志賀町で1人ずつ増えた。
2024年1月5日 17時52分 時事通信社

なんということでしょう。現地の情報が限られる中、本当に日本のメディアには残念な思いを感じてしまいます。外国メディアの方が詳細かつ適切に伝えてくれているのは一体何故なんでしょうか。

記事によれば、安否が分からないのは、輪島市121人、珠洲市82人など。一部重複して計上している可能性もあるという。輪島市では、発生直後に生き埋めになったとの情報が寄せられたが、72時間以内に捜索できなかったところもあり、関係機関が協力して救助活動を続けている。

県内に開設された避難所には5日も3万2000人以上が身を寄せている。ライフラインの復旧が課題だが、珠洲市、穴水町、能登町で計150人以上が依然、孤立状態にあり、輪島市にも孤立した地区がある。県内約6万6000戸で断水が続き、停電している施設も多い。と書かれていました。

とにかく、これ以上被害が拡大しませんよう、切に願います。また、避難生活をされている方々が少しでも安らげるよう、出来る支援を行いたいと思います。

元日の夕方、テレビから流れてくるニュースに呆然としながら、自然災害や予期せぬトラブルは、私たちの都合には関係なく起こるということを、改めて感じました。

無慈悲にしても程があると思います。それがお正月だとか、記念日だとか、誰かにとっての大切な日だとか、季節も天候も全く考慮されることはありません。

善人も悪人も、老若男女子、財産の有無、というのも関係なく等しく誰にでも訪れることなんです。

いつもお伝えしているように、災害大国日本に暮らすリスクをもっと真剣に考えて欲しいのです。家族の生命と健康、代々住み継いできた家、これから次世代に残すための家、時間と財産を守るということを。

私たちが出来ることは何なのでしょうか。

それは日頃から備えることですね。

どんな災害に遭っても、被害を最小限に止めることが出来、家族と財産を守り、避難所に行かなくても自宅で過ごすことが出来る、そんな家が日本に適していると言えるでしょう。

大切な人と財産を守る責任が私たちにはあります。日本で少しでも安心して暮らすには、住まいをRC住宅にしていただくことが一番確かな方法ではないでしょうか。

この新年の幕開けは、コロナ禍以降の新しい時代に何を伝えるものなのかわかりませんが、今年の干支が「甲辰」ということから、大きな成長と変化が起きると言われているそうです。

そんな時代の変化にしっかりと対応しながら、業務の改善に取り組み、最高に強く快適なRC住宅の益々の普及と、お客様のライフスタイル実現に向けて、スタッフ一同より一層努めて参りたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは。

今日もありがとうございます


人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



2024年 新年のご挨拶

illust1296illust1296
謹賀新年

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 
本年も社員一同、より一層の努力をいたし、組織改革を進め、
安全・快適でデザインの優れたRC住宅の普及と、
お客様のライフスタイルを実現するお役に立てるよう、
品質とサービスの向上を進めて参る所存でございます。

一戸建ての専用住宅はもちろん、2世帯住宅や賃貸併用住宅、
ガレージハウスやペット共生住宅、投資用賃貸住宅やオフィスビル、
シェアハウス、医院施設など、
RC造ならではの多くのメリットを提供して参ります。

本年も時代の変化にしっかりと対応しつつ、
スタッフと組織の成長に取り組み、これまで以上に一丸となって
課題に取り組んで行く所存です。
何卒倍旧のご支援の程よろしくお願い申し上げます。

令和六年 元旦


         RCdesign-logo         
株式会社RCdesign
代表取締役 井上功一











人気ブログランキング ←よろしくお願い申し上げます。



令和5年の仕事納めとなりました。

東京で家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から書類チェック、提携会社さん来社打ち合わせ、所沢市中新井計画検討、港区東麻布計画検討、ミーティング、土地家屋調査士さんと電話、構造担当と協議、渋谷区東計画検討、東川口のオーナー様とお電話、中野区本町6丁目計画検討など。

午後は信用金庫さん来社、原稿作成、溶接屋さん来社打ち合わせ、足立区足立計画検討、お問合せ対応、見積作成、賃貸管理業務など。夕方は町田方面のお客さまと連絡、足立区計画検討、その他諸々、ミーティングなど。

はい。ということで今年もがむしゃらに、ここまで努めさせて頂きましたが、これをもちまして弊社本年の営業を終了させていただきました。

本年中は大変多くのご声援とご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございました。心より感謝を申し上げます。

しかしながら、ご期待を頂いていたにも関わらず、弊社の力不足によりご迷惑をお掛けしてしまうこともあり、本当に申し訳ございませんでした。今後はご要望に対してより良いご提案が出来ますよう努力を重ねて参ります。
 
誠に勝手では御座いますが、弊社の年末年始休暇は下記の通りとさせて頂きます。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

休業日:2023年12月28日(木)〜2024年1月4日(木)

なお、2024年1月5日(金)より通常業務とさせて頂きます。

休業中に頂いたお問い合わせ、資料請求につきましては、休み明けに順次ご回答させて頂きますので予めご了承ください。

休暇中も下記のセミナーは稼働しております。この機会に住まいづくりの勉強をしてみようという方は是非ご登録ください。

無料メールセミナーはこちら

RC住宅にご興味をお持ちの方は、下記の弊社ホームページよりお気軽に資料請求を行なってください。

絶賛発売中の著書も是非この機会にお買い求めいただけると嬉しいです。(現在下記の書籍をご持参頂いた方に、プラン作成のご提案を特別価格にてご提供させて頂くキャンペーンを実施中です。是非ご利用ください)



さらに、今ならご近所のコンビニもしくは本屋さんで入手可能な「SUUMO注文住宅 東京で建てる 2024冬春号 (2023年12月21日発売) 」をご一読されてみてはいかがでしょうか。

2471458_o今回も弊社の設計施工による邸宅が掲載されていますが、その他にも住まいづくりに必要な知識を学べる雑誌になっておりますので、是非この機会にお買い求めください。

また、お時間に余裕がございましたら、このブログのバックナンバーで情報収集するというのも、ひとつの方法だと思います。特に土曜日恒例の家づくり講座では住まい選びのとっておきのノウハウもありますので、ご利用くださいませ。

いよいよ新しい時代の入り口に辿り着いた感じですが、まだその準備が出来ているとは言えません。時代の要請に応えられるように、果敢にチャレンジをしていかなくてはいけないと思っています。

より一層RC住宅の需要が高まってくることが予想されますので、安定してお届けできるよう施工体制の強化にも取り組み、なるべくお待たせする時間を短縮出来るよう努めて参ります。

より多くの皆様により良いサービスをご提供出来るよう、スタッフ一同誠心誠意努力をして参る所存です。どうか2024年も引き続きご声援とご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 

今年一年本当にありがとうございました。

皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

それでは。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



凍死は家の中で起きているとか。

安全で快適な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、千葉県柏市計画検討、図面作成、電気屋さんと電話、渋谷区東計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、足立区足立計画検討など。

午後からは練馬区の不動産会社さんへ書類お届け、金融機関へ、帰社後は資料作成、千葉県内でご検討のお客様にご来社頂き打ち合わせ、ありがとうございます。その後税理士事務所さんへ書類お届けに。夕方帰社後は港区役所さんと電話、文京区千石計画検討、お問合せ対応、構造担当と協議、足立計画検討、賃貸管理業務、ミーティングなど。

ラストスパートしております。

ではこちら。

凍死は雪山じゃなくて家の中で起きていた!死亡者数も熱中症の約1.5倍

今年の冬は、屋内での凍死に気をつけよう──。

「えっ、家のなかで凍死?」と思う人も多いことだろう。熱中症の危険性は広く知られているが、低体温症による死亡(凍死)者は1,225人(厚生労働省「人口動態調査」2021年)で、熱中症の755人(同)の1.5倍以上に上る。
2023年12月26日 6時0分 女性自身

なるほど。

これはなかなかビックリな数字ではないでしょうか。

西暦も2024年になろうという時に、凍死による数字が熱中症の1.5倍以上にもなっていたとは、これも日本が最貧国へと進む弊害ということかもしれません。

しかも、その凍死は屋外や山奥ではなく、家の中で発生しているということですので、ここは私たち建築屋も少なからず責任を感じてしまうところです。

記事によれば、12月9日。12月に入って暖かさと寒さを繰り返してきた大阪市。この日の最低気温は8.6度。大阪急性期・総合医療センター(大阪・住吉区)に68歳の女性が低体温症で搬送された。

体の中心部の深部体温は25.2度まで下がっていた。糖尿病の持病があり、自宅で倒れていたところを発見されたが搬送中に呼吸・心臓が停止。そのまま息を引き取ったという。

「糖尿病の方はインスリンを打って血糖値をコントロールしますが、なんらかの理由でインスリンを打たないと高血糖になって意識がなくなることがあります。室内であっても、倒れて動けなくなり、室温が低ければ寒さで体の熱が奪われてしまうのです」そう語るのは、高度救命救急センターのセンター長。

この低体温症は、深部体温が35度以下の状態のことだそうで、深部体温は脇に挟んで測る皮膚温よりも、1度ほど高く、普通は37度に保たれているが、体熱が奪われ低体温症になると多臓器不全が起き、重症化すると凍死する可能性があるそうです。

また、記事に書かれていたのは、日本救急医学会の全国調査(2018〜2020年)によると、低体温で搬送された人の8割が65歳以上。また屋内での発症は約7割を占めていた。冬期の低体温症は北海道や東北地方で起こると思われるが、大阪急性期・総合医療センターに23年1月1日〜12月16日までで、低体温症で搬送された人は38人。関西や九州などでも多くの症例が報告されている。とのことです。

さらに、低体温症で亡くなる人は、80年代には年400人程度だったが90年代から増加を続けていて、毎年1,000人前後が凍死しているとのことです。高齢化社会になり、認知症患者や独居老人が増えたことも増加の要因のようです。ひとり暮らしの高齢者には周囲の人のが安否確認や見守りをするなど注意しを払う必要がありますね。

記事にあった注意として、「この時期はお酒を飲む機会も多いと思いますが、アルコールによる酩酊状態から意識がなくなって凍死に至るケースも少なくありません。泥酔状態でもほとんどは3〜4時間ほどで“寒い”と目が覚めることもありますが、気温の低い室内でそのまま寝てしまうと、そのまま意識がなくなってしまうこともあるのです。

また転倒して骨折したり、ベッドなどに挟まって動けなくなったりして低体温症になるケースもあります。凍死は、雪山での遭難など特殊なことだと思われていますが、実際は家のなかで起こるケースが多いことをしっかり認識して欲しいです」と書かれていました。

ちなみに、ここでも何度か引用させて頂いていますが、低体温症を防ぐには、適切に暖房器具を使って、室温を下げないことが重要です。WHO(世界保健機関)は『住まいと健康に関するガイドライン』において、寒い季節の安全な室温を18度以上にすることを推奨しています。

記事でも「電気代が高くなっているが、適切に暖房をつけて室内を18度以上にしておくこと。また室内に寒暖計を置いてつねに室温を意識することも大切です。昨今は家に温度計を置いていないところが多いのですが、とくに高齢者の場合は、熱を作って巡らせる機能が低下しているため温度を感知することが難しい。部屋のなかが18度以下になったら暖房器具を利用するなど室温計を目安にすることが大事です」ということです。

いつもお伝えしておりますように、各お部屋には温湿度計を設置してください。そして年間を通じて適切な温度と湿度を維持することがとても大切です。

高気密・高断熱の住まいなら、冬の就寝時に暖房を止めても、翌朝まで20度を下回ることはありませんので、高齢者の方にも安心して暮らして頂けると思います。

さらに、高性能住宅なら冷暖房を連続運転されても、光熱費の心配は要りません。非常にローコストで室温を保つことが出来ますので、省エネで快適なんですね。

暑さ寒さを我慢しても、一つも良いことはありません。しっかりとコントロールして快適と健康を維持してください。

もちろんRC住宅なら確実ですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



外国人も不思議がる日本の家

高断熱の家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、見積作成、渋谷区東計画検討、オーナー様とお電話、港区東麻布計画のお客様にご来社頂き打ち合わせなど、ありがとうございます。電気屋さんと電話、税理士さんと電話、足立区足立計画検討など。

午後は練馬区江古田計画のお客様宅でお打ち合わせなど、ありがとうございます。その後提携会社さんへ書類お届けなど。夕方帰社後は渋谷区西原のオーナー様とお電話、資料作成、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

少々緊張感が高まって参りました。

ではこちら。

「正直、失敗したなと……」日本の家はやけに寒い!? 外国人が不思議がる、日本人の冷暖房事情

エコ意識の高いヨーロッパ人から見ると、日本人の「エネルギーの無駄遣い」に仰天するシーンが少なくないようです。

最も有名な例としては全国津々浦々に設置されている自動販売機と24時間営業のコンビニエンスストアが挙げられますが、今回は日本人が“あまり自覚していない無駄遣い”に目を向けてみたいと思います。
2023年12月19日 20時15分 All About

なるほど。

近年になってようやく、記事のような海外の情報が正しく伝わってくるようになりました。つい先日までは大手企業が自分達の都合の良いように、取捨選択しながら編集されて伝えられていましたので、国民の知識や常識も昭和のままとされて、生活レベルも先進諸国から大きく差をつけられていました。

ここにきて日本政府もやっと重い腰を上げて、住宅の断熱性能などをクリアすることが義務化するなど、対外的にやる気を見せているところです。

ところが、日本人の多くではまだまだ昭和の生活スタイルが頭から離れず、エネルギーの無駄遣いを繰り返し、健康を害する恐れのある危険な生活を続けているのです。

記事にあった著者さんの経験談では、以前オーストリアの首都ウィーンにある世界遺産シェーンブルン宮殿内の住居をテレビ取材したことがあります。驚いたことに宮殿の壁は厚さが50センチもあり、宮殿の住人によれば完成した1749年当時としては断熱性にも優れているようでした。さすがに宮殿は特例としても、その他のウィーンの建物も軒並み分厚い壁がスタンダードです。と書かれていました。

また、国は変わりますが、現在筆者が住んでいるスイスの住居は、窓ガラスが三重で窓部分の厚さはトータルで7〜8センチほどもあり、外気が入り込みにくいように窓枠はいくつも段差を付けた構造。内壁・外壁も断熱材が入った分厚い造りだそうです。

記事によれば、日本は地震国である上に湿気も高いため、ヨーロッパのような分厚い石壁造りは理想的ではないのでしょう。それでも、ヨーロッパ人から見ると、日本家屋の断熱不足と、それに伴う冷暖房の非効率性はどうしても気になるようです。

前述の通り、ヨーロッパ建築は「いかに気密性を高めて効果的に保温保冷するか」に主眼を置いているため、日本の冷暖房環境にも驚きを禁じ得ない様子です。

続いて記事に書かれていた例では、都内の戸建て住宅に暮らす40代男性に話を聞いてみると、ヨーロッパ人の驚きを肯定するかのように語るのです。

「正直、失敗したなと思ってます。僕自身は実家がマンションだったこともあり戸建てへの憧れがあり、当時住んでいたマンションの目の前に戸建てができたときには家族が増えた勢いもあって飛びつくように購入したのですが……。冬の室内がこんなに寒いとは、驚きと後悔しかありません」

残念ながらこのような感想を言われる方は非常に多いんですが、共同住宅の場合は上下左右のお宅も冷暖房を行なってくれますから、自分だけで負担することはありません。一方の戸建住宅では、上下左右前後の6面全てを自己資金でゼロからコントロールしなければいけません。

それゆえに、初めて一戸建て住宅に暮らした方達がネガティブな感想を言うことになってしまうのだと思いますし、一方で弊社のお客さまから頂くお言葉で、「マンションと変わらないね」と言われたりすると、ちょっと嬉しくなります。

また、記事によれば日本はヨーロッパとは比較して扇風機の使用率が高いのが、一因ではないでしょうか。扇風機を使う感覚の延長線上で、窓や扉を開放した状態で冷暖房を使用することに抵抗がないのかもしれません。とはいえ、エネルギーや光熱費の浪費に変わりはありませんから、もう少し環境負荷を意識してみたほうがよさそうです。と書かれていました。

さらにこの筆者がヨーロッパで生活するようになってカルチャーショックを受けたのが、照明に対する意識の違いです。使用していない部屋の照明は“必ず”と言っていいほど消す習慣があり、これは会社や病院、レストランのトイレも例外ではないようです。

ヨーロッパ人のエコ意識の強さや、エネルギーやお金の無駄を徹底的に敬遠する姿勢は「ケチくさい」と見えるかもしれません。けれども公共料金の高騰が続く現状を考えるにつけ、私たち日本人もその姿勢を見習う段階にきているのではないでしょうか。とのこと。

そうですね。建築費はどうしても割高に感じてしまうかもしれませんが、少しだけ長いスパンで考えて頂ければ、必ずお得になりますし、何よりも家族の健康を維持できることも含めれば、高性能住宅のメリットは大きいと思います。

日本で安全・快適・省エネで暮らすなら、RC住宅が絶対にオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



片づかない家にあるものとか。

片づく家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝からミーティング、渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、書類チェック、渋谷区東計画検討、設備屋さんと連絡、図面作成、東のオーナー様とお電話、信用金庫さん来社打ち合わせなど。

午後は池袋方面へ、オーナー様へ書類お届けなど、帰社後は練馬区江古田計画のお客様とお電話、図面作成、港区東麻布計画検討、賃貸管理業務など。夕方は資料作成、港区高輪計画検討、文京区千石計画検討、ミーティングなど。

暖かくしてお過ごしください。

ではこちら。

「片づかない家」に必ずあるもの3つ。すっきり暮らす人はとっくに手放していた

一度買ったり手に入れたものは「いつか使うかも」「もったいない」と手放しにくいもの。でも、使わないものをしまいこんでいたら、すっきり暮らしはかないません。

ライフオーガナイザーのお仕事で散らかったおうちを訪問することが多い下村志保美さんが、片づかない家にあるもの、下村さん自身が手放したものについて教えてくれました。
2023年12月19日 20時0分 ESSE-online

なるほど。

片づかないのは私個人の資質の問題だと思っておりますが、だからと言って家の中が全てそうかと言うと、もちろんそんなことはありません。むしろ片付け好きの家族がいるお陰で快適な生活が出来ていると思います。

ところで、記事にあった「ライフオーガナイザー」と呼ばれる人や仕事がある、と言うことをご存知ない方も多いのではないでしょうか。大きくは人生の最適化支援の専門家ということですが、その中には片づけ整理収納支援を含む、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指し、暮らしの体質改善のためのパーソナルトレーナーということです。

記事では、そんな片づけの仕事をしながら「片づかない原因になっているもの」がわかってきたそうです。トレーナーさんの家の場合もそれらを処分することで、家がすっきりと変わったそうです。その中から今回はとくに手放してよかったと感じるものを3つご紹介してくれています。

まずはこちら。
●1:年に数回出番があるかどうかの「来客用布団」
片づかない家にありがちなのが、大量の布団や、普段使っていない来客用布団です。
わが家にも30年前、結婚したときに嫁入り道具としてもたされた「来客用布団2組+毛布4枚」があり、収納の中でかなり場所を取っていました。

ですが、娘の成長やライフスタイルの変化などで新しい布団が必要になったとき、新たに買うのではなく、来客用のものを自分たちが使うようにしました。それらが汚れたり傷んだりして少しずつ手放したのものあり、今は「来客用」としての布団はありません。と書かれていました。

私の実家でも、以前は4人家族の家に10人分くらいの寝具がストックされていたように思いますが、まだ当時は年に一度くらいは親戚が泊まっていたかもしれません。

それでも狭い家の収納のほとんどを占領していましたので、本当にもったいない使い方をしていたのだと思います。

次はこちら。
●2:季節限定の「寝具や家電」
冬用のもこもこしたシーツ類も、夏場には収納を占領。片づかない原因になっていることも。
私も実家で使っていてその快適さは知っていますが、今は夏場にそれをしまう場所がないので持っていません。

代わりに一年じゅう麻素材のシーツ+寒いときは電気敷毛布を活用しています。

これもご家庭の事情や好みにもよるかと思いますが、加湿器もお手入れが面倒なこと、季節外に収納する場所がないので私は持っていません。乾燥が気になるときは濡れタオルをつるしたり、観葉植物に水をかけたりして加湿しています。ということです。

これも昭和の家で昭和の生活スタイルを続けたいという人には必要なのかもしれませんが、現代の家づくりではこれも必要なくなってしまいました。

最後はこれ
●3:大小さまざまな「保存容器」
片づかない家のキッチンの収納や食器棚にたくさんあるのが保存容器。今現在、おかずや食材が入っていない保存容器がたくさんあるなら、それは数が多すぎるのかもしれません。

わが家でも以前は、保存容器類を用途に合わせて多く持っていました。でも、小さい容器がたりなければ大きい容器にスカスカに入れてもいいし、大きい容器がたりなければ小さい容器いくつかに分けて入れてもいい。そもそもたりなければお皿にラップ、でもいいのです。

「これを入れるにはこれでなくては!」という思い込みをゆるめるだけで、保存容器の量が減らせると思います。と書かれていました。

実家の母も、もしかしたら収集癖があったのか、いわゆるタッパの容器を全種類持っていたのではないかと思えるほど、多くの保存容器がありました。

今はそれらの容器を使用する場面もありませんので、もちろん処分して良いはずなんですけど、恐らく未だにコレクションしているのではないかと思います。

記事にもありましたが、東京を中心にここまで土地と建物の価格が高騰している時代に、せっかく高い家賃、高いローンを支払って住んでいる家で、すてきにすっきりと暮らせないこと。それこそとんでもなく「もったいない」ことに違いありません。

すっきりと片づいた家で暮らすなら、住まいはRC住宅がおすすめです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



感震ブレーカーを無償配布とか。

安心の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区足立計画検討、ミーティング、その後金融機関へ、帰社後は提携会社さんと電話、解体業者さんと電話、溶接屋さんと電話、資料作成など。

午後は渋谷区東計画の現場へ、業者さんと打ち合わせ、オーナー様と打ち合わせなど。夕方帰社後は所沢市中新井計画検討、所沢市東狭山ヶ丘計画検討、文京区千石計画検討、港区東麻布計画検討、高輪計画検討、ミーティングなど。

時間に余裕を持って行動したいものですね。

ではこちら。

東京都が感震ブレーカーを無償配布、申込は12月31日まで!対象地域で説明会を開催中_出火防止対策促進事業

揺れによる全壊家屋 約175000棟、建物倒壊による死者 最大約1万1000人、揺れによる建物被害にともなう要救助者 最大約7万2000人、市街地火災の多発と延焼による焼失 最大約41万2000棟、建物倒壊等と合わせ最大約61万0000棟、死者 最大約1万6000人、建物倒壊等と合わせ最大 約23000人……。
( 内閣府 防災情報のページより https://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h25/74/special_01.html)

そう予測されているのが、今後ちかいうちに起こるといわれている首都直下地震。
2023年12月19日 21時33分 鉄道チャンネルニュース

なるほど。

未だに木造住宅にお住まいの方には、ちょっとお役に立てる情報ではないでしょうか。

以前から何度かご紹介させて頂いておりますが、この感震ブレーカーの有用性は各種検査機関などでも証明されていることと思います。

が、しかし、実際に設置されているご家庭はまだまだ少ないのが現状ではないかと思われますので、ここは安全で安心してお過ごしいただける家にするためにも、広く周知を進めなければいけませんね。

そこで東京都では、現在でもさまざまな災害対策を行なっています。

記事にあったのは、経済的被害は建物等の直接被害が約47兆円、生産・サービス低下の被害 約48兆円(合計 約95兆円)といわれる首都直下地震のほか、風水害や火山噴火、電力・通信の断絶などに備えている東京都は、関東大震災から100年を契機に、さまざまな対策に打って出ているということ。

たとえば、「東京都 出火防止対策促進事業」もそのひとつ。
https://www.fire-prevention.metro.tokyo.lg.jp/

「地震発生時、建物火災の原因の6割は、電気による出火です。震度5強相当の地震を感知し、電気を自動で遮断する『感震ブレーカー』を設置していますか?」

東京都 出火防止対策促進事業では、そう都民に伝えながら、木造住宅密集地域の木造住宅に住む都民を対象に、感震ブレーカー(コンセントタイプ)を配布しているそうです。

記事にあった感震ブレーカー説明会を開催したという例では、会場では震度5強相当の地震を感知し電気を自動で遮断するために、「感震ブレーカー」が有効であること、自宅への設置を推奨していることを都民にわかりやすく説明。
まず、起こりうると考えられている都心南部直下地震では、火災による被害は消失棟数 約12万棟、負傷者 約1万人、死者 約2500人と推定され、とくに木造住宅密集地域は、家屋の間隔が狭く、道路が狭いところが多いことから、緊急車両の運行が妨げられ、消火活動に支障きたす恐れがあることを伝える。

前出のとおり地震発生時、建物火災の原因の6割は、電気ストーブや白熱灯、観賞魚用ヒーターなどの電気による出火であることを共有し、「停電時にすべきこと」「通電が再開したときの注意点」などを説明しながら、「感震ブレーカー」の有用性を伝えていくそうです。

記事では、「知らなかった」では被害に大きな差が生じる「感震ブレーカー」の存在。東京都はこうした説明会を年内に都内の対象地域で開催し、普及啓発に取り組んでいる。説明会の案内が届いた人はぜひ参加してみて。と書かれていました。

感震ブレーカーの配布申込は12月31日締め切り。申込はWEBやハガキでも受け付けている。

◆特設ホームページ
https://www.fire-prevention.metro.tokyo.lg.jp/

◆配布申込ページ
https://www.fire-prevention.metro.tokyo.lg.jp/checkpostal/

もし、まだ何も対策を行っていないようでしたら、この機会に是非「感震ブレーカー」の設置を行なって頂けると安心ですね。

さらに、より一層安心して暮らしたいなら、住まいはRC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



乾燥注意報と火災注意報。

燃えない家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、所沢市東狭山ヶ丘計画検討、社内ミーティング、文京区千石計画検討、賃貸管理業務、提携会社さんと電話など。

午後は所沢市中新井計画検討、社内ミーティング、賃貸管理業務、北区浮間舟渡へ現地調査、帰社後は提携会社さんと電話、足立区足立計画検討など。夕方はガス会社さんと電話、リフォーム工事計画検討、渋谷区東計画検討、図面作成、ミーティングなど。

肌の乾燥で痒みが悪化しています。

ではこちら。

午前中から空気カラカラ 湿度20パーセント台も 東京など広い範囲に「乾燥注意報」

4日月曜は、本州付近は広く晴れて、空気が乾いています。正午までの最小湿度は、静岡市などで20%台まで下がりました。

正午現在、東京都を含む、九州〜北海道の広い範囲に「乾燥注意報」が発表されています。火災の発生しやすい状況になっていますので、火の取り扱いには、十分ご注意ください。
2023年12月4日 12時20分 tenki.jp

なるほど。

昨日の記事ですがいよいよ乾燥注意報が発表されるところまで進んできました。

私的には湿度の高いジメジメよりはカラッとしている方が好きなんですけど、それも度を過ぎると生物的に負担となってくるようで、肌の状況が悪化していろいろと不具合が現れます。

記事によれば、4日月曜は、西から移動性の高気圧に覆われてきているため、本州付近は、広い範囲で晴れています。気象衛星ひまわりの画像を見ると、11時半現在、目立った雲はなく、晴れのエリアとなっています。このため、関東や東海を中心に、空気がカラカラに乾いています。とありました。

そして正午までの最小湿度は、神奈川県小田原市で28%、静岡市で29%、千葉市で32%、東京都心で38%などとなっていたということで、正午現在、九州〜北海道の広い範囲に「乾燥注意報」が発表されています。火の取り扱いに注意が必要です。お肌やノドの乾燥対策も、心がけてください。と書かれていました。

そこで毎年のことですが、空気が乾燥するこの時期は、健康管理と共に火災発生のリスクも高まります。このタイミングで記事でも火災を防ぐポイントを紹介されていました。以下の通りです。

 ,燭个海竜曚こ未蓮⊃紊粘袷瓦望辰靴討ら捨てるようにしましょう。吸い殻を灰皿にためず、こまめに捨てることも大切です。寝たばこは、絶対にやめてください。

◆.好函璽屬亮りに燃えやすいものを置かないことはもちろん、洗濯物を乾かすためにストーブを使うことは、やめましょう。お出かけの時や就寝の際は、ストーブを消すのを忘れないでください。

 台所のコンロの周囲に燃えやすいものを置かないようにし、火が鍋底からはみ出さないようにしましょう。調理中はコンロから離れず、コンロを使用しない時は、ガスの元栓をしめてください。

ぁ‥轍柔宿覆離魁璽匹らも、発火するおそれがあります。たこ足配線やコードを束ねて使用するのは避け、コードが家具の下敷きになったり、折れ曲がったりしないよう、注意が必要です。ホコリが溜まらないよう、プラグやコンセントは定期的に掃除をして、使っていないプラグは抜いておきましょう。

以上です。

まあ基本中の基本とも言える内容だと思いますが、おおよそ事故はその基本を怠った時に発生するものですので、毎年のことでもまずはこの基本をしっかりと反復してお伝えしておかなくてはいけません。

さらに記事では、もしもの火災に備えて、住宅用の火災報知器を設置するのも、おすすめです。また、放火を防ぐため、家の周りに燃えやすい物を置かないようにしてください。とも書かれていました。

火災によって、大切な家族の生命や財産を脅かされるようなことがあってはいけません。

真剣に考えたら、住まいはRC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←いつもありがとうございます。



住宅ローン減税の注意ポイントとか。

省エネな家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からリフォーム工事検討、文京区千石計画検討、図面作成、提携不動産会社さんと電話、西台計画検討、事務組合さんと電話、渋谷区東計画検討、賃貸管理業務など。

午後は図面作成、商社さんと電話、資材発注、電気屋さんと電話、世田谷区弦巻計画検討、左官屋さんと電話、東計画検討、文京区千石計画のオーナー様とオンラインミーティングなど、ありがとうございます。夕方は資料作成、港区東麻布計画検討、お問合せ対応、ミーティングなど。

先ほど金木犀が香りました。ちょっと遅いよね。

ではこちら。

2024年から変わる「住宅ローン減税」の制度 注意すべきポイントは?...

LIFULL HOME'S総研の中山です。2023年6月中旬、国交省から2024年以降の住宅ローン減税の変更点について、資料が公表されました。

これは、新築住宅を購入予定、もしくは、中古住宅を購入して外皮(屋根や外壁ほか)を含む大規模なリフォーム&リノベーションを考えているユーザーにとっては、とても重要な変更となります。にもかかわらず、周知が進んでいないことを危惧した国の対応として、公表されたものだと考えられます。
2023年10月12日 11時45分 J-CAST会社ウォッチ

なるほど。

確かにこの住宅ローン減税の変更については、あまり話題に上がることも少ないと思いますし、その結果国民の中で制度を理解されている人は本当に少ないのではないでしょうか。

住宅ローン減税も、一時は借りた方がお得になることもありましたので、その時に利用された方はローンの金利よりも減税額の方が多いという恩恵を受けられたことと思います。

ところが時代も変わって、この制度の役割は終わったという判断から、2021年には終了する予定だったかと思いますが、コロナ禍もあって2025年まで延長されることになっています。終わることも決まっていますので、機会のある方は早めに動いた方が良いと思います。

記事にあったのも、制度の変更まですでに半年を切っていますので、新築住宅の購入や建設を検討している人は、住宅の省エネ性能の違いで、受けられる住宅ローン減税に大きい差異が発生することをご認識いただき、しかるべくご対応が必要となりますと書かれていました。

これまでに2022年、住宅ローンの控除率が年1%から0.7%に引き下げられました。その際、主に減税制度を補完し、また、省エネ住宅の普及を促進する目的で、住宅性能(主に、省エネ性能)の違いによって、年末の住宅ローン元本の上限に、段階的な差が設けられました(それ以前は、長期優良住宅であるか否かのみでした)。

ところが、2024年からは、その控除対象の元本の上限が引き下げられることとなります。同時に、いわゆる一般住宅(省エネ性能について、基準に達していない新築住宅。もしくは、省エネ性能を考慮せずに建設された新築住宅)は、住宅ローン減税の対象外――つまり、新築住宅を建てても買っても、住宅ローン控除が全く受けられなくなるということです。

実はこの制度変更は、ここ数年建築業界で対応を急いでいた「改正建築物省エネ法」という法律と密接な関わりがあるということ。

同法が施行される2025年4月以降は、原則として全ての建築物について省エネ基準への適合が義務化されます。ですから、施行に先立って、省エネ基準に適合した住宅を増やすため、住宅ローン減税においても2024年1月から省エネ基準に適合していることを必須要件化したということらしいです。

この省エネ基準に適合していることの証明には、建設住宅性能評価書、もしくは住宅省エネルギー性能証明書が必要です。

どちらも住宅を購入・建築したユーザーが単独で取得することは困難ですから、設計者、施工者、仲介事業者のサポートが必要となりますし、後から対応するのは難しいので、設計を始める時点でどの程度の性能を目指すのかを決定しておく必要があります。

一方の中古住宅に関する住宅ローン減税制度はどうかというと、2022年の変更以降は変わりがないということが書かれています。

それは、中古住宅=既存住宅のため、上記の住宅・不動産分野での温室効果ガス削減目標の対象にはなりません。したがって、中古住宅を購入・取得して省エネ改修を実施した場合には、相応の補助金を出すこととする。そして、新築住宅とは違った方法で省エネ対策を推進し、住宅ローン減税は継続しているのですね。

新築、中古、いずれにしても一定の省エネ基準に適合しなければ、今後は住宅としての価値が認められないということになってくるかもしれません。

まだまだその実力をご存じない方も多いと思いますが、省エネ性能が高い住宅は、イニシャルコストは高くても、光熱費などのランニングコストが安価に抑えられること。また、補助金もさまざま用意されていること。さらには、室内の寒暖差が少なく、結露によるカビやダニの発生も抑えられること、などなど......。

こうした断熱性能、省エネ性能の高い住宅のメリットを理解し、より「お得に快適に」日々暮らすことができる住宅を購入・建設していただきたいと思います。

この省エネ性能を実現して安全・安心して暮らせるのが、RC住宅なんですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←助かります。



乾太さまとRC住宅とか

人気の家を建てるならRCdesign

晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から書類作成、港区東麻布計画検討、管理組合さんへ連絡、提携会社さんと電話、塗装屋さん来社打ち合わせ、サッシ屋さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、資材発注、文京区千石計画検討、図面作成など。

午後からは事務組合へ諸手続きに、その後足立区足立計画の現場視察、不動産会社訪問など、帰社後は提携会社さんと電話、渋谷区東計画検討、図面作成、お問合せ対応など。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、港区高輪計画検討、蓮根の不動産会社さんと電話、書類作成、ミーティングなど。

あらら、10月になっていましたね。頑張りましょう。

ではこちら。

“乾太くん”SNSで人気もなぜ普及率約2%弱? 国内でのガス乾燥機定着が出遅れた背景とは

ガス衣類乾燥機「乾太くん」がSNSで“乾太さま”と崇められている。これは「乾太くん」を導入したあるご家庭が、「生活のすべてが変わった。

とてもじゃないが"乾太くん"なんて失礼な呼び方はできない」と称えた投稿に「我が家もです!」と共感が集まり、ネットミーム化していった現象だった。性能良し・コスパ良し、しかしガス衣類乾燥機の導入ハードルは高く、その高評価とは裏腹に全国普及率はまだ約2%弱。
2023年10月3日 9時30分 オリコン

なるほど。

実は弊社のオーナー様でも、ご利用頂いているケースが結構多い印象があります。

子育て世代のご家庭や、海外生活の長かったご夫婦、または同居型2世帯住宅で介護をされているご家庭など。本当に一度使ったら止められない設備に違いありません。

そんな乾太くんの普及率が2パーセントって、そんなものですかね。ちょっとビックリですが、良いモノが普及するとは限らず、しかし一定のファンがいてくれるという点では、RC住宅と非常に共感してしまいます。

ということは、もしかするとまだまだ乾太くんをご存じ無いという方も相当多いのではないでしょうか。そんな周知不足もまたRC住宅と共通しているかもしれません。

記事によれば、リンナイが製造・販売するガス衣類乾燥機「乾太くん」が、2018年以来、毎年2ケタベースで販売台数を伸ばしているそうです。そもそも乾太くんは1992年発売のロングセラー商品。それが近年になって脚光を浴びているのはなぜなのでしょうか。

その問いにメーカーさんが回答されていました。
「やはり生活スタイルの変化が大きいでしょう。共働き家庭が増え、洗濯を夜にしたり、週末にまとめてするのも一般的になりました。加えてSNSの口コミも後押しとなりました。もともと『乾太くん』は発売以来、お客さま満足度95%を下回ったことのない高評価商品なのですが、実際に使っている方の実感がSNSで可視化されるようになった2017年頃から売上ペースも伸びています」(リンナイ営業本部次長・伊藤敬一さん/以下同)

そうなんですね、コロナ禍を経て日本人の生活スタイルも確実に変化してきましたし、それが一時的なものではなく、常態化したという点では常識も変わったということになります。

乾太くんのお客様満足度は95%を下回ったことがない、というのは凄いですね。ここもRC住宅と共通している、と言いたいところですが、残念ながら実感はあれど根拠となるデータがありませんので、明言は差し控えたいと思います。

さらにメーカーさんが言われていたのは、「新入社員だった30年ほど前から『乾太くん』の開発に携わってきましたが、当時からこだわってきたのは洗濯物の容量×10分。5kgだったら50分、8kgだったら80分で乾くということで、これは電気式の約3分の1です。時短が求められる近年は、このスピード感も注目していただいているポイントです」とのことです。

実は、光熱費が電気式より安く、家計にも配慮されている。そんな家庭の救世主乾太くんですが、一般家庭への導入ハードルが意外と高いという難点があるのも確かなんです。

記事にもありましたが、「『乾太くん』はガス式ですので、設置場所にガス栓が必要ですが、洗濯機の周辺にガス栓があるご家庭は日本ではまだまだ少ない状況です。また乾太くんのスピード感とふんわり仕上がりの秘訣は“排湿”。衣類から出た湿った空気を外に排出する管を設置するために、壁に穴を開ける必要があるのですが、これも導入のネックになっています」ということです。

そんなこともあって、その良さを知っている方達は新築の際に必ずリクエストをしてくださるのだと思います。

メーカーさんによれば、「衣類乾燥機の普及が日本で遅れたのは、“天日干し文化”が根強いのも理由の1つだと考えられます。一方、海外では景観に配慮して、外干しが禁止されている地域もあり、衣類乾燥機も多く使用されています。弊社では90年代より海外に輸出しており、日本国内でもいずれ普及するだろうとの思いもあって、ガス衣類乾燥機を継続する判断に至りました」ということ。

海外での生活経験がある方ならご存知のとおり、洗濯物を人目に付くような屋外で干していると、経済的に相当厳しい状況のお宅だ、というように認識されてしまいますし、紫外線のデメリットも知られていることと思います。

紫外線の殺菌効果を期待する気持ちもわからないではありませんが、それ以上に物質を劣化させてしまう影響の方が大きいのではないでしょうか。

記事にあったのは、全体では2%という普及率しかありませんが、中でも高温多湿な沖縄県は乾太くんの普及率が約15%と日本で最も高いそうです。そこでは賃貸住宅の検索サイトに“ガス衣類乾燥機付き”というチェックボックスがあるほど主流になっているそうです。

さらに「乾太くん」があるだけで賃貸住宅の入居の申し込み率も格段に上がるということで、オーナーさんにも喜ばれているそうです。近年はそうした流れが九州・四国にも波及しているそうですので、これは近いうちに関東圏にも来る流れかもしれません。

記事によれば、内閣府の消費動向調査によると、2023年3月時点での衣類乾燥機の普及率は55.9%とあります。しかしこれは、2000年代に入って一気に普及したドラム式洗濯乾燥機も含む数字だということ。

とは言え、ドラム式洗濯乾燥機の使い心地や仕上がり感はイマイチという意見も多く、SNSでは「縦型洗濯機+『乾太くん』が最強!」との声が高いそうです。

もちろん生活スタイルによって、家事の仕方も違いますし優先することも違いますので、全ての人に喜ばれるものではないかもしれませんが、ガス衣類乾燥機「乾太くん」とRC住宅はこれからの普及が楽しみですね。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←助かります。



地震の教養とか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

晴れてる東京です。

そんな今日は朝から文京区千石計画検討、図面作成、提携会社さんと電話、港区高輪計画検討、資料作成、渋谷区東計画検討、お問合せ対応、賃貸管理業務など。

午後は所轄警察署さん来社ミーティング、図面作成、提携会社さんと電話、賃貸管理業務、文京区内でご検討のお客様とオンラインミーティング、ありがとうございます。構造担当と協議、電気屋さんと電話、資料作成など。夕方は東計画検討、所沢市計画検討、ミーティングなど。

台風と秋雨前線が目につきます。ご注意ください。

ではこちら。

関東大震災から100年。日本で生活するなら知るべき「地震の教養」2023

日本で生きるなら、誰しも逃れることのできない地震。普段はなかなか意識しづらいものだが、災害は忘れた頃にやって来る。

今年は1923年に発生した関東大震災から100年の節目。この機会に、いま警戒すべき巨大地震の基礎知識と防災の心構えを身につけよう。京都大学名誉教授の鎌田浩毅氏にレクチャーしてもらった。
2023年9月1日 6時0分 週プレNEWS

なるほど。

連日の震災関連記事になってしまい、少々心苦しく思います。しかしながら、日本とそこに暮らす人たちを守るためには、まだまだ意識を高めていく必要があると思いますし、そのために少しでもお役に立てるなら、たとえ無視されようとも伝え続けなくてはいけないと思います。

記事では京都大学の教授が防災の基礎知識や心構えを親切に書かれていましたが、その内容は細かく研究された内容で驚きとショックを感じるものでした。

たとえば下記のような質問に対しての回答も、初めて耳にする内容ではないでしょうか。

――この100年間で日本の地球科学的な状況はどのように変わったのでしょうか?
「東日本大震災で1000年ぶりの地殻の変動期が始まりました。日本列島全体が不安定になったのです。震災前に比べて内陸地震の発生数は約3倍です。東北や関東だけではなく、能登半島をはじめとして日本海側まで含む各地で直下型地震が起きています。

東日本大震災では、マグニチュード9.0の巨大地震によって牡鹿半島が東南東方向に約5.3m移動しました。つまり陸側が引き伸ばされたのです。それを解消するために、その後ずっと地殻変動が起きているのです。

この1000年ぶりの大地の変動は今後20〜30年は続くと考えています。しかも、この変動期は100年ほどの間隔で起こる南海トラフ巨大地震のタイミングとも重なっています。

いや1000年ぶりの地殻の変動期が始まったとか。いやそんなこと聞いてなっかぞ、という方も多いことと思います。この話だけでも地球規模の変動が感じられます。

記事の中では多くの根拠が語られていましたが、そんな中でも次の質問と回答は受け止め難い内容でしたが、それでも対策さえしっかりと行っておければ、少しは安心して暮らせると思います。

――先生は南海トラフ巨大地震は約10年後に必ずやって来る、被害は東日本大震災の10倍だと言っています。

「そうです。約10年後に必ず襲ってきます。これまで起きた規則性を考えても、パスはありえない。太平洋ベルト地帯に住む静岡から宮崎まで、全人口の半数以上の6800万人が被災します。『西日本大震災』と言ってもいいでしょう。

大胆に言い切っていただいていますが、ほかにも活火山の危険度や都市直下型なども、情報を提供されていました。

記事の最後には、『正しく怖がる』ことで人命と財産を救うことができます。よって、完璧主義と無関心主義をやめて、家具につっかえ棒をする、水の備蓄をすることから始めてください。とも書かれていました。

もし、今の時代に住まいを建てるチャンスに恵まれた方には、とにかく住まいづくりの優先順位1位を構造躯体としていただき、その内容はもちろんRC住宅としてください。

とにかく、生命と財産を守るなら、住まいはRC住宅をお選びください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←ありがとうございます。



落雷火災が増えています。

落雷にも強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、資料作成、賃貸管理業務、書類作成、文京区千石計画検討、ミーティング、お問合せ対応など。

午後からは台東区柳橋方面へ、お客様と打ち合わせなど、ありがとうございます。夕方に帰社後は港区高輪計画検討、東計画検討、お問合せ対応、ミーティングなど。

そう言えば、弊社の設計部リーダーがお爺さんになったそうです。

ではこちら。

「壁を触ると熱かった」全国で“落雷火災”が相次ぐ 札幌市では雷が電柱に直撃…1万戸あまり停電

全国各地で住宅街で落雷が発生し、被害が相次いでいる。
石川県や富山県では、“落雷火災”が発生。
住人は玄関の壁を触ると熱くなっており、火災に気付いたという。
さらに北海道では、雷が電柱を直撃し、一時1万戸あまりが停電した。
2023年8月30日 16時10分 FNNプライムオンライン

なるほど。

世界各地では多くの山火事が発生していますね、温暖化のすさまじい影響で、ハワイのマウイ島やカナダのイエローナイフなど世界各地で森林火災が多発しており、多くの犠牲者が出ています。

気温の上昇による乾燥が森林火災の拡大に拍車をかけているとも言われています。

世界資源研究所(WRI)によれば、世界で失われた森林の3分の1以上にあたる930万ヘクタールが火災によると発表しています(2021年)。これは日本の国土面積の4分の1にあたるそうです。

そして、そんな温暖化の影響は日本にも確実に表れていて、猛暑日の日数や台風の進路、そしてゲリラ豪雨や落雷もその一つではないでしょうか。

記事によれば、全国で落雷による火災が相次いでいるということですが、残念ながら落雷をコントロールすることは出来ません。おおよそ自然災害というものはそういうものです。

一般的に、落雷による火災が発生するケースとしては、屋内に入った電流が、コンセントの埃に引火したり、コンセントがつながった電化製品・精密機器がショートして出火したりすることが多いと言われています。

電流が屋内に侵入する時、最初にコンセントに行き着くのでコンセントからの出火が多い傾向にあるということですが、もう一つはすぐに火を消せないことが、火事につながる原因となるようです。

しかし、雷は金属などの導体以外には落ちないという考えは間違いで、山火事などの原因となる落雷は、大木にも落ちることで火災につながっていますね。

ちなみに、建築基準法第33条には「高さ20メートルをこえる建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない」という基準がありますので、大体7階建て以上の建物の場合に設置されることが多いです。

記事にあった例では、家の中にいた住人は、自分の家に雷が落ちたとは思っていなかったということでした。

そして実際に“落雷火災”にあった住人は、気付いたきっかけについて、「パチパチという音がした。玄関に来ると、壁が膨らんでいた。触ると熱いので、燃えていると…」と話していたそうです。

一方で27日には、北海道札幌市で雷による停電が発生したそうです。雷が電柱を直撃したのか、雷の影響で電線を支える器具が壊れ、破片が散乱していたということです。この日、北海道内では、一時1万戸あまりが停電したそうです。

気付かないうちに落雷があり、その後壁の中で発火していて火の手が回り、次に気付いた時にはすでに時遅く、逃げる他無い状況になってしまうと、火災を避けることは難しくなってしまうでしょう。

落雷があったとしても発火することなく、火災につながることもない住まいを、是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



一人暮らしでも防災が大事

防災対策の家を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、お客様とお電話、大田区田園調布計画検討、社内ミーティング、賃貸管理業務、塗装屋さんと電話、青梅計画検討、図面作成、業者さんと電話、足立区足立計画検討など。

午後は沖縄件の業者さんと電話、その後金融機関、池袋方面へ、帰社後は税理士さん来社打ち合わせ、ミーティング、賃貸管理業務など。夕方は提携会社さんと電話、塗装屋さん来社打ち合わせ、渋谷区東計画検討、ミーティングなど。

夏が終わるのはいつ頃になるのでしょうか。

ではこちら。

単身世帯の68%、防災対策せず 民間調査「大きな社会的リスク」

調査会社インテージ(東京)が防災の日を前に28日まとめた意識調査によると、1人暮らしの68%が防災対策を講じていないと答えた。

単身世帯は増加しており、担当者は「数字以上に大きな社会的リスクだ」として、自治体などによる啓発が欠かせないと指摘した。
2023年8月28日 11時22分 共同通信

なるほど。

これは確かに、社会的にも大きなリスクになりますね。

単身世帯の70%近くが防災対策もせずに日々暮らしているとは、もし今大きな地震や台風などで、町が多くの被害にさらされた場合、相当の被害になってしまうことが予想されます。

被災した多くが若い方だったとしたら、その影響は長い期間続くことになるでしょうし、復興にも時間がかかるようになり、日本全体の平均年齢が一層高まってしまうかもしれません。

ここは何としてでも、単身者の方達にもっともっと防災の意識を高めて頂き、社会の一員としての義務を果たすためにも、具体的な防災対策を行って頂きたいと思います。

記事によれば、15〜79歳の全国モニターを対象に4〜9日、ネットによるアンケートを実施し、5千人が回答。家庭で防災対策をしているとしたのは世帯人数別で1人が32%だった。2人が52%、3人、4人はともに51%、5人以上は46%ということでした。

何とも寂しい限りです。世帯人数が複数になっても半数の人しか防災対策を行っていないということですので、実際に災害が発生した時の被害は想像以上になってしまうのではないでしょうか。

記事にあったデータでは、過去1年間に使った防災対策の費用は1人平均2051円となったそうです。その内容は、水やインスタント食品、トイレットペーパー、乾電池などの備蓄が多かったということ。

もちろんそれも防災対策の一つかもしれませんが、毎回お伝えしておりますように、運よく生き残れた場合には少しは役に立つかもしれませんが、もう少し生き残るために今からコストを掛けておくべきだと思います。

次に記事ではどのような「脅威」に対する不安を感じるかについて、最も多かったのは地震(85%)で、猛暑(高気温)(82%)、「集中豪雨、大雨、暴風」(79%)と続いた。4番目に多かったのは「感染症や伝染病の爆発」(73%)でコロナ感染拡大が影響していると考えられるとありました。

皆さんしっかりと脅威となっていることを認識されているんですね。不安を感じながらも対策をしない、または出来ないということもあるかもしれませんので、そこは行政による最低限の安全確保や対策への補助金などが用意されると良いですね。

また記事では、自然災害など「脅威」に対する不安の3年前との変化を複数回答で尋ねたところ「強まった」の割合が最も高かったのは64%の「猛暑(高気温)」で、「集中豪雨・大雨・暴風」が54%で続いた。全国的な猛暑と多発する大雨被害が影響しているとみられる。「地震」と「感染症や伝染病の爆発」がいずれも52%だったということです。

上記の今不安に感じるのは地震が一番でしたが、3年前に比べて強まったのはやはり猛暑や大雨などの自然災害ということで、皆さんお感じのとおり気候変動を実感している結果と言えそうです。

はっきり言っておきますが、ここで上げられている脅威や不安は、RC住宅に住んでいただけるだけで、そのほとんどを取り除くことが出来ます。

一戸建ての住宅はもちろん、共同住宅の場合もRC住宅に住むことが、日本に暮らす上で最低限かつ一番重要な要件だと思います。

ファミリー世帯の方はもちろん、単身者の方もこの住まいに対する投資が一番効果的かつ重要な防災対策だということを知っておいてください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



何よりも大事な対策とか。

安全な家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から渋谷区東計画検討、賃貸管理業務、その後練馬区大泉町方面へ、帰社後は所沢市中新井計画検討、信用金庫さんと電話、税理士さんと電話、提携会社さんと電話など。

午後は電気屋さんと電話、ミーティング、賃貸管理業務、成増の家具屋さんへ備品仕入れへ、帰社後は文京区千石計画検討、地盤改良業者さんと電話など。夕方は瑕疵担保保険会社さん来社打ち合わせ、見積作成、業者さん来社打ち合わせ、ミーティング、賃貸管理業務など。

秋花粉と寒暖差でアレルギー症状が出ております。ご了承ください。

ではこちら。

必ず起こる「巨大地震」に備えてじつは「何よりも大事」な「たったひとつの対策」 南海トラフ巨大地震に備える

日本は自然災害が多い国として知られている。年間を通して、大地震、台風、洪水、土砂災害といった多種多様な災害に見舞われる。そうした状況下で、自然災害から自身の生命を守るため、我々が取るべき行動は何か。防災・危機管理アドバイザーの専門家である山村武彦氏に訊いた。
2023年8月24日 17時0分 現代ビジネス

なるほど。

いつもお伝えしているとおり、日本に暮らすなら避けては通れないのが、災害対策なんですね。

しかしながら、楽観主義の人が多いのか、もしくはすでに諦められているのか、またはどこか麻痺してしまっているのかわかりませんが、これまでの多くの犠牲を払ってきたにも関わらず、あまりにも学びが少ないと言わざるを得ません。

本来ならば、世界中でもこれだけ経験を積まされた国はありませんので、もっと真剣に対策を進めていれば、今頃は世界でも最強の国となっていたと思います。

記事を書かれていた山村氏は「被災時には安全な場所に移動することが第一」と強調する。これは災害が発生した際の最優先行動である。人間は意外なほど被災地から離れない傾向があると指摘する。だが、特に災害弱者の場合、安全な場所に移動することがなによりも重要であると語られていました。

さらに一方で、山村氏は「日本は事後対策にばかり注力しているが、本当にもっとも大事なことは事前の備え」であると言う。わけても大事なことは「安全な家に住む」ことであり、それが自分自身と家族の命を守るための最善策となる。とも書かれていました。

本当に何が一番大切かよく考えて欲しいのですが、災害発生時に一番優先しなければいけないのは生き残るということなんです。絶対に生き残らなければいけません。

そのために、弊社ではRC住宅をオススメしていますし、これが最強でこれだけを提供したいと考えています。

最後に山村氏は、家族防災会議を開いて、具体的な対策を打ち合わせることも大切であると指摘する。防災対策はあくまで事前対策である。何かが起きてから対応するだけではなく、事前に準備をしておくことが最も重要なのだと書かれていました。

強くて丈夫、安全で快適な家を1軒でも多く街に残したいと思っています。住まいづくりは是非お気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



ビヨンセもRC住宅なのね。

RC住宅を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、ミーティング、文京区千石計画検討、お問合せ対応、渋谷区東計画検討、書類作成、世田谷区代沢計画検討、図面作成など。

午後は原稿作成、図面チェック、港区高輪計画検討、足立区足立計画検討、賃貸管理業務、お問合せ対応、大田区上池台計画検討など。夕方は所沢計画検討、書類チェック、ミーティングなど。

お疲れ様です。残暑が続いていますが、一方で確実に秋が近づいているようで、花粉症の症状を感じています。

ではこちら。

アメリカのセレブが日本人建築家に殺到中…安藤忠雄のコンクリ住宅に「アメリカ史上最高額」がついたワケ

■420億円の売り出し価格は全米史上最高額
日本建築界の巨匠・安藤忠雄氏による建築が、アメリカのセレブたちを魅了している。

歌手のビヨンセとラッパーのジェイ・Z夫妻は今年5月、安藤氏設計の邸宅を約2億ドル(約283億円)で購入。カリフォルニア州の高級住宅として歴代最高額を記録した。全米でもマンハッタンに次ぐ2番目の高値となる。

英テレグラフ紙によると、当初の売り出し価格は2億9500万ドル(約420億円)。仮にこの価格で取引が成立していた場合、全米の歴代最高額を更新していたという。
2023年8月20日 12時15分 プレジデントオンライン

なるほど。

さすがは安藤先生です。

420億円で売り出される家とは、いったいどんなものなのか興味は尽きませんが、そこはやはり安藤先生の作品としての価値が高いということと、RC(鉄筋コンクリート)住宅の価値が認められているということになるでしょう。

近年のアメリカでは、ハリケーンや山火事などの自然災害も多い印象ですので、さすがのアメリカ人も家の価値を考えるようになったのかもしれません。

記事によれば、安藤氏が手掛けた住宅はアメリカで20戸ほどしかなく、セレブたちがどうしても手に入れたい注目アイテムになっているそうです。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「セレブたちが近頃夢中になっているものがある。それは81歳の日本人建築家・安藤氏である」と題する記事を掲載していたとか。

同紙では、著名人や超富裕層のあいだで「カルト的人気を博している」と指摘していたようで、安藤先生の作品が注目され、安藤先生が設計された住宅が劇的に値上がりしているということです。

ところで、ウォール・ストリート・ジャーナル紙などによると、ビヨンセ夫妻が購入した邸宅は、カリフォルニア州マリブの高台にある。太平洋を望む物件で、シンプルで幾何学的な意匠が特徴となっているとか。

それは芝生を敷き詰めた3万平方フィートの敷地(約840坪)に、安藤先生のトレードマークであるコンクリート打ちっぱなしの邸宅がたたずむ。大胆なパノラマウインドウを備える各寝室は、直方体のリズムを繰り返し奏でるかのようだ。重厚なコンクリート建築にあって、軽やかな印象を生み出していると書かれていました。

さらに記事によると、ビヨンセ夫妻以外にも、女優のキム・カーダシアン、ラッパーのYe(カニエ・ウェスト)、ファッションデザイナーのトム・フォード氏、Slack共同創業者のスチュワート・バターフィールド氏夫妻などが安藤氏の手掛けた物件を所有、あるいは建築計画を進めるなどしているそうです。

そして日本の建築家が、なぜアメリカでセレブを魅了しているのか。コンクリートの美しさ・力強さをそのまま意匠に残す安藤先生の名建築は、アメリカにもファンが多いとし、建築の域を超えた、美術品としての美しさがセレブの心に響いているようだということです。

何はともあれ、RC住宅やコンクリート打ち放しに興味を持って頂ける方が、一人でも多く増えてくれることが、私も大変嬉しく思います。

実はもう何十年も前から、日本においても要人やセレブの方達を中心に、脈々と受け継がれる価値観として、RC住宅をお選び頂いていますが、もっと多くに方にご利用いただくことで、地域や日本を守りながら成長することが可能になると思います。

こと東京で家を建てるなら、まずは美しいRC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



災害対応住宅のススメ

災害対応の家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から所沢市中新井計画の現場でコンクリート打設がありました。江戸川区東小岩計画検討、電気屋さんと電話、渋谷区東計画検討、資料作成、金融機関へ書類お届け、帰社後は原稿チェック、賃貸管理業務など。

午後からは文京区千石計画検討、ミーティング、お問合せ対応、新宿区水道橋計画検討、資料作成、渋谷区東計画検討、書類作成など。夕方は白山のオーナー様とお電話、渋谷区西原のオーナー様とお電話、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

残暑お見舞い申し上げます。本日より夏期休暇明けの通常業務となりましたが、日本各地では台風や大雨による被害が広がっています。皆様、ご無事でしたでしょうか?とにかく被害がありませんようにお祈りしております。

ではこちら。

災害時への対策が少ないもの、1位は? -「耐震性の高い住宅」「通信の確保」なども

積水ハウスの住生活研究所は、9月1日の「防災の日」に向けて行った「防災に関する調査(2023年)」の結果を2023年8月3日に発表した。調査は2023年6月1日〜5日の期間、20〜60代の既婚男女500名を対象にインターネットにて実施したもの。

自然災害で不安に感じるものを尋ねたところ、「地震」(86.4%)が最も多く、次いで火災(54.6%)、暴風(台風)(48.6%)と続いた。
2023年8月18日 11時56分 マイナビニュース

なるほど。

さすがは大手企業さんです。系列の研究機関もあってそこでは日夜住まいに関連する研究が行われているようです。

今日の記事では、防災に関する調査結果を発表されたとのことですので、その内容については有り難く拝見の上参考にさせて頂きたいと思います。

まず記事にあったように、自然災害に対して皆さんが不安に感じていることを聞いた問いに対して、ほとんどの人が地震と答えていたり、半数の人が火災や台風に対しても不安を感じているということでした。

しかし、残念ながらいつものようにわかっていながら、対策を行っていないのが日本の現状なんですね。

RC(鉄筋コンクリート)造のマンションなどにお住まいの方はおおよそ安心して頂けるのではないかと思いますが、一戸建ての住宅で木造や鉄骨造の家では、どんな対策を行ったとしても安心できるものにはならないでしょう。

次に記事では、地震への対策や備えを行っている人は65.2%にとどまったと書かれていました。対策をみると、「懐中電灯等の準備」、「飲料水の備蓄」、「非常食の備蓄」は半数以上の回答がみられたが、「風呂の残り湯をためておく」、「連絡方法・集合場所など、家族のルールの確認」は約2割との結果に。

もちろん何も考えない、何も行動しないというよりは良いと思いますが、地震をはじめとする自然災害で一番に考えなければならないのは、生き残るということです。

生き残りもままならない状況で飲料水や非常食の備蓄を行っても、それを使うことが出来ない事態になってしまっては、元も子もありません。

さらに記事では、地震対策を十分行えているかとの質問に対し、「そう思う」との回答はすべての項目において約3割と判明。「日用品の備蓄」「食料・飲料の備蓄」「安全の確保」は約3割、「停電・断水・ガスの停止・通信障害等の対策」は約2割と、自信をもって自宅での地震対策ができていると考えている人は少ない傾向がみられたとのことです。

これであとは運に任せて、運がよければ生き延びることが出来、その後の避難所生活を耐え抜けば、復興につなげることが出来るかもしれません。

しかし、記事には次のような結果もありました。災害時に避難所へ行くことについて「抵抗がある」(65.0%)との回答は、コロナ禍前(63.6%)とほぼ同じ水準に。抵抗ある理由を尋ねると、「プライバシーがないから」(69.5%)が最多で、次いで「避難所の衛生面が心配」(51.4%)、「避難者同士のトラブルの懸念」(43.4%)と続いた。

やはり皆さん避難所生活には抵抗を感じているものの、理想と現実では大きな隔たりがあるようです。

調査結果でも、緊急時に避難所よりも在宅避難を選びたいという人は(84.8%)にも達していたということでした。そこで、安心して在宅避難をするために必要だと思うものを尋ねたところ、「飲料水の備蓄」(79.7%)、「食料品の備蓄」(78.1%)、「日用品の備蓄」(66.0%)と、備蓄関連の項目が上位にあがったそうです。

しかし、「実際に備えられている」との回答はどの項目においても半数以下だったようですが、先ほどもちょっと強めに書かせて頂いた通り、生き残ることが第一で、さらに被災した家には何ら被害が無く、安心して暮らすことが出来るということが大前提です。

現在の日本では、耐震等級という基準がありますので一定の目安にはなりますが、これは構造計算もされないで作られてきた木造住宅などのレベルを統一させるためのものでした。

本当の強さと安心感は耐震等級のみではなく、耐風圧や耐水圧、耐火性や電源確保なども含めて、総合的に判断しなくてはいけません。

どんな時も、貴方と貴方のご家族の、生命と財産を守ることが出来るのは、RC住宅だけではないでしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



化学物質過敏症と香害とか

東京で家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、提携会社さんと電話、システム調整、来客面談、オリエンテーション、渋谷区東計画検討、お問合せ対応、賃貸管理業務など。

午後は各種設定、青梅市計画検討、図面作成、文京区千石計画検討、足立区足立計画検討、西台計画検討など。夕方は港区高輪計画検討、田端のお客様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

昼前から久しぶりの激しい雷雨となりました。ちょっと涼しくなりましたか。

ではこちら。

頭痛に吐き気、肌がかぶれて真っ赤に…化学物質過敏症の当事者が苦しむ「香害」

今回は、化学物質過敏症の当事者が苦しむ「香害」について取材しました。

香りで体調を突然崩す「香害」
化学物質過敏症というのは、生活環境の中の微量な化学物質に接することにより、体調が悪くなる症候群であるとされています。

その中でも、今まで嗅いだり触れたりしていた香り・におい…例えば、洗濯用洗剤や柔軟剤、シャンプー、虫よけスプレーや工作用具の糊の香りなどによって、突然体調を崩すなど、健康被害を受けるのが「香害」です。これは消費者庁や各自治体などによっても定義されています。
2023年8月1日 16時27分 TBS NEWS DIG

なるほど。

私も少なからずアレルギー反応が出やすい体質ですので、この化学物質過敏症の方々の大変さも、少しは理解出来るかと思います。

弊社建物のオーナー様の中にも、同様の過敏症で大変重い症状に苦しんでおられる方がいらっしゃいますが、その過敏さ加減は一般の方が想像する何倍も大変なもので、お話を伺うたびに驚きを隠せません。

記事に書かれていたのは、5年前に突然、香害に悩まされるようになった化学物質過敏症の当事者の佐藤さん(仮名)に詳しくお話を聞きましたと言うもの。

ーーいつ、香害に気が付いたのでしょうか?
「友人と銀座で待ち合わせて会う時に電車に乗って行きますよね。そうすると電車に乗るたびにお腹を壊すんですよ。で、そういうことが続くものですから。その時に気が付いたんですが、電車の中で隣に座ってた人がものすごい柔軟剤の匂いのする服を着てるわけなんです。

で、それでお腹を壊したんじゃないかっていうのと同時に、そういえば今までお腹を壊したのも、みんなそんな匂いがする人たちだったなっていうことから、これはおかしいんじゃないかっていうことで、インターネットで調べ始めた時に『香害』という言葉に当たったわけなんです。あぁこれかもしれないと思いまして」という当事者さんのお話しでした。

また、記事によればこの辛い香害ですが、日常生活にも支障が大きく、防毒マスクをしないと電車やバスに乗れないというほどの人もいるそうですし、佐藤さんは外出も控えているため、2年くらい健康診断にも行けずにいます。仮に病院に行っても、病院職員の着衣の柔軟剤や洗剤のにおいで体調が悪くなってしまうのだそうです。

それでもこの当事者である佐藤さんは「私は軽い方なんです」と話します。患者のなかには、職場などの環境で体調を崩して仕事を辞めざるをえなくなり、生活に困窮して死活問題になっている人もいるそうです。症状も本当に人それぞれで、頭痛に吐き気、肌がかぶれて真っ赤になってしまう人もいらっしゃるということ。

今日の記事で紹介されていたのは、こうした公害に悩む患者たちの声を集めてできたネットワークがあるそうです。それが「カナリア・ネットワーク全国」という団体で、全国各地に点在する香害で困っているそれぞれの小さな声をまとめて多数の声として社会に発信しようと、少しずつ活動しているそうです。

この団体さんの名称にあるカナリアというのは何故かというと、石炭を掘り出す炭鉱で働く坑夫たちは、窒息ガスや毒ガス早期発見のための警報として、鳥の「カナリア」を使ったそうなんです。カナリアが空気の変化を素早くキャッチしたので、「カナリア・ネットワーク全国」の名前もそこに由来しますということ。

今回の記事によれば、さらに香害は大人だけでなく子どもも悩まされているそうです。教室内にいるクラスメイトの服についた匂いや、教室内の建材に含まれる化学物質による香害で、保護者を巻き込んで対策を講じているそうです。

最後に、当事者さんはこの香害はすでに単なる個人の香りの好みではなく、もはや公の害の方の“公害”に近いという意識をみなさんに持ってもらいたい。と話してくれました。

ここからは私個人的な意見ですが、過敏症の方にこそ高気密高断熱の高性能住宅に住んでいただくことが、少しでもリスクを減らせる方法ではないかと思います。

基本的な換気システムで室内の空気を適切にコントロール出来ますし、少しでもコンクリートの素材があれば、多孔質の性質で物質を吸着することも出来ますので、RC住宅がオススメなんです。

過敏症の方も快適に過ごせる住宅をご提供したいと考えています。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←よろしくっす。



家づくり講座は断熱性能とか。

東京で家を建てるならRCdesign

晴れ時々くもりの東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、中野区本町計画検討、渋谷区東計画検討、資料作成、提携会社さん来社打ち合わせ、世田谷区代沢計画検討、お問合せ対応など。

午後は図面作成、賃貸管理業務、原稿作成、新宿区住吉町計画検討、青梅市計画検討など。夕方は港区高輪計画検討、文京区千石計画検討、図面チェック、ミーティングなど。

土用の期間に入りましたね。季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。それでは土曜日恒例の家づくり講座第512回をお届けいたします。どうぞお付き合いください。

さて、最近は高気密高断熱をアピールする業者が多いですね。とはいえ、その性能は業者によって差があります。

弊社でも、時代の要請による最高等級からコストパフォーマンス重視の仕様まで、各種対応をさせて頂いております。

業者の能力を知るには、数値をチェックするのが一番です。住宅の性能はC値やQ値で表します。

C値とは、隙間面積の割合を示す数値で、値が小さいほど気密性能が優れていることを表しています。

Q値とは、室内の熱がどれだけ外に逃げているかを示す数値です。こちらも、値が小さいほど断熱性能が優れていることを表しています。

ちなみに、計算式は
C値 = 家全体のすき間の合計(cm2) ÷ 延べ床面積(m2)
Q値(熱損失係数) = 熱の逃げる量の合計 ÷ 延べ床面積
です。

また、Q値に変わる指標として最近はUA値を採用される場合が多いです。
UA値 = 熱損失量(w/k)÷ 外皮面積(m2)

こちらも値が小さい方が性能が優れているのですが、その数字だけを見ても、一般の人は「じゃあ、体感温度で言えばどれくらいなの?」と、今一つピンときません。

数値の異なる住宅を体感で比較するチャンスなんて滅多にないので当然ですよね。

もし可能なら完成内覧会やモデルハウスで実験させてもらいましょう。

エアコンなどで室温を調整した状態で、それぞれの部屋の温度を体感するんです。

最適な時期は、暑さ寒さが厳しい時期です。今の時期なんて、もう最高です。^^

良い機会なので、ついでに遮音性も確かめてみましょう。

あなたが1階にいて、元気なお子さんたちには2階でいつもの通りに動いたり話したりしてもらいましょう。

それが難しいなら、スリッパをはいた大人に2階を歩いてもらい、その音の聞こえ方を確かめてみましょう。リビング階段や吹き抜けがあるなら、それぞれの場所での聞こえ方も調べてみましょう。

2階にトイレを設ける予定なら、1階にいてドアの開閉音や水が流れる音を確かめるものいいですね。

幹線沿いなら、外の音がどれくらい緩和されるのかもチェックできます。同じ物音、同じ室温でも、許容できる範囲は人それぞれです。

数値や性能を追求すれば、どうしても費用が増えます。

なので、「これくらいの性能なら十分」という範囲を、体感して探してみましょう。

そうそう、寒い時期に行くなら、開口部(結露など)や浴室の床の温度を調べるのに最適です。

じっくり確かめてくださいね。^^

それでは良い週末を。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



秋田大雨と内水氾濫とか。

内水氾濫にも強い家を建てるならRCdesign

晴れて危険な東京です。

そんな今日は朝から世田谷区代沢計画検討、社内会議、図面チェック、商社さん来社打ち合わせ、解体業者さんと電話、渋谷区東計画検討、賃貸管理業務、見積作成など。

午後は提携会社さんと電話、書類作成、図面作成、その後駒込方面へ、お客様宅へ書類お届けなど。夕方帰社後は中野区本町計画検討、杉並区荻窪計画検討、お問い合わせ対応など。その後組合会合出席など。

全国的な灼熱お見舞い申し上げます。

ではこちら。

秋田大雨、住宅千棟超に被害 内水氾濫で広範囲冠水

記録的な大雨による住宅などの被害の全容把握を急ぐ秋田県は18日、千棟を超える住宅の浸水被害を確認したと発表。内水氾濫により広範囲が冠水した秋田市で調査が遅れており、さらに被害が増える可能性があるとしている。

県によると、住宅被害は床上浸水が725棟、床下浸水が376棟。秋田市はこのうち計120棟だが、佐竹敬久知事は最大で万単位に及ぶ可能性があるとの見方を示している。断水は4市町の計約8500戸で続いた。2023年7月18日 18時45分 共同通信

大雨災害、お見舞い申し上げます。

当社のスタッフでも秋田県出身者が複数名いますので、ここ数日大変心配していましたが、今のところ被害の無い地域だと言うことで一安心していました。

しかしながら、記事にもありましたとおり県内全域では多くの被害が報告されていますし、まだまだ被害が増える可能性もあるようですので、心配が続きそうです。

他の記事でも「約1年間に2度も被災するとは思わなかった。(昨年の大雨を受けた)橋の改修は不十分なままで、被害を繰り返した。これは人災だ」。と不満を口にした方がいました。

また昨年8月の大雨で被災し、自宅のボイラーやエアコン、車を数十万円かけて買い直した。ようやく落ち着いたと思った矢先に、今回の豪雨に見舞われたと言う方もいらっしゃって、大変気の毒に思いました。

洪水や冠水のニュースを目にすると、いつも思い出すのが今から20年以上前になりますか、当社の資材置き場の近くを流れる川が氾濫してしまい、材木や資材のほとんどが流されてしまったということがありました。

河川の氾濫から数日後、水が引いてから片付けを始めるも、車や機械類は全て使い物にならなくなっていましたし、やはり土砂の搬出や消毒には多くの手間がかかりました。

現在は上流の治水工事が進んだお陰で、台風の時でも心配しないで済むようになりましたが、本当に水害はその後の処理が大変なんですよね。

そして今回の災害でもキーワードに上がっていたのが「内水氾濫」です。

この内水氾濫は、下水道や水路の排水能力を超える雨が降ったり、排水先の河川の水位が高くなったりして、行き場を失った雨水が市街地にあふれ出る災害のことです。

これは河川の水が堤防などを越えて流れ出す外水氾濫に比べて、短時間で被害が発生し、川から離れた地域でも浸水が起きるとされていますので、都市部に暮らす私たちも被災する可能性が高い災害なんですね。

実際にここ数年都市部でも発生するゲリラ豪雨では、マンホールの蓋が飛んでしまったり、側溝が噴水のように水を吐き出しているという映像を見たことがあると思います。

東京でも、これまでの経験と住民の数などを計算の上、道路には下水道本管が埋められていますが、短時間に想定以上の雨が降ってしまいますと、下水道の管に入りきらない水が戻ってきて溢れ出てきます。

内水氾濫でもそうなんですが、道路を埋め尽くすほどの水が上がっているということは、下水道の汚水も一緒になっているということです。汚水と泥水が一緒になって家の中隅々に行き渡るということになりますので、その片付けは相当に気の遠くなる作業です。

床下や壁の中を隅々まで清掃したり、木材は水を吸ってしまい狂いが発生する場合もあるでしょうし、鉄骨では錆びの発生を心配する必要があったり、断熱材も水を吸っては再使用不可となります。

そんな内水氾濫が発生する可能性はどこの地域でもありますので、少しでも危ない予報が出ていましたら、すぐに雨水の侵入対策を行うことと、大切なものを2階以上の階に上げる作業に取りかかってください。

もし、これからでも水害に強い住まいをご検討されるのなら、RC住宅がオススメです。

なぜなら・・・

その理由はまたの機会に。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



屋根を飛ばさないように。

東京で家を建てるならRCdesign

猛暑の東京です。

そんな今日は朝から原稿作成、解体屋さんと電話、渋谷区東計画検討、中野区本町計画検討、ご近所のお客様宅へ軽作業に、帰社後はサッシ屋さんと電話、図面チェックなど。

午後は新宿区住吉町計画検討、資料作成、原稿作成、解体屋さんと電話、塗装屋さん来社打ち合わせ、ミーティングなど。夕方は世田谷区代沢計画検討、西台計画検討、ミーティングなど。

本日も猛暑お見舞い申し上げます。

ではこちら。

「屋根が飛んだ」関東で突風か 天気急変…帰宅時間帯にゲリラ雷雨 日中は猛烈な暑さ

猛烈な暑さだった11日、関東では午後、一部の地域で天気が急変。突風で屋根が飛ばされる被害も出ました。

■帰宅時間帯にゲリラ雷雨 
11日午後6時15分ごろ、栃木県宇都宮市で、空を覆う黒い雲。わずか5分後には、雨具の準備をする間もなく、突然、雨が降り始めました。
2023年7月12日 9時35分 テレ朝news

なるほど。

日本全国の自然災害に対して、お見舞いを申し上げたいと思います。

夏の前後も自然災害が多い日本ですが、今年もまた全国で被害が発生しています。

昨日も日中は猛暑となっていましたが、夕方になって関東北部を中心に大荒れの天気となっていました。埼玉県では突風とみられる強い風が発生し、被害も出てしまったようです。

記事にあったのは、加須市にある住宅の道の真ん中を、屋根がふさいでいます。目の前の家に住んでいる人は、次のように話します。「すごい雷と風だったから、ぶつかったことが分からなかった」とか。

また、幸手市でも、11日夜に「3〜4軒の家の屋根が飛ばされた」という119番通報が相次いで寄せられたということで、こちらの住宅は、家の屋根が完全になくなってしまっていますという記事もありました。

さらに記事によれば、茨城県境町でも倒木などの報告が数十件寄せられたほか、埼玉・茨城・栃木・千葉の4県で、合わせて一時およそ1850戸が停電したそうです。

他の報道でも、埼玉、茨城、群馬でも同様の被害が相次ぎ、これまでに少なくとも77件の被害が確認されているということです。

いつもお伝えしておりますように、とにかく日本の建築では、これまで耐震性能には十分な対応をしてきたと思うものの、風に対する強度確保については、決して安心出来るものではないんですね。

それこそ昭和の時代は風で飛ばされないように、重い瓦を載せていましたから、それが地震の被害を大きくしていたんですけど。

逆に最近の木造住宅では、なるべく軽い屋根が採用されることがほとんどですので、一層風には弱くなっていると言えます。

気象条件の変動によって、関東地域でも台風の直撃を受ける確率が上がっているのは間違いないのですが、その対策は基本的に取られていません。

沖縄は道端の電柱ですら、本州と比べて耐風圧の設計がされていますし、建物はもちろんほとんどがRC住宅になっています。

したがいまして、東京においてもこれからの気象条件を考えると、RC住宅に建て替えを進めておく必要があるということです。

少しでも早くご決断をされた方が良い結果となると思います。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



熱交換換気扇のススメ

快適な家を建てるならRCdesign

くもり空の東京です。

そんな今日は朝から書類作成、中野区本町計画検討、商社さんと電話、事務組合さんへ諸手続へ、その後金融機関廻り、帰社後は商社さんと電話、解体屋さんと電話、足立計画検討、見積作成、小石川計画検討など。

午後は渋谷区東計画検討、書類作成、見積作成、提携会社さんと電話、賃貸管理業務、ご近所のお客様とお電話、文京区千石計画検討、地盤調査会社さんと電話など。夕方は構造担当と協議、渋谷区西原のオーナー様とお電話、資料作成、ミーティングなど。

野生の昆虫がウロウロしていますね。

ではこちら。

“紙”で熱交換する換気機器「ロスナイ」ってなに? 三菱に1から教えてもらった

新型コロナウイルス感染症が5月8日に感染症法上の位置づけで「5類感染症」に変更されましたが、厚生労働省は「換気」について、基本的感染対策として引き続き有効だとしています。

三菱電機によると、省エネや節電志向の高まりもあり、これらに対応する製品として全熱交換型換気機器に注目が集まっているといいます。プレス向け説明会で、同社が展開する全熱交換型換気機器「ロスナイ」の基本的な仕組みから最新機能まで聞いてきました。
2023年7月5日 7時0分 マイナビニュース

なるほど。

これまた珍しい記事ですが、もちろん三菱電機さんのコマーシャルも含まれた内容ですので、そこはある程度承知の上で取り上げてみたいと思います。

弊社では、25年くらい前からシックハウス対策として、24時間換気システムを標準化し全ての住宅に設置してきました。当時はまだその重要性を認識している人は業界内でも少なく、換気なんてたまに窓を開ければ良いという程度の認識がほとんどだったと思います。

ようやく日本で断熱や換気が語られるようになり、多くの方に認識されるようになったのは、まだここ10年くらいではないでしょうか。

弊社では1999年から次世代省エネ基準を超える性能の住宅を供給し、その後2016年にはハウスオブザイヤー優秀賞を受賞することが出来、RC住宅で日本の住まいの性能向上に努めてきました。

そして今、まさに時代に求められる住まいは、より断熱性能が高く省エネで快適な暮らしが実現できる家となっていることから、弊社では断熱等級7を実現できる仕様を開発いたしました。

その弊社の新商品でも一部に採用しているのがこのロスナイです。

前置きが長くなってしまいましたが、まずは全熱交換型換気機器とは何かというと、本体に搭載する排気用と給気用の2つのファンにより、空気の交換を行いながら熱交換(温度の高い流体から低い流体へ熱エネルギーが移動すること)を行う換気設備のことです。

熱交換により、室内の熱(ここでは暖かさや涼しさのことを指します)を回収し、外から吸気する空気に伝えられるため、換気扇など一般的な換気機器と比べて、冷暖房費を安く抑えられる点が特徴です。

記事によれば、1970年に世界で初めて紙でできた熱交換形換気機器(静止形)として、開発・発売されましたが、発売後3年間はほぼまったく売れなかったそう。第一次石油危機後に「省エネ」という言葉の認知が始まると、徐々に市場へ浸透していったといいます。

このロスナイの最大の特徴は、給気・排気経路にある紙製の全熱交換機(ロスナイエレメント)で電力や冷媒を使わずに熱交換を行う点(ファンで給気・排気するのに電力は必要)。

記事にあった例では、夏に室温26度/湿度74%、外気温34.5度/湿度75%の環境下で換気した場合、窓を開けて直接換気すると、34.5度の外気が直接室内に入り、せっかく涼しくなった部屋が再び暑くなってしまいます。

一方、ロスナイを用いて換気した場合、ロスナイエレメント内で熱・湿度の交換が行われ、気温34.5度/湿度75%の外気を、温度29度/湿度74%の状態まで室内の空気に近づけてから給気できます(三菱電機調べ)。

このように、換気のときに屋外へ逃げてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用しながら換気することで、外で排気する空気に含まれる熱エネルギーのうち、約5〜8割を回収可能だといいます。

この換気扇で吐き出す空気と給気口から入ってくる空気の熱を交換できれば、せっかく空調した熱が無駄になりませんから、そこが省エネにつながるんですね。

最近は時代の要求もあって、いろんな熱交換器が販売されるようになりましたので、用途や予算などによって選ぶことも可能です。が、ここでちょっと気をつけて頂きたいのが音なんです。

高気密・高断熱の住宅内は本当に静か何ですけど、その分少しの音が気になってしまうこともあるようですので、音に敏感な方は3種換気を併用することも検討してみてはいかがでしょうか。

先日にはパナソニックさんでも壁掛けタイプの熱交換気システムを発売されましたので、より選択肢が広がったように思います。

住まいは断熱と換気で快適性が決まると言っても過言ではありません。より良い住まいをお求めなら、是非弊社までお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



米国も損害保険が高騰とか。

自然災害に強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝からシステムメンテナンス、賃貸管理業務、中野区本町計画検討、出版社さん来社打ち合わせ、世田谷区代沢計画検討、お問合せ対応、資料作成など。

午後はサッシ屋さんと電話、所沢市中新井計画検討、提携会社さん来社打ち合わせ、地盤調査会社さん来社打ち合わせ、原稿作成、賃貸管理業務、渋谷区東計画検討など。夕方は文京区千石計画検討、渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立計画検討、ミーティングなど。

そう言えば、早速蝉の声を聞きました。

ではこちら。

米住宅損害再保険料率が最大50%上昇、自然災害増加で=報告

[ロンドン 3日 ロイター] - 英再保険ブローカーのギャラガー・リーが3日公表した報告書によると、米国の住宅損害再保険料率が更改日の1日付で最大50%上昇した。

米国ではカリフォルニア州やフロリダ州で山火事やハリケーンによる被害が増えている。

再保険料率の上昇は保険会社が顧客に請求する保険料に影響を与える可能性がある。
2023年7月4日 11時50分 ロイター

なるほど。

こんなこともニュースになるんですね。

確かに、今年に入ってからだけでも世界中で自然災害が発生していて、しかもそのどれもがこれまでに経験したことの無いほどの規模や被害になっています。

先日もニュースにありましたが、カナダで続く森林火災の煙が、米中西部や東部に広がり、米人口の約3分の1が深刻な大気汚染の影響を受ける事態となっているそうです。

さらに一部地域では人体に有害で危険な状況を引き起こす可能性があるということ。これまでの焼失面積はすでに北海道の面積に匹敵するとか。

さて、記事にあった再保険というキーワードについて少し説明しておきますと、損害保険会社が引き受けたリスクの一部または全部を他の保険会社に引き受けてもらいリスクの分散・平準化を図るしくみの事で、いわば「保険の保険」という意味で一般に再保険と言われています。

今回はそこの再保険の料率が大幅に引き上げられたということですので、これはもちろん市民が加入する保険料にも反映されるものです。

記事によれば、ギャラガーの報告書によると、米国の住宅損害再保険料率は以前に自然災害による保険金請求に直面した保険向けで30─50%上昇。フロリダ州の同様の保険の再保険料率は30─40%上昇したということ。

また、関連する一部の航空戦争保険の再保険料率が最大で100%上昇したそうですが、これはちょっと私たちにはピンと来ませんね。

いつもお伝えしているように、損害保険は、ふだんから多くの人々が少しずつお金を出し合って、その中の誰かが事故や災害で損害を被ったときに、 出し合ったお金で補償する「相互扶助」の精神から生まれた助け合いの制度です。

したがって、自然災害が多くなりその被害額も増加してくると、保険金の支払いももちろん多額になります。そうなれば、加入者の負担が増えるのも仕方のないことなんですが、唯一負担を増やさない方法があるとすれば、それは自然災害に強い家に住むということです。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←どうかひとつ。



投資用不動産に適している構造とか。

投資用の家を建てるならRCdesign

曇り空の東京です。

そんな今日は朝から図面チェック、渋谷区東計画検討、文京区千石計画検討、所沢計画検討、ミーティング、世田谷区代沢計画検討、書類作成など。

午後は金融機関へ、帰社後は提携会社さんとオンラインミーティング、その後不動産会社さんと打ち合わせなど。夕方は港区高輪計画検討、中野区本町計画検討、ミーティングなど。

日に日に蒸し暑くなってきましたね。

ではこちら。

投資用不動産の「建物構造」ごとの特徴とは?メリット・デメリットも解説

投資用不動産には、木造や鉄骨造・鉄筋コンクリート造など、さまざまな構造の種類が存在します。建物構造は物件価格や家賃相場に影響する他、耐火性・防音性などの性能面を左右するものです。

そこで本記事では、投資用不動産に多い建物構造について、特徴やメリット・デメリットを解説します。これから物件を購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。
2023年6月27日 14時15分 幻冬舎ゴールドオンライン

なるほど。

また珍しい記事がネットに上がっていましたので、取り上げさせて頂きました。

私の肌感覚では、日本国内における不動産投資は非常に取り組みにくい状況だと思います。

と言うのも、皆さんご存知の通り土地の価格と建築費が高騰した結果、以前のような高利回りのリターンを確保することは不可能となり、そんな投資に融資をする金融機関もありませんので、事実上取り組み不可となることが多いと思います。

ところが、そんな日本の状況を横目に、海外の投資家さんからは日本はまだまだお買い得に見えるようで、全てキャッシュで決済される方もいらっしゃるようですので、これがまた高騰を支えている格好になっているようです。

しかしながら、弊社にお問い合わせを頂くお客様では、すでに投資実績をお持ちで金融機関との関係性も良好、さらにちょっとした目の付け所に優れている、さらにダンディで人格者、という方が多いように思います。

さて、投資用建築物に用いられる3種類の構造体とは。投資用物件に多く採用されている構造は、主に以下の3種類です。

木造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)
木造は2〜3階建てのアパートに多く、鉄骨造は中小規模のアパート・マンションに見られる構造です。また、鉄筋コンクリート造は高層マンションやビルなどに用いられます。と書かれていました。

記事にもありましたが、もちろんそれぞれにメリットとデメリットがありますので、その用途や規模によって使い分けが必要かもしれませんが、入居者の安全と快適を考えて検討しなければいけません。

〔畋
木造とは、ご存知の通り骨組みが木材でつくられている構造のことで、日本では戸建住宅やアパートの多くが、いまだに木造で建築されています。

<メリット>
記事にもあったように、木造建築は、主にコスト面におけるメリットが多いですね。RC造や鉄骨造よりも物件価格が低くなる傾向がありますので、その分家賃相場も低めとなっています。

また、総体費用を抑えるとローンの借入金額が少なく済むため、融資を受けるハードルも低くなりますし、法定耐用年数が短い分償却が早いというところがメリットになることもあるでしょう。

<デメリット>
これはもうコンクリートの壁や天井よりも音を通しやすい点がデメリットです。木材の性質上、耐火性においてもRC造に比べると弱いといえます。

また、メリットでもあるのですが、木造は法定耐用年数が22年と短く、金融機関によってはローンの借入可否や借入期間に影響する場合があります。

鉄骨造(S造)
鉄骨造とは、柱や梁の骨組みに鉄骨を使った構造です。厚さが6mm以上の鋼材を使用する重量鉄骨造と、6mm未満の鋼材を使う軽量鉄骨造があります。

軽量鉄骨造は、主に小規模の店舗や2〜3階建てのハウスメーカー住宅などに採用される構造です。一方の重量鉄骨造は、中高層のマンションや商業施設などで用いられています。

<メリット>
鉄骨造のメリットは、木造よりも法定耐用年数が長いことが挙げられます。厚さ3mm超の鉄骨を使用している場合の年数は27年、厚さ4mm超なら34年となっています。他にはあまりメリットがありません。

<デメリット>
鉄骨造は木造よりも材料費がかかるため、物件価格が高くなり、家賃相場も高めです。しかしRC造よりは工期が短い傾向にあり、建築費が安く済む場合もあります。

元々は倉庫や事務所ビル用の構造ですので、揺れや防音性の面では木造と同等でRC造に劣ります。さらに大事なのが、鉄骨造は実際には鉄が熱に弱く、火災に弱い点がデメリットです。

E感撻灰鵐リート造(RC造)
鉄筋コンクリート造(RC造)とは、鉄筋で軸を組み、周りをコンクリートで固めることによって強度を上げている構造です。柱や梁の他、壁や床なども鉄筋コンクリートでつくられています。RC造は、マンションやビル、公共建築物や医療施設などの大規模な建築物に用いられることが多いです。

<メリット>
鉄筋コンクリート造(RC造)は、床や壁がコンクリートでできているため、防音性が高い点がメリットです。また、燃えにくい素材のため、圧倒的に耐火性に優れています。

さらに法定耐用年数は47年あり、木造の2倍以上となっています。残りの年数によって融資を判断される場合もあるため、法定耐用年数が長いとローンを利用しやすくなるでしょう。また、RC造のマンションは木造よりも家賃が下落しにくく、資産価値を維持しやすいと考えられます。

<デメリット>
RC造は材料費がかかるため、物件価格が高い点がデメリットです。しかしその分、家賃も高めに設定しやすいでしょう。

いかがだったでしょうか。もちろん建築物の用途に応じて構造を考えなくてはいけませんが、人が快適で安全に過ごすために建てるなら、答えはRC造一択です。

土地活用や不動産投資について、ご不明な点やご不安に思うことがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←雨降って地固まるです。



何よりも大事なたった一つの対策

安全な家を建てるならRCdesign

朝のみちょっと雨のち晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後提携会社さん来社打ち合わせ、社内研修など。渋谷区東計画検討、所沢市中新井計画検討など。

午後からは文京区小石川計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、社内システムメンテナンス、賃貸管理業務、図面作成、お問合せ対応など。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区計画検討、図面作成、港区高輪計画検討、ミーティングなど。

街路樹のツツジが角刈りにされていました。

ではこちら。

必ず起こる「巨大地震」に備えて、じつは「何よりも大事」な「たったひとつの対策」 南海トラフ巨大地震に備える

日本は自然災害が多い国として知られている。年間を通して、大地震、台風、洪水、土砂災害といった多種多様な災害に見舞われる。

そうした状況下で、自然災害から自身の生命を守るため、我々が取るべき行動は何か。防災・危機管理アドバイザーの専門家である山村武彦氏に訊いた。
2023年6月7日 6時0分 現代ビジネス

なるほど。

いつもお伝えしているように、実際にこれだけの自然災害に見舞われ続け、災害大国だと言われ続けているにも関わらず、防災リテラシーというか、本当に家族と自分の命を守るために必要な知識が、日本国民には足りていないと思います。

日本に暮らすためには、この防災に関する知識と、一定のコストが必要だということを、小学校あたりからしっかりと教育しておくことが必要なのではないでしょうか。

相変わらずどこかのリゾート地での生活を想像させたり、里山の麓で自給自足が良いというような洗脳をされていては、本来必要な防災知識は身につかないと思います。

記事にあった山村氏は「被災時には安全な場所に移動することが第一」と強調していました。これは災害が発生した際の最優先行動であるにも関わらず、人間は意外なほど被災地から離れない傾向があると指摘されていました。

ところが、特に災害弱者の場合、安全な場所に移動することがなによりも重要であるとも書かれていましたが、実際はこれも実践されていないように思います。

さらに山村氏は「日本は事後対策にばかり注力しているが、本当にもっとも大事なことは事前の備え」であると言い、わけても大事なことは「安全な家に住む」ことであり、それが自分自身と家族の命を守るための最善策となると書かれていました。

さすがです。防災・危機管理のプロですから当然のアドバイスではありますが、ここまではっきりと言っていただけると、気持ちがいいですね。

では「安全な家」とはどのようなものかと言えば、浸水想定区域・土砂災害想定区域・津波被害の想定区域ではないことに加え、耐震耐火の基準を満たした建物のことだと書かれています。このような家に住むことにより、生命を守る確率が格段に高まるとも。

さらに記事では、住む家の選択には、施工業者の選択も重要となるとも書かれていて、2000年以降の耐震耐火基準を満たした家であっても、施工業者の手抜きが原因で建物の安全性が低下する可能性がある。そのため、施工業者を慎重に選ぶことが求められると書かれていました。

これまでの日本では、実は多くの一戸建て住宅で構造計算もされないまま建築されてきました。一定の規模以下や、似たような建物を建てる場合の特例だったんですけど、大工さんの長年の経験と勘、同じものを作るなら大丈夫、という考え方がありました。

この特例もようやく撤廃されることが決まっていて、2025年4月以降は構造計算が義務付けられる建物の範囲が広がる予定ですので、ハウスメーカーの建物でも信頼性が増すかもしれません。

ただ、それでも建築基準法で求めているのは耐震基準だけですので、これと耐火性能は全く別のお話ですし、風圧や水圧、落雷や竜巻きなどはほとんど考慮されることはありません。

従いまして結論を申しますと、安全な家とはRC住宅のことであり、RC住宅に住むことで、家族の生命と財産を守ることが出来ます。

一人でも多くの大切な方を守るために、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←雨降って地固まるです。



ぐっすり寝たい人の家とは。

夏にも強い家を建てるならRCdesign

曇りの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、その後文京区小石川計画の現場へ、お引き渡しと取扱説明など。オーナー様には、いつもお心遣いを賜り誠にありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

午後に帰社後は信用金庫さんと電話、お問合せ対応、提携会社さんと電話、所沢市中新井計画のお客様とお電話など。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立区計画検討、ミーティングなど。

芒種の今日ですが、帰宅時には雨になっていました。

ではこちら。

ぐっすり寝たい人の家づくり。寝室の枕元の照明スイッチ&ニッチがすごく便利

寝室に工夫を盛り込んで、入眠の際にありがちなストレスを減らすことに成功した日刊住まいライター。枕元に、ホテルみたいな照明スイッチをつけました。

また、充電や小物を置けるニッチも設置。加えて照明の位置は、まぶしくならないように絶妙な位置に調整しています。
2023年6月5日 21時4分 ESSE-online

なるほど。

芒種になりましたので、ここからいよいよ夏に向けて環境が整っていく感じでしょうか。

となりますと、夜の気温も上がってかつ湿度も高い状態がキープされるようになりますので、寝苦しい日々が夏バテへとつながってしまいます。

特にこの時期は、睡眠の質にこだわる必要がありますので、少しでも良い睡眠につながるのなら、一度試しに取り組んでみてはいかがでしょうか。

今日の記事を書かれていた筆者は、妻と子ども2人(9歳と6歳)の4人家族だそうで、家づくりの際に、28社のハウスメーカーを見学した上で、2年前に地元工務店で、高気密高断熱住宅を建てられたそうです。

さすが専門誌のライターさんです。もちろん仕事柄ということもあるのでしょうけど、28社ものハウスメーカーを見学するのは、一般の方では出来ないと思います。

その結果、工務店で高気密高断熱住宅を建てられたということですので、さすがの選択眼だったかもしれません。

そんな筆者さんのわが家では、毎日夫婦で寝るタイミングが違うそうで、そのため家づくりの際、寝室の照明の位置やつけ方にこだわられたということ。

記事によれば、夫婦どちらかが寝ているとき、もう一方が横で本を読んでいたり、スマホを見たりすることがあります。そのときに部屋の電気をつけてしまうと、明るくて相手を起こしてしまうことに。そうならないよう、照明を探して採用したということ。

imagesそれがこちら。

調べによれば、コイズミ照明のスイッチ金物で、コンパクトにまとめられたスイッチシリーズで、確かに枕元に設置してあったら便利そうです。

もしこれに準じた使い方や、アイデアがございましたら、採用されてみては如何でしょうか。

次にご紹介させて頂きたいのは、通常の壁に設置してある照明用のスイッチと交換するだけで、タイマー機能が使えるようになったり、防犯用に留守中も自動で点灯と消灯を行ってくれるというモノです。

WTC5331WK-11C-こちらがパナソニックのWTC5331WK あけたらタイマというスイッチで、朝の苦手な方のお部屋でも重宝するでしょう。

目覚まし時計でも効果がないという場合は、是非このスイッチがオススメです。

やはり人間の野生的な部分で、寝室の中が明るくなれば、自然と目も覚めますので、家族にお寝坊さんのいるご家庭でご検討いただけると良いと思います。

夏バテの原因の多くが寝不足と言われているようですので、寝室の温度と湿度の管理をしっかりと行っていただくことが大切です。

さらにぐっすり眠りたいなら、住まいをRC住宅にしてください。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←雨降って地固まるです。



いたばし花火大会開催決定!

夏にも強い家を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、ミーティング、賃貸管理業務、信用金庫さん来社打ち合わせ、お問合せ対応、文京区小石川計画検討、所沢市中新井計画検討など。

午後からは書類作成、渋谷区東計画、構造担当と連絡、お問合せ対応、中新井計画検討、電気屋さんと電話、資材発注など。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、書類チェック、西日暮里計画検討、見積作成など。

雲の形が夏っぽくなってきましたね。

ではこちら。

いたばし花火大会開催決定!!

ここ数年はコロナ禍の影響で、各地の花火大会でも中止が相次いでいましたね。楽しみにしていた観光地の方々や、地元の関係者の皆様、もちろん花火好きの方も含めて、がっかりした人も多かったかと思います。

今年はどうかと思っていたところ、近所の町会掲示板にも張り出されていました。ようやく今年は「いたばし花火大会」が開催されることになったようです。

日時:2023年8月5日(土)
19:00開始 20:30終了予定
場所 板橋区 荒川河川敷
※荒天中止(順延開催はありません)

ということで、これまでに行ってみたことがある人も、未だに行ったことがないという人も、是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

板橋区役所によれば、今回の大会の特徴として下記の3つをあげていました。

その1
東京最大の大玉「尺五寸玉」

その2
総延長700m!関東最長級の大瀑布「大ナイアガラの滝」!

その3
今宵は腕の見せどころ!日本最高峰の花火師10人による夢の競演!

ということですが、恐らくここ何十年も続いている特徴ではないかと思います。

区のHPでも、東京最大の大玉「尺五寸玉」を打ち上げるいたばし花火大会。国内最高峰の花火師10人の競演や、総延長700m、関東最長クラスの「大ナイアガラの滝」は迫力満点。是非会場でその迫力を体感して下さい。と書かれていました。

もしよろしければ、いたばし花火大会では臨場感たっぷりの有料指定席を各種ご用意しています。大迫力の花火を間近でゆっくりとお楽しみ頂けますので、事前にご予約されると良いと思います。

詳しくは下記の公式ホームページからご確認ください。



この日ばかりは地元の西台駅周辺が人で溢れかえるほどなんですが、駅から会場までは徒歩で15〜20分くらいですので、ちょうど良い距離感だと思います。

是非この機会に東京の最北端板橋区まで足を運んで頂けると大変嬉しく存じます。

それでは。

今日もありがとうございます。

人気ブログランキング
人気ブログランキング ←雨降って地固まるです。



花粉が30年後に半減って。

花粉対策の家を建てるならRCdesign

意外に晴れた東京です。

そんな今日は朝からシステムメンテナンス、書類作成、電気屋さんと電話、信用金庫さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、5丁目のお客様とお電話、設備屋さんと電話、渋谷区東計画検討など。

午後からは埼玉県所沢市中新井計画のお客様宅へ、書類お届けと打ち合わせなど。帰社後は文京区千石計画検討、出版社さんと電話、小石川計画検討、図面作成、ミーティングなど。

晴れ間もありましたね。蒸しますけど。

ではこちら。

花粉の発生量「約30年後に半減目指す」 政府が花粉症対策取りまとめ

政府は花粉症対策について話し合う関係閣僚会議を開き、約30年後に、花粉の発生量を半減させることを目指す対策を取りまとめました。

会議の場で岸田首相は、「花粉症はこれまで長い間、実効的な対策が行われず、いまだ多くの国民を悩ませ続けている。わが国の社会問題と言えるものだ」と述べました。
2023年5月30日 13時58分 日テレNEWS

なるほど。

というか、30年後って・・・

生存している可能性がかなり低いですし、ややもするとすでに症状が出なくなっている可能性もあるように思いますが、いずれにしても何か方向性が違うというか、なおも大人の事情が見え隠れするような気がします。

首相がおっしゃるように、これまで私たち患者は30年以上苦しい症状と戦い続け、高い医療費を払い続けてきましたが、その間もこの話題は政治活動に利用されるだけで、一向に有意義な対策が無いままです。

記事によれば、30日に決定した対策では、花粉の少ないスギの苗木への植え替えをすすめるなどし、10年後にはスギの人工林を約2割減少させ、約30年後に花粉発生量の半減を目指すとしています。

そして、そのためには住宅分野でスギ材利用への転換をすすめ、需要を拡大させるということを言っていたようですが、スギ材の需要など増やす必要はありませんし、私に言わせれば、植え替えなどはしなくても良いので、適時伐採利用を進めて行けば、もっと早くスギの林を減らすことが出来るのでは無いでしょうか。

花粉の少ない苗木などと言っている場合ではなく、とにかく伐採を進めることが大切なように思います。

さらに記事にあったのは、飛散対策としては、飛散防止剤の開発を促し、民間事業者によるAIを活用した花粉飛散予測の精度をあげることを支援するとしています。さらに、舌下免疫療法の治療薬を増産することや、治療法の研究支援などの環境整備にも取り組むとしていますとありました。

うん、なんとなく真っ当なことを語られているように感じてしまうかもしれませんが、これもどこか目眩し的な内容のように思います。税金で対策するのなら中途半端に少額を多方面に賭けるよりも、とにかく伐採を急ぐ方が、絶対に有効だと思います。

ということで、いずれにしても花粉とその症状が、当分は無くなることはない、ということが分かりましたので、早めに根本的な治療をするか、もしくは毎年の風物詩として、対策を続けていくことになりそうですね。

もしくは、住まいをRC住宅にして、花粉の流入を最小限にするなどが有効だと思います。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



完成内覧会と窓多すぎの失敗とか。

高気密高断熱の家を建てるならRCdesign

晴れ時々曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から電気屋さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、社内ミーティング、所沢市中新井計画検討、見積チェック、文京区千石計画検討、小石川計画検討、書類作成、お問合せ対応など。

午後は渋谷区東計画検討、資料作成、ガス会社さんと電話、港区高輪計画検討、資料作成、ミーティング、商社さんと電話、資材発注など。夕方は板橋区赤塚のオーナー様とお電話、文京区小石川計画検討、書類作成、ミーティングなど。

ところで、5月27日(土)に弊社設計施工による完成内覧会が開催される予定がある、ということはご存じだったでしょうか?

いつも以上に広報に力が入っておらず、周知不足からご迷惑をお掛けしてしまっているかもしれません。申し訳ございません。ご案内出来るタイムテーブルにまだ若干の余裕がある時間帯もございますので、是非この機会をお見逃し無いように、足を運んで頂けると嬉しいです。

詳細はこちら


ではこちら。

窓の数が多すぎた!高気密高断熱の家に住んで2年、ストレスの原因を紹介

通風や採光のためには、窓は多い方がいいと思いがち。2年前に地元工務店で高気密高断熱の家を建てた日刊住まいライターも、そんなひとり。

土間収納、水回りにも窓をつくりましたが、暮らしてみるとあけることもなく、ジャマなだけ。つけなければよかったと後悔しています。つけてよかった窓も、じつはほかのタイプにすればよかったと思うものも…。一体どういうこと?
2023年5月21日 20時45分 ESSE-online

なるほど。

日本人の意識に刷り込まれた暮らしでは、窓は大きいほど良い、太陽光や風を少しでも多く取り込めるように、それが窓に求められることでしたね。

しかし、それは柱と屋根だけの家を理想としていた頃から変わっていない、文明の利器を使用せず、人の健康や寿命よりも木材の耐久性を重視した家づくりであり、消耗品としてのつくりだった頃の考え方です。

最初に確認しておきますが、今とこれから求められる家とは。各種災害に強いのはもちろん、省エネで快適に暮らせる、耐久性に優れ資産価値の落ちない家なんです。

さて、記事を書かれていた著者さんも、明るくて気持ちのよい空間にしたいと思い、家に数多くの窓を設置してしまったそうです。しかし、実際に住んでみて初めて窓はほとんどあけない暮らしが正解ということに気づいたそうです。

当然24時間換気なので、わざわざ窓をあけて換気をすることもありません。住む前から高気密高断熱住宅では、窓をあける必要はないということは聞いていました。しかし、ここまであけない生活になるとは思っていませんでした、と語っていました。

記事によれば、唯一窓をあけて換気をするのは、家で焼肉をした日くらいで、日常的にあける窓は、リビングについている窓のみ。しかし、それでもウッドデッキに出るときにあけるのみだそうです。

さらに記事では、失敗した「あかずの窓」を紹介してくれていました。

まずは玄関横につくった土間収納に設けた2つ窓。2つあった方が風通しがよいと思ったからと採光にもなると考え、そのうちの1つは高い場所につけましたが、結果としてそれがとても不便な窓となってしまいました。棚の奥につけた窓はあけにくいだけでなく、荷物が落ちてしまうすき間になってしまっているそうです。

次に、浴室の窓は通風というよりは採光のためにつけました。換気扇を回しているので、あけることはありません。そもそもお風呂に入るのは夜。電気をつけるので、採光のための窓は不要だったのですということ。

本当に、まだまだ多くの方が窓は有って当然、なければならないと思っているようです。が、決してそんなことはありません。むしろ夜には中のシルエットが見えたり、防犯の観点からは無い方が良いくらいです。もちろん、生活スタイルや趣味として日中の入浴を希望される場合はこの限りではありません。

記事の著者さんでは、脱衣所についても同様に採光のためにつけました。しかし、お風呂と同様に使用するのは夜なので、つける意味がありませんでした。

もう一つ、ランドリールームは採光には使えていますが、通風には利用していません。洗濯機の奥についている窓はとてもあけにくいです。また、換気扇もついているし、勝手口もあるのに、写真の窓をつけましたが、この窓は不要でしたということ。

さらにランドリールームについては、窓が部屋の面積に対して大きすぎるせいか、冬はいちばん寒い場所となってしまっているそうです。

記事によれば、窓を増やすと費用がかかるだけでなく、家の断熱性能を下がることになります。浴室、脱衣所、ランドリールームにある、これらの窓は不要だったと感じていますということ。

全くその通りで、近年の窓は建築費総額に占める割合も大きくなり、コストアップの要因になりますが、その反面、全体の断熱性能は下がってしまうことになります。

窓が必要か、その目的は採光か換気か、FIX(ハメ殺し)でも良い部分は、などを十分検討してください。古い常識に惑わされず、目的を絞ればコストダウンにもつながります。

暮らしと住まいのご相談もお気軽にお問い合わせください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



またまた火災保険が上がりそうです。

自然災害に強い家を建てるならRCdesign

曇りのち雨の東京です。

そんな今日は朝から社内システムメンテナンス、中野区本町計画検討、構造担当と協議、新宿区市谷田町計画検討、所沢市中新井のお客様とお電話、信用金庫さん来社、資料作成など。

午後からは江戸川区東小岩のオーナー様宅へ、雑誌取材と撮影立会いなど。お忙しいところお付き合い頂き誠にありがとうございます。帰社後は渋谷区東計画検討、図面作成など。夕方はお問い合わせ対応、ミーティング、賃貸管理業務など。

ちょっと梅雨っぽい感じになりましたね。

ではこちら。

住宅向け火災保険、計算目安の参考純率を約12%引き上げへ…自然災害の頻発で過去最大に

損害保険各社で構成する損害保険料率算出機構は、住宅向け火災保険の保険料率を計算する目安となる参考純率について、全国平均で12%程度引き上げる方針を固めた。

台風や豪雨といった自然災害の頻発を受けた対応で、引き上げ率は過去最大となる見通しだ。
2023年5月19日 18時2分 読売新聞オンライン

なるほど。

これも日本で暮らす私たちにとっては必要経費というものかもしれませんが、それにしてもこれだけ頻繁に大きな幅で上がってきますと、国民の負担は決して少なくはないと思います。

もちろん、近年の日本では本当に自然災害が多くなってきましたので、それに応じて保険金の支払額も増えていることでしょう。

記事にもありましたが、日本損害保険協会によると、損保各社が契約者に支払った地震を除く自然災害の保険金の合計は、18、19年度に2年続けて1兆円を超えたということです。

さらに、その後も高い水準が続いていますので、各社は保険料の値上げを実施しているが、火災保険事業で赤字を計上する損保も多いと書かれていました。

保険ですから、備えあれば憂いなしということで、被災されて時にはさぞかし有難いものとなるでしょう。

でもそこは保険会社もボランティアではありませんので、利益や運営コストが必要ですし、高度な確率論から算出される保険料はいずれにしても高価な買い物の一つに違いありません。

記事によれば、機構は6月にも金融庁に届け出る方針ということで、参考純率の引き上げは2021年以来、2年ぶりとなるそうです。これを受けて、損保各社は24年度にも保険料を値上げする予定だそうです。

ちなみに前回は、機構が算出した参考純率の引き上げが平均10・9%で、大手損保各社は22年10月に、11〜13%の値上げを実施したそうですので、やはり同等以上の値上げとなりそうですね。

一方で、損保各社は24年度から、火災保険の加入者が契約できる水害を補償する保険料について、リスクに応じて全国を5段階に分ける方針だそうです。川の近くといった床上浸水や家屋流失といった被害が起きそうな場所では、保険料を高くするとのこと。

関係者によれば、この見直しによって水害補償を含んだ火災保険の24年度の保険料はリスクが最も高い等級と最も低い等級で最大1・5倍の差が出る見通しだとか。そして今後は、リスクに応じてこの差を広げることも検討しているということです。

この辺りも当たり前すぎることですが、地震はもちろん暴風雨などの雨と風にもビクともしない強靭な基礎構造があれば、どんなに高価な保険に加入していたとしても、その保険金を受け取ることが無いまま、保険料だけを払い続けることになるでしょう。

だとすれば、必要以上の火災保険はむしろリスクになる可能性もありますので、必要な内容とコストをしっかりと検討した上で加入することをオススメいたします。

火災保険の費用負担が少ない住まいなら、RC(鉄筋コンクリート)造の住宅が有利に違いありません。

自然災害に強い家をお探しなら、RC住宅がオススメです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



住宅選びの重要ポイントとか。

災害に強い家を建てるならRCdesign

晴れて暑くなった東京です。

そんな今日は朝から社内ミーティング、所沢市中新井計画検討、管理組合さんと電話、新宿区市谷田町計画検討、図面作成など。

午後は信用金庫さんと電話、中野区本町計画検討、提携会社さんと電話、見積作成、所沢市中新井計画検討、大工さんと打ち合わせなど。夕方は渋谷区東計画検討、文京区小石川計画検討、原稿チェック、賃貸管理業務、ミーティングなど。

32度を超えたらしいです。真夏日お見舞い申し上げます。

ではこちら。

いまの時代だから考えたい!住宅選びの重要ポイント「災害に強い家」とは?

家を建てる前に知っておきたいのが災害に関する知識。住宅選びの重要ポイントや万が一被災したときのために加入すべき住宅の保険についてプロに教えてもらいました。

■対策に講じた家にして安心感を得るのが一番
近年、地震だけではなく台風などによる自然災害の被害も増えている中、本当に「災害に強い家」は建てるとき、選ぶときの対策次第で変わってきます。

災害をできるだけ遠ざけるためには、「被災の可能性が低い場所に住む」→「被災した後も住み続けられる家に住む」という順番で考えるのが一番です。
2023年5月18日 11時30分 レタスクラブ

なるほど。

一般紙のニュースでこのような内容を取り上げて頂けると大変助かります。

日本では、資本を持っている企業の意見が正しく取り扱われ、その結果が耐震等級という間違った基準が使われたり、無理矢理作られた耐火性能が許されたり、法定耐用年数が短いにも関わらず高級住宅として売られていたりしています。

数千万円のコストをかけたものが、財産になることもなく、災害や火災で失われて良い訳がありません。

記事にもあったように、住宅を選ぶ際の最も大切なポイントは、災害に強いということで間違いありません。

これはもう20年以上言い続けていることなんですが、コロナ禍を経てさらに強くなったのは、集団での避難生活も危険にさらされる可能性があり、被災後でも自宅で生活が続けられるということが、何よりも重要だということがわかりました。

はっきり言って住宅の構造はRC(鉄筋コンクリート)造一択です。

記事では他にもいくつかのポイントが挙げられていました。

■住む場所をハザードマップで確認
あらかじめハザードマップなどで調べて災害被害の少ない場所に家を建てることをおすすめ。
ただ先祖代々の土地を守り続けてその土地に暮らし続けている方など、災害被害が多い場所に住まなければ行けないケースも。その場合は、あらかじめ被災に備え、被災した後も住み続けられる、耐震性能や断熱性能の高い家を選びましょう。ということでした。

他にも■停電に備える家や■水害に備える家を選ぶとか。

■自然災害で住まいを損失した場合は国から最大300万円の支援金というお話や、■公的支援と保険の備えで生活再建をとか、■火災保険■地震保険についても書かれていました。

記事の総括では、住宅そのものを災害に強い家にして、保険に加入することで、いざというときに困らず大好きな家に住み続けることもできます。そしてなにより、ハザードマップで居住地の災害リスクを知り、適切な備えをしてくださいとのことでした。

ここ1ヶ月間くらいでも、大きな地震が発生していますし、すでに海外ではハリケーンの被害が報告されています。今後も全国どこでもが被災する可能性がありますので、今すぐに災害に強い家への見直しを行ってください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



早朝から地震だったとか。

地震に強い家を建てるならRCdesign

晴れのち曇り一時雷雨の東京です。

そんな今日は朝から資料作成、提携会社さんに書類提出、提携会社さんと電話、港区高輪計画検討、来客面談、図面作成、商社さんと電話など。

午後はサッシ屋さんと電話、商社さんと電話、渋谷区東計画検討、図面作成、所沢市中新井計画検討、書類作成、ミーティング、中野区本町計画検討など。夕方は渋谷区西原のオーナー様とお電話、足立計画検討、文京区小石川計画検討、ミーティングなど。

今朝はちょっと早めの目覚ましが鳴っていましたね。

ではこちら。

震度5強観測の地下は「地震の巣」…陸のプレートの下に2種類の海のプレート

11日に最大震度5強の地震を観測した関東地方の地下は、世界でも珍しく、陸のプレート(岩板)の下に2種類の海のプレートが沈み込んでおり、ひずみがたまりやすい「地震の巣」だ。

地震を誘発しやすい構造だが、真上には人口や家屋が密集している。専門家は「震源の場所によっては地方で起きる場合と比べ、被害や混乱が大きくなる恐れがある」と警鐘を鳴らす。
2023年5月11日 21時36分 読売新聞オンライン

なるほど。

先日の石川県能登地方地震から数日しか経っていませんので、多少は意識に残っていたかもしれませんが、早朝の地震では驚きと恐怖を感じられた方が多かったのでは無いでしょうか。

それまではどこか他人事というか、対岸の火事だったかもしれませんが、いざ体感してみて初めて防災に対する意識が高まることもあるでしょう。

気象庁によると、関東地方では、陸の「北米プレート」の下に「フィリピン海プレート」が南から北へと沈み込み、さらにその下には「太平洋プレート」が東から西へと沈み込む。今回の地震は、フィリピン海プレートの内部で発生した。同庁は「今後1週間ほどは同じ程度の揺れに注意が必要」と呼びかけています。

さらに、東大教授の方が言うには、地震の揺れを大きくしやすい砂や小石などが厚く堆積(たいせき)した地層の場所が多く、「たとえ1週間が過ぎたとしても、大きな地震が再びいつ起きてもおかしくない」とのことです。

記事によれば、政府は、マグニチュード(M)7級の首都直下地震の発生確率について「今後30年以内に70%」と見込んでいます。過去には、1923年の関東大地震や1703年の元禄関東地震のようなM8程度の地震も発生しているそうです。

記事にあった東大教授さんは「今回の地震で揺れが小さかった地域も、『対岸の火事』と捉えず、住宅の耐震化や避難経路の確認など、一人ひとりが可能な備えを進めるべきだ」と呼びかけています。

どこかで目にした大学教授が書かれていました、2000年前の建築家・ウィトルウィウスは『強無くして用無し、用無くして美無し、美無くして建築では無い』と言ったそうです。

『強』は強さ、『用』は使い勝手、『美』は美しさ。これらを全部兼ね備えたものが良い建築だと言うことです。

日本人の多くが建築物の価値としてメーカーのブランドや見せかけの外観、情緒論だけの論理、経験に頼った強度、70点の間取りプラン、町内に何件かある同じ外観、価値より価格を優先しています。

建物の本当の価値をご理解いただき、RC住宅を選択して欲しいのです。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



東京都庭園美術館に行ってみた。

RC住宅を建てるならRCdesign

朝から雨が本降りだった東京です。

そんな今日は朝から誤記所のお客様来社、社内ミーティング、5丁目のお客様宅へ、現地調査と打ち合わせなど、帰社後は電気屋さんと電話、渋谷区東計画検討、解体屋さんと電話、資料作成など。

午後は提携会社さん来社打ち合わせ、賃貸管理業務、中野区本町計画検討、ミーティングなど。夕方は原稿作成、お問合せ対応、所沢市中新井計画検討、ミーティングなど。

GW明けの月曜日ですね。お疲れ様です。

さて、一昨日には立夏を過ぎましたので、いよいよ夏に向けた雰囲気へと季節が変わっていくこの頃、皆様はどのように過ごされましたでしょうか。

そしていよいよ、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけが、5月8日から、季節性インフルエンザなどと同等の「5類」になります。また、世界保健機関(WHO)が新型コロナをめぐる緊急事態の終了を発表したということからも、コロナ禍について一つの区切りとなったようです。

そんな中、GWのお出かけでは「東京都庭園美術館」に足を運んでみました。

休日にはお預かりしている現場を巡回していますが、そのルートに近く以前から興味のあった場所で、面白そうなイベントが開催されているとのことでしたので、寄ってみました。

IMG_5582外観はこんな感じです。

東京都庭園美術館と呼ばれているこの建物は、旧朝香宮邸の建物で、1933年に竣工された、建築面積:1,048.29屐 ̄箴果明僉2,100.47屬箸いΦ模で、構造はRC造 地上3階・地下1階の建物です。

一見シンプルに見えますが、細部のデザインはかなり凝ったものになっています。
IMG_5553こちらは寝室だったでしょうか。

1933年の竣工ですから、ちょうど90年が経過した感じです。

さすがRC住宅。90年経過しても構造的にはまだまだ安心して利用できそうです。








IMG_5550階段の中壁デザイン。階段下のスペースに光を落とすためのガラス部分に取り付けられていたアイアンが素晴らしいです。













IMG_5536室内に設置されていたセントラル暖房の放熱器カバーもデザインされています。素敵です。






IMG_5578こちらも別な階段の壁。モダンです。







IMG_5589こちらは新館の裏庭から。
新館は2013年に竣工した建物です。

これら建物の周りには、西洋庭園と日本庭園、茶室などがあり、陽気の良い季節ならお庭の散策も楽しいです。

また、今回はこの邸宅の主であった朝香宮家の人々に焦点を当て、宮邸時代の家具や調度を用いた邸宅空間の再現展示に加え、かつてこの空間を往来した人々が残した写真や映像資料、工芸品、調度品、衣装などによって、当時の生活の一端が紹介されていました。

今回の建物公開2023 邸宅の記憶は
会期:2023年4月1日(土)-6月4日(日)
会場:東京都庭園美術館(本館+新館)
住所 東京都港区白金台5-21-9

お時間の許す時に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳細は下記からご確認ください。



それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



RC住宅ならシロアリにも安心です。

シロアリにも安心な家を建てるならRCdesign

晴れて暖かな東京です。

そんな今日は朝からお問合せ対応、資料作成、金融機関へ、帰社後は港区高輪計画検討、所沢市中新井計画検討、賃貸管理業務など。

午後は提携会社さん来社打ち合わせ、サッシ屋さん来社、電気屋さんと電話、中野区本町計画検討、文京区小石川計画検討、見積作成、渋谷区西原のオーナー様とお電話、ありがとうございます。お問合せ対応など。夕方は登戸計画検討、資料作成、ミーティングなど。

さて、誠に勝手ながら、弊社では明日より下記のとおり休業日とさせていただきますので、お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業日:5月3日(水)〜 5月7日(日)
5月8日(月)より通常営業となります。

ではこちら。

「コンクリート造だから安心」ではない? 気を付けたい″シロアリ″の対策法とは 「床下まで風を入れて」

「シロアリの生息地がどんどん広がっている。」100年以上、シロアリなどの害虫防除を専門としている、今村化学工業白蟻研究所の今村誠治さんが昨今のシロアリ事情について明かした。

木材に含まれるセルロースを栄養としており、畳や紙類なども好んで食べてしまうシロアリ。名前に"アリ"とついているが、黒アリとは生態や好む食べものが異なりゴキブリに近い生きものであると言われている。自然界においては分解者として倒木などを土に還す役割を担っているシロアリだが、人間にとっては家屋を傷付け倒壊の危機にまで陥らせてしまう害虫でもある。
2023年5月2日 18時0分 ラジトピ

なるほど。

これはちょっと聞き捨てならない記事ですね。

まあ表題に?マークがある分控えめに言っているというか、あくまでも問題提起のレベルということなのかもしれません。

まずは誤解をされないようにお伝えしておきたいのですが、コンクリート造なら安心してもらって大丈夫です。構造躯体がシロアリに食べられてしまうことはありません。

確かに、記事にも書かれていたとおり「元々は南方系の生物で、九州や西のエリアで多く見られていたシロアリですが、徐々に北上して今では北海道でも生息しています。」その通りです。

また、現在日本で確認されているシロアリは3種類。日本の一部地域を除くほぼ全土に生息していると言われていますが、一般的によく見られるのは「ヤマトシロアリ」と呼ばれるものです。

比較的あたたかく海岸に近いエリアで生息している「イエシロアリ」は大きな巣を形成し、家の天井まで食べてしまうのだとか。そして、海外からやってきた「アメリカカンザイシロアリ」も専門家を悩ませる種ということで、これは以前にもここでお伝えしたことがあります。

とにかく日本では沖縄を除く全国で木造の家が多く存在していますので、財産を守るためには、このシロアリとの戦いは避けられないでしょう。

では、シロアリ被害から木造の家を守るためにはどのような対策をすれば良いのか。記事の著者さんは「とにかく湿気を遠ざけること、風が当たれば当たるほど良い」と回答されていました。

が、これがまた残念なことに、近代の木造建築では気密と断熱を求められるようになりましたので、実質的に木材が風にさらされることが無いように作られていることが多いですね。

したがって木造建築の寿命を延命することは難しく、法定耐用年数または住宅ローンの終了とともに劣化が進むこともあるでしょう。

さて、記事にあった聞き捨てならない一文がこちら、これまでは木造の一戸建てがシロアリ被害にあいやすい印象があったが、最近ではコンクリート造のビルであってもシロアリに狙われてしまう事があるという。

表面にコンクリートが使用されていても、内部に木材や発泡スチロールがあるとそれがシロアリのエサとなってしまうのだそう。また、室内で畳が使われている場合はそれもエサとなるため、コンクリート造だから安心とは限らない、どの家屋でもシロアリ被害にあう条件がどこかに潜んでいると書かれていました。

要するに、シロアリが窓から飛んできて侵入されてしまった場合、内装に使われている木材がエサとなってしまう可能性があるということですので、なるべく窓を開けないようにしましょう。

仮に、内装の木材が食べられたとしても、構造的には全く問題ありませんし、内装は何度でもやり直しが可能ですので、ご安心ください。

木造住宅にお住いの方では、この時期家の周りをチェックして、羽アリを見かけたら要注意です。早めに一度専門業者さんにご相談されることをおすすめいたします。

それでは良いGWをお過ごしください。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←たまにはひとつ。



大工さんがいなくなったら。

RC住宅を建てるならRCdesign

朝のうち晴れのち曇りの東京です。

そんな今日は朝から中野区本町計画検討、お問合せ対応、提携会社さん来社打ち合わせ、業者さんと電話、賃貸管理業務など。

午後は文京区小石川計画検討、渋谷区東計画検討、図面作成、信用金庫さん来社打ち合わせ、お問合せ対応、来客面談など。夕方は電気屋さん来社打ち合わせ、港区高輪計画検討、所沢市中新井計画検討、資料作成、ミーティングなど。

ちょっと肌寒く感じました。

ではこちら。

建築大工が20年前から半減…待遇改善やインターン導入で若手人材確保の老舗企業も

建築の現場を支える大工が、ここ20年で半数以下に減っている。高齢化も進み65歳以上の割合が3割以上に。

不安定な雇用形態が一般化していることなどが背景にある中、正社員雇用やインターン制度の導入などで若い世代を呼び込もうとする企業もある。
2023年4月24日 18時50分 まいどなニュース

なるほど。

ネットニュースながら、このような形で私たちの業界が取り上げられるのも珍しいので、ちょっと嬉しくも思いますが、そんなことよりも事の重大さに打ちひしがれてしまいます。

私も20年以上大工さんの求人を続けていますが、年々その採用は難しくなり、今となってはほぼ不可能となってしまっているのが現状で、そこを外国からの技能実習生に手伝って頂き、技能の習得と継承を進めているところです。

記事にもありましたが、5年ごとに実施する総務省の国勢調査によると、2000年に全国の大工は約64万人いたが、2020年の調査では約30万人にまで減少。30歳未満が全体の7%にとどまるなど年齢分布が極端に偏っているとありました。

ここ20年で大工さんが半分以下になってしまったということは、それだけ国内の生産能力が無くなってしまったということですから、単に建築工事を増やされても、供給することはできません。

このことが、実は建築価格の高騰にもつながっていて、実際のモノづくり現場ではすでに絶滅危惧種の指定をしてほしいくらいの状況ですので、建築費が下がることは考えにくいと思います。

記事によれば、建設職人を中心に構成する全国建設労働組合総連合(全建総連)は労働環境の改善の必要性を訴えるとして、全建総連のコメントも紹介していました。

そこでは「技能者の給与は日給月払い制が多いことから現場の稼働日数が収入に直結する」と指摘されていて、能力評価に応じた賃金形態、収入を減らさず適正な工期を確保し休日を増やすといった環境改善を目指して組合運動に取り組んでいるとのこと。

弊社でもこの全建総連さんにはお世話になっている部分もあったりしますので、この職人さんの待遇改善にはもちろん協力していますし、弊社の大工さんたちでは、月給制の採用や週休二日、有給休暇の取得なども進めているところです。

記事にあった伝統工法を守る老舗の企業さんでも、大工の雇用のあり方を見直す動きが出ているそうで、創業96年を迎える木造住宅メーカーでも、2012年から「社員大工」の採用を始めたそうです。

大工といえば、以前は棟梁に弟子入りして修行を積むというのが当たり前でしたが、そうした不安定な雇用が常識とされてきた業界を変えないと若い人は入ってきてくれないでしょう。

欧州の国では、職人さんの保護育成を進めるシステムが作られていて、職人さんに対する地位と収入の確保も守られていますので、若い人の憧れの職業になっているようです。

弊社では、RC住宅を造るために欠かせない技術である型枠大工を、創業以来40年以上社員として雇用を続けており、保護育成にも力を入れていますので、このコア技術を守ることが出来ていると思います。

RC住宅を造り続けてきたその経験値は、恐らく同業者の中でもトップレベルのはずですので、RC住宅を建てるなら、是非一度弊社にご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキング ←ついでにひとつ。



エアコンの買い替えする・しない

省エネ住宅を建てるならRCdesign

くもり時々晴れの東京です。

そんな今日は朝から資料作成、社内ミーティング、区議さん来社、所沢市中新井計画検討、文京区小石川計画検討、信用金庫さん来社打ち合わせ、お問合せ対応など。

午後は世田谷区下馬のお客様宅へ、打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は渋谷区東計画検討、賃貸管理業務、図面作成など。夕方は大工さんと打ち合わせ、登戸計画検討、資料作成、ミーティングなど。

夕方からは寒いくらいに感じました。

ではこちら。

電気代の高騰が気になる今、「エアコンの買い替えで節約できる?」メーカー2社に聞いてみた結果

エアコンの消費電力は家庭の全消費電力の25%をしめています。となると、今の電気代高騰と4月の電気料金改定によって、エアコンの買い替えで節約できるようになるのかが気になるところですね。

そこで、自社の家庭用エアコンが、2022年度に省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したパナソニック、2021年度に同賞を受賞したダイキンの協力を元に検証してみました。
2023年4月23日 20時50分 All About

なるほど。

春もだいぶ慣れてきたこの頃、少しづつ視界に入ってくるのが梅雨からの夏です。

そうなると気になるのがエアコンですね。ちょっと前にも書きましたが、すでに試運転はしてみましたでしょうか?

昨年までは特に異常なく使えていたかもしれませんが、いざ本番というときに故障が発覚する。家電あるあるとも言える状況になっている可能性もあるでしょう。

製造から8年以内くらいの機器だとまだ安心できますが、9年を超えている場合は多少の覚悟をされておいた方が良いかもしれません。

記事にもありましたように、最近の電気代高騰によって、毎月の電気代が気になるようになった人も多いのではないでしょうか。

そんな時代ですから、エアコンを買い換えることで、運転時の消費電力が少なくなり、それによってエアコンにかかる電気代が安くなっているというのは、聞いたことがある人も多いでしょうし、そこに投資してみようかなと、考えていた人もいらっしゃるでしょう。

記事では特に使用時間が長い「リビング」で使用するエアコンの売れ筋としては、「14畳タイプ」になるのだとかで、代表的な10年前と現行モデルについて、パナソニックとダイキン両社の担当者に教えてもらいました。

パナソニックさんの担当者さんは「実は、エアコンはこの10年間機器としての省エネ性は高止まりです。1年間の期間消費電力量で63kWhしか変わらないので、年間としては約2000円の違いにしかなりません(2013年「Xシリーズ CS-404CXR2」と2023年「Xシリーズ CS-LX403D2」の比較)」とおっしゃっていました。

ダイキンの担当者さんも「同様にカタログ表記の消費電力量の差は31kWhです(2013年「うるさら7 AN40PRP」と2023年「うるさらX AN403ARP」の比較)。エアコンの消費電力量は、1990年頃から2010年頃までの間に飛躍的に向上し、半分以下に削減されました。その結果、近年では消費電力量に大幅な差が生まれなくなってきています」ということ。

これは意外なことに、ここ10年ではカタログ上の消費電力量に大きな違いはないのだとか。エアコン自体がヒートポンプなど省エネな技術を使った機器であることが理由だそうです。

しかし実は、新しいエアコンには単純に「運転時の消費電力が少ない」だけではない、電気代の節約になる要因もあるということ。逆に言うと、古いタイプのエアコンでは消費電力の要因以外に、無駄な使い方をしてしまっていることもあるということです。

ここでもパナソニックさんは「弊社のエアコンの場合、フィルター自動お掃除『あり』『なし』で1年後のフィルターを比較すると消費電力量は最大で約25%も変わります」と書かれていました。

これはダイキンさんでも「弊社でも同様に『1年で約25%』をご案内しています。また、弊社では別途、3年分のホコリが溜まったエアコンを使って実測してみたのですが、約50%の消費電力量のムダが発生する結果となりました」と書かれていましたので、やはりフィルターの汚れだけでも、効率に大きな影響があることがわかりました。

次にこの国内メーカーイチオシの機能を教えてもらいました。
まずはパナソニックさん、「2020年から搭載している『エネチャージ極上冷暖房』です。エネチャージは、捨てられていたコンプレッサーからの熱エネルギーを再利用し、暖房時の霜取り運転に有効活用する世界初の技術だそうです。

さらに夏の冷房運転にも有効活用できるようになり、従来の冷房よりも約10%も省エネな上に、温度も湿度もキープし、快適性まで向上させることができているということです。

一方ダイキンさんでは「『うるさらX』に搭載した『さらら除湿』がおすすめです。2021年発売のモデルでさらに進化した除湿方式『リニアハイブリッド方式』により、梅雨や春雨、秋雨の時期や、近年増加する高気密高断熱住宅といった比較的除湿しづらい環境でも、快適で高効率な除湿が可能になりました」と書かれていました。

さらに「上記以外にも、『しっとり冷房』という、冷房による乾燥や冷えを抑えながら、通常の冷房より約15%も省エネになる機能もあります。電気代の高騰からエアコンの使用を控えてしまう方も多くいらっしゃいますが、これから夏に向けては体調を崩してしまうことも考えられます。とのことです。

これらメーカーさんのアドバイスからわかるのは、買い替えることがイコール節約になるかというと、必ずしもそうというわけではありません。買い替え時には、エアコン本体価格、取り付け価格、また旧エアコン処分に対して家電リサイクル法にそったリサイクル料金などの支出も考えておかなければならないからです。

ただ、上記のようにエアコンの機能はここ10年でいろいろな面でかなり進化しているため、自分の生活に必要かどうかを総合的に考える必要がありそうです。

結果として、やはり製造から10年というところが一つの区切りとしてあるのも事実で、設計上の耐用年数として10年を経過していれば、買い替えを検討しても良いと思いますし、本気で省エネを実現するなら、建物の断熱性能を上げることの方が効果的だと思います。

電気代の節約を考えたら、新しいエアコンと断熱性能の向上を目指して検討されてみては如何でしょうか。

それでは。

今日もありがとうございます。

 
人気ブログランキング ←ついでにひとつ。



こだわりの注文住宅なら。

こだわりの家を建てるならRCdesign

夏日になった東京です。

そんな今日は、朝から書類チェック、練馬区のOBオーナー様とお電話、その後渋谷区東の現場へ、解体屋さんと打ち合わせ、その後オーナー様と打ち合わせなど。

午後からは高田馬場へ、RC-Z家の会会合出席、今回も多くの会員さんに出席して頂き、活発な意見交換が出来ました。その後懇親会出席など。夜に帰社後は賃貸監理業務、江戸川区東小岩計画検討、出版社さんと連絡、所沢市中新井計画検討など。

日中は暑くなりましたね。体調管理には十分ご注意ください。

ではこちら。

斎藤佑樹氏、ウィザースホーム社と”スポーツ特化”の注文住宅を開発 「野球界への新しい第一歩になると思う」

元プロ野球選手の斎藤佑樹氏が、20日の都内で、ウィザースホーム『スポーツと暮らす家』の商品発表会に出席した。

『スポーツと暮らす家』と名付けられた商品は、昨年11月にスタートした斎藤氏と(注文住宅を扱う)ウィザースホーム社との共同プロジェクトによって生まれたもの。
2023年4月20日 19時23分 livedoor

なるほど。

斎藤さん、どこに行かれたのかと思っていたら、こんな所でお仕事をされていたんですね。

資本の大きな会社さんでは、いざ新しいことを始めようとすれば、一定の予算をかけられますので、そこそこ有名な人物を利用して広報活動が出来ます。

弊社では、15年以上前から読書家のための家とか、車と暮らす家、スタジオ付きの家など、そこに暮らす人がより充実した時間を過ごせることを第一に提案してきました。

実は以前、現在もプロ野球で活躍されている選手のご自宅をご提案させて頂いたことがありました。そこにはもちろんトレーニング用のスペースを設けたり、オフタイムではよりリラックス出来る住まいを考えさせて頂きました。

残念ながら最後は政治的な大人の事情で施工をするには至りませんでしたが、設計だけでも楽しかった記憶があります。

さて、記事にあったメーカーさんでは、その注文住宅はスポーツの楽しさ、素晴らしさを日々感じながら、心地良く暮らせることを追及した住まいだそうです。

珍しい仕様がめじろ押しで、例えば、クライミングや卓球も出来るプレイルーム、睡りの質を高めるアイテムが充実した寝室、床下収納と一体化した体組成計を完備した脱衣所や、プロスポーツチームのロッカールームをイメージした空間(ロッカールーム)などの提案が盛り込まれていたということ。

そこで斎藤氏は、新プロジェクトの発表に至ったことに触れ「こうやって別の分野での仕事が進んでいくことは、野球界への新しい第一歩になると感じました」とコメントされていたそうです。

さらに、「この『スポーツと暮らす家』は、トレーニングが家で出来るスペースとして、屋外でも家の中でも確保されています。スポーツを楽しむのは、子供だけじゃなく、大人も方も一緒です。より健康的になっていって、豊かな人生を過ごせる家として考えてほしいです」とアピールを続けていた。

コロナ禍を経て、家に求められる機能が変化したのは、皆さんが感じておられるとおりで、日常生活プラス仕事、遊び、運動、趣味、あらゆる事を家で行うことが求められるようになりました。

その中から、全てが次世代に続くかといえばそうではないと思いますが、もし自分や家族のライフスタイルに欠かせないものがあれば、それは是非遠慮無く実現されるべきだと思います。

こだわりの家をお求めなら、是非お気軽に弊社までご相談ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ついでにひとつ。



1000年に一度の豪雨に耐える。

RC住宅を建てるならRCdesign

晴れの東京です。

そんな今日は朝から提携会社さん来社打ち合わせ、解体業者さんと電話、渋谷区東計画検討、賃貸管理業務、資料作成、文京区小石川計画検討、お問い合わせ対応など。

午後からは台東区柳橋方面へ、お客様宅にお伺いして打ち合わせなど、ありがとうございます。帰社後は文京区千石計画検討、資料作成、中野区本町計画検討、所沢市中新井計画検討など。夕方からは当社安全協力会会合出席など。

日中は暖かくなりました。

ではこちら。

米で「1000年に一度」の豪雨、スペインでは山火事相次ぐ 世界各地で“自然災害”

アメリカ・フロリダ州を襲った豪雨。突如、地下に大量の水が流れ、ガレージは一気に水浸しになった。15日にようやく雨はおさまってきたが、その被害の大きさが明らかになってきた。

「誰も予想できなかった。自宅はまるで海みたいになった」(周辺に住む人)

多いところでは24時間で600mm以上の降水量となり、現地では「1000年に一度の降水量」と伝えられている。
2023年4月19日 10時0分 ABEMA TIMES

なるほど。

これはまた大変なことになっております。なんと24時間で600mm以上ということですので、間違いなく災害級の降水量だと思います。

地球の砂漠化が進んでいるというような事も言われて久しいと思いますが、一方で記録的な豪雨が発生しているのが、なんとも自然の残酷さを感じてしまいます。

そして記事によれば、ヨーロッパでは16日にスペインとフランスの国境付近で山火事が発生した。まるで火山が爆発したかのように煙が湧き上がっているということ。

これには3月以降、スペイン国内で山火事が相次いで発生しているが、その原因としてヨーロッパ各地を襲っている「干ばつ」が影響しているとみられているそうです。

記事に書かれていたのは、気象の専門家の話として、今後ヨーロッパ全体で「干ばつ」問題が深刻化し、山火事だけでなく農作物への影響も懸念されると指摘しているようでした。

やはりここでも豪雨と干ばつという両極端な自然現象により、全体としてのバランスを取ろうとする自然の法則を感じますが、ここまで自然災害が多発してかつ被害も大きくなると、人間として見過ごす訳にはいきません。

皆さん薄々感じているとは思いますが、地球は繋がっていますので、気象現象は確実に巡ってくることになります、

次のシーズンでは、私たち日本にも豪雨や干ばつが発生する確率が高まってくるのでは無いでしょうか。

自然災害といえば、日本では地震を連想される場合が多いですが、本来は台風、落雷、豪雨、干ばつ、もちろん地震も含めて、しっかりと対策を行ってください。

どんな自然災害にも絶対に負けない、そんな住まいをお探しなら、是非RC住宅をご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ついでにひとつ。



Z世代もRC住宅がお好き。

RC住宅を建てるならRCdesign

晴れのちくもりの東京です。

そんな今日は朝から賃貸管理業務、書類作成、税理士さんと電話、社内ミーティング、所沢市中新井計画検討、ガス会社さん来社打ち合わせ、商社さんと電話、お問合せ対応など。

午後は資料作成、提携会社さんと電話、中野区本町計画検討、文京区千石計画検討、見積作成、原稿作成、電気屋さんと電話、商店会事務作業など。夕方は内装建材メーカーさんと電話、提携会社さんと電話、渋谷区東計画検討、お問い合わせ対応など。

まだ夕方は寒く感じますね。

ではこちら。

Z世代は「新築」で「一戸建て」を希望 「耐震性」や「省エネ」にも関心

パナソニック・ホームズは4月17日に、若年層(Z世代)を含む住宅購入検討層や、将来的な購入検討層を対象に実施した、「住まいに対する意向調査」の結果を発表した。

同調査では、「住宅の意向についてのアンケート」として大都市圏に居住する20〜69歳の既婚男女に対して3月20日に行った調査で1246名から、「結婚と住まいの意向についてのアンケート」として大都市圏に居住する15〜49歳の独身男女に対して3月31日〜4月1日の期間に行った調査で2000名から、それぞれ回答を得ている。
2023年4月18日 19時0分 BCN+R

なるほど。

私が暮らす近所でも、春の訪れもあってか、見るたびに町の雰囲気が変わっていて、この間まで有った建物がいつの間にか無くなっていたり、解体中の現場も多い感じがするこの頃です。

そんな中、記事にあった調査では、若年層を含む住宅購入検討者と将来的な購入検討者を対象に実施されたということで、これからの住宅関連のお仕事を占うアンケートになったように思います。

ここでおさらいをしておきますが、いわゆるZ世代と言われているその対象は、一般的に1996年から2012年の間に誕生した世代を言うようです。

この世代の最初に誕生した若者たちは既に20代を迎えており、多くのZ世代が社会人としてビジネスの世界に入りつつあります。

そんな彼らを含めた記事の中、「住宅の意向についてのアンケート」において、調査対象者のうち住宅を所有、または購入する意向のある人(855名)に、住宅で特に重視することを尋ねたところ(複数回答)、「安全な住まい」「快適な住まい」「長く住める」が上位を占めたということです。

住宅で、もっとも重視することを尋ねた質問では、「安全な住まい」(31.5%)が他を大きく引き離して最多となっているようです。

同じく住宅を所有、または購入する意向のある人に、住宅性能について特に重視することを尋ねたところ(複数回答)では、「耐震性」がもっとも多く、「断熱性」「省エネ」がそれに続いたとのこと。

次に、調査対象者のうち住宅の住み替え・購入検討層(246名)に、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対する採用意向を尋ねたところ、すでに採用している人を含め83.8%が関心を示したとありました。

さらに「結婚と住まいの意向についてのアンケート」においては、調査対象者に結婚したらどこに住みたいかを尋ねたところ、各世代で「一戸建て」を挙げる回答がもっとも多かった。とりわけ、Z世代では56.0%が一戸建ての購入を希望しているという結果でした。

今回のアンケート結果を見る限りでは、Z世代は「新築」で「一戸建て」を希望していて、さらに「耐震性」や「省エネ」にも関心が高いということがわかりました。

これは私たち業界人の皆さんも、ちょっと期待を持たせる内容となっていたのではないでしょうか。

さらに弊社で言えば、まさにより多く方にサービスをお届け出来そうな雰囲気ですので、期待したいと思います。

Z世代の皆さんが望む全ての要件を、高いレベルで実現できるのは、RC住宅しかありません。

失敗しない住まい選びを行うなら、RC住宅を是非ご検討ください。

それでは。

今日もありがとうございます。


人気ブログランキング ←ついでにひとつ。



プロフィール

井上社長

RCdesign のご紹介
スペースの都合で小さい画面になっております。お手数ですが、全画面でご覧ください。
おすすめ
お知らせ
現在リクルート発刊
の『SUUMO注文住宅 東京で建てる』
に弊社が掲載されてい
ます。もう買って頂け
ましたか?
書店で380円ですの
で、是非ご覧になって
下さいね。



専門家を探せる、相談
できるALL About プロ
ファイルに出展してます


全国工務店ブログ広場

一日一度のクリックを
ありがとうございます!
にほんブログ村 住まいブログへ


住まいランキング

ブログランキング

友だち追加

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
住まいづくりの秘訣       無料メールセミナー
住まいづくりをお考えの方が後悔する前に知っておくべき内容を書き下ろしました。失敗しない住まいづくりノウハウを是非お受け取りください。
お名前 ※
E-Mail ※
都道府県 ※

RCdesign公式facebook
ブログ内記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ